【75%が負ける】バイナリーオプションで稼げない原因はこれ!今すぐやめるべき3つ特徴の画像
2021.09.25 2021.02.07

【75%が負ける】バイナリーオプションで稼げない原因はこれ!今すぐやめるべき3つ特徴

この記事で学べること

  • バイナリーオプションで稼げない人の特徴
  • バイナリーオプションで稼げる人の特徴
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションで稼げないのはなぜなのか、気になりますよね。

結論から言うと、トレードルールがない・根拠をもったトレードをした上での取引改善ができていないことが稼げない原因です

心当たりがある場合は今すぐ行動を変えていきましょう。

稼げない人はトレーダー全体の75%を占めており、稼ぐためにはここから脱出しなくてはなりません。

記事内では、稼げる人の特徴をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね

読み終える頃には、稼げないでモヤモヤする不安が解消され、稼ぐための行動が明確になるはずですよ。

1. 【前提】バイナリーオプションは75%の人が負ける世界

前提として、バイナリーオプションでは稼げない人の方が多数派である、ということです。

稼げていない人がどれくらいいるかというと、取引している人全体の75%です。

バイナリーオプションはどのような投資なのか、トレーダーが不利な立場になっていないか、勝っているトレーダーは実在しているのか、実績データから見ていきましょう。

1.1 平均還元率91.7%の投資商品

バイナリーオプションは還元率91.7%の金融投資商品です。

※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績の平均数値
※単純平均による参考数値です。

還元率とは、トレーダーが取引している全体の金額のうち、どれくらいの割合が払い戻されているかを示す数値のこと。

還元率が91.7%ということは、取引全体のほぼすべての金額がトレーダーへ返還されていることになりますので、トレーダーは資金の1割ほどの損失を被るにとどまる計算です

また、中には年間平均で97.1%の還元率を示す会社もありますので、トレーダーが不利な状況での取引を強いられるようなことはありません。

【還元率】

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券外貨ex byGMO
(ラダー)
外貨ex byGMO
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月97.58%87.12%91.23%95.70%95.02%93.99%91.50%92.03%93.90%
2020年8月99.83%87.26%75.29%94.60%92.03%109.63%91.50%94.24%91.70%
2020年9月97.30%97.39%85.57%103.14%93.00%98.37%82.45%93.80%88.71%95.20%
2020年10月96.46%96.97%86.49%111.67%95.70%96.03%79.32%94.70%91.65%93.40%
2020年11月86.19%96.85%84.26%58.44%94.00%96.60%94.50%93.90%91.01%96.10%
2020年12月87.87%97.02%89.95%86.79%99.40%97.87%84.97%94.30%96.05%90.50%
2021年1月82.22%95.66%92.14%101.67%96.90%93.44%74.68%93.50%95.87%89.60%
2021年2月87.09%97.01%90.85%110.80%95.30%94.32%88.37%93.80%90.54%90.60%
2021年3月86.58%97.97%92.09%87.27%97.10%93.83%78.13%96.30%93.58%90.50%
2021年4月91.72%96.66%88.15%51.98%96.60%95.08%80.49%95.90%90.49%88.10%
2021年5月89.43%95.98%90.56%59.88%94.10%95.68%92.66%94.40%90.64%85.30%
2021年6月90.30%96.48%89.05%50.37%101.80%96.19%117.67%96.10%91.97%94.40%
平均89.52%97.12%88.62%82.38%96.18%95.37%89.74%94.14%92.23%91.61%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

