【バイナリーオプションの基本④】バイナリーオプショントレードに大切な期待値! 利益を上げるトレードの秘訣とはの画像
2021.08.19 2021.08.10

【バイナリーオプションの基本④】バイナリーオプショントレードに大切な期待値! 利益を上げるトレードの秘訣とは

この記事で学べること

  • 期待値で自分のトレード手法の優位性を確認する方法
  • プロフィットファクター(PF)で効率的に利益を上げる方法
  • 破産確率で取引の安全性を確認する方法
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

前回の記事では、デモトレードを使った練習方法について解説しました。

大切なことは、取引を記録に残すこととそれをルーティン化することでしたね。

今回は、記録をもとに振り返る際に注目すべき3つの数字について解説していきます。

「自分はこのままトレードを続けても本当に勝てるのか?」

と不安に思っている人もいるのではないでしょうか?

バイナリーオプションはシンプルな投資ではありますが、利益を出すのは簡単ではありません

効率的に利益を上げるためには、自分のトレードの優位性や安全性を理解することが大切です

本記事では、バイナリーオプションで効率的に利益を上げるための秘訣について解説していきます。

この記事を読むことで、自分のトレードの優位性や安全性が理解できるはずです。

1. トレードを振り返る前に知っておいてほしいこと

トレードを振り返る前に知っておいてほしいこと

バイナリーオプショントレードで利益を上げていくためには、自分のトレードを振り返ることが大切です

自分のトレードを振り返る前に、知っておいて欲しいことを解説していきます。

1.1 過去から学ぼう

どんなに優秀なトレーダーでも未来の値動きを確実に的中させることは不可能です
ただ、過去の相場から学ぶことはできます

為替の相場は、根拠もなく上がったり、下がったりを繰り返しているわけではありません。

機関投資家や個人投資家が売買を繰り返すことで、相場が動いています。
ということは、過去の相場の動きと似たような動きをすることも珍しくないのです。

それくらい過去の相場やトレード記録からはたくさんのことが学べるので、必ず振り返りをして、備えましょう

1.2 数字が振り返りのカギ

過去にトレードを振り返る際、ただ闇雲に振り返っても意味がありません。

そこで、振り返りをする際、以下の3つの数字に注目してみてください

【振り返りで注目すべき数字】
1.期待値
2.PF(プロフィットファクター)
3.破産確率

この3つに注目して振り返ることで、効率的に”意味のある”振り返りができるはずです。

2. トレードの期待値を考える

トレードの期待値を考える

まずは、トレードの”期待値”について考えていきます。

バイナリーオプションはギャンブルではなく投資なので、期待値を考えてトレードしなければなりません。

自分のトレードの期待値をしっかり理解した上で、トレードに生かしていきましょう!

2.1 期待値とは

期待値とは、勝てる見込みを数字で表したもの
トレードの期待値がプラスであれば利益をもたらしてくれる可能性があるということです。

期待値が高ければ、それだけ投資をする価値があり、逆に、期待値が低いと損をする可能性が高くなるので危ない投資ということになります

この期待値は、バイナリーオプションのような投資だけではなく、ギャンブルでも良く使われている言葉です。
例えば、競馬や競輪、競艇やパチンコなどにも期待値が存在します。

【ギャンブルの期待値】
・競馬・競輪・競艇:-550円の期待値(賭け金が1,000円)
・パチンコ:-200円の期待値(賭け金が1,000円)

つまり、これらのギャンブルはやればやるだけ損をするということがわかるでしょう。

バイナリーオプションにおける期待値は、人それぞれの勝率やペイアウトによって異なるので、自分がプラスの期待値にあるのかを確かめることは大切です。

2.2 期待値の計算方法

では、期待値の計算方法をご紹介していきます。

【期待値の計算方法】
期待値 = 勝率 × 勝ちトレードの平均利益額 – 負率 × 負けトレードの平均損失額
※勝率 = 勝ちトレード数 ÷ 総トレード数
※負率 = 負けトレード数 ÷ 総トレード数

