バイナリーオプションの恐ろしいリスク!生存率25%を生き抜く方法の画像
2021.09.26 2020.12.24

バイナリーオプションの恐ろしいリスク!生存率25%を生き抜く方法

この記事で学べること

  • バイナリーオプションに潜むリスク
  • バイナリーオプションのリスクを抑える方法
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションは他の投資に比べてリスクが大きいのではないか、どのようなリスクに注意すればいいのか、気になりますよね。

詳しくは「バイナリーオプションの勝ち方!25%しか勝てない現実の中生き残るすべとは」でも解説していますが、バイナリーオプションは還元率は91%とギャンブルに比べて高いのですが、毎月利益をあげられるのは25%の熟練者のみという、厳しい世界なのです。

バイナリーオプションに潜むリスクを理解して、細心の注意を払ったうえでバイナリーオプション取引を検討してみてください

記事内では、バイナリーオプション自体に潜むリスクを解説し、そのリスクを抑える具体的な手順を説明します

はじめに、FXと株と比較しながら、バイナリーオプションのリスクを確認しましょう。

先に初心者におすすめな会社を知りたい場合はこちらをご覧ください。

1. バイナリーオプションとFXのリスク比較

boリスクn01

レバレッジ」「資金」「損失」の観点から、バイナリーオプションのリスクをFXと比較します。

 FXバイナリー オプション
レバレッジリスク× 25倍○ なし
資金消失リスク▲ スワップあり× 二択での短期取引
最大損失量× 追証あり○ 賭け金のみ

※ × リスク大、▲ リスク中、○ リスク小

・【レバレッジリスク】

FXでは証拠金を元に、手元の資金の数倍の金額を取引できるレバレッジ取引ができます。

レバレッジを利用すれば、利益を拡大させることができますが、同じだけの損失を被るリスクも同時に背負うことになるのです

対して、バイナリーオプションにはレバレッジが存在しないため、レバレッジに対するリスクはありません

・【資金消失リスク】

FXでは上記のようにレバレッジを利用することでリスクが高まりますが、保有によるメリットもあります。

スワップと呼ばれる通貨の金利差によって発生する利益のことで、保有し続ければ日付が変わる毎にスワップが付与されます

FXでは上がるか・下がるかだけでない、定期的な収入を得ることができるのです。

一方バイナリーオプションは上がるか・下がるかを選ぶだけ、2時間後には勝敗が決まるシンプルな仕組みです。

スワップのような仕組みはないので、勝負に負ければ賭け金全てを失ってしまうリスクがあります

感情に任せて無理なトレードを続ければ、賭け金だけでなく全ての資金を失いかねません

・【最大損失量】

FXでは証拠金を元に取引をするので、取引による損失が膨らみ必要な証拠金が失われると「追証」が発生します

追証とは追加証拠金の略で、資金を追加で入金しなければ強制的に決済されてしまう、いわば借金のようなルールです。

このルールにより、用意した資金以上のマイナスになる恐れがあるのです。

バイナリーオプションにはレバレッジがないので追証も有りません

また、取引時間も2〜3時間で強制的に決済されるので、自分で決済を決断するまで損失が延々と増え続けることもありません。

2時間後に自動決済されるバイナリーオプションでは、FXと比べると損失拡大のリスクを抑えられます

バイナリーオプションにはFXと同様に損失を被るリスクや資金を失うリスクがありますが、取引ごとの損失が限定されている点においてFXよりリスクが小さい投資と言えます。