ちなみに還元率について、ギャンブル(公営競技、宝くじ)と以下の通り比較をしてみました。

 バイナリーオプション公営競技(競馬・競艇・競輪)宝くじ
還元率91.7% 74.8%46.5%

バイナリーオプションの還元率は9割以上なのに対して、公営競技は7割5分、宝くじにおいては半分の還元率しかありません。数値の差は歴然ですよね。

バイナリーオプションがギャンブルとは一線を画すものであることは、確認できたのではないでしょうか

1.2 25.6%のトレーダーが利益を獲得する世界

取引金額の9割がトレーダーへ返還されるバイナリーオプションではありますが、大損をする可能性もある、というのはご存知かもしれません。

事実、ギャンブルのように取引をして損をする人も中にはいます。

損失を出す人がどれくらいいるかというと、全体の74.4%の人が口座をプラスにできずに毎月取引を終えています

※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績の平均数値
※単純平均による参考数値です。

裏を返せば、25.6%の人だけが利益を出せている計算になります

バイナリーオプションで利益をあげるには、トレーダー同士の奪い合いを勝ち抜き、25.6%以内の上位者になる必要があるということです。

【損失口座の割合】

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券外貨ex byGMO
(ラダー)
外貨ex byGMO
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月77.82%85.38%63.79%70.40%76.61%68.93%78.00%76.02%75.40%
2020年8月71.85%78.41%71.11%67.50%74.62%53.07%78.80%80.95%70.80%
2020年9月74.86%74.01%80.30%54.28%69.00%71.30%68.75%77.00%81.48%71.40%
2020年10月83.95%78.13%78.07%70.83%73.30%75.30%72.16%74.20%81.41%67.30%
2020年11月87.11%74.19%84.05%65.11%72.60%71.03%60.45%74.50%74.03%71.70%
2020年12月83.28%75.82%83.26%75.75%73.60%72.92%71.13%70.40%70.88%80.10%
2021年1月85.41%75.57%75.21%54.76%70.30%78.60%74.47%71.70%65.91%77.60%
2021年2月84.80%75.50%80.86%61.11%71.90%75.19%66.49%72.90%77.70%76.60%
2021年3月84.03%75.77%71.54%78.57%69.10%72.02%72.13%70.40%77.15%73.20%
2021年4月82.14%75.87%79.31%58.62%70.00%77.31%70.30%70.40%81.03%73.30%
2021年5月83.05%76.68%80.47%73.68%69.10%79.75%65.41%74.90%77.03%74.40%
2021年6月82.77%75.96%82.79%73.52%70.00%79.75%78.98%73.30%78.70%73.10%
平均83.14%75.60%79.97%66.76%70.57%75.37%68.52%73.88%76.86%73.74%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

この数値は、初心者のままでは利益をあげるのが難しいことを示しています。

トレードの世界では初心者も熟練者も同じ土俵・条件のもと取引をしていますので、初心者がすぐに勝てるようにはならないのが現実でしょう

1.3 新規参入者の退場率100%超え

また、バイナリーオプションに取り組む前に、ぜひ知っておいてほしい注意点がもう一つあります。

それは、バイナリーオプションに新しく参加する人数よりも、退場していく人数の方が多いということです。

下記の表は、新規参入者の100%が退場しているデータです。
これは、統計データから新規口座数より退場及び引退口座数の方が多いことから、それに近いことが現実に起こっていると想定して少し誇張した表現となっています。

実際に数字をみていきましょう。ここでは、金融先物取引業協会が公開している「個人向け店頭バイナリーオプション取引状況(月次)」から「設定口座」と「取引実績口座」を使い、直近3年間の「新規口座数」と「退場及び引退口座数」を割り出しています。

年度新規口座数退場及び引退口座数退場率
202021,92223,605107.68%
201941,74542,419101.61%
201837,31736,60598.09%
3年平均100,984102,629101.63%
(引用元:金融先物取引業協会

この結果からわかることは、新規トレーダーの数より退場及び引退したトレーダーの数が多いという事実です。

勝てているなら退場する理由はありませんが、これだけ退場している事実から、バイナリーオプションは勝つことが難しいと判断している・実際に負けているトレーダーが多いと言えます。

さらに、2013年に政府主導のバイナリーオプション規制が適用されたことで、広告が打てず認知度が下がり新規参入者そのものが減っていることも一つの要因でしょう。

新規参入者の退場率100%超えとは言うものの、実際は新規参入者で勝ち残っているトレーダーはいるはずです。

しかし、バイナリーオプションは新規トレーダーの数より退場及び引退トレーダーの数が多いため、100%に近い初心者トレーダーが退場している世界であることは想像に難くありませんね。

2. バイナリーオプションで稼げない人の特徴

bo稼げない02

バイナリーオプションで稼げない人は全体の75%を占めることを確認しました。
続いては、稼げない人が具体的にどのような人なのかも深堀りして見ていきましょう。

バイナリーオプションで稼げない人に共通している点として、「自己都合が強くなってしまう」「他に頼りすぎてしまう」ことが挙げられるます。

ついついやってしまう3つの行動を解説しますね。

バイナリーオプションで稼げない人の特徴

・自分の間違いを受け入れられない
・必勝ツールや攻略手法に頼ってしまう
・研究をしていない

2.1 自分の間違いを受け入れられない

自分の間違いを受け入れられないため、稼げません。

なぜなら、相場は自分の想いに合わせて動いてくれないからです。

例えば、ドル円の上昇を狙い「買い」で取引している場合、値動きが下降を始めたら狙いとは逆行しているため「撤退」するべきですよね。

ですが、「もう少し待てば上昇するかもしれない」と考え撤退の決断を後回しにしすると、最大損失額にて取引が終了する可能性は残ります。

常に「最大損失額」を受け入れる取引になってしまうため、資金をなかなかプラスにできません

2.2 必勝ツールや攻略手法に頼ってしまう

他人が作ったツールや手法に頼りすぎてしまい、稼げません。

「他人のツールや手法」で稼ぐためには、その「他人のツールや手法」を「他人が想定している相場」で「他人が絶好のチャンスと思うタイミング」で使わなければならないからです。

