バイナリーオプションは絶対やめとけ!75%の初心者がカモにされる?の画像
2021.09.25 2021.02.25

バイナリーオプションは絶対やめとけ!75%の初心者がカモにされる?

この記事で学べること

  • バイナリーオプションはやめとけと言われる理由
  • 本当にやめておいた方がよい人
  • それでもバイナリーオプションをしてみたい人がやるべきこと
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションは危険だからやめとけ、といった情報を目にしたことありませんか。

詐欺のニュースが出たり、SNSで大損した投稿をされるといった危険を感じさせる情報もありますよね。

確かに、国内FX会社の実績データを調べてみると75%の人は負けていますから、やめとけという情報が世の中に溢れているのも理解できます

ですが、残り25%の人が勝ち続けていることも事実であり、還元率は91.7%を超えているため証券会社による不正がある訳でもありません

記事内では、国内バイナリーオプションには不正がないにも関わらず、やめとけと言われる本当の理由を解き明かします。

さらに、残り25%の勝ちトレーダーになるための、バイナリーオプションの始め方を解説します。

この記事を読むと、バイナリーオプションは危険なのかという疑問を解決できるだけでなく、稼ぐためのトレードの第一歩が踏み出せるはずです。

1. 【前提】バイナリーオプションは75%の人が負ける世界

バイナリーオプションがやめとけと言われる最大の理由は、全体の75%のトレーダーが負けている中で、初心者においては、負けている割合が80%〜90%に上昇すると考えられるからです。

すぐに稼げるだろうと気軽に始めようとする人は、痛い目を見てしまうのでやめておいた方がよいでしょう

バイナリーオプション自体は還元率が91%あるので、トレーダーが不当に不利な状況で取引を強いられているわけではありません。

ですが、それでも全体の75%の人が負けてしまっているのです。

1.1 平均還元率91.7%の投資商品

バイナリーオプションは還元率91.7%の金融投資商品です。

※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績の平均数値
※単純平均による参考数値です。

還元率とは、トレーダーが取引している全体の金額のうち、どれくらいの割合が払い戻されているかを示す数値のこと。

還元率が91.7%ということは、取引全体のほぼすべての金額がトレーダーへ返還されていることになりますので、トレーダーは資金の1割ほどの損失を被るにとどまる計算です

また、中には年間平均で97.1%の還元率を示す会社もありますので、トレーダーが不利な状況での取引を強いられるようなことはありません。

【還元率】

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券外貨ex byGMO
(ラダー)
外貨ex byGMO
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月97.58%87.12%91.23%95.70%95.02%93.99%91.50%92.03%93.90%
2020年8月99.83%87.26%75.29%94.60%92.03%109.63%91.50%94.24%91.70%
2020年9月97.30%97.39%85.57%103.14%93.00%98.37%82.45%93.80%88.71%95.20%
2020年10月96.46%96.97%86.49%111.67%95.70%96.03%79.32%94.70%91.65%93.40%
2020年11月86.19%96.85%84.26%58.44%94.00%96.60%94.50%93.90%91.01%96.10%
2020年12月87.87%97.02%89.95%86.79%99.40%97.87%84.97%94.30%96.05%90.50%
2021年1月82.22%95.66%92.14%101.67%96.90%93.44%74.68%93.50%95.87%89.60%
2021年2月87.09%97.01%90.85%110.80%95.30%94.32%88.37%93.80%90.54%90.60%
2021年3月86.58%97.97%92.09%87.27%97.10%93.83%78.13%96.30%93.58%90.50%
2021年4月91.72%96.66%88.15%51.98%96.60%95.08%80.49%95.90%90.49%88.10%
2021年5月89.43%95.98%90.56%59.88%94.10%95.68%92.66%94.40%90.64%85.30%
2021年6月90.30%96.48%89.05%50.37%101.80%96.19%117.67%96.10%91.97%94.40%
平均89.52%97.12%88.62%82.38%96.18%95.37%89.74%94.14%92.23%91.61%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績
※単純平均による参考数値です。

