バイナリーオプションで負けるのは失敗じゃない。改善策5つを紹介

所長からの問いかけ

バイナリーオプションで負け取引をすると、「このままでいいのか」と非常に不安になります。

負けてしまう原因や、勝ちに転ずるための秘策などはあるのでしょうか。

たなかの写真所長に答えて

バイナリーオプションで負けることは大きな問題ではありません。

なぜなら、一番の問題は取引を続けられなくなることだからです。

負けから学び改善し続けることが、バイナリーオプション投資で利益を上げるための近道になりますよ

「バイナリーオプションの負けが大損に変わる理由5つ」を読んで、勝ちに転じるための行動を取れるようにしましょう

FXで300万円を溶かした私が、身をもって体験した負ける理由をお伝えしていきます。

記事を読んでわかること

  • バイナリーオプションで負ける理由5つ
  • バイナリーオプションで勝つための行動3つ

1. バイナリーオプションの負けから何を学べば良いのか

bo負け01

バイナリーオプションの負けから学ぶべきは、同じ過ちを繰り返さないよう対策することです。

なぜなら、大損する人の共通点が、同じ過ちを何度も繰り返してしまう点にあるからです。

負けから学び対策することで、結果的に勝ちに転じることができますよ

まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ

世界三大投資家のジョージ・ソロスの言葉ですが、勝つことに執着することよりも、まずは負けが致命的にならないようにと訴えています。


2. バイナリーオプションの負けが大損に変わる理由5つ

bo負け02

負けが大損に変わる理由を見ていきましょう。

負けた後の行動にこそ、「勝ちに転じること」ができるかどうかのカギが隠されているからです。

以下の5つのポイントで解説していきます。

・取引回数
・根拠
・取引時間
・資金管理
・心理


2.1 【取引回数】もう1回取引してみよう

取引回数を増やすと、損失を広げる原因になりかねません

なぜなら、取引回数が増えるほど、資金がリスクにさらされる回数も増えるからです。

「次の取引で負けを取り戻せるか」という淡い期待をすると、連続負けになったときのショックが大きくなるので安易な取引きは避けましょう。


対策

その日の取引はやめる

損失を減らすための一番の対策は「取引をしない」ことです。

気持ちを落ち着かせて、またチャンスが巡ってきた時に改めて挑戦しましょう。


2.2 【根拠】そろそろ上がるだろう

根拠が曖昧な取引は、損失を拡大させる可能性が大いにあります

後から取引を振り返ってみても、なぜ自分がそのポイントで取引したのかが分からないので、同じ過ちを繰り返してしまうからです。

根拠が明確でないと、取引の精度をあげるのが難しくなりますよ。


対策

取引ルールを作る

自分だけの取引ルールを作り、条件が揃うまで取引はしない。

根拠が揃ったチャンスの場面でのみ取引をすれば、取引精度を高めることができますよ。

多くのトレーダーは、取引ルールを作るために「テクニカル分析」を利用しています。

バイナリーオプションを扱う会社は無料でプロも使うテクニカル分析ツールを提供しているので、簡単にテクニカル分析を取り入れることができます。

GMOクリック証券-ツール画像

2.3 【取引時間】朝なら勝てるか、昼なら勝てるか

時間帯を気にしない取引は、損失を膨らませる原因になります

なぜなら、時間帯によって相場の動きには異なる特徴があり、把握を指定ないと価格の急変に巻き込まれやすくなるからです。

「夜勝てないから朝やろう」と思っても、朝の相場に合わせた取引の戦略を立てられないと勝ち続けることは難しくなりますよ。


対策

時間帯を絞り、戦略をたてる

相場は自分都合には動いてくれないので、決めた時間帯での動きの特徴を知り、うまく立ち回ることが大切です。

5万円をわずか半年で3,000万円に増やした「ボリ平さん(矢澤明美さん)」は以下のように話しています。

「トレードを行った1時間か2時間のチャートの画像を、3年間ずっと保存しています。」

取引時間を絞ることは、勝つための一つの近道と言えそうですね。


2.4 【資金管理】次の取引で取り戻せる金額を賭ける

賭け金を増やしながら取引をすると、資金を一瞬のうちに失います

「マーチンゲール法」といって、無限に資金がないと生き残れない法則として知られているからです。

カジノのルーレットで26回連続で「黒」が出た記録が残っているようですが、100円の掛け金で始めたとしても、最終的にプラスで終わるために必要な資金は150億円と試算されています。

