バイナリーオプションで大損!300万円借金体験談から学ぶ3つの対策の画像
2021.07.25 2021.04.21

バイナリーオプションで大損!300万円借金体験談から学ぶ3つの対策

この記事で学べること

  • バイナリーオプションで大損してしまう原因と対策
  • 大損しないためのトレードルールを作り方
リードにバイナリーは25%の厳しい世界と語り(25%の詳細がわかる記事へリンク)、その中でも大損している人もいるので、記事で紹介寿司マスの流れ。
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションは稼げるようだし始めてみたいけど、大損してしまわないか心配ですよね。

確かにバイナリーオプションはお金を増やす手段の一つではありますが、投資ですので損失を出してしまうリスクが伴います。
事実、金融先物取引業協会の統計データでは、バイナリーオプションで勝てている人は全体の25%にしか満たない厳しい世界です。(詳しくはこちら

そこで、バイナリーオプションですでに大損してしまっている人の原因と対策を事前に学び、堅実に利益を積み上げる方法を身につけましょう

今回の記事では、実際に大損をしてしまった人の体験談から原因を分析し、大損を避けるための対策とそれを実践できるトレードルールの作り方を具体的に解説します

まずはバイナリーオプションで大損してしまった体験談をご紹介しますね。

1. 大損体験談

bo大損201bo大損2記事内01

バイナリーオプションで300万円の借金を背負ってしまった投稿をされています

「大損」とイメージするにしても大きすぎる金額ですね。

それに10分という短時間での損失です。

bo大損2記事内03

借金300万円を作ってしまった方の投稿です

最終的にはプラマイゼロの結果になっているようですが、トレード始めに12万円の損失。

これほどの金額をいきなり失くしてしまうと、仕事も手に付かないのも分かりますね。

bo大損2記事内05

兼業投資家の方の投稿です

マーチンとは賭け金を倍額で賭けていく手法のことを指しています。

100円賭けて、まければ200円を賭けていく手法ですが、資金が無限にないと勝てない手法としても有名です。

何度もおなじ失敗をしてしまっているようですね。

「恐ろしい」と感じるほどの金額を失った経験があるようです。

bo大損2記事内07

先ほどの借金を300万円作ってしまった方の投稿です

連打というのは、注文確定ボタンを連打することで賭け金を短時間で増やす方法です。

確かに予想が的中すれば大勝ちできますが、大負けするリスクも同時に背負うことになるので、トレードする際は理解・覚悟が必要な取引方法になります。

2. バイナリーオプションで大損してしまう3つの原因と対策

bo大損202

上記のような大損体験をしてしまう人には共通点があります。

大損をしてしまう人の3つの共通点から原因を分析、対策をご紹介します。

2.1 一発逆転を狙おうとする

一回の取引で大きな利益を狙うこと自体は悪くありませんが、損失の補填や一発逆転が目的の取引になると話が変わってしまいます

なぜなら、獲得できる利益が大きくなるほど損失リスクも同様に大きくなっているにもかかわらず、利益だけに目がいってしまいリスクがあるのを忘れてしまうからです。

上記体験談では金銭感覚が麻痺して100万円単位の借金を背負うことになってしまっていますよね。

取引する前は、100万円単位の利益獲得を目指していたのかもしれません。

ですが、同じ額だけ損をするかもしれないという想定を忘れてしまい、損に損をかさねて結果的に大損となりました。

【対策】

逆転狙いの失敗で大損しないためにできることは、資金管理を徹底することです

資金管理とは、取引前に損失にも目を向けること

具体的には、これからトレードする取引での最大損失額をあらかじめ想定しておくことで、大損を回避できるよう不足の事態に備えます。

例えば2%ルールというのが業界での常識となっており、10万円の資金を用意して取引をする際は、2%の2,000円が1取引で許容する最大損失額になるのです。

2,000円の損失が出てしまったらその日の取引をやめる、といった行動のルールも決めておけば、短期間で資金をすべて失うといった事態は避けられますよね。

2.2 画面を開いた途端にトレードしようとする

チャート画面を見てすぐにトレードをしたくなるのを感じたら、大損する日も近いかもしれません

トレードに慣れてきた頃で、チャンスかどうかの見極めにゆるみ・油断が生じてしまうからです。

体験談では取引を開始してから12連敗してもトレードをやめられず、仕事が手に付かないほど冷静でいられない状態になっているのに、それでも取引を続けていました。

上記では運良く損失を無くせたようですが、長続きしない取引方法だということは誰の目にも明らかでしょう。

【対策】

対策としては、毎回の取引ごとに相場分析を丁寧におこない、根拠をもったトレードをすることです

取引の計画・実践・改善をセットにしてトレードをおこなっていけば、着実に経験値としてスキルを身につけることができるからです。

トレードは回数を増やせば利益をあげられるような単純なものではありません。

それに、チャンスは相場が続く限り何度でもやってきます。

絶好のチャンスと思えるところだけをトレードするために、自分の想定と合致した相場が来るまでひたすら待っていてもいいのです。

なんとなくトレードした10連敗よりも、ひたすら待ってチャンスと思って取引した1敗の方が、小さい損失で済みますし学びも多くなりますよ。

焦らずゆっくり利益を積み上げていきましょう。

2.3 同じミスを繰り返してしまう

危険と分かっているにもかかわらず、なんども同様に取引してしまう行為は大損につながります

たとえ一度窮地を脱することができたとしても、無理やり獲得した勝利なので再現性がなく長続きしないからです。

上記の体験談では ※「マーチン」「連打」がトレードするには危険な行為と分かっているにもかかわらず、損失から逃げるために使ってしまっています。

※マーチン・連打
マーチンとは、マーチンゲール手法を指しています。
賭け金を倍々にして取引を続けることで負けをなくす手法として有名ですが、資金が無限に用意できなければ続けることができない方法でもあります。

