バイナリーオプション勝てない人の悲劇まとめ!何をすれば勝てるのかの画像
2021.05.06 2021.05.15

バイナリーオプション勝てない人の悲劇まとめ!何をすれば勝てるのか

この記事で学べること

  • バイナリーオプションで勝てない人の共通点
  • 勝てるようになるための3ステップ
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションで全然勝てない、これから本当に勝てるようになるのか、気になりますよね。

バイナリーオプションで勝てない人には共通点があります

今回解説する負ける人がやってしまいがちな3つの行動をなくすだけでも、勝ちトレーダーに近づけますよ

また、記事内では勝てるようになるための具体的なステップも併せて解説します。

ぜひトレードの参考にしてみてくださいね。

1. バイナリーオプションで勝てない人の情報まとめ

bo勝てない01

バイナリーオプションで勝てない人の情報をまとめました。

勝てない人の情報その1

バイナリーオプションについて素朴な疑問です。例えばハイローオーストラリアで1.95倍のリターンを選んだとします。
1000円投資して、負けたらそれも取り返せるよう次は3000円投資、その次に5000円…と勝つまでやって、勝ったところでまた1000円に戻せば必ず勝てると思ったのですが、何か落とし穴がありますか?

(引用元:Yahoo!知恵袋

取引で負けても倍々で賭け金を増やせば、最終的に勝てると踏んでいるようです。

一見確実に勝てそうな方法ですが、もちろん落とし穴があります。

これは「マーチンゲール法」と呼ばれる手法で、勝てるどころか確実に資金を失う悪手として有名な方法なのです。

勝てない人の情報その2

bo勝てない記事内01

神頼みをしていますね。

たまには神が微笑んでくれるかもしれませんが、相場は自分の思い通りには決して動いてくれません。

むしろ、相場の値動きに従って取引をしなければ、痛い目を見てしまいます。

勝てない人の情報その3

多くの人は検証なしに取引して負けている状況です。私も昔そうでした。
一方、検証している人は
1.過去チャートを遡って目視で確認
2.デモ取引で手法が通用するか確認
3.練習ソフトを使って勝てるか確認
4.検証ソフトを使って勝てるか確認
5.自防売買ソフトを回してみて確認
この5つのどれか又は複数の組み合わせで検証しています。

