2021.04.28

300万円の負けから学ぶ!バイナリーオプションの負けない方法を徹底解説!

この記事で学べること

  • バイナリーオプションで負けた人の特徴
  • バイナリーオプションで負けないための具体的な方法
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションで負けた、といった情報を見ると不安になってしまいますよね。

ですが、負ける原因ははっきりしていますので、負けることに対して過度に怖がる必要はありません

記事内では、バイナリーオプションで負けた人の原因を分析し、負けないための方法を具体的に実践できるようなかたちで解説します。

投資で大切なことを負けた取引をそのままにしないことです

勝っても負けても自分の成長の糧にできるように手順を説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1. バイナリーオプションで負けた!【体験談】

bo負けた01
bo大損2記事内01

バイナリーオプションで大きく負けてしまい、最終的には300万円の借金を背負ってしまった女性の体験談です。

10分間で300万円の借金なんてあまり現実味がないですが、投稿を見る限り本当のようです。

借金にいたるまでの経緯は以下の通り。

300万円の借金を背負うまでの経緯
・3万円でバイナリーオプション投資を開始→8万円に増える
・8万円→0円
・20万円を借り入れ→再度0円
・50万円をさらに借り入れ→100万円に増える
・少しずつ取引継続→プラス30万円
・大勝負に出る→プラス200万円
・負けがかさむ→100万円
・金銭感覚が麻痺100万円→30万円
・再び大勝負30万円→100万円
・大勝負を続ける100万円→マイナス300万円

借入をし始めたあたりから、誰が見ても「投資ではないな」「ギャンブルをしているな」と分かるような大勝負を繰り返しおこなっていますね

ですが、本人は冷静を取り戻すことができず、100万円単位で損益が上下するような場面になる頃には震えが止まらなかったそうです。

これからバイナリーオプションを始める人、すでに始めていてこれから大きめの資金を入れようと考えている人は、ぜひ参考にしておくべきですよ。


2. バイナリーオプションで負けた人の特徴

bo負けた02

上記の体験談は負けてしまった一つの例にすぎません。

ですが、バイナリーオプションで負けてしまう原因には、行動に共通点があるのです。

負けてしまう人がやりがちな3つの誤った行動をご紹介します。


2.1 ギャンブルのような取引をしている

体験談でもご紹介したとおり、誰が見ても明らかに無理な取引をしていると、最終的には負けてしまいます

理由としては、絶対に長続きできない方法で取引をおこなっているからです。

体験談でご紹介した女性の場合、50万円を100万円にするも、200万円を100万円に減らしており、損失と利益の推移がジェットコースターのように上下激しく動いていて、いつ急降下してもおかしくない状態でした。

結果的に、10分という短い時間でマイナス300万円という大きな負けとなっています。


2.2 冷静に取引ができていない

冷静でいられない状態取引をしていると、やはり負けてしまいます

なぜなら、投資に損失はつきものだからです。

投資の目的は、勝ったり負けたりを繰り返しながらも資金を増やしていくことです。

必ずくるであろう負け取引に出くわしても、冷静さを失ってはいけません。

体験談では、震えが止まらないほどの精神状態で取引を続けていたため、結果的に人生を壊してしまうほどの損失となってしまいました。


2.3 仕事や付き合いなどで時間がない

3つ目の負ける原因は、そもそも投資に時間をさけていないことです

時間が確保できなければ、隙間時間でトレードしようとするため冷静な取引ができません。

さらに、トレードの振り返りも十分でないため、スキルアップもできないでしょう。

結果的に、自分の負ける原因がわからないまま損失だけが膨らんでしまうのです。

この記事を読んでいる方は、決して上記のような間違った姿勢で取り組まないようにしましょう。

次項では、正しい取り組み方を具体的に解説します。


3. バイナリーオプションで負けないための具体的な方法

bo負けた03

バイナリーオプションで負けないための方法は以下の通りです。

負けないための具体的な方法

・資金管理のルールを設定する
・根拠のあるトレードを決める
・記録と振り返りでスキルアップ

それぞれ解説します。


3.1 【前提】投資家として取り組むこと

ステップに入る前に、「投資家」として取り組むことを決して忘れないでください

なぜなら、投資家としての意識を忘れた瞬間に、ギャンブル取引に手を出してしまうからです。

具体的には、バイナリーオプション取引をする自分に対してお金を出したいか、を常に考えることです。

失敗体験談でご紹介した女性のような取引する人に、自分のお金は預けられないですよね。

冷静で計画的に取引をする人にだけ、お金を預けたいなと思うのではないでしょうか。

そのような人に自分がなるために、以下でご紹介するステップをしっかり確認してくださいね。


3.2 資金管理のルールを設定する

負けないためにおこなう1つ目の手順は、資金管理のルールを設定することです

資金管理とは、リスクを取りすぎないよう取引量を調整することです。

体験談では、20万円をゼロにしたり、50万円を100万円にしたりと、損益が目まぐるしく上下していました。

ですが、バイナリーオプションで稼いでいる人は、取引で負けることはあっても、一定した金額の利益を積み重ねていき、月が終わるころにはしっかりとプラスで終わるようなトレードを継続しています。