2. 【リスクはいつもそばにある】バイナリーオプションの厳しい現実

boリスクn02

前項を踏まえて、バイナリーオプション自体に潜むリスクをみていきます。

2.1 25.6%のトレーダーが利益を獲得する世界

取引金額の91%がトレーダーへ返還されるバイナリーオプションではありますが、大損をする可能性もある、というのはご存知かもしれません。

事実、ギャンブルのように取引をして損をする人も中にはいます。

損失を出す人がどれくらいいるかというと、全体の74.4%の人が口座をプラスにできずに毎月取引を終えています

※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績の平均数値
※単純平均による参考数値です。

裏を返せば、25.6%の人だけが利益を出せている計算になります

バイナリーオプションで利益をあげるには、トレーダー同士の奪い合いを勝ち抜き、25.6%以内の上位者になる必要があるということです。

【損失口座の割合】

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券外貨ex byGMO
(ラダー)
外貨ex byGMO
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月77.82%85.38%63.79%70.40%76.61%68.93%78.00%76.02%75.40%
2020年8月71.85%78.41%71.11%67.50%74.62%53.07%78.80%80.95%70.80%
2020年9月74.86%74.01%80.30%54.28%69.00%71.30%68.75%77.00%81.48%71.40%
2020年10月83.95%78.13%78.07%70.83%73.30%75.30%72.16%74.20%81.41%67.30%
2020年11月87.11%74.19%84.05%65.11%72.60%71.03%60.45%74.50%74.03%71.70%
2020年12月83.28%75.82%83.26%75.75%73.60%72.92%71.13%70.40%70.88%80.10%
2021年1月85.41%75.57%75.21%54.76%70.30%78.60%74.47%71.70%65.91%77.60%
2021年2月84.80%75.50%80.86%61.11%71.90%75.19%66.49%72.90%77.70%76.60%
2021年3月84.03%75.77%71.54%78.57%69.10%72.02%72.13%70.40%77.15%73.20%
2021年4月82.14%75.87%79.31%58.62%70.00%77.31%70.30%70.40%81.03%73.30%
2021年5月83.05%76.68%80.47%73.68%69.10%79.75%65.41%74.90%77.03%74.40%
2021年6月82.77%75.96%82.79%73.52%70.00%79.75%78.98%73.30%78.70%73.10%
平均83.14%75.60%79.97%66.76%70.57%75.37%68.52%73.88%76.86%73.74%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績※単純平均による参考数値です。

この数値は、初心者のままでは利益をあげるのが難しいことを示しています。

トレードの世界では初心者も熟練者も同じ土俵・条件のもと取引をしていますので、初心者がすぐに勝てるようにはならないのが現実でしょう

2.2 新規参入者の退場率100%超え

また、バイナリーオプションは退場率100%と生き残るのさえ難しい投資です。

どういうことかと言うと、バイナリーオプションに新しく参加する人数よりも、退場していく人数の方が多いのです。

下記の表は、新規参入者の100%が退場しているデータです。
これは、統計データから新規口座数より退場及び引退口座数の方が多いことから、それに近いことが現実に起こっていると想定して少し誇張した表現となっています。

実際に数字をみていきましょう。ここでは、金融先物取引業協会が公開している「個人向け店頭バイナリーオプション取引状況(月次)」から「設定口座」と「取引実績口座」を使い、直近3年間の「新規口座数」と「退場及び引退口座数」を割り出しています。

年度新規口座数退場及び引退口座数退場率
202021,92223,605107.68%
201941,74542,419101.61%
201837,31736,60598.09%
3年平均100,984102,629101.63%
(引用元:金融先物取引業協会

この結果からわかることは、新規トレーダーの数より退場及び引退したトレーダーの数が多いという事実です。

勝てているなら退場する理由はありませんが、これだけ退場している事実から、バイナリーオプションは勝つことが難しいと判断している・実際に負けているトレーダーが多いと言えます。

さらに、2013年に政府主導のバイナリーオプション規制が適用されたことで、広告が打てず認知度が下がり新規参入者そのものが減っていることも一つの要因でしょう。

新規参入者の退場率100%超えとは言うものの、実際は新規参入者で勝ち残っているトレーダーはいるはずです。

しかし、バイナリーオプションは新規トレーダーの数より退場及び引退トレーダーの数が多いため、100%に近い初心者トレーダーが退場している世界であることは想像に難くありませんね。

2.3 短期決戦のためギャンブル性が高い

また、バイナリーオプションの性質上、ギャンブル性の高さがリスクになります。

理由としては、2〜3時間の短期間で勝敗がつく仕組みになっているからです。

決済するまで損失が増え続けるといったことはないのでFXに比べるとリスクは小さいですが、見落とすことはできません

勝っても負けても次の取引ですぐに新たなチャレンジができるので、なかなかキリの良いところでやめる判断ができなくなることもあります

人は感情を揺さぶられるほど冷静な判断ができなくなるので、事前に自分を抑えるためのルールを設定するなど対策をしておかないと、資金が尽きるまでいつまでも取引を続けてしまいます

2.4 シンプルだからこそ、自己管理に疲弊する

そして、バイナリーオプションは上がるか・下がるかを選びクリックするだけで、2〜3時間後に数千円や数万円の利益を獲得できる単純かつ資金を増やしやすい仕組みです。

ですが、短期間で数万円を稼げる反面、同じ額もしくはそれ以上の金額を損することもあります

バイナリーオプションは簡単に取引できる仕組みではあるけれど、稼ぐことにおいての難易度についてはまったく別物であるということで、金融庁からも注意喚起がなされています。

バイナリーオプションは、取引の仕組みが単純で、騰落を予想するだけの簡単な取引のように見えますが、実際は複雑な理論的根拠に基づく金融取引です。合理的な投資判断を行うためには、オプション取引に関する専門知識や高度なリスク管理が必要です。

楽して稼げるようなものはありませんよね。

たとえ、絶好のチャンスと思えるポイントで取引したとしても、2連続負け・3連続負けを被る可能性が十分にある世界です。

負ける取引があったとしても、取引全体では利益が残るようにトレードするのが一般的ですが、「すぐに取り返したい」という焦りや葛藤と戦いながらの取引もなるため、尋常でない疲れを感じるかもしれません