ちなみに還元率について、ギャンブル(公営競技、宝くじ)と以下の通り比較をしてみました。

 バイナリーオプション公営競技(競馬・競艇・競輪)宝くじ
還元率91.7% 74.8%46.5%

バイナリーオプションの還元率は9割以上なのに対して、公営競技は7割5分、宝くじにおいては半分の還元率しかありません。数値の差は歴然ですよね。

バイナリーオプションがギャンブルとは一線を画すものであることは、確認できたのではないでしょうか

1.2 25.6%のトレーダーが利益を獲得する世界

取引金額の91%がトレーダーへ返還されるバイナリーオプションではありますが、大損をする可能性もある、というのはご存知かもしれません。

事実、ギャンブルのように取引をして損をする人も中にはいます。

損失を出す人がどれくらいいるかというと、全体の74.4%の人が口座をプラスにできずに毎月取引を終えています

【損失口座の割合】

 楽天証券GMOクリック証券トレイダーズ証券
(ラダー)
トレイダーズ証券
(レンジ)
IG証券外貨ex byGMO
(ラダー)
外貨ex byGMO
(レンジ)
FXプライムbyGMO外為どっとコムヒロセ通商
2020年7月77.82%85.38%63.79%70.40%76.61%68.93%78.00%76.02%75.40%
2020年8月71.85%78.41%71.11%67.50%74.62%53.07%78.80%80.95%70.80%
2020年9月74.86%74.01%80.30%54.28%69.00%71.30%68.75%77.00%81.48%71.40%
2020年10月83.95%78.13%78.07%70.83%73.30%75.30%72.16%74.20%81.41%67.30%
2020年11月87.11%74.19%84.05%65.11%72.60%71.03%60.45%74.50%74.03%71.70%
2020年12月83.28%75.82%83.26%75.75%73.60%72.92%71.13%70.40%70.88%80.10%
2021年1月85.41%75.57%75.21%54.76%70.30%78.60%74.47%71.70%65.91%77.60%
2021年2月84.80%75.50%80.86%61.11%71.90%75.19%66.49%72.90%77.70%76.60%
2021年3月84.03%75.77%71.54%78.57%69.10%72.02%72.13%70.40%77.15%73.20%
2021年4月82.14%75.87%79.31%58.62%70.00%77.31%70.30%70.40%81.03%73.30%
2021年5月83.05%76.68%80.47%73.68%69.10%79.75%65.41%74.90%77.03%74.40%
2021年6月82.77%75.96%82.79%73.52%70.00%79.75%78.98%73.30%78.70%73.10%
平均83.14%75.60%79.97%66.76%70.57%75.37%68.52%73.88%76.86%73.74%
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社10取引の実績
※単純平均による参考数値です。

裏を返せば、25.6%の人だけが利益を出せている計算になります

こちらの数値は初心者からプロを含めた全体の数字ですので、バイナリーオプションを始めたばかりの初心者に絞ればさらにその割合は増えることでしょう。

1.3 新規参入者の退場率100%超え

また、バイナリーオプションに取り組む前に、ぜひ知っておいてほしい注意点がもう一つあります。

それは、バイナリーオプションに新しく参加する人数よりも、退場していく人数の方が多いということです。

下記の表は、新規参入者の100%が退場しているデータです。
これは、統計データから新規口座数より退場及び引退口座数の方が多いことから、それに近いことが現実に起こっていると想定して少し誇張した表現となっています。

実際に数字をみていきましょう。ここでは、金融先物取引業協会が公開している「個人向け店頭バイナリーオプション取引状況(月次)」から「設定口座」と「取引実績口座」を使い、直近3年間の「新規口座数」と「退場及び引退口座数」を割り出しています。

年度新規口座数退場及び引退口座数退場率
202021,92223,605107.68%
201941,74542,419101.61%
201837,31736,60598.09%
3年平均100,984102,629101.63%
(引用元:金融先物取引業協会

この結果からわかることは、新規トレーダーの数より退場及び引退したトレーダーの数が多いという事実です。

勝てているなら退場する理由はありませんが、これだけ退場している事実から、バイナリーオプションは勝つことが難しいと判断している・実際に負けているトレーダーが多いと言えます。

さらに、2013年に政府主導のバイナリーオプション規制が適用されたことで、広告が打てず認知度が下がり新規参入者そのものが減っていることも一つの要因でしょう。

新規参入者の退場率100%超えとは言うものの、実際は新規参入者で勝ち残っているトレーダーはいるはずです。

しかし、バイナリーオプションは新規トレーダーの数より退場及び引退トレーダーの数が多いため、100%に近い初心者トレーダーが退場している世界であることは想像に難くありませんね。