連打とは、注文確定ボタンを連続でクリックすることで取引量を増やし、獲得利益の最大化を目指す方法です。もちろん相場が逆行すれば連打した分損失が膨らみます。

【対策】

同じミスをしないためには、取引を振り返ることが大切です

トレードにはミスや失敗がつきものですが、同じ失敗を繰り返さないためには、負けトレードを学びに変える必要があるからです。

一つひとつ取引の振り返りをおこなえば、上記のような無理なトレード(マーチン、連打)がいかに自分にとって危険が大きいかが客観的に分かりますし、本来自分がすべきトレードの検証に集中できますよ。

具体的には、取引の履歴を確認しながら自身のトレードの良し悪しを判断し、悪いトレードの場合は同じ場面での取引を控え、良いトレードの場合は同じ取引ができるよう根拠やその時の状況を再度確認します。

自身のトレードの曖昧さを排除していくことで、自分だけの手法をブラッシュアップしていきましょう。

3. 大損しないためのトレードルールの作り方

bo大損203

前項では大損してしまう原因について触れましたが、金融庁もバイナリーオプション取引について、次のように注意喚起をしています。

バイナリーオプションは、取引の仕組みが単純で、騰落を予想するだけの簡単な取引のように見えますが、実際は複雑な理論的根拠に基づく金融取引です。合理的な投資判断を行うためには、オプション取引に関する専門知識や高度なリスク管理が必要です。

バイナリーオプションは決して簡単に稼げるものではありませんので、知識をつけることはもちろん、投資として正しい取り組み方を学ぶことが大切です。

そこで、大損しないための次のステップとして、上記でご紹介した対策をそのままトレードルールとして組み込むことをおすすめします。

大損しないための3つの対策は以下の通り。

大損しないための3つの対策

・資金管理
・相場分析と根拠のあるトレード
・トレードの振り返り

資金管理とは、事前に損失にも目を向けるために必要なことです

まず投資金額をいくらに設定するのか、取引ごとの最大損失額をいくらにするのか、自身が許容できる範囲を設定していきましょう。

焦ってチャンスでない場面で取引してしまわないよう、相場分析と根拠のあるトレードをルールにしていきます

相場がどのような状況であれば取引をするのか(レンジやトレンドなど)、自分がトレードするタイミングはいつなのか(ローソク足やチャートパターンなど)を決め、またそれ以外の場面では取引をしないことを決断します。

トレードの振り返り・反省・改善ができるよう、取引記録を取りましょう

特に「何を根拠にトレードしたのか」を思い出せるようチャート画面を残しておくと良いですよ。

取引ツールに取引履歴を見れる機能はついているのですが、注文価格や判定価格を見ただけでは自分がチャンスで取引できたのかはパッと思い描くことができないからです。

自分が振り返ったときに、その取引をした状況を鮮明に思い出せるよう工夫することが大切です。

以下の記事ではより具体的に、トレードルールの作り方を解説しています。

4. バイナリーオプションを始めるのにおすすめな会社

bo稼ぐ05

国内バイナリーオプション取扱会社のなかで、おすすめはGMOクリック証券です。

理由としては、還元率が最上位の評価となっているため、より有利なトレードができるからです。

全社平均の91%の中で、GMOクリック証券の還元率は97.1%で国内8社の中で一位となっています

会社名
GMOクリック証券会社ロゴ
IG証券YJFX会社ロゴFXプライム会社ロゴ外為どっとコムヒロセ通商会社ロゴ楽天証券トレイダーズ証券
還元率97.12%96.18%95.37%94.14%92.23%91.61%89.52%88.62%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

4.1 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

バイナリーオプション初心者の方には、GMOクリック証券「外為オプション」がおすすめです。

GMOクリック証券はFX業者として、かなり人気の業者ですので信頼性は担保されています

バイナリーオプションのサービスである外為オプションもシンプルで使いやすいので、操作に不安がある初心者でも安心です。

デモトレードもできますので、1度試してみてください!

5. まとめ

BOまとめ
  • バイナリーオプションで大損してしまう原因と対策 バイナリーオプションで大損してしまう原因は慣れや焦りから来るものです。
    感情に流されて無理な取引をしないよう、事前にトレードルールを設定しましょう。
  • 大損しないためのトレードルールを作り方 大損しないためには、資金管理や相場分析、根拠のあるトレードを事前に検討し、トレードの振り返りができるよう記録を取っておきましょう。
    自分のイメージだけで取引をするのでなく、客観的なデータをもとに振り返ることで、自分のトレード手法の改善がしやすくなりますよ。

バイナリーオプションで大損しないためには、ルールの設定・実践・振り返りと地味な作業が必要不可欠です

始めは面倒に感じるかもしれませんが、今回ご紹介したような悲惨な体験を自分がしないためには避けて通ることはできません。ぜひ心にとどめていただけると幸いです。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