気の遠くなるような取引方法なのでやめましょう。


対策

勝っても負けても取引量は一定に保つ

一つの目安として「2%ルール」があります。

損失を資金の2%までに抑えるという方法です。

100万円資金なら、2万円までの損失は受け入れて取引しようということですね。

50回連続で負けなければ資金をすぐに失うことはないので、安全圏と言えますね。


2.5 【心理】ゼッタイに負けられない戦いをする

「資金を失う」か「首の皮一枚つながる」か、のような一世一代の賭けはマズイですね

なぜなら、たとえその取引で助かったとしても、さらに次の取引で全てを失う可能性があることは、素人目でも分かるからです。

バイナリーオプションに心まで奪われてしまわないよう気をつけましょう。

【ゼッタイに負けられない戦いをしたトレーダー】
「FX、オーストラリアバイナリーオプションでかなり損が出ています・・・
主人に発覚すれば、もう離婚されるかも知れません・・・・
自宅建築の為に15年も貯めてきた預貯金です。
最後の賭けでレバを上げて勝負すべきですか?もう、考えがまとまりません・・・・」


対策

デモトレードや少額取引で経験を積む

勝てる確信」を得られるまでは練習を重ねましょう。

苦労して得た大切なお金を運に任せて失ってはいけません。

ただ、投資には損失が付き物ですので受け入れる必要があります。

この二つのジレンマを乗り越えられるまでは、練習できる環境での取引が良いですよ。


3. バイナリーオプションの負けを勝ちに変える3つの行動

bo負け03

バイナリーオプションの負けを勝ちに変えるには、取引精度を上げていく必要があります。

仮説・検証・改善」のステップを踏みましょう。

なぜなら、どのプロトレーダーを分析しても、この3ステップで取引手法を高めているからです。

さらに、負けている人はこれができていないだけなので、行動するだけで取引精度を高めることができますよ。


3.1 仮説

勝てるポイントを見つける

「似たような動きをしているな」といった値動きのパターンの気づきは、勝てるポイントのヒントになりますよ。

同じ動きを再度見た時に、値動きを予測しやすくなるからです。

取引に自信がもてますし、相場が逆行した時の素早い損切り判断にもつながります。


3.2 検証

デモトレードや少額取引で取引を検証する

取引に自信がもてないうちは、デモトレード少額取引で練習するのが良いですよ。

勝ちやすいポイントをリアルタイムで見つけたり、良いタイミングで取引することは難易度が少し上がるからです。

リアルなお金で取引すると、「損失を出すかもしれない」というプレッシャーもかかるので、練習が必要ですね。


3.3 改善

トレードシートに記録をつけて振り返る

自身の取引を記録して、改善すべきポイントを探していきます。

トレードシートはこちらの記事からダウンロードできるようになっていますので、記録の仕方が分からない場合はぜひ使ってみてくださいね。「バイナリーオプションは何故儲からないのか。打開策3つを紹介

勝率や損益の自動計算はもちろん、取引の優位性が分かる「期待値」や「破産確率」なども算出できるようになっています。

また、取引時の相場状況も見返せるよう、チャート画面とコメントを挿入できるシートも加えました。

BO儲からない記事内03
BO儲からない記事内04

4. まとめ

バイナリーまとめ

バイナリーオプションで勝つためには、まずは「相場で生き残ること」。

負けから学び、改善し続けることで、バイナリーオプション投資で利益を上げていきましょう

相場で生き残ることを最優先に意識すると、取引ごとの短期的な負けは気にならなくなりますよ。

まとめ

【取引回数】負けたらその日の取引はやめる
【根拠】取引ルールを作る
【取引時間】時間帯を絞り、戦略をたてる
【資金管理】勝っても負けても取引量は一定に保つ
【心理】デモトレードや少額取引で経験を積む


この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。それでも嫌いになれないFXで、起死回生を目論んでいます。99の失敗する方法を見つけた私は100回目で成功するのか。。。