1ヶ月・半年・1年と取引を継続すること第一で、資金を調整していきましょう。


3.3 根拠のあるトレードを決める

次の手順としては、自分の中で根拠のあるトレードを設定します

継続的に利益をあげていくためには、チャンスに絞った取引をすることが大切だからです。

為替相場は24時間動いていますが、決して自分の思うようには動いてくれません。

体験談でご紹介した女性の場合、相場から見出したチャンスではなく、資金を倍にしたいという欲求だけで取引をして失敗していました。

そうはならないために、自分が勝てるパターンを相場が示してくれるまでじっと待ちましょう

それだけでも、無駄な負けを減らすことができますよ。


3.4 記録と振り返りでスキルアップ

最後のステップは、取引の記録と振り返りです

トレードスキルは一朝一夕では身につかないので、継続的な改善をしながら、時間をかけて磨いていく必要があるからです。

具体的には、トレードした時の根拠やそのときの感情を記録しておくと、次に繋がりやすい振り返りができますよ。

人間は本当に感情に動かされやすい生き物です

ですが、トレードに感情移入は厳禁ですので、相場の動かない土日などには必ず振り返りをおこない、冷静に自分の取引をチェックする時間を確保することが大切です。


4. デモトレードを使って手順を実践しよう

bo負けた04

バイナリーオプションのトレードスキルを身につけるには、自らの手で試行錯誤することが大切です。

まずはデモトレードで練習を始めてみましょう。


4.1 デモトレードで実践しよう

いきなり自分のお金を使って損をだせば、焦りから無理な取引をして資金を失いかねません。

まずはデモトレードを利用して、ルール通りに取引できるよう練習しましょう

デモトレードは登録手続きなどはなく、自己資金も使うことなくすぐに取引体験ができますよ。

・バイナリーオプションのデモトレードを試してみる


4.2 GMOクリック証券

bo会社GMO

初めてバイナリーオプション・FXを取引するなら、GMOクリック証券・外為オプションがオススメです

GMOクリック証券はFXで取引高世界一位を毎年獲得してきた人気企業なので信頼性は十分です。

GMOクリック証券が提供しているバイナリーオプションサービス「外為オプション」の取引ツールはシンプルで分かりやすくなっており、初心者でも操作が分からなくて困るといったストレスを感じることなく取引できます。

また、外為オプションは国内他社と比較して「勝ちやすさ(還元率)」で最上位評価となっています。

 還元率
(平均値)※
取引ツール分析ツール 
GMOクリック証券
「外為オプション」
⭐️⭐️⭐️ (97.5%)⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️レビュー記事
FXプライムbyGMO
「選べる外為オプション」
⭐️⭐️ (94.3%)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️レビュー記事
YJFX!
「オプトレ!」
⭐️⭐️ (94.3%)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️レビュー記事
外為どっとコム
「外貨ネクストバイナリー 」
⭐️ (93.3%)⭐️⭐️⭐️⭐️レビュー記事
IG証券
「バイナリー 」
⭐️⭐️⭐️ (96.1%)⭐️⭐️⭐️レビュー記事

取引ツールが使いやすく、勝ちやすいGMOクリック証券「外為オプション」は初心者におすすめです。


5. まとめ

BOまとめ
  • バイナリーオプションで負けた人の特徴 バイナリーオプションで負けてしまう原因は、感情に振り回されてしまうことです。
    相場の値動きを無視した取引をしてしまうので、結果的に大きな損失を出してしまいます。
  • バイナリーオプションで負けないための具体的な方法 前提として、投資家として取り組むこと。
    お金の管理・根拠のあるトレードを意識して、定期的に振り返り着実なスキルアップを目指しましょう。

感情を無にすることは決してできませんので、上手く付き合っていくことが大切です

事前にルールを設定したり、振り返りを行い反省することで、まずは大きな損失を出さないことから始めましょう。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。