この期待値とは、1トレードに期待できる金額のことなので、プラスであることが望ましいです

例えば、期待値がプラス1,000である場合、1トレードに1,000円の利益が期待できるということ。つまり、トレードをすればするほどお金が増えていきます。

逆に、期待値がマイナス1,000である場合、1トレードにつき、1,000円の損失が発生するという計算になるので、やればやるほどお金が減っていきます。

この期待値を知ることでトレードに対して客観的になれるので、必ず知っておきましょう

2.3 自分のトレードの期待値を見てみよう

では、ここから自分のトレードの期待値を計算していきましょう。

先ほども説明した通り、自分のトレードの期待値がプラスであれば、今のままの手法でもプラスになる可能性があります

逆に、期待値がマイナスなのであれば、損をする可能性が高いので、もう一度、自分の手法を考え直す必要があるでしょう。

一例として、下記のようなトレード結果を元に期待値を計算していきます。

【期待値の計算例】
・勝率:50%
・勝ちトレードの平均利益額:20,000円
・負けトレードの平均損益額:10,000円

【期待値の計算】
0.5(勝率) × 20,000円(価値トレードの平均利益額) – 0.5(負率) × 10,000円(負けトレードの平均損失) = 5,000円(期待値)

この場合、期待値が5,000円でプラスなので、今後も自信を持ってトレードしていけます。

3. トレードのプロフィットファクターを考える

トレードのプロフィットファクターを考える

次に”プロフィットファクター”について考えていきます。

これは、バイナリーオプションだけではなくFXや株式投資でもよく使われる言葉なので覚えておいてください。
略して「PF」とも呼ばれています。

バイナリーオプションをやっていると、どうしても短期的な利益に目が行きがちですが、本来、投資というのは、長い年月をかけて徐々に資産を増やしていくものです。

その際に、プロフィットファクター(PF)はかなり重要な役割をするので、ぜひ一緒に考えていきましょう。

3.1 プロフィットファクター(PF)とは

プロフィットファクター(PF)とは、効率的に利益を上げられているかの指標

「バイナリーオプションは勝率が全てだ!」と思っている人もいるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

確かに、賭け金が同一の場合は、勝率が全てではありますが、賭け金を場面によって変えている場合は、勝率が全てではなくなってしまいます

3.2 プロフィットファクター(PF)の計算方法

プロフィットファクター(PF)の計算方法をご紹介していきます。

【プロフィットファクターの計算方法】
・総利益額 ÷ 総損失額 = プロフィットファクター(PF)

実際に、例を見ながら利益額が同じ2名のトレーダーからプロフィットファクターを算出してみます。

【プロフィットファクターの算出例】
<Aさん>
総利益額:500,000円
総損失額:450,000円
利益額:50,000円
PF:500,000 ÷ 450,000 = 1.1

<Bさん>
総利益額:100,000円
総損失額:50,000円
利益額:50,000円
PF:100,000 ÷ 50,000 = 2.0

上記の結果を見ればわかりますが、どちらも利益は5万円なのにPFの数値は全く異なります。

言い方を変えると、同じ利益5万円でも、プロフィットファクター(PF)によって必要取引金額に違いがあるということです

Bさんはかなり効率的なトレードができているということがわかりますよね。

メンタルが重要な投資において、メンタルを崩さないためにも、効率的にお金を増やしているかどうかの指標はかなり重要視すべきだということです。

3.3 プロフィットファクター(PF)2.0を目指そう

では、具体的にプロフィットファクター(PF)どのくらいを目指せば良いのか。
結論は、プロフィットファクター(PF)2.0です。

簡単な数字ではありませんが、十分達成可能と言えます。

実際に、プロフィットファクター(PF)が2.0で、勝率50%以上あれば、資金を失う可能性はほぼ0です。※次項の「バルサラの破産確率表」を参照
つまり、資金を失うという恐怖を持たずにトレードすることができます。

ぜひ、プロフィットファクター(PF)2.0を目指して安全なトレードをしていきましょう!

