バイナリーオプションとFXの違いを徹底比較!どっちが初心者向き?の画像
2021.09.22 2021.02.09

バイナリーオプションとFXの違いを徹底比較!どっちが初心者向き?

この記事で学べること

  • バイナリーオプションとFXの違い
  • バイナリーオプションとFXのメリット・デメリット
  • FXに向いている人とバイナリーオプションに向いている人
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションFXがどちらの方が自分に向いているのか、疑問に思いますよね。

今回解説するFXに向いている人とバイナリーオプションに向いている人を知れば、どちらが自分に合っている投資なのかが分かりますよ

記事内では、バイナリーオプションとFXの違いやメリット・デメリットをデータを元にしながら解説します。

注意いただきたいのは、どちらか一方が「初心者向け」というわけではありません。

FXでは勝てなかったけどバイナリーオプションで勝てたパターンや、その逆のケースもあるので、トレードの経験値だけでは適正が分からないからです。

それよりも、自分の性格や感覚に合っていることの方が大切ですよ。

どちらの方が自分なら堅実な投資ができそうか、自分が無理なく取り組める方はどちらか、といった観点で検討いただければと思います。

先に初心者におすすめの会社を知りたい場合はこちらをご覧ください。

1. バイナリーオプションとFXの違い・比較

bofx違い01

バイナリーオプションとFXの違いを比較表にしました。

 FXバイナリーオプション
取引時間自由2〜3時間毎
損益
(取引毎のリスク)
値幅で決まり、上限がないエントリー時点で損益の最大額が固定される
資金リスク投資金+追加証拠金投資金
手数料スプレッドスプレッド(途中売却時のみ)

FXは取引時間に制限がない、決済のタイミングを自分で決められるなどの自由度が高いことが特徴です。

対してバイナリーオプションには制限が多く、取引の自由度についてはFXに劣ります

また、FXとバイナリーオプションの大きな違いとして、損益の仕組みが挙げられます。

FXの損益は獲得した値幅によって変動し、値幅を多く獲得できれば利益を伸ばすことができ、狙いと逆行する値幅が大きくなるほど損失も大きくなります。

バイナリーオプションの損益は「上がるか・下がるか」の二択を的中できるかどうかで決まります。 当たれば利益獲得・外れれば損失というとてもシンプルな仕組みです。

取引の自由度を重視し、自分をコントロールするのが得意ならFX、制限の中で取引する方が安全と感じるならバイナリーオプションが向いていると言えそうですね。

2. 勝ちやすさで見るバイナリーオプションとFXの違い

bofx違い02

続いて、どちらが勝ちやすいのかをデータをもちいて検証していきます。

2.1 バイナリーオプションの勝ちやすさをデータで見る

バイナリーオプションは大損をする可能性もある、と一度は聞いたことがあるかもしれません。

事実、ギャンブルのように取引をして損をする人も中にはいます。

損失を出す人がどれくらいいるかというと、全体の74.4%の人が口座をプラスにできずに毎月取引を終えています

※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績の平均数値
※単純平均による参考数値です。

裏を返せば、25.6%の人だけが利益を出せている計算になります

バイナリーオプションで利益をあげるには、トレーダー同士の奪い合いを勝ち抜き、25.6%以内の上位者になる必要があるということです。

【損失口座の割合】

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券外貨ex byGMO
(ラダー)
外貨ex byGMO
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月77.82%85.38%63.79%70.40%76.61%68.93%78.00%76.02%75.40%
2020年8月71.85%78.41%71.11%67.50%74.62%53.07%78.80%80.95%70.80%
2020年9月74.86%74.01%80.30%54.28%69.00%71.30%68.75%77.00%81.48%71.40%
2020年10月83.95%78.13%78.07%70.83%73.30%75.30%72.16%74.20%81.41%67.30%
2020年11月87.11%74.19%84.05%65.11%72.60%71.03%60.45%74.50%74.03%71.70%
2020年12月83.28%75.82%83.26%75.75%73.60%72.92%71.13%70.40%70.88%80.10%
2021年1月85.41%75.57%75.21%54.76%70.30%78.60%74.47%71.70%65.91%77.60%
2021年2月84.80%75.50%80.86%61.11%71.90%75.19%66.49%72.90%77.70%76.60%
2021年3月84.03%75.77%71.54%78.57%69.10%72.02%72.13%70.40%77.15%73.20%
2021年4月82.14%75.87%79.31%58.62%70.00%77.31%70.30%70.40%81.03%73.30%
2021年5月83.05%76.68%80.47%73.68%69.10%79.75%65.41%74.90%77.03%74.40%
2021年6月82.77%75.96%82.79%73.52%70.00%79.75%78.98%73.30%78.70%73.10%
平均83.14%75.60%79.97%66.76%70.57%75.37%68.52%73.88%76.86%73.74%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