(引用元:Yahoo!知恵袋

検証とは、本番以外の環境で練習することです。

どの分野でもぶっつけ本番はリスクですよね。

検証しないでトレードに臨むことは、大きなリスクが伴います。

2. 勝てない人に共通する行動から原因を分析

bo勝てない02

バイナリーオプションで負けてしまう人は、みな同じような行動をとってしまいます

今回ご紹介する行動に身覚えのある場合や、今やってしまっているなと気づいたら、すぐにトレードを中止してくださいね。

2.1 負けると取引量を増やす

負けたときに、取引量を増やして取り返そうとする行為は負けに繋がります。

なぜなら、取引量を増やすことはリスクも増やしているからです

前項の勝てない人の情報でご紹介した、マーチンゲール法が当てはまります。

本来、取引で負けてしまったら、リスクを減らすために取引量を減らしてトレードするか、取引自体をストップしなければなりません。

負ける人は、真逆の行動をしてさらに大きなリスクをとってしまい、結果的に目も当てられないような損を出してしまうのです

2.2 感情を根拠に運頼みをする

相場が思惑通りに動いてくれたらなぁと願い、トレード結果を運頼みすることも、負けを引き寄せる行動です。

当然ですが、相場を自分の思い通りに操作するのは不可能だからです

上記の勝てない人の情報では、お祈りトレードの結果、見事に利益を失ってしまったようですね。

トレードに集中するとついつい忘れがちになりますから、相場は自分の思い通りにはならないと、まずは自分に言い聞かせることから始めると良いですよ。

しっかりと相場を観察し、相場の流れに沿った取引を心がけましょう

2.3 負けても勝っても引きずってしまう

負けても勝ってもその結果を引きずってしまっていては、やはり最終的には負けてしまいます。

どういうことかと言うと、負ければそれを引きずり取り返したいと思い、勝てば調子に乗って次も勝てるだろうと期待してしまうことです

相場にはチャンスが何度もやってきますが、まったく同じ値動きが目の前に現れることはありません。

一つひとつの取引に対して、フラットな気持ち・目線で臨むことが大切です。

取引の結果にかかわらず振り返る時間を確保すると、気持ちに余裕ができるので、冷静な取引につなげられますよ。

3. バイナリーオプションで勝てるようになるための3ステップ

bo勝てない03

バイナリーオプションで負ける行動を排除し、勝つための行動を実践していきましょう。

3ステップで解説しますね。

3.1 取引前に資金管理を決める

計画的に取引をおこないます

計画的というのは、取引にいくら使うのか、いくら損失したら取引をやめるのかなど、資金管理を事前に決めておくことです。

例えば、負ける行動である「マーチンゲール法」とは逆の方法で計画を立てるのも良いでしょう。

マーチンゲール法は、負ければ倍額を賭けていました。

それなら負ければ取引量は半分に、勝てれば同じ取引量でトレードを継続していきます

上記はあくまで例ですが、自分でストレスを小さくできるような資金量を、試行錯誤しながら見つけ出すことが大切です。

具体的に、取引1回あたりの資金目安としては、手持ち資金の2%程度(10万円なら2,000円)が良いですよ。

50回以上取引できる計算なので、短期間で資金を失ってしまうことは避けられます。

3.2 根拠のある場面でのみトレード

根拠のある場面でのみトレードをおこないます

注文から満期(決済)までを相場から読み取れる情報だけで判断すれば、お祈りしながら結果を待つような、負ける行動をしなくて済むからです。

感情に従って痛い目を見たトレーダーは数え切れないほどいます。

感情を入れずに取引を実践するために、相場から読み取れる情報のみを根拠にトレード戦略を立てていきましょう。

バイナリーオプションでは取引回数が決められているので焦って取引したい気持ちになりますが、明確な根拠がないときは避けるよう心がけましょう

根拠のある取引を検討するには以下の記事が参考になりますよ。

3.3 負けても勝っても取引を振り返る時間を作る

勝てるようになるには、取引の振り返りが欠かせません

なぜなら、振り返りこそが自分の取引手法の改善に必要な行動だからです。

ポイントとしては、勝っても・負けても振り返りを行うこと。

勝ったトレードならそれを再現できるか確認、負けトレードなら何が原因で負けたのか、負けを避けるためにできることはないか確認します。

負ける人がするような行動は即断絶、誰が見ても「そこまですれば勝てるよな」と思える行動のみを実践していきましょう

4. 資金を減らすリスクを背負えないならデモトレードを使おう

bo勝てない04

今まで負けていたのに、突然今日から勝てるトレーダーになることは至難のわざです。

練習しながら、徐々に勝てる行動を身に付けましょう。

4.1 デモトレードで練習しよう

まずはデモトレードを使って練習をしましょう

デモトレードはお金を使わずに実際のトレード環境で取引体験ができるので、トレードの練習場所として最適です。

バイナリーオプションのデモトレードは各社の公式サイトから、登録不要ですぐに利用できるので便利ですよ。

デモトレードを始める

4.2 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

初めてバイナリーオプション・FXを取引するなら、GMOクリック証券・外為オプションがオススメです

GMOクリック証券はFXで取引高世界一位を毎年獲得してきた人気企業なので信頼性は十分です。

GMOクリック証券が提供しているバイナリーオプションサービス「外為オプション」の取引ツールはシンプルで分かりやすくなっており、初心者でも操作が分からなくて困るといったストレスを感じることなく取引できます。

また、外為オプションは国内他社と比較して「勝ちやすさ(還元率)」で最上位評価となっています。

 還元率
(平均値)※
取引ツール分析ツール 
GMOクリック証券
「外為オプション」
⭐️⭐️⭐️ (97.5%)⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️レビュー記事
FXプライムbyGMO
「選べる外為オプション」
⭐️⭐️ (94.3%)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️レビュー記事
YJFX!
「オプトレ!」
⭐️⭐️ (94.3%)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️レビュー記事
外為どっとコム
「外貨ネクストバイナリー 」
⭐️ (93.3%)⭐️⭐️⭐️⭐️レビュー記事
IG証券
「バイナリー 」
⭐️⭐️⭐️ (96.1%)⭐️⭐️⭐️レビュー記事

取引ツールが使いやすく、勝ちやすいGMOクリック証券「外為オプション」は初心者におすすめです。

5. まとめ

BOまとめ
  • バイナリーオプションで勝てない人の共通点 早く稼ぎたい、損失を取り戻したいといった「感情」に従って行動しています。
    勝てるようになりたい場合は、いかに感情の隙間を作らない工夫ができるかがポイントです。
  • 勝てるようになるための3ステップ 感情を入れないためには、細かいところにまで「計画・ルール」を設定しましょう。
    取引量、取引根拠、利確・損切り、手法改善まで、ルーティン作業のように行動できるのが理想型です。

人は感情に支配されている生き物なので、完全な感情の排除はできません

ですが、計画を立てたりルールを設定することで、トレードに支障が出ない程度まで抑えられれば利益をあげるトレーダーになるには十分です。

自分だけの作業ルーティンを設定し、利益を積み上げられるトレーダーを目指しましょう。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。