バイナリーオプションはギャンブルなのか!還元率91%から真相を確かめてみたの画像
2021.07.24 2021.04.21

バイナリーオプションはギャンブルなのか!還元率91%から真相を確かめてみた

この記事で学べること

  • バイナリーオプションがギャンブルというのは誤解
  • ギャンブル賭博との違い
  • バイナリーオプションをギャンブルにしないためのコツ
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションってギャンブルじゃないの?と気になりますよね。

結論としては、バイナリーオプションはギャンブルではなく、投資の一つです

なぜなら、バイナリーオプションの還元率91%と、ギャンブルとは明確に違うデータが存在するからです。

記事内では、バイナリーオプションがギャンブルと明らかに異なる理由を信頼できるデータを元に真相を解明しています

また、バイナリーオプションを投資として取り組むためのコツもご紹介していますので、記事を読み終える頃には、博打かも?という不安は解消されているはずですよ。

先に初心者におすすめの会社を知りたい場合はこちらをご覧ください。

1. バイナリーオプションとは?

boギャンブル01

バイナリーオプションは、通貨の価格が判定時刻の時点で目標価格より上がっているか下がっているかを予測する取引です。

上がるか下がるかの「二択」から選ぶのみ、複雑な注文方法も無いため取引もシンプルで、初心者にも取り組みやすい投資として人気があります

同じ為替を扱うFXはよく比較対象として挙げられますが、それぞれの特徴を活かしてバイナリーオプションと並行して取引をするトレーダーもいますよ。

boギャンブル記事内01

2. バイナリーオプションにギャンブル性があるという2つの誤解

boギャンブル02

バイナリーオプションについて、以下の2点から、ギャンブル性が高いイメージがあるのではないでしょうか。

ギャンブル性があるという2つの誤解

・上がるか下がるかの二択がギャンブル
・結局お金がなくなるからギャンブル

2.1 上がるか下がるかの二択がギャンブル

バイナリーオプションは価格が上がるか・下がるかの二択を予想する取引です。

「二択を当てる」という点で、サイコロの目が偶数か奇数か(二択)を当てる半丁博打をイメージする方も多いでしょう

確かに、振られたサイコロの目を予想することはできませんから、単純な計算ですが、最終的には勝率が50%になり利益を上げることは難しいかもしれません。

手持ちの資金全てを賭けて予想が外れてしまえば、まさにギャンブルにハマったことになりますね。

ですが、バイナリーオプションは常に勝率50%の二択を選ぶ取引ではありません

値動きを分析・予測ができれば勝率をある程度コントロールすることができるのです。

2.2 結局お金がなくなるからギャンブル

バイナリーオプションがギャンブルだという誤解を生む2つ目のケースは、大損するトレーダーがいることです。

結局お金がなくなってしまったら、ギャンブルなんだなと思ってしまいますよね

実際に、SNSなどではバイナリーオプションで大損・借金をしてしまったという投稿も多く見られます。

ちなみに、以下の記事では大損した原因と対策を、体験談を交えて解説しています。

同じような目に遭わないように、ぜひ取り組む前に確認いただけると幸いです。

しかし、これにはバイナリーオプションへの取り組み方を誤ってしまっていることに原因があるのです。

バイナリーオプション全く予測のできないギャンブルとは異なりますし、取り組み方次第でバイナリーオプションをギャンブルにさせないことができる投資です。

次項でその理由を解説しますね。

3. バイナリーオプションがギャンブルでない理由

boギャンブル03

バイナリーオプションがギャンブルでない2つの理由を解説します。

ギャンブルでない2つの理由

・投資商品の一つ
・お金を増やすための取引はできる

3.1 投資商品の一つ

バイナリーオプションはFXから派生した金融商品であり、投資対象の一つなのです

言葉の定義を確認すると

投資とギャンブル