この数値は、初心者のままでは利益をあげるのが難しいことを示しています。

トレードの世界では初心者も熟練者も同じ土俵・条件のもと取引をしていますので、初心者がすぐに勝てるようにはならないのが現実でしょう

2.2 FXの勝ちやすさをデータで見る

FXの勝ちやすさは一般社団法人:金融先物取引業協会が公開している2つのデータを見るとわかります。

1つ目のデータは初心者が一年以内にFXから退場する確率です。下記は金融先物取引業協会が公開している3年間の「顧客口座数の増減」と「「取引実績口座数の増減」をまとめた表です。
これらは元データの「顧客口座数」と「取引実績口座数」から割り出した数値となります。

年度顧客口座数の増減取引実績口座数の増減FXを継続している人の割合(生存率)
2020412,73355,20913.38%
2019475,593134,16028.21%
2018451,32744,3649.83%
3年平均1,339,653233,73317.45%

「顧客口座数の増減」は、純粋な新規口座に限った話ではありませんが、こちらの稼働率がFXをはじめて継続している参考データになるものとしています。

この結果から、FX初心者が一年以上生き残る確率は17%しかありません。逆に言うと初心者の83%が一年以内に退場していると考えられます。

もう1つのデータは、利益を上げているトレーダーの割合です。下記は「FXによる昨年の利益額」のアンケート結果です。

FX 儲かる確率挿絵2
(引用元:金融先物取引業協会

結果60%以上の口座がプラス収支です。このアンケートは2割の1年未満の初心者、8割の1年以上のトレード経験者に対して行われたデータであることから、最初の1年を突破できた半数近くのトレーダーは継続して利益を上げていると言えます。

では、この2つの数字を使ってFXの勝ちやすさである「初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率」を計算すると下記の結果となります。

初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率

17% × 60% = 10.2%

なんとたったの10%しか生き残れません。明確な比較はできませんが、FXの方が初心者の生き残る確率は低い結果となり、バイナリーオプションの方が若干生き残りやすいと言えますね。

バイナリーオプションも厳しい数字でしたが、FXはさらに厳しい数字となっています。
では、それぞれの勝ち組がどのように勝っているのかを次の章で見て行きましょう。

2.3 バイナリーオプションで勝っている人・FXで勝っている人

バイナリーオプション

上記でご紹介したデータによると、3割弱の勝ちトレーダーが全体の資金を共有しており、勝てれば大きな利益を上げられる可能性が高いことがわかりました。

バイナリーオプションで勝っている人は、資金の取り合いに参加している現実を理解でき、3割弱の勝ちトレーダーに入るための努力ができる人と言えますね。

FX

FXトレーダーの勝敗の割合は、バイナリーオプションと変わらない印象でした。

コツコツ勝ったり・コツコツ負ける人が多いものの、一部で資金を大きく増やしたり全損する人もいました。

FXで勝っている人は、焦らずコツコツ利益を積み上げられる人、全損しないよう自分をコントロールできる人と言えます。

3. バイナリーオプションとFXのメリット・デメリット

bofx違い03

バイナリーオプションとFXについて、それぞれメリット・デメリットを見ていきます。

3.1 バイナリーオプションのメリット・デメリット

メリット

・損失が固定されている

バイナリーオプションは、取引を実行する前に最大損失額が決まっているのが特徴です。

つまり、どれだけ相場が逆行しようとも、最大損失額以上の損失を被ることはありません。

損切りがなかなかできなくて悩んでいる人にとっては、好都合な仕組みですよ。

・価格に動きがなくても利益を得られる

FXと違い、値動きがなくても利益をあげられるのがバイナリーオプションのメリットです。

FXで利益を上げづらいとされている「レンジ相場」や早朝・深夜など値動きが極端に小さい時間帯でも資金を増やせる可能性がありますよ。

デメリット

・利益を伸ばすことができない

最大損失額が決まっている反面、利益も取引する前に最大額が決まっているため、FXのように値動きに応じて利益を伸ばす、といった取引はできません。

また、バイナリーオプションは2〜3時間ごとに取引時間が区切られており、翌日や週末までポジションを保有するといった戦略がとれないので、利益を最大限伸ばすトレードが得意な人には向いていません。

