バイナリーオプションで利益を出すやり方!初心者は勝率50%を狙え!の画像
2021.09.22 2021.08.24

バイナリーオプションで利益を出すやり方!初心者は勝率50%を狙え!

この記事で学べること

  • バイナリーオプションのやり方
  • バイナリーオプションで初心者が目指すこと
  • スキルアップの手順
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションのやり方が分からなくて、なにから始めればいいのかと気になりますよね。

バイナリーオプションをする目的は「利益をあげること」であると思いますが、利益をあげるまでの道筋をイメージができないと、なにをすればよいか困ってしまうはず

そこで今回は、利益をあげるために設定すべき目標と、目標達成に必要な手段を具体的に解説していきます。

記事を読み終える頃には、バイナリーオプションで利益をあげるためのやり方がイメージでき、すぐにでも行動にうつしたくなるはずですよ

1. バイナリーオプション初心者のためのやり方を解説

バイナリーオプション初心者のためのやり方を解説

バイナリーオプションに取り組む目的は「利益をあげること」ですよね。

以下ではその目的達成のために確認すべき3つのやり方をご紹介します。

1.1 なにを目指せばいいのか

まずは、利益を獲得するために具体的な目標を立てていきましょう。

初心者の方は、勝率50%」のトレードを始めに目指すことをおすすめします

なぜなら、勝率50%のトレードができれば、プラスの利益を残すことができるからです。

勝率50%で利益が残る理由は後ほどシュミレーションで詳しく解説しますが、トレードをするたびに利益を積み上げられるようになれば、あとはトレードを続けていくだけです。
シンプルですよね。

1.2 なにができればいいのか

目標を立てたら、達成するための手段を確認します。
勝率50%を達成するための手段は、「チャート分析と振り返り」です

チャート分析とは、自分のトレードが有利になるよう、通貨の値動きの傾向を様々な角度から確認することです。

そして、有利と思える場面でトレードをしながら、並行して取引の振り返りもおこなっていきます。

始めのうちはいくら入念にチャート分析をしても、勝率50%に届かず負け続けてしまうこともあるでしょう。
ですが、一つ一つの取引を丁寧に振り返りをていくことで、結果を改善することができますよ

チャート分析の身につけ方については、後ほど詳しく解説しますね。

1.3 なにを使えばいいのか

目標と手段が明確になったら、取引をする場所、つまり取引をするバイナリーオプション会社を選択します。

どうせやるなら利益をあげるチャンスのある、勝ちやすい会社を選びたいですよね

バイナリーオプション取扱会社還元率利益口座の割合リンク
GMOクリック証券会社ロゴ
97.12%24.40%詳しく見る 記事を読む
IG証券96.18%29.43%記事を読む
YJFX会社ロゴ95.37%24.63%記事を読む
FXプライム会社ロゴ94.14%26.12%記事を読む
外為どっとコム92.23%23.14%記事を読む
ヒロセ通商会社ロゴ91.61%26.26%-
楽天証券89.52%16.86%-
トレイダーズ証券88.62%20.03%-

※還元率・・・全体の取引金額からトレーダーへ返還された金額の割合
利益口座の割合・・・全口座のうち利益が出ている口座の割合
数値は2020年7月〜2021年6月の平均値

上記はバイナリーオプションを取り扱う会社をランキング形式で表示しています。

会社選びの指標は「還元率」「利益口座の割合」です

「還元率」「利益口座の割合」は、各社が毎月実績を公表していますので、リアルタイムでの比較もしやすくなっていますよ。

2. 勝率50%超えを目指そう

勝率50%超えを目指そう

バイナリーオプションで利益を上げるため、達成すべき目標は「勝率50%」とお伝えしました。

以下で、勝率50%を目指すと利益が出る理由を詳しく見ていきましょう。

2.1 バイナリーオプションで利益が出る仕組み

はじめに、バイナリーオプションで利益が出るまでの仕組みの確認します

バイナリーオプションで報酬を受け取るまでの流れは以下の通り。

【報酬を受け取るまでの仕組み】
・上がるか・下がるか予想する (チケットを購入)
・予想が当たれば払い出し (ペイアウト)
・予想を外せば報酬なし (チケット費用が損失)