4. 破産確率で取引の安全性を確認する

破産確率で取引の安全性を確認する

3つ目は”破産確率”について考えていきます。

破産確率を知ることで、取引の安全性を確認することができます。

自分のトレードの破産確率を知って、安全にトレードしていきましょう。

4.1 破産確率とは

破産確率とは、資産を全て失い、市場から退場する確率。
要は、自分の取引の安全性を表したものです

バイナリーオプションは上がるか・下がるかの2択の投資でありながら、資産を全て失って退場する人がかなり多いです。

それくらい危険なトレードをしている人が多いということになりなす。

そうならないために、自分がどれくらいの確率で破産する可能性があるのかを知っておかなければなりません

4.2 破産確率の確認方法

では、破産確率を確認していきます。

自分のトレードが安全かどうかを知るために破産確率の確認は必須ですので、必ず確認するようにしましょう。

破産確率は、「バルサラの破産確率表」を見ながら確認します。

bo振り返り1記事内01

バルサラの破産確率とは、数学者のナウザー・バルサラが考案した、破産する確率を数値化した指標です。

バルサラの破産確率表を見るためには、トレードにおける「損益率」と「勝率」を算出しなければなりません

【計算式】
・損益率=平均利益額 ÷ 平均損失額
・勝率=勝ちトレード数 ÷ 総トレード数 × 100
※1トレードの投資額割合2%の表を利用

破産確率ゼロでトレードに臨もう

当たり前ではありますが、破産確率は高くなるほど危険で、低くなるほど安全と言えます

ちなみに、プロフィットファクター(PF)2.0、勝率50%であれば破産確率はゼロです。

bo振り返り1記事内02

バイナリーオプションは上がるか・下がるかの2択だから勝率が多少低くても破産することはないという甘い考えはかなり危険です。

特に破産確率が4%程度の場合。
一見、4%は低い数値に見えるので、安全な気がするでしょう。確かに一般的に4%はかなり低い数値でほとんど起こることはないと考えるはずです。

しかし、4%の確率で破産する可能性が残っているのは事実。精神状態にもあまり良くありません。

そのため、必ず破産確率は「ゼロ」でトレードに臨むようにしましょう。

4.3 無料のトレード記録シートで期待値・PF・破産確率を確認

なお、今回解説した期待値・PF・破産確率について、3つの数値を自動計算してくれる取引記録シートを以下のリンクから無料ダウンロードできます。

【無料トレードシートの使い方】

①エントリー情報を入力
まずは実施した取引のエントリー情報を入力します。
3つの数値の計算には「購入価格」と「枚数」の情報が必要になりますので、忘れずに入力をしてください。

bo振り返り1記事内03

②イグジット情報を入力
続いて、取引のイグジット情報を入力します。
3つの数値の計算には「売却価格/ペイアウト」の情報が必要になります。

bo振り返り1記事内04

③PFと期待値が表示
上記の手順が完了すると、「総合計」の欄に期待値・PF・破産確率が自動計算され表示されます。

bo振り返り1記事内05

自分の取引を記録して、効率的なトレードができているか・安全性の高いトレードができてるか、常に確認できる状態にしておきましょう。

5. まとめ

boまとめ佐藤さん
  • 自分のトレードの期待値を把握しよう 期待値とは勝てる見込みを数字で表したものです。自分のトレードの期待値がプラスであることを確認しましょう。
  • プロフィットファクター(PF)2.0を目指そう プロフィットファクター(PF)とは、効率的に利益を上げられているかを数字で表したものです。まずはプロフィットファクター(PF)2.0を目指しましょう。
  • 破産確率ゼロでトレードに臨もう 破産確率とは、資金を全て失い、市場から退場する確率です。安全な取引をするために破産確率ゼロでトレードに臨むようにしましょう。

ただ闇雲にトレードを続けても勝ち続けることは難しいです。ぜひ、今回紹介した3つの数字に着目して自分のトレードを振り返ってみてください。

3つの数字が全て守れていれば、自分に自信が付き、メンタルが崩れることなくトレードができるはずです。

続いての記事では、今回の3つの数字を使って具体的に振り返る手順を解説します。

振り返りはトレードの精度を上げるために欠かせないアクションですから、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