3.2 FXのメリット・デメリット

メリット

・利益を伸ばせる

FXの獲得した値幅が損益を決めるので、値幅を取れた分だけ利益をあげられます

利益を伸ばすことができるので、勝率が悪くてもプラスの取引ができます。

損切り幅は小さくして小刻みに決済・値幅を伸ばせるポイントでは長時間保有して利益を目一杯伸ばすことで、投資の王道である損小利大のトレードが可能です。

デメリット

・損切りを決断しなければならない

損切りを自分の意思で実行しなくてはなりません。

損切りができない問題は多くのトレーダーがぶつかる悩みとなっており、自動で損切りしてくれる注文など方法はあるにはありますが、なかなか「自分で」決断できずに損が膨らんでしまう人が続出しています。

・値動きがないと利益を得られない

FXはどれだけ値幅をとれたかが損益に影響するので、相場に値動きがないと利益になりません。

バイナリーオプションの場合は値動きがなくても利益が獲得できるので、為替を舞台にしていて似たように見える2つの投資ですが、正反対の特徴をもっています。

4. リスクを小さく投資を始めたいならバイナリーオプションもおすすめ

bofx違い04

これまでご紹介したFXとバイナリーオプションの違い・勝ちやすさ・メリット/デメリットを総合し、FXに向いている人・バイナリーオプションに向いている人を解説します。

4.1 FXに向いている人

コツコツ利益を積み上げられる人

FXトレーダーの大半がコツコツ勝つか・コツコツ負けるかのどちらかであるのをデータで確認しました。

つまり、コツコツ取引を継続できる人です。

勝ったり負けたりしながらも、少しずつ前進することに我慢できる人はFXに向いています。

損失が出ても自分をコントロールできる人

FXは取引時間や決済タイミングを自分の判断で決められる、自由度の高い取引です。

損失を抱えた状態でも、冷静な判断ができる人が向いています。

自分をコントロールできるか現時点で不明な場合は、下記でご紹介するデモトレードで体験してみるのも一つの確認方法ですよ。

利益が伸びるのを待てる人

FXは値幅を取った分だけ利益が大きくなります。

つまり、チャンスと見るや取引時間を伸ばし、1度の取引で獲得できる値幅を多くできれば勝ちトレーダーに近づけます

少し利益が出たくらいで焦って決済してしまわない、我慢強い人が向いています。

4.2 バイナリーオプションに向いている人

3割の勝ちトレーダーに入る覚悟ができる人

7割のトレーダーが資金の大半を失い、3割のトレーダーが資金を倍々にできる、無慈悲な世界です。

負け続けることを良しとせず、分析・研究などをしっかりおこない、3割の勝ち組にはいるために努力ができる強い意思がある人が向いています。

金融庁も次のように、注意喚起をしています。

バイナリーオプションは、取引の仕組みが単純で、騰落を予想するだけの簡単な取引のように見えますが、実際は複雑な理論的根拠に基づく金融取引です。合理的な投資判断を行うためには、オプション取引に関する専門知識や高度なリスク管理が必要です。

バイナリーオプションは決して楽に稼げるものではありません。
取引についての知識をしっかりとつけること、リスク管理について理解を深めるなど、投資として取り組む姿勢が大切です。。