bo稼げる記事内01

上がるか下がるかを選び、チケットを購入します。

予想が当たればチケット1枚につき1,000円が払い出され、チケット購入費用を差し引いた金額が利益になります。

また、予想を外せば払い出しはなし、チケット購入費用がそのまま損失になる仕組みです。

2.2 初心者におすすめな取引方法

バイナリーオプションのチケット購入費用は、取引時の価格や判定までの残り時間によって変動しています

boやり方記事内01

そこで、ペイアウト別に勝率がどれくらいあれば損益がプラスになるのか、以下の表にまとめました。

ペイアウト倍率購入額ペイアウト額利益額損益プラスに必要な勝率
1.2833円1,000円167円83.33% 以上
1.4714円1,000円286円71.43% 以上
1.6625円1,000円375円62.50% 以上
1.8556円1,000円444円55.56% 以上
2.0500円1,000円500円50.00% 以上
2.2455円1,000円545円45.45% 以上
2.4417円1,000円683円41.67% 以上
2.6385円1,000円615円38.46% 以上
2.8357円1,000円643円35.71% 以上
3.0333円1,000円667円33.33% 以上
3.2313円1,000円688円31.25% 以上
3.4294円1,000円706円29.41% 以上
3.6278円1,000円722円27.78% 以上
3.8263円1,000円737円26.32% 以上
4.0250円1,000円750円25.00% 以上

ペイアウト2.0倍以上であれば、勝率50%以上でプラスになる計算です。

初心者のかたは、まずはペイアウト2.0倍のポイントで取引を行い、勝率50%以上を目指していきましょう

ちなみにペイアウト2.0倍で取引できる場面は下図のような場面です。

boやり方記事内02

もしかしたら、ペイアウト3.0倍の方が勝率が低くても良いのでは、と思うかもしれませんね。

ですが、ペイアウトが高くなるほど勝てる難易度も高くなってしまいます。
なぜなら、ペイアウトが高くなるポイントは、目標価格までの距離が離れてしまうからです。

判定時刻までに目標価格に到達するかどうかさえ、読めない中でのトレードを強いられてしまうのです。

慣れるまではペイアウト2.0倍の場面で取引するのが目安です。

自分でも予想がしやすい場面での取引を、チャートから探してみましょう。

2.3 取引の際の注意点

ただし、ペイアウト2.0倍ならいつでも買っていいわけではない、ということは忘れないでいただきたいです

ペイアウト2.0倍であることに加えて、上がるか・下がるかを選択する必要があるからです。

ペイアウト2.0倍とだけでは上がるか・下がるかの判断まではできないですよね。

上下どちらが有利なのか、次項のチャート分析をしてしっかり見極めてから取引に臨みましょう

3. チャート分析と振り返りの反復でスキルアップ

チャート分析と振り返りの反復でスキルアップ

勝率50%の目標を達成するための手段は「チャート分析と振り返り」です。

3.1 チャート分析をしよう

チャート分析は、上下どちらが有利なのかを見極めるため、チャート上に表示される値動きの傾向を確認する作業です

根拠のあるトレードをするための作業、と言い換えてもいいかもしれません。

根拠を持ってトレードをすれば、振り返りをした時に、その根拠が良いのか・悪いのかの判断もしやすくなります。

もし理由なく闇雲にトレードをしていたら、振り返りをしても改善箇所がわからずスキルアップできないですよね。

チャートの分析方法はたくさんあるので、自分に合った値動きの読みやすい分析方法を選んでいきましょう

以下の記事を参考に、チャート分析について学んでみてください。

3.2 記録を取ろう

チャート分析をして取引を実施したら、取引の記録を取りましょう

振り返をした際に、実施したトレードの根拠が良かったのか・悪かったのか、客観的に判断をするためです。

記録を取ることは、勝ちトレード・負けトレードの共通点を洗い出す作業でもあります

例えば、ラインをブレイクした際にトレードした時は負けが多いけど、ブレイクの押し目・戻り目まで待ってトレードをした方が勝てているな、と記録を見ると分かってくることがあります。