1.4 投資として向き合えなければやめとけ

最後に、投資として向き合えない、簡単に稼げるのではと安易な希望を抱いている人は、バイナリーオプションはやめておいた方が無難でしょう

なぜなら、安易に希望を抱いてしまうその油断に、投資の落とし穴がひそんでいるからです。

前項で確認した通り、トレードに取り組むすべての人が投資で成功したいと願っているはずですが、実際にその思いを実現しているのは25.6%の人だけです。

成功のイメージばかりが先行してしまうと、いざ損失を目の前にすると冷静でいられず、大損への道をつきすすんでしまいます。

そうならないためには、投資としてのマイナス面も理解して、試行錯誤を繰り返し、スキルアップのための地道な作業をしていく覚悟が必要になってくることでしょう。

2. 投資として向き合うためにやるべきこと

boやめとけ04

データ的に少数派しか勝てない仕組みがある、性格によってやめておくべき人がいる中で、それを乗り越えてでも挑戦したい人はいるでしょう。

バイナリーオプションを投資として取り組む際は、ぜひ以下の2つのことに気をつけてください。

2.1 お金を増やす行動

まず、お金を増やすには何をすれば良いのか検証しましょう

繰り返しになりますが、投資とは将来の資金を増やすために資金を投じることです。

資金を増やすためのスキルを習得する必要がありますよね。

具体的には、相場分析や取引手法がお金を増やすためのスキルになります。

本サイトでは相場分析や取引手法などを図解で分かりやすく解説しているコンテンツを揃えていますので、ぜひ参考にしてみてください。

2.2 お金を守る行動

お金を増やすのと同時に、守る行動も検証しましょう

なぜなら、投資には損失が付きものだからです。

損失を被った際に興奮しても逆転を狙わない・一旦冷静になる・相場から離れられるといったことは、今後も取引を続け利益を積み重ねるために欠かせない、お金を守るための行動です。

具体的には、資金管理・取引の振り返り・損切りのトレードルールなどが当てはまります。

以下の記事を参考に、お金を守る行動も同時進行で身につけてくださいね。「負けから学びバイナリーオプションで勝つためのトレードルールの作り方

3. バイナリーオプションの勉強の仕方5ステップ

boやめとけ05

投資としての向き合い方を確認したところで、これからは利益をあげられるトレーダーを目指して、バイナリーオプションの知識をつけて経験を積みましょう。

初心者からスキルアップするための手順をご確認ください。

勉強の仕方5ステップ

・仕組みの理解
・取り組み方の確認
・デモトレードで学ぶ
・記録を取る
・振り返る

基礎学習から手法のブラッシュアップまでを網羅していますので、これからバイナリーオプションを始める方はぜひご覧になってみてください。

3.1 仕組みの理解

まずは、バイナリーオプションの仕組みや基礎知識を身につけることから始めましょう

具体的には、取引の流れ、利益を獲得するまでの流れ、損失が出るまでの流れを確認していきます。

確認作業の中でバイナリーオプション独特の専門用語なども出てきますが、その都度調べながらすすめるのは面倒に感じるはず。

そこで、初めての方でもバイナリーオプションの仕組みを理解できるよう、専門用語をできるだけ使わず丁寧に解説したコンテンツを用意しました

早速仕組みについて学んでみたい場合はご覧になってみてください。

3.2 取り組み方の確認

仕組みについて理解できたら、「投資」としての取り組み方も確認しましょう

取り組みについて確認する理由としては、バイナリーオプションは取り組み方を間違えるとギャンブルになりかねないからです。

ただの娯楽として楽しみたい人はそれでも良いですが、少なくとも今この記事を読んでいる方は投資として利益を積み上げていきたいはず

それならば、ギャンブルとならないよう、投資をするための姿勢や考え方を最初の段階で学んでおくべきです。
ちなみに、投資として取り組むために知っておくべきことは以下の3つです。

【投資としての取り組み方』
・資金管理
・根拠のあるトレード
・取引記録を取る

普段の生活では聞き慣れない言葉かもしれませんが、投資をするにあたっては絶対に欠かせない言葉でもあります。

それぞれ下記の記事で詳しく解説していますので、仕組みの理解ができたらぜひ確認してみてくださいね。

3.3 デモトレードで学ぶ

仕組みの理解、投資としての取り組み方を確認したら、デモトレードで実践的に学んでいきましょう

デモトレードは、バイナリーオプション提供会社が用意しているサービスで、誰でも無料で本番と同じ環境での取引を体験することができます。
投資としての取り組み方である、資金管理の徹底や根拠のあるトレードを身につける練習場所として、デモトレードは最適ですよ。

バイナリーオプションは決して楽して勝てることはありませんので、デモトレードを使ってしっかりと学んでいきます。

練習をせずにいきなり実際にお金を使って取引すると大損してしまうリスクが高まりますから、必ずデモトレードで勝てる状況になるまで練習しましょう

以下の記事ではデモトレードを使ってどのようにスキルアップしていくかを具体的に解説しています。

3.4 記録を取る

デモトレードで取引の練習をする際は、記録を取る練習も同時におこなっていきます

取引記録を正しく取ることが、トレードのスキルアップをするためのキモとなる部分だからです。

トレード記録を取る意味としては、①トレードルールの徹底と②客観的に振り返ることです。

①トレードルールの徹底のための記録

トレード記録はトレードルールを徹底させるためにおこないます

投資としての取り組み方で「資金管理」と「根拠のあるトレード」の重要性を確認しますが、知識を実践で活かすのはなかなか難易度の高い行動です。

ですので、トレードの際に記録を取る習慣をつけることで、なんとなくのトレードをしないよう、自らの手で自分のトレードを矯正していく必要があるのです。

トレード記録はそんなトレード矯正のために役立ってくれますよ。

②客観的に振り返るための記録

トレード記録は客観的に振り返る際に役立ちます

なぜなら、トレードを冷静に見つめ直せるのは、トレードが終わったあとだけだからです。

トレードをしている最中はリアルタイムで損失になったり利益に変わったり、利益や損失が増えたり減ったりと、冷静でいられなくなる状況に長時間直面することになります。
そんな中でのトレード改善や振り返りは難しいでしょう。