スポーツなどを始める際に、グッズを揃えて「形から入る」ようなものです。

もちろんグッズ自体は悪いものではないはずですが、うまく使いこなすためには「自分のスキル」を磨くことが必要不可欠ですよね。

バイナリーオプションでも、ツールを設定した・手法を手に入れただけで稼げると考えてしまうと、稼げない場合につい原因をツールや手法のせいにしてしまいます

2.3 研究をしていない

自身の取引の研究をしていないため、稼げません。

研究をしないと自分の得意パターン・苦手パターンの把握ができないので、何度も同じミスを繰り返してしまうからです。

例えば、相場の下落サインの一つである「ヘッドアンドショルダー 」を使った取引をしていても、勝つこともあれば負けることもあるはずです。

取引履歴を振り返らないでいると、同じサインが出たとしても自分が勝ちやすい状況なのか負けやすい状況なのか違いが分からないので、取引を控えるべき場面でもトレードをしてしまいます

これでは同じミスはなくなりませんよね。

金融庁もバイナリーオプションに対して、注意喚起をしています。

バイナリーオプションは、取引の仕組みが単純で、騰落を予想するだけの簡単な取引のように見えますが、実際は複雑な理論的根拠に基づく金融取引です。合理的な投資判断を行うためには、オプション取引に関する専門知識や高度なリスク管理が必要です。

バイナリーオプションは複雑な理論のもとに成り立っているため、取引にあたって知識をしっかりとつけること、リスク管理が非常に大切であることを周知させようとしていますね。

安易な取引をして、避けられるはずのリスクを犯さないよう、自分の取引の研究を欠かさないようにしましょう。

3. 稼げない人の特徴を分析

bo稼げない03

上記のような行動をしてしまう理由を分析します。

結論から言うと、トレードルールがない・根拠をもったトレードをした上での取引改善ができていないためです。

3.1 トレードルールがない

自分の間違いを受け入れられないのは、トレードルールがないことが原因です。

なぜなら、トレードルールがないと、いつ損切りするかを自分で判断できなくなってしまうからです。

トレードルールとは、取引にできるだけ自分の感情を入れないよう、エントリー・損切り・取引量・トレードを控えるタイミングなどを予め決めておくことです。

上記の稼げない行動の例では、値動きが自分の狙いと逆行した際、どこで撤退して良いかわからず焦りだけが膨らんでしまい、冷静な判断ができなくなっていました。

取引の入り口だけでなく出口までトレードルールとして決めておくことで、値動きが想定と逆行した際に、迷うことなく「撤退」する判断ができますよ。

以下の記事ではトレードルールの作り方を具体的に解説しているので、参考にしてみてください。

3.2 根拠をもったトレードをした上での取引改善ができていない

他人が作ったツールや手法に目が行ってしまうのは、根拠を持ったトレードができておらず、自分の取引を改善することの重要性に気付けていないことが原因です。

理由としては、本来自分に利益をもたらしてくれるのは、自分の手法が相場にマッチした場合だけだからです。

確かに、立て続けに負けトレードをしてしまうと、自分以外の何か大きな力が働いているのではないか、稼いでいる人がひた隠しにしている秘密を知らないと勝てないのではないか、と感じてしまいますよね。

