2021.02.01

バイナリーオプション順張りが効果的な相場とおすすめインジケーター

この記事で学べること

  • バイナリーオプションの順張り
  • バイナリーオプションの順張りが効果的な条件
  • バイナリーオプションの順張りで役立つインジケーター
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

順張りとは、上昇相場で買い、下落相場で売るというように、相場の流れに沿っておこなう取引ですね。

トレンド相場・夜の時間帯にユーロ/米ドルや米ドル/円で取引をすると、順張り取引で利益を上げやすくなりますよ

順張りにおすすめのインジケーターの紹介もしているので、併せて解説していきますね。

「バイナリーオプションの順張りで稼ぐ手順」を読んで、ステップバイステップで順張りをマスターしていきましょう

1. バイナリーオプションの順張りとは

bo順張り01

順張りの取引とは、相場の方向性を確認して、流れに沿った取引をする方法です

相場が上昇している際に、今後も上昇が続くことを予測して「買い」の取引をおこないます。

同様に、相場が下降している際は、「売り」の取引をおこないます。

bo順張り記事内01

ただ、相場が停滞してしまうと利益が伸びずにリスクに晒され続けてしまうので、相場に合わせて損切りなど一時撤退の判断をする必要があります。


2. バイナリーオプションの順張りが効果を発揮する3つの条件

bo順張り02

順張りが効果を発揮する条件をみていきましょう。

順張りが効果を発揮する条件

・【相場】トレンド相場
・【時間帯】夜間
・【通貨ペア】ユーロ/米ドルと米ドル/円


相場の方向性を判断しやすいかというのがポイントです。


2.1 【相場】トレンド相場

順張りはトレンド相場で効果を発揮します

順張りは相場の流れに沿って取引をするため、方向性が明確になったトレンド相場と相性が良いからです。

相場が一方向に向かって進む状態のことをトレンド相場といいますが、流れが一定期間続く傾向があるので、初心者にもオススメな取引方法とされています

ただ、一方向に動くといっても直線的に動くことは稀で、波を打つように上昇・下降していくことが多いです。

タイミングが合わないと、取引した途端に損を抱えてしまうケースがあるので注意が必要です。


bo順張り記事内02

2.2 【時間帯】夜間

順張りが適している時間帯は、夜間(21:00-24:00)です

トレンド相場が出現しやすい時間帯だからです。

日本時間の夜間は、ロンドン市場の投資家やアメリカ市場の投資家が市場に参加をしてくる時間帯で、相場が一方へ動く力が強くなります

「買いが買いを呼ぶ」「売りが売りを呼ぶ」力が世界から集まってきますので、相場の波に乗ることができれば容易に利益を獲得することができますよ。

ただ、バイナリーオプションの利益に値幅は関係ありませんので、満期まで時間がある場合は、早期の利益確定も選択肢の一つとして頭に置いておいた方が良さそうです。


2.3 【通貨ペア】ユーロ/米ドルと米ドル/円

順張りにおすすめの通貨ペアはユーロ/米ドルと米ドル/円です

両通貨とも取引量が多く値動きに安定性があり、トレンドの方向性を掴みやすいからです。

・ユーロ/米ドル:
世界中の人が取引をしていて、動きが読みやすいため初心者でも取引しやすい通貨。

・米ドル/円:
日本人に馴染みの通貨。ユーロ/米ドルに次いで流動性が高く、値動きが安定しやすい。


順張りで取引する条件をまとめると、夜間にユーロ/米ドルと米ドル/円の動きを確認し、トレンドの出現を待つことになります。


3. バイナリーオプションの順張りに役立つインジケーター2つ

bo順張り03

順張り取引の補助をしてくれるインジケーター2つのご紹介です。

順張りのインジケーター2つ

・移動平均線
・ボリンジャーバンド


どちらも相場の方向性の確認・取引/決済をするタイミングをはかる手助けをしてくれますよ。


3.1 移動平均線

移動平均線は、価格の平均値をもとにジグザグな相場の動きをならしたもので、傾きで相場の状況を確認することができます

・移動平均線が上向き→上昇トレンド
・移動平均線が横向き→レンジ相場
・移動平均線が下向き→下降トレンド

順張り取引をするときは、移動平均線の傾きで取引の方向性を決めると流れに乗りやすくなりますよ

また、期間を変えた移動平均線を複数表示させると、よりトレンド判断がしやすくなりますね。

bo順張り記事内03

3.2 ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線を基準線として、上下にバンドを表示し相場の振れ幅を確認できるようにしたものです。