トレードをする際は、ぜひ並行してトレードの記録も忘れずに取っていきましょう。

記録用のトレードシートを用意していますので、ぜひ試してみてください。

3.3 振り返りをしよう

トレード記録が溜まってきたら、定期的に振り返りをしていきましょう

自身のトレード方法の改善のチャンスですから、欠かすことはできないステップですよ。
まずは、トレードを勝ち負けで分類して、根拠の良し悪しをチェックしていきます。

前項のように、「押し目・戻り目まで待ったトレード」が良い結果を出しているのなら今後も継続し、「ブレイクでのトレード」が悪い結果を出しているのならこの根拠の取引は控えるなどしましょう。

これだけでも、トレード結果が変わってくるはずですよ。
良い根拠のトレードは伸ばし、悪いものは削除もしくは改善してトレードのブラッシュアップをしていきましょう

なお、振り返りのタイミングとしては、土日など相場が閉まっているタイミングがおすすめです。

値動きが気になるなどの邪念を排除できるので、冷静に自分のトレード方法を見つめ直せますよ。

4. デモトレードから本番の流れを確認しよう

デモトレードから本番の流れを確認しよう

トレードを実践する際は、入金していきなり取引を実施するのではなく、デモトレードから始めましょう。

まずはデモトレードで利益をあげられる状況を目指し、徐々にステージを変えていくのがおすすめのスキルアップ手順です。

4.1 デモトレード

デモトレードをトレード知識を学ぶ場所として利用しましょう

なぜならデモトレードを使えば、ノーリスクでトレードスキルを磨くことができるからです。

取引の流れや操作方法の確認、チャート分析をもとに取引の実施、取引の記録と振り返りまで、トレードに関する一通りの作業ができるよう手順を踏んでみてください。

そして、勝てる状況になるまではデモトレードで練習をおこない、スキルアップを結果で確認ができるようになったら次のステップへ進みましょう

4.2 小額トレード

デモトレードで勝てるようになったら、実践にうつります。

ですが、まずは小額トレードから始めて、いままで学んだことを試していきましょう

小額でトレードをする理由としては、自分のお金を実際に取引に利用すると、デモトレードでは感じられなかった緊張感の中で取引することになるからです。

具体的には、「損をしたくない」という思いがより強くなります。
この感覚に対処できずに取引を続けて大損を被るトレーダーが続出しています。

そうならないためにも、数千円〜数万円など最悪失っても支障をきたさない程度の資金で取引を始めましょう。

4.3 本番トレード

小額でも勝てるようになれば、利益をあげるために、本番トレードの開始です

ここまでステップアップできれば、あとはいつも通りのトレードができれば利益が積み重なっていくはずです。

もちろん、投資金額が増えるため緊張感も増すかもしれません。

そんなときは無理に取引金額をあげることはせずに、小額トレードやデモトレード含めて行ったり来たりしながら、自分のペースでトレードをすすめていきましょう

5. バイナリーオプションに取り組む際の注意点

ただ、バイナリーオプションには注意すべき点があることも忘れてはいけません。

それは、バイナリーオプションの世界で勝つことは難しいということです。

5.1 利益を出しているトレーダーはたったの25.6%

いきなり厳しい現実ですが、バイナリーオプションで利益を出している人の割合はわずか25.6%しかいません。

この数値は、一般社団法人:金融先物取引業協会が公開している8会社10取引の「取引口座に対する損失発生口座の割合」から割り出しています。下記が実際に公開されているデータとなります。

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券YJFX!
(ラダー)
YJFX!
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月77.82%85.38%63.79%70.40%76.61%68.93%78.00%76.02%75.40%
2020年8月71.85%78.41%71.11%67.50%74.62%53.07%78.80%80.95%70.80%
2020年9月74.86%74.01%80.30%54.28%69.00%71.30%68.75%77.00%81.48%71.40%
2020年10月83.95%78.13%78.07%70.83%73.30%75.30%72.16%74.20%81.41%67.30%
2020年11月87.11%74.19%84.05%65.11%72.60%71.03%60.45%74.50%74.03%71.70%
2020年12月83.28%75.82%83.26%75.75%73.60%72.92%71.13%70.40%70.88%80.10%
2021年1月85.41%75.57%75.21%54.76%70.30%78.60%74.47%71.70%65.91%77.60%
2021年2月84.80%75.50%80.86%61.11%71.90%75.19%66.49%72.90%77.70%76.60%
2021年3月84.03%75.77%71.54%78.57%69.10%72.02%72.13%70.40%77.15%73.20%
2021年4月82.14%75.87%79.31%58.62%70.00%77.31%70.30%70.40%81.03%73.30%
2021年5月83.05%76.68%80.47%73.68%69.10%79.75%65.41%74.90%77.03%74.40%
2021年6月82.77%75.96%82.79%73.52%70.00%79.75%78.98%73.30%78.70%73.10%
平均83.14%75.60%79.97%66.76%70.57%75.37%68.52%73.88%76.86%73.74%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