ですが、為替の世界ではあなたの資金を狙った何か大きな闇の力が働くことはありませんし、稼いでいる人が何か秘密を抱えているわけでもありません。

ひたすらに自分の取引を振り返り反省し、ミスを減らすことに時間と労力を注いだ結果、徐々に利益が積み重なりそれが結果的に大きく稼げたように見えるのです。

つまり、稼げないトレーダーから卒業するためには、ルールを設定し・ルール通りに取引し・振り返りをしてルールの改善のために時間を費やすことが大切ですよ。

4. バイナリーオプションで稼げる人の特徴

bo稼げない04

稼げない人の特徴をご紹介しましたが、バイナリーオプションで稼げる人はどのように行動しているのかもみて行きましょう。

バイナリーオプションで稼げる人の特徴

・根拠のあるトレードをして、間違いを受け入れる準備をしている
・他人の作ったツールや必勝法をあてにしていない
・相場の研究・自分の取引の研究をしている

4.1 根拠のあるトレードをして、間違いを受け入れる準備をしている

稼げる人は、ルールに則ったトレードをおこない、損失を受け入れる準備もしています

損失を放置して資金を失ってしまうことが一番の間違いであると認識しているからです。

目の前の損失から逃避することなく、損失で取引を完了することにためらいがありません。

致命的な損失にならずに取引を終えられれば、新たなチャンスに取引ができますね。

今後も取引を続けるための余力を残しておくことが、稼げるトレーダーの一歩となりますよ。

4.2 他人の作ったツールや必勝法をあてにしていない

稼げるトレーダーは他人の作った必勝法をあてにせず、自分のトレードルールを磨くことに力を入れています

当たり前なことではありますが、どれだけ優秀な手法を手に入れようとも、あくまでトレードするのは「自分」であることを認識しているからです。

利益をもたらしてくれるのは、自分の取引が正解であったときだけで、他人がわざわざ自分のためにトレードしてはくれません。

確かに、一からトレードルールを作るのは手間のいることなので、面倒であればすでに稼いでいるトレーダーの取引を参考にすることは一つ有効な方法です。

稼いでいる人の取引履歴からチャンスであるポイントをみずから研究し、自分のものにできるよう練習を繰り返すことが大切ですね。

4.3 相場の研究・自分の取引の研究をしている

稼いでいるトレーダーは、相場が止まっている土日に取引の検証をしています

相場の流れに沿ったトレードができているかを常に気にしているからです。

他人が羨むような利益を上げているトレーダーが完璧な根拠でベストなタイミングでトレードをしても、損失になることはあります。

プロでも見誤ることがあるのですから、初心者ならなおさら慎重に取引するための準備を進める必要がありますよね

5. バイナリーオプションの勉強の仕方5ステップ

bo稼げない05

前項では稼げる人の特徴をご紹介しました。

バイナリーオプションの知識をつけて経験を積み、利益をあげられるトレーダーを目指しましょう。

初心者からスキルアップするための手順を解説します。

勉強の仕方5ステップ

・仕組みの理解
・取り組み方の確認
・デモトレードで学ぶ
・記録を取る
・振り返る

基礎学習から手法のブラッシュアップまでを網羅していますので、これからバイナリーオプションを始める方はぜひご覧になってみてください。

5.1 仕組みの理解

まずは、バイナリーオプションの仕組みや基礎知識を身につけることから始めましょう

具体的には、取引の流れ、利益を獲得するまでの流れ、損失が出るまでの流れを確認していきます。

確認作業の中でバイナリーオプション独特の専門用語なども出てきますが、その都度調べながらすすめるのは面倒に感じるはず。

そこで、初めての方でもバイナリーオプションの仕組みを理解できるよう、専門用語をできるだけ使わず丁寧に解説したコンテンツを用意しました

早速仕組みについて学んでみたい場合はご覧になってみてください。

5.2 取り組み方の確認

仕組みについて理解できたら、「投資」としての取り組み方も確認しましょう

取り組みについて確認する理由としては、バイナリーオプションは取り組み方を間違えるとギャンブルになりかねないからです。

ただの娯楽として楽しみたい人はそれでも良いですが、少なくとも今この記事を読んでいる方は投資として利益を積み上げていきたいはず

それならば、ギャンブルとならないよう、投資をするための姿勢や考え方を最初の段階で学んでおくべきです。
ちなみに、投資として取り組むために知っておくべきことは以下の3つです。

【投資としての取り組み方』
・資金管理
・根拠のあるトレード
・取引記録を取る

普段の生活では聞き慣れない言葉かもしれませんが、投資をするにあたっては絶対に欠かせない言葉でもあります。

それぞれ下記の記事で詳しく解説していますので、仕組みの理解ができたらぜひ確認してみてくださいね。

5.3 デモトレードで学ぶ

仕組みの理解、投資としての取り組み方を確認したら、デモトレードで実践的に学んでいきましょう

デモトレードは、バイナリーオプション提供会社が用意しているサービスで、誰でも無料で本番と同じ環境での取引を体験することができます。
投資としての取り組み方である、資金管理の徹底や根拠のあるトレードを身につける練習場所として、デモトレードは最適ですよ。