・バンドの壁を突破→トレンド発生
・バンドの外側を推移→トレンドの継続

バンドの突破は相場に強い力が働いていると考えられるため、トレンド発生のポイントとされています

また、バンドの外側を張りつくように推移している時は、一方への力が働き続けているためにトレンドが今後も継続しやすい状況と判断します。

bo順張り記事内04

ただ、相場には「ダマシ」と呼ばれる予測と逆行した動きをすることがあります。

「必ずこうなる」という保証はありませんので、デモトレードなどで取引検証をおこない、トレンド把握の精度を上げていきましょう


3.3 【おまけ】MTF

複数時間軸で分析をおこなうMTF(マルチ・タイム・フレーム)という分析方法が、トレンド認識の精度を高めるのに役に立ちます。

大きな流れに逆らわずに、取引タイミングをはかることができるからです。

複数の時間軸で同方向のトレンドを確認できると、判断の信頼性も上がりますよ

bo順張り記事内05
GMOクリック証券のスマホツール「FXneo」の4画面表示




バイナリーオプションの主婦トレーダーとして有名な「高田かおり」さんも、MTFを利用して利益をあげています。


4. バイナリーオプションの順張りで稼ぐ手順

bo順張り04

順張りで稼ぐためには以下の2つの判断が重要です。

トレンド相場の判断
トレンド継続の見極め

取引の精度を高めるために、以下の3ステップで取引の振り返りをおこないましょう。


4.1 仮説

「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」を利用して、自分でも順張り取引ができそうなポイントを探していきます

探す際は、撤退ポイントも同時に探すと良いですよ。

なぜなら、相場は思いがけない動きをすることがあるので、撤退ポイントも決めておかないと大損しかねないからです。

チャンスは相場が続く限り何度でも訪れますので、慎重に取引ポイントを探しましょう


4.2 検証

デモトレードや少額取引で、取引の検証をおこないます

常に動く相場の中ベストなタイミングで取引できるのか、相場が逆行した際に撤退の対応ができるのかなど、実際の取引をしてみないと分からないことがあるからです。

不測の事態に備えるためにも、ダメージの小さい環境で試行錯誤するのがオススメですよ


4.3 改善

取引の振り返りをおこない、取引精度を高めましょう

細かい分析ができるように、トレードシートに自身の取引記録をつけるのが良いですよ。

取引の結果はもちろん、取引時の値動きや自分が何を取引根拠にしたのかが分かると改善しやすいですよね。

FXやってみた研究所作成のトレードシートをご利用ください。

トレードシートはコチラからダウンロードできます。

【Mac】期待値トレードシート BO
【Windows】期待値トレードシート BO.xlsx


損益はもちろん破産確率まで自動計算してくれて、チャート画面の貼付と併せてコメントも加えられるので、取引改善のための要素が全て揃っていますよ。


BO儲からない記事内03
BO儲からない記事内04

5. バイナリーオプションの順張りだけでは損切り貧乏になる可能性あり

bo順張り05

為替相場は「レンジ8割・トレンド2割」といわれるほど値動きのほとんどがレンジ相場となっています。

そのため、なかなかトレンドの波に乗れず、損切りが増えて損切り貧乏になる恐れもあるので注意しましょう。


5.1 レンジ相場で波に乗れない

順張り取引はトレンド相場でこそ効力を発揮します。

ですが、相場のほとんどはレンジ相場で構成されているため、なかなかチャンスに恵まれず、焦って取引をして損切りがかさんでしまうことがよくあります

そのため、トレンドを見つけられない場合は、取引をストップするか「逆張り」取引に切り替えて相場に臨みましょう。


5.2 逆張り手法も身につけよう

バイナリーオプションの逆張り手法で勝つためのインジケーター3つ」では、逆張り手法の解説をしているので参考にしてみてください

順張り・逆張りを身につければ、トレンド相場・レンジ相場どちらにも対応できるようになりますよ。


6. まとめ

バイナリーまとめ

バイナリーオプションの順張りについてのおさらいです。

バイナリーオプションの順張りが効果を発揮する3つの条件

・【相場】トレンド相場
・【時間帯】夜間
・【通貨ペア】ユーロ/米ドルと米ドル/円


バイナリーオプションの順張りに役立つインジケーター2つ

・移動平均線
・ボリンジャーバンド


順張り取引は、相場全体の2割しかないトレンドを見極めなければなりませんが、相場の波に乗るだけのシンプルな手法です。

相場の波を見つけられるよう、根気強く相場と向き合っていきましょう。


この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。