・投資とは、将来の資本を増加させることを目的に、現在の資金を投下すること。
・ギャンブルとは、金品を賭けて勝負を競う遊戯。

ギャンブルは遊戯でありエンターテイメントが目的ですが、バイナリーオプションのような投資は資金を増やすことが目的であると定義されています。

ここからは、バイナリーオプションが投資であることをより深掘りしていくために、「還元率」や「利益を上げる人の割合」をギャンブルと比較しながら見ていきましょう。

後述しますが、バイナリーオプションの還元率は9割を超えており、対するギャンブルの還元率は4割にとどまっています

つまり、バイナリーオプションはギャンブルとは似て非なるものであることがデータとして明らかになっているのです。

3.2 勝てる見込みの高い取引はできる

バイナリーオプションがギャンブルでないもう一つの理由は、勝てる見込みの高い取引ができることです

バイナリーオプションはFXから派生をしているので、為替の値動きを予想して取引を行います。

為替の値動きにはトレンドと呼ばれる動きの偏りが存在するため、上がるか・下がるかの二択のうち一方になりやすいポイントが発生します。

つまり、より有利な取引を選ぶことが可能

サイコロやルーレットのように取引ごとに勝てる可能性が半々なのではなく、二択のうち一方の結果になる可能性が高くなる場面があるのです。

boギャンブル記事内02

自分が有利な場面でトレードできるよう取引のタイミングを見極められれば、勝てる見込みの高い取引ができますよ。

トレードへの取り組み方次第で、ギャンブルにならない取引も実践できるというわけです。

4. バイナリーオプションとギャンブル賭博の違い

boギャンブル04

バイナリーオプションがギャンブルとは決定的な違いがある理由を、以下の2つのデータを元に解説します。

バイナリーオプションとギャンブル賭博の違い

・還元率
・勝てる人の割合

還元率とは
トレーダーが取引した金額に対して、払い戻された金額の割合を示したものです。
1万円の取引をして1万円が払い戻された場合、還元率は100%になります。

4.1 還元率が他のギャンブルとは違う

まずは還元率について、バイナリーオプションとギャンブルで比較をしてみます。

数値については以下の通り。

 バイナリーオプション公営競技(競馬・競艇・競輪)宝くじ
還元率97.26% ※74.8%46.5%
(引用元:総務省「実行還元率」宝くじ公式サイト「収益金の活用内容」
※ 2020年2月〜2021年1月の平均値)

バイナリーオプションの還元率が97.6%に対して、宝くじの還元率は46.5%となっています。

つまり、バイナリーオプションでは取引金額のほとんどがトレーダーに還元されているのです

boギャンブル記事内03

データについては各月にバラツキがありますが、概ね9割を超えています。

また、公営競技については74.8%となっており、バイナリーオプションと比較して20%以上も低いことがわかりました。

一方宝くじの収益金の内訳は以下の通りで還元率は46.5%です。

購入者へのリターンのみに注目してみると、宝くじの還元率の低さは明白ではないでしょうか。

boギャンブル記事内04
(引用元:「宝くじ公式サイト)

4.2 勝てる人の割合がギャンブルとは違う

続いて勝てる人の割合の違いを比較します。

 バイナリーオプション宝くじ
勝てる人の割合24.37% ※12.8% ※2
※1 2020年2月〜2021年1月の平均値)
※2 ロト6で当選20万口、総購入695万口の場合
・バイナリーオプションは報告書の損失発生口座の割合から、利益の発生した口座の割合を勝てる人と定義して算出しています。
・宝くじは総購入口数に対して、当選した人を勝てた人と定義して算出しています。

バイナリーオプションで勝てる人の割合が24.37%であるのに対して、宝くじで勝てる人は2.8%でした。

確かにバイナリーオプションで損失を出している人も一定数いるのは間違いありませんが、宝くじ購入者の2.8%が利益を得ているのに対して、バイナリーオプションでは3割弱の人は継続的に勝てていることも見て取れます