FXで損切りができず悩んでいる人

バイナリーオプションは取引時間ごとに強制決済されるため、FXの損切りができなくて悩んでいる人は挑戦する価値があると言えますよ。

実際FXで伸び悩んだ人が、バイナリーオプションに転じて勝てるようになった例もあります。

資金を失わないよう管理できる人

バイナリーオプションでお金の動きをシュミレーションした際、負けている7割の人は資金を全損していました。

つまり、勝つためには資金を失わないことを第一に考え自分の取引を徹底して管理する必要があります。

連続負けになろうとも、資金を失わないよう取引回数や取引量をコントロールできる人が向いています。

ちなみに、以下の記事では国内会社をランキング形式でまとめています。

取引する会社をどのように選べば良いか、解決するはずですよ。

5. 初心者がバイナリーオプション・FXを始める際に注意すること

bofx違い05

バイナリーオプションやFXに取り組む際の注意点を解説します。

5.1 取引はシンプルだが、利益をあげるのは簡単ではない

バイナリーオプションもFXも取引自体はシンプルで、クリックするだけ・タップするだけで注文から決済まで完了してしまいます。

取引の簡単さゆえ、簡単に勝てると勘違いされがちです。

ですが、取引することと利益をあげることはまったく別物であることを忘れてはなりませんよ

取引する前に基礎理解のための勉強、自分の取引方法の改善のための継続的な勉強が必要です。

5.2 リスクが小さいことに安心はできない

バイナリーオプションの特徴の一つに「損切りの必要がない」ことがあります。

これは、リスクを小さくおさえられるメリットではありますが注意してください。

なぜなら、取引ごとのリスクは小さくても、取引量を上げすぎてしまったり、負けを取り返そうと焦って取引を繰り返してしまえば、資金はどんどん減っていきます

FXほど自制の必要がないと思われるバイナリーオプションをするにしても、FXに取り組むのと同様に自分でコントロールすることに気を配ることも大切です。

6. バイナリーオプション・FXを安全に取り組むための5ステップ

bofx違い06

バイナリーオプションやFXを安全に取り組むために、以下の5ステップで学習をすすめるのがおすすめですよ。

勉強の仕方5ステップ

・仕組みの理解
・取り組み方の確認
・デモトレードで学ぶ
・記録を取る
・振り返る

基礎学習から手法のブラッシュアップまでを網羅していますので、これからバイナリーオプションを始める方はぜひご覧になってみてください。

6.1 仕組みの理解

まずは、バイナリーオプションの仕組みや基礎知識を身につけることから始めましょう

具体的には、取引の流れ、利益を獲得するまでの流れ、損失が出るまでの流れを確認していきます。

確認作業の中でバイナリーオプション独特の専門用語なども出てきますが、その都度調べながらすすめるのは面倒に感じるはず。

そこで、初めての方でもバイナリーオプションの仕組みを理解できるよう、専門用語をできるだけ使わず丁寧に解説したコンテンツを用意しました

早速仕組みについて学んでみたい場合はご覧になってみてください。

6.2 取り組み方の確認

仕組みについて理解できたら、「投資」としての取り組み方も確認しましょう

取り組みについて確認する理由としては、バイナリーオプションは取り組み方を間違えるとギャンブルになりかねないからです。

ただの娯楽として楽しみたい人はそれでも良いですが、少なくとも今この記事を読んでいる方は投資として利益を積み上げていきたいはず

それならば、ギャンブルとならないよう、投資をするための姿勢や考え方を最初の段階で学んでおくべきです。
ちなみに、投資として取り組むために知っておくべきことは以下の3つです。

【投資としての取り組み方』
・資金管理
・根拠のあるトレード
・取引記録を取る

普段の生活では聞き慣れない言葉かもしれませんが、投資をするにあたっては絶対に欠かせない言葉でもあります。

それぞれ下記の記事で詳しく解説していますので、仕組みの理解ができたらぜひ確認してみてくださいね。

6.3 デモトレードで学ぶ

仕組みの理解、投資としての取り組み方を確認したら、デモトレードで実践的に学んでいきましょう

デモトレードは、バイナリーオプション提供会社が用意しているサービスで、誰でも無料で本番と同じ環境での取引を体験することができます。
投資としての取り組み方である、資金管理の徹底や根拠のあるトレードを身につける練習場所として、デモトレードは最適ですよ。

バイナリーオプションは決して楽して勝てることはありませんので、デモトレードを使ってしっかりと学んでいきます。

練習をせずにいきなり実際にお金を使って取引すると大損してしまうリスクが高まりますから、必ずデモトレードで勝てる状況になるまで練習しましょう

以下の記事ではデモトレードを使ってどのようにスキルアップしていくかを具体的に解説しています。

6.4 記録を取る

デモトレードで取引の練習をする際は、記録を取る練習も同時におこなっていきます

取引記録を正しく取ることが、トレードのスキルアップをするためのキモとなる部分だからです。

トレード記録を取る意味としては、①トレードルールの徹底と②客観的に振り返ることです。

①トレードルールの徹底のための記録

トレード記録はトレードルールを徹底させるためにおこないます

投資としての取り組み方で「資金管理」と「根拠のあるトレード」の重要性を確認しますが、知識を実践で活かすのはなかなか難易度の高い行動です。

ですので、トレードの際に記録を取る習慣をつけることで、なんとなくのトレードをしないよう、自らの手で自分のトレードを矯正していく必要があるのです。

トレード記録はそんなトレード矯正のために役立ってくれますよ。

②客観的に振り返るための記録

トレード記録は客観的に振り返る際に役立ちます

なぜなら、トレードを冷静に見つめ直せるのは、トレードが終わったあとだけだからです。

トレードをしている最中はリアルタイムで損失になったり利益に変わったり、利益や損失が増えたり減ったりと、冷静でいられなくなる状況に長時間直面することになります。
そんな中でのトレード改善や振り返りは難しいでしょう。