このデータからは、全体の74.4%のトレーダーが口座をマイナスにして毎月取引を終えていることがわかります(損失率75%)。つまり、その反対の25.6%はプラスで取引を終えていると言えます。

この数値は全てのトレーダーから割り出した実績であるので、初心者はもちろん中級者や上級者まで含まれています。

つまり、多くの割合を占める中級・上級トレーダーでも勝つことが難しく、経験と知識の乏しい初心者だと尚更勝つことが難しい世界と言えます。

次はさらに厳しい現実を突きつけることになるかもしれない数値です。

5.2 新規参入者の退場率100%超え

もう一つ厳しい数値は、新規参入者の100%が退場しているデータです。
これは、統計データから新規口座数より退場及び引退口座数の方が多いことから、それに近いことが現実に起こっていると想定して少し誇張した表現となっています。

実際に数字をみていきましょう。ここでは、金融先物取引業協会が公開している「個人向け店頭バイナリーオプション取引状況(月次)」から「設定口座」と「取引実績口座」を使い、直近3年間の「新規口座数」と「退場及び引退口座数」を割り出しています。

年度新規口座数退場及び引退口座数退場率
202021,92223,605107.68%
201941,74542,419101.61%
201837,31736,60598.09%
3年平均100,984102,629101.63%
(引用元:金融先物取引業協会

この結果からわかることは、新規トレーダーの数より退場及び引退したトレーダーの数が多いという事実です。

勝てているなら退場する理由はありませんが、これだけ退場している事実から、バイナリーオプションは勝つことが難しいと判断している・実際に負けているトレーダーが多いと言えます。

さらに、2013年に政府主導のバイナリーオプション規制が適用されたことで、広告が打てず認知度が下がり新規参入者そのものが減っていることも一つの要因でしょう。

新規参入者の退場率100%超えとは言うものの、実際は新規参入者で勝ち残っているトレーダーはいるはずです。

しかし、バイナリーオプションは新規トレーダーの数より退場及び引退トレーダーの数が多いため、100%に近い初心者トレーダーが退場している世界であることは想像に難くありませんね。

5.3 還元率91.7%の公平性の高い投資

ここまで、バイナリーオプションのとても厳しい現実を統計データを用いて解説してきました。

しかし、最後はどちらかというとポジティブな現実です。それは、バイナリーオプションの還元率は91.7%と非常に高いことです。

還元率とは、全トレーダーが投資した金額のうち、何割がトレーダーに払い戻されるかを示す数値です。下記が国内バイナリーオプション8者10取引の還元率となります(91.7%は単純平均による参考数値)。

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券YJFX!
(ラダー)
YJFX!
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月97.58%87.12%91.23%95.70%95.02%93.99%91.50%92.03%93.90%
2020年8月99.83%87.26%75.29%94.60%92.03%109.63%91.50%94.24%91.70%
2020年9月97.30%97.39%85.57%103.14%93.00%98.37%82.45%93.80%88.71%95.20%
2020年10月96.46%96.97%86.49%111.67%95.70%96.03%79.32%94.70%91.65%93.40%
2020年11月86.19%96.85%84.26%58.44%94.00%96.60%94.50%93.90%91.01%96.10%
2020年12月87.87%97.02%89.95%86.79%99.40%97.87%84.97%94.30%96.05%90.50%
2021年1月82.22%95.66%92.14%101.67%96.90%93.44%74.68%93.50%95.87%89.60%
2021年2月87.09%97.01%90.85%110.80%95.30%94.32%88.37%93.80%90.54%90.60%
2021年3月86.58%97.97%92.09%87.27%97.10%93.83%78.13%96.30%93.58%90.50%
2021年4月91.72%96.66%88.15%51.98%96.60%95.08%80.49%95.90%90.49%88.10%
2021年5月89.43%95.98%90.56%59.88%94.10%95.68%92.66%94.40%90.64%85.30%
2021年6月90.30%96.48%89.05%50.37%101.80%96.19%117.67%96.10%91.97%94.40%
平均89.52%97.12%88.62%82.38%96.18%95.37%89.74%94.14%92.23%91.61%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