ただ、そんなリアルタイムでの心情を記録に残しておけば、自分で見ても客観的にトレード方法の評価ができるようになります。

着実にステップアップするためにも、取引記録を正しく取れるようにしておきましょう。

以下の記事では、どのようにすれば正しく取引記録を取れるのかを解説していますので確認してみてくださいね。

3.5 振り返る

正しく取引記録を取れたら、最後にその結果をもちいて振り返りをしていきます

振り返りとは、取引記録から良い根拠と悪い根拠を洗い出し、改善につなげることです。

具体的には記録したトレードを根拠ごとに分けて、どちらの根拠の方が勝率が良く、利益が残せるのかを確認していきます。
例えば、「ブレイク」「押し目・戻り目」でトレード記録を取っていけば、どちらのトレード方法が良いのかは、それぞれの結果を見ればわかるはずです。

利益がより多く残せる根拠が分かれば、今後はそのトレードに絞って取引をしていけば、より精度の高いトレードができることでしょう。
結果を見れば誰にでも判断できることではありますが、「振り返り」自体をしていなければこのことに気づくことができません。

また、FX会社でも取引履歴を確認することはできますが、履歴にトレードの根拠をメモすることはできません。

ですから、自分の手で記録を取り振り返りをしなければ、根拠の良し悪しを判断するのは難しいでしょう。

「振り返り」は地道な作業ではありますが、改善こそがスキルアップに繋がります

取引記録によるトレード方法の評価、より具体的な改善方法については以下の記事を参考にしてみてください。

4. 安全に取引を始められる国内バイナリーオプション会社

boやめとけ06

国内バイナリーオプション取扱会社のなかで、安全に取引を始められる会社はGMOクリック証券です。

理由としては、還元率が最上位の評価となっているため、より有利なトレードができるからです。

全社平均の91%の中で、GMOクリック証券の還元率は97.1%で国内8社の中で一位となっています

バイナリーオプション取扱会社還元率利益口座の割合リンク
GMOクリック証券会社ロゴ
97.12%24.40%詳しく見る 記事を読む
IG証券96.18%29.43%記事を読む
YJFX会社ロゴ95.37%24.63%記事を読む
FXプライム会社ロゴ94.14%26.12%記事を読む
外為どっとコム92.23%23.14%記事を読む
ヒロセ通商会社ロゴ91.61%26.26%-
楽天証券89.52%16.86%-
トレイダーズ証券88.62%20.03%-
(引用元:金融先物取引業協会
※2020年7月〜2021年6月における8会社の実績
※単純平均による参考数値です。

4.1 GMOクリック証券「外為オプション」

bo会社GMO

初めてバイナリーオプション・FXを取引するなら、GMOクリック証券・外為オプションがオススメです。

GMOクリック証券はFXで取引高世界一位を毎年獲得してきた人気企業なので信頼性は十分ですよ。

また、GMOクリック証券が提供しているバイナリーオプションサービス「外為オプション」の取引ツールはシンプルで分かりやすくなっており、初心者でも操作が分からなくて困るといったストレスを感じることなく取引できます。

5. まとめ

  • バイナリーオプションはやめとけと言われる理由 75%の人が負けていくシビアな世界です。
    値動きの予想は世界の誰一人として叶わず、初心者とプロが同じ舞台で取引をするため、初心者には不利な環境であることは間違いありません。
  • 本当にやめておいた方がよい人 バイナリーオプションを投資として向き合えない人はやめておくべきです。
    損失を取り返そうと焦った取引や一発逆転を狙う取引では、プロのように勝ち続けることができません。
  • それでもバイナリーオプションをしてみたい人がやるべきこと お金を増やすための手法や守るための資金管理・トレードルールなどを習得しましょう。
    それには振り返りなど、地道に改善を継続することが大切です。

初心者には厳しいバイナリーオプションの負の一面を解説してきました。

ですが、プロトレーダーと肩を並べ3割の勝ち組にさえなれれば資金を増やせる世界でもあります。

過度な期待はせず地味な作業を継続できる覚悟ができれば、挑戦しても良いタイミングになるかもしれませんね。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