ただ、そんなリアルタイムでの心情を記録に残しておけば、自分で見ても客観的にトレード方法の評価ができるようになります。

着実にステップアップするためにも、取引記録を正しく取れるようにしておきましょう。

以下の記事では、どのようにすれば正しく取引記録を取れるのかを解説していますので確認してみてくださいね。

6.5 振り返る

正しく取引記録を取れたら、最後にその結果をもちいて振り返りをしていきます

振り返りとは、取引記録から良い根拠と悪い根拠を洗い出し、改善につなげることです。

具体的には記録したトレードを根拠ごとに分けて、どちらの根拠の方が勝率が良く、利益が残せるのかを確認していきます。
例えば、「ブレイク」「押し目・戻り目」でトレード記録を取っていけば、どちらのトレード方法が良いのかは、それぞれの結果を見ればわかるはずです。

利益がより多く残せる根拠が分かれば、今後はそのトレードに絞って取引をしていけば、より精度の高いトレードができることでしょう。
結果を見れば誰にでも判断できることではありますが、「振り返り」自体をしていなければこのことに気づくことができません。

また、FX会社でも取引履歴を確認することはできますが、履歴にトレードの根拠をメモすることはできません。

ですから、自分の手で記録を取り振り返りをしなければ、根拠の良し悪しを判断するのは難しいでしょう。

「振り返り」は地道な作業ではありますが、改善こそがスキルアップに繋がります

取引記録によるトレード方法の評価、より具体的な改善方法については以下の記事を参考にしてみてください。

7. バイナリーオプションを始めるのにおすすめな会社

bo稼ぐ05

国内バイナリーオプション取扱会社のなかで、おすすめはGMOクリック証券です。

理由としては、還元率が最上位の評価となっているため、より有利なトレードができるからです。

全社平均の91%の中で、GMOクリック証券の還元率は97.1%で国内8社の中で一位となっています

バイナリーオプション取扱会社還元率利益口座の割合リンク
GMOクリック証券会社ロゴ
97.12%24.40%詳しく見る 記事を読む
IG証券96.18%29.43%記事を読む
YJFX会社ロゴ95.37%24.63%記事を読む
FXプライム会社ロゴ94.14%26.12%記事を読む
外為どっとコム92.23%23.14%記事を読む
ヒロセ通商会社ロゴ91.61%26.26%-
楽天証券89.52%16.86%-
トレイダーズ証券88.62%20.03%-
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

7.1 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

バイナリーオプション初心者の方には、GMOクリック証券「外為オプション」がおすすめです。

GMOクリック証券はFX業者として、かなり人気の業者ですので信頼性は担保されています

バイナリーオプションのサービスである外為オプションもシンプルで使いやすいので、操作に不安がある初心者でも安心です。

デモトレードもできますので、1度試してみてください!

8. まとめ

BOまとめ
  • FXに向いている人 損失が出ても自分をコントロールできる人です。
    FXは取引時間や決済タイミングを自分の判断で決められる、自由度の高い取引です。
    損失を抱えた状態でも、冷静な判断ができる人が向いています。
    自分をコントロールできるか現時点で不明な場合は、下記でご紹介するデモトレードで体験してみるのも一つの確認方法ですよ。
  • バイナリーオプションに向いている人 3割の勝ちトレーダーに入る覚悟ができる人です。
    7割のトレーダーが資金の大半を失い、3割のトレーダーが資金を倍々にできる、無慈悲な世界です。
    負け続けることを良しとせず、分析・研究などをしっかりおこない、3割の勝ち組にはいるために努力ができる強い意思がある人が向いています。

堅実な投資ができそう、無理なく取り組めそうと思えるのはどちらだったでしょうか。

どちらもデモトレードで取引体験できますから、実践も試しながら自分との相性を確認していくのが良さそうですね。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