心理的な負担から解放されるために、一発逆転の取引をして大損してしまうトレーダーも大勢います。

取引のシンプルさゆえの落とし穴がバイナリーオプションにはあります。

ちなみに、以下の記事では大損した原因と対策を、体験談を交えて解説しています。

同じような目に遭わないように、ぜひ取り組む前に確認いただけると幸いです。

3. バイナリーオプションのリスクを抑える方法

boリスクn03

バイナリーオプションのリスクは、取引の仕組みによって発生する心的プレッシャーが原因です。

資金管理」と「取引」にルールを設定して、感情に揺さぶられないための工夫をしましょう

3.1 資金管理のルールを決める

資金管理とは、損失を被っても冷静な判断ができるよう投資金を調整することです。

資金管理についてのルールを設定して、無理なトレードを減らしましょう

一つの例として、「3%ルール」があります。

損失上限額を投資金の3%までに抑えることを指しています。

50万円の資金であれば1万5千円が損失上限額になり、取引の損失が1万5千円に到達してしまった際には取引を一旦停止して、冷静さを取り戻すための休息時間を作ります。

冷静さを取り戻すことができれば「取り返したい・一発逆転したい」といった無理なトレードに繋がる感情を抑えられるので、落ち着いて新たな取引チャンスを探すことができますよ

3.2 取引ルールを作る

取引ルールとは、エントリーする際の根拠を相場の流れから見つけ出すものです。

相場を根拠にエントリーすることで、「取り返したい」「せめてプラスで終わりたい」といった感情に任せた取引を防ぎます

相場を根拠にした取引ルールを作るために、テクニカル分析を利用しましょう。

テクニカル分析とは、チャート上に表示された値動きを分析し、相場の状況を把握することです。

パターンや指標を利用して、今後の動きを予想します。

例えばテクニカル分析の一つである「三角持ち合い」を利用する場合、値動きが三角形を描くまでは取引せず、相場の動き出しをひたすら待つことになります。

チャンスに狙いを定めることで取引の無駄撃ちが減り、資金を失うリスクを抑えられますよ

テクニカル分析については「チャート分析の記事一覧」を参考にしてみてください。

4. リスクを抑えるには投資として向き合うことが大切

boリスクn04

上記2つのリスク対策をご紹介しましたが、すぐに利益を積み重ねられるルールを作成することは難しいです。

取引の振り返りを継続的に行い、少しずつ精度を高めていきましょう

「バイナリーオプションで勝つための勉強手順を徹底解説」にて取引の振り返り手順を細かく解説しています。

ギャンブルトレードをして資金を短期間で失わないように、コツコツ地道に利益を積み重ねてくださいね

5. バイナリーオプションを始めるのにおすすめな会社

bo稼ぐ05

国内バイナリーオプション取扱会社のなかで、おすすめはGMOクリック証券です。

理由としては、還元率が最上位の評価となっているため、より有利なトレードができるからです。

全社平均の91%の中で、GMOクリック証券の還元率は97.1%で国内8社の中で一位となっています

バイナリーオプション取扱会社還元率利益口座の割合リンク
GMOクリック証券会社ロゴ
97.12%24.40%詳しく見る 記事を読む
IG証券96.18%29.43%記事を読む
YJFX会社ロゴ95.37%24.63%記事を読む
FXプライム会社ロゴ94.14%26.12%記事を読む
外為どっとコム92.23%23.14%記事を読む
ヒロセ通商会社ロゴ91.61%26.26%-
楽天証券89.52%16.86%-
トレイダーズ証券88.62%20.03%-
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

5.1 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

バイナリーオプション初心者の方には、GMOクリック証券「外為オプション」がおすすめです。

GMOクリック証券はFX業者として、かなり人気の業者ですので信頼性は担保されています

バイナリーオプションのサービスである外為オプションもシンプルで使いやすいので、操作に不安がある初心者でも安心です。

デモトレードもできますので、1度試してみてください!

6. まとめ

BOまとめ
  • バイナリーオプションに潜むリスク バイナリーオプションは二択でシンプルに取引できて短期間に結果がでるので、ギャンブルトレードに陥ってしまうリスクがあります。
    一発逆転を狙ったトレードも自分の意思でできてしまう点が、バイナリーオプションに潜む落とし穴です。
  • バイナリーオプションのリスクを抑える方法 感情に揺さぶられる取引にならないよう、資金管理ルール、取引ルールを設定しましょう。
    ルールを設定していれば、焦りからくる無理な取引を最小限に抑えられますよ。

相場を観察しながらルールを練り、損失と向き合いながら取引を続けるのはなかなか根気がいる作業になりますが、大切なお金を短期間で失わないためには大切なことです

ぜひ自分だけの勝てる取引ルールを身につけて、入念に投資のための準備をしてみてくださいね。

また、バイナリーオプションをこれから始めてみたいと思う方は、イチからバイナリーオプションを学べる以下の記事を参考にしてみてください。

【バイナリーオプションの基本①】仕組み

『バイナリーオプションの基本シリーズ』は全5記事で構成されていますので、早い人なら1日でバイナリーオプションの基礎知識を学ぶことができますよ。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