この数値は100%に近いほど良く、91.7%はとても優秀な数値となります。
その根拠として他のギャンブルの還元率と比べてみましょう。

 バイナリーオプション公営競技(競馬・競艇・競輪)宝くじ
還元率91.7% 74.8%46.5%

宝くじは投資金の半分以上を胴元に取られてしまいます。
その点、還元率90%以上のバイナリーオプションはトレーダーにとって公平な投資と言えます。

先ほどのバイナリーオプションの利益を出している25%のトレーダーが還元率90%を享受していることになります。
勝ち組に入ることができれば大きな利益を期待できるのがバイナリーオプションです。

統計データで見るバイナリーオプションの現実まとめ

・バイナリーオプションの損失率74.6%で、利益をあげている人はたったの25.4%。

・新規参入者より退場及び引退者が多い(退場率101.64%)ことから初心者のほとんどが退場していると言える。

・バイナリーオプションの還元率は91.7%であり、実は公平性の高い投資である。

これら統計データの結果から、バイナリーオプションは還元率が91.7%と高くギャンブルとは一線を画しており、公平性の高い投資であることがわかります。
しかしながら、損失率74.6%で退場率が100%近い結果から、バイナリーオプションは初心者が最初から勝つのは難しい投資と言えます。

バイナリーオプションを始める際は、このような現実があることを忘れずに、勝ち抜く覚悟を持って取り組むことが大切ですよ。

6. 国内バイナリーオプションおすすめ会社

国内バイナリーオプションおすすめ会社

国内バイナリーオプション取扱会社のなかで、安心して取引を始められる会社はGMOクリック証券です。

理由としては、還元率が最上位の評価となっているため、より有利なトレードができるからです。

全社平均の91%の中で、GMOクリック証券の還元率は97.1%で国内8社の中で一位となっています

バイナリーオプション取扱会社還元率利益口座の割合リンク
GMOクリック証券会社ロゴ
97.12%24.40%詳しく見る 記事を読む
IG証券96.18%29.43%記事を読む
YJFX会社ロゴ95.37%24.63%記事を読む
FXプライム会社ロゴ94.14%26.12%記事を読む
外為どっとコム92.23%23.14%記事を読む
ヒロセ通商会社ロゴ91.61%26.26%-
楽天証券89.52%16.86%-
トレイダーズ証券88.62%20.03%-
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

6.1 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

バイナリーオプション初心者の方には、GMOクリック証券「外為オプション」がおすすめです。

GMOクリック証券はFX業者として、かなり人気の業者ですので信頼性は担保されています。

バイナリーオプションのサービスである外為オプションもシンプルで使いやすいので、操作に不安がある初心者でも安心です。

デモトレードもできますので、1度試してみてください!

7. まとめ

BOまとめ
  • バイナリーオプションのやり方 利益をあげることが目的ではあるが、何を目指せば目的を達成できるのか、手段・場所も明確にしていく必要があります。
  • バイナリーオプションで初心者が目指すこと 利益の出せる勝率50%を目指しましょう。
    そのためにチャート分析を身につけ、デモトレードから徐々にステップアップしましょう。
  • スキルアップの手順 根拠のあるトレードを行い、デモトレードで勝てる状況になるまで練習することが大切です。
    デモトレードで勝てるスキルを身につけたら、最後に本番トレードで実際に利益をあげていきましょう。

利益を出すために50%の勝率を目指すわけですが、それを達成するための作業が多いかなと感じる方もいるかもしれません。

ですが、大切なお金を投下するわけですから慎重に進めていきましょう。

自分のペースでトレードスキルを磨いてみてくださいね。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