バイナリーオプションでは勝てる見込みが宝くじに比べて10倍近い差が出ていますので、ギャンブルとの明確な違いを確認できたのではないでしょうか。

boギャンブル記事内05

5. バイナリーオプションをギャンブルにしないためのコツ

boギャンブル05

バイナリーオプションでは、還元率や勝てる人の割合にギャンブルとの違いがあることを確認しました。

還元率が100%に近いにもか関わらず7割の人が負けているということは、熟練者だけが勝っている世界であることもうかがえます。

いずれにせよ、損失が発生する可能性があることに変わりはありません。

実際に利益を上げるためには、トレーダー自身がギャンブル取引をしないことが大切です

ギャンブルにしないための2つのコツを解説します。

ギャンブルにしないためのコツ

・投資として向き合うこと
・根拠のあるトレードと振り返り

5.1 投資として向き合うこと

バイナリーオプションでギャンブルしないためには、投資として向き合うことが大切です

なぜなら、利益をあげることが目的であっても損失が発生する可能性は十分にあるため、損失をコントロールしながら取引に臨む必要があるからです。

そこで大切なのが資金管理です。

資金管理とは、投資として用意する金額をいくらにするのか、取引の際に損失をいくらまで許容するのかを事前に決めておくことです。

例えば投資金をいくらにするか検討する場合は、失っても生活に支障の出ない範囲の金額を設定すること。

初めは5万円・10万円などある程度少額で始めることがおすすめです。

また、取引の際に許容する損失額については投資金の2%が一般的に推奨されています。

つまり、投資金10万円の場合は、2,000円が1回の取引での損失許容額に設定できます。

損失と上手く付き合いながら、投資として利益をあげていきましょう

5.2 根拠のあるトレードと振り返り

バイナリーオプションをギャンブルにしないためには、根拠のあるトレードと振り返りが大切です

理由としては、バイナリーオプションで取引をおこなう通貨には、予測のための材料がないギャンブルとは違い、値動きの傾向・偏りが生じるためです。

boギャンブル記事内02

例えば、値動きが上がりそうな根拠を相場からいくつも見つけることができれば、「上がる」に賭けた方が勝率の高い取引ができるのです。

もちろん一朝一夕にはそのような手腕を身につけることは難しいかもしれません。

ですが、取引の振り返りをおこない、自分の勝ちやすい根拠・負けやすい根拠のデータを貯めていけば、自然と勝率の高い場面に絞って取引ができるようになりますよ

トレードを振り返る具体的な手順については、以下の記事を参考にしてみてください。

6. バイナリーオプションを始めるのにおすすめな会社

bo稼ぐ05

国内バイナリーオプション取扱会社のなかで、おすすめはGMOクリック証券です。

理由としては、還元率が最上位の評価となっているため、より有利なトレードができるからです。

全社平均の91%の中で、GMOクリック証券の還元率は97.1%で国内8社の中で一位となっています

会社名
GMOクリック証券会社ロゴ
IG証券YJFX会社ロゴFXプライム会社ロゴ外為どっとコムヒロセ通商会社ロゴ楽天証券トレイダーズ証券
還元率97.12%96.18%95.37%94.14%92.23%91.61%89.52%88.62%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

6.1 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

バイナリーオプション初心者の方には、GMOクリック証券「外為オプション」がおすすめです。

GMOクリック証券はFX業者として、かなり人気の業者ですので信頼性は担保されています

バイナリーオプションのサービスである外為オプションもシンプルで使いやすいので、操作に不安がある初心者でも安心です。

デモトレードもできますので、1度試してみてください!

7. まとめ

BOまとめ
  • バイナリーオプションがギャンブルというのは誤解 バイナリーオプションにはギャンブルのイメージがいまだにありますが、誤解です。
    れっきとした投資商品であり、通貨の値動きには傾向を読み取ることができるので、勝ちやすい取引を選択することが可能だからです。
  • ギャンブル賭博との違い バイナリーオプションと宝くじの還元率、勝てている人の割合を調査しました。
    還元率・勝てている人の割合、いずれも明確にギャンブルとの違いがありました。
  • バイナリーオプションをギャンブルにしないためのコツ ギャンブルにしないためには、取り組み方に注意することが大切です。
    投資として向き合うこと、根拠のあるトレードと振り返りです。

バイナリーオプション自体はトレーダーに不利になるようなギャンブル要素はありません。

ですが、取り組み方次第ではギャンブルになり得る可能性もたしかにあります。

事前にギャンブルにしないための対策をしっかり確認し、継続的なスキルアップをしていきましょう

利益を積み上げるには、地道な作業が大切ですよ。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