バイナリーオプションは決して楽して勝てることはありませんので、デモトレードを使ってしっかりと学んでいきます。

練習をせずにいきなり実際にお金を使って取引すると大損してしまうリスクが高まりますから、必ずデモトレードで勝てる状況になるまで練習しましょう

以下の記事ではデモトレードを使ってどのようにスキルアップしていくかを具体的に解説しています。

5.4 記録を取る

デモトレードで取引の練習をする際は、記録を取る練習も同時におこなっていきます

取引記録を正しく取ることが、トレードのスキルアップをするためのキモとなる部分だからです。

トレード記録を取る意味としては、①トレードルールの徹底と②客観的に振り返ることです。

①トレードルールの徹底のための記録

トレード記録はトレードルールを徹底させるためにおこないます

投資としての取り組み方で「資金管理」と「根拠のあるトレード」の重要性を確認しますが、知識を実践で活かすのはなかなか難易度の高い行動です。

ですので、トレードの際に記録を取る習慣をつけることで、なんとなくのトレードをしないよう、自らの手で自分のトレードを矯正していく必要があるのです。

トレード記録はそんなトレード矯正のために役立ってくれますよ。

②客観的に振り返るための記録

トレード記録は客観的に振り返る際に役立ちます

なぜなら、トレードを冷静に見つめ直せるのは、トレードが終わったあとだけだからです。

トレードをしている最中はリアルタイムで損失になったり利益に変わったり、利益や損失が増えたり減ったりと、冷静でいられなくなる状況に長時間直面することになります。
そんな中でのトレード改善や振り返りは難しいでしょう。

ただ、そんなリアルタイムでの心情を記録に残しておけば、自分で見ても客観的にトレード方法の評価ができるようになります。

着実にステップアップするためにも、取引記録を正しく取れるようにしておきましょう。

以下の記事では、どのようにすれば正しく取引記録を取れるのかを解説していますので確認してみてくださいね。

5.5 振り返る

正しく取引記録を取れたら、最後にその結果をもちいて振り返りをしていきます

振り返りとは、取引記録から良い根拠と悪い根拠を洗い出し、改善につなげることです。

具体的には記録したトレードを根拠ごとに分けて、どちらの根拠の方が勝率が良く、利益が残せるのかを確認していきます。
例えば、「ブレイク」「押し目・戻り目」でトレード記録を取っていけば、どちらのトレード方法が良いのかは、それぞれの結果を見ればわかるはずです。

利益がより多く残せる根拠が分かれば、今後はそのトレードに絞って取引をしていけば、より精度の高いトレードができることでしょう。
結果を見れば誰にでも判断できることではありますが、「振り返り」自体をしていなければこのことに気づくことができません。

また、FX会社でも取引履歴を確認することはできますが、履歴にトレードの根拠をメモすることはできません。

ですから、自分の手で記録を取り振り返りをしなければ、根拠の良し悪しを判断するのは難しいでしょう。

「振り返り」は地道な作業ではありますが、改善こそがスキルアップに繋がります

取引記録によるトレード方法の評価、より具体的な改善方法については以下の記事を参考にしてみてください。

6. 信頼できる国内バイナリーオプション会社

bo稼げない06

国内バイナリーオプション取扱会社のなかで、おすすめはGMOクリック証券です。

理由としては、還元率が最上位の評価となっているため、より有利なトレードができるからです。

全社平均の91%の中で、GMOクリック証券の還元率は97.1%で国内8社の中で一位となっています

バイナリーオプション取扱会社還元率利益口座の割合リンク
GMOクリック証券会社ロゴ
97.12%24.40%詳しく見る 記事を読む
IG証券96.18%29.43%記事を読む
YJFX会社ロゴ95.37%24.63%記事を読む
FXプライム会社ロゴ94.14%26.12%記事を読む
外為どっとコム92.23%23.14%記事を読む
ヒロセ通商会社ロゴ91.61%26.26%-
楽天証券89.52%16.86%-
トレイダーズ証券88.62%20.03%-
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

6.1 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

バイナリーオプション初心者の方には、GMOクリック証券「外為オプション」がおすすめです。

GMOクリック証券はFX業者として、かなり人気の業者ですので信頼性は担保されています

バイナリーオプションのサービスである外為オプションもシンプルで使いやすいので、操作に不安がある初心者でも安心です。

デモトレードもできますので、1度試してみてください!

7. まとめ

BOまとめ
  • バイナリーオプションで稼げない人の特徴 稼げない人は、損失に過敏になりすぎて、苦しみから救ってくれそうな他人のツールや手法に頼りがちになる傾向があります。
  • バイナリーオプションで稼げる人の特徴 稼げる人は、自分のトレードルールを設定しています。
    さらに、ルールを実践した取引を振り返ることで、定期的に自分の手法を微調整していますよ。

バイナリーオプションで稼げない理由に誰かが裏で価格を操作しているなどといったことはありませんし、隠された秘密を手にすることが稼ぐための唯一の方法でもありません。

自分のトレードルールを決めて、日々改善に努めることが、稼げるトレーダーになるための最短ルートですよ。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