バイナリーオプション取引時間を国内6社比較!避けるべき時間帯は?の画像
2021.07.25 2021.03.24

バイナリーオプション取引時間を国内6社比較!避けるべき時間帯は?

この記事で学べること

  • 国内バイナリーオプション取引時間
  • バイナリーオプションの市場ごとの取引時間と特徴
  • バイナリーオプションの取引時間について注意すること
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションはいつ取引ができるのか、注意すべき時間はいつなのか、気になりますよね。

バイナリーオプションは会社ごとに取引時間が異なるため、まとめて確認できるよう一覧表を用意しました

市場ごとの特徴と取引時間もまとめていますので、自身がトレードできる時間帯と各社の取引時間を見比べて検討すると、会社選びもしやすくなりますよ。

さらに、取引を控えるべき危険な時間帯や注意点として海外の休日にも触れていきますので、取引の参考にしてくださいね

1. 国内バイナリーオプション取引時間比較表

bo取引時間記事内01

国内バイナリーオプション6社の取引時間を比較しています。

各社おおむね、平日は月曜午前8時ごろから取引が開始され、土曜日早朝の午前6時ごろが最終取引時間となっています。

為替市場は平日24時間開いていますが、バイナリーオプションはその中で取引時間が区切られており、各社の取引時間は1日9〜12回、1回の取引時間2〜3時間となっています

さらに、A社では18時〜21時、B社では19時25分〜21時25分と取引できる時間帯も異なっています。

後述しますが、取引を避けるべきイベントの一つに米雇用統計があるのですが、概ね21時30に発表となっています。

会社によっては取引時間が被ってしまうこともあるので、上記の一覧を参考に慎重に会社選びを進めていきましょう。

以下で解説する市場ごとの取引時間と特徴や危険な時間帯を踏まえておくと、自分に合っている会社がどこなのか、選びやすくなりますよ

ちなみに、「国内バイナリーオプション ランキングNo.1はGMO!還元率とツールの使いやすさで会社比較」では勝ちやすさやツールの使いやすさで比較して、ランキング形式でまとめています。

自分に合いそうな会社はどこなのか、チェックしてみてください。

2. バイナリーオプションの市場ごとの取引時間と特徴

bo取引時間202

まずは市場の全体をみていきましょう。

バイナリーオプションは平日24時間取引ができますが、開いている市場ごとに値動きのクセなど特徴が異なることを知っておくべきだからです。

バイナリーオプションの市場

・オセアニア市場
・日本市場
・ロンドン市場
・ニューヨーク市場

大きく4つに分けて、それぞれ解説しますね。

2.1 オセアニア市場(6時〜15時頃)

午前6時(日本時間)、オーストラリアやニュージーランドの市場から1日が始まります

市場参加者が少なく、落ち着いた値動きをしているのが特徴です。

ですが、月曜朝であれば週末のニュースの影響を受けやすく、経済指標の発表により突発的な激しい値動きも見受けられるため、初心者の取引はおすすめできない時間帯です。

2.2 日本市場(9時〜17時頃)

午前9時(日本時間)、日本市場がオープンします

市場参加者は増えますが、欧米の市場に比べるとまだ緩やかな値動きが続く時間帯です。

レンジ相場が主となっている市場のため、逆張りが得意なトレーダーにおすすめです。

もちろん、延々とレンジ相場が続くことはないので注意は必要ですよ。

「ゴトウ日」(0と5の付く日)は決済などで企業取引が増えるため、強いトレンドが発生することもあるからです。

2.3 ロンドン市場(16時〜25時頃)

16時(日本時間)からはロンドンを中心に欧州からの参加者が増え、値動きが活発化してきます

取引量が増えるとトレンドも発生しやすいため、順張り取引が有利な市場ではありますが、市場開始の直後は経済ニュースの発表などで相場が乱高下する可能性が高いため、少し様子をみた方が良いですよ

19時頃には欧州の午前中の取引が終わるので、以降は緩やかな動きになり取引がしやすくなります。

2.4 ニューヨーク市場(21時〜6時頃)

21時(日本時間)になるとニューヨーク市場が開き、1日の値動きが一番盛んなタイミングに突入します

強いトレンドが発生しやすい時間帯でもあるので、順張りでの取引がおすすめです

ただし、この時間帯には「米雇用統計」という、世界でもっとも注目される経済ニュースの発表があるので、経済スケジュールの確認は欠かせません

米雇用統計は毎月第1金曜日の21時30分(夏時間)と決まっていますが、米国の市場では他にも多くの重要ニュースが存在します。

経済スケジュールを確認し、重要発表の時間帯は避け、できるだけ小リスクで取引できるポイントを探しましょう。

3. バイナリーオプション取引が危険な時間帯

bo取引時間203

市場ごとの特徴を確認したところで、取引を控えるべき時間帯をみていきましょう。

以下の3つの時間帯は、取引するにはリスクが大きく、ギャンブルトレードになりかねないですよ。

なぜなら、テクニカル分析で予測できる範疇を超えた、予想だにしない値動きが発生する可能性があるからです。

取引を控えるべき時間帯

・市場が開く前後30分
・米雇用統計
・その他重要指標発表時

3.1 市場が開く前後30分

世界の各市場が開く前後30分の時間帯は、取引を控えた方が良いですよ

なぜなら、新しい市場参加者による取引が開始され、値動きが荒れる傾向にあるからです。

主要な市場が開かれる時間を下記に記載しておきますね。

【市場が開かれる時間】
・オセアニア市場ー午前6時(日本時間)
・日本市場ー午前9時(日本時間)
・ロンドン市場ー17時(日本時間)
・ニューヨーク市場ー21時(日本時間)

3.2 米雇用統計

米雇用統計が発表される際は、取引を控えましょう

世界中のトレーダーが注目をしており、発表前から相場が乱高下し、一気に損を膨らませる可能性もあるからです。

米雇用統計は毎月第1金曜日の21時30分(夏時間)に発表がありますが、予期せぬ損失を出さないためにも、その日は一日取引を控えてもいいのかもしれません。

3.3 その他重要指標発表時

重要な経済ニュースは「米雇用統計」だけではありません。

経済カレンダーを確認し、重要度の高い発表が控えているときは取引自体をやめてしまいましょう

経済カレンダーはFX会社提供の取引ツールで確認することができますよ。

bo取引時間記事内04
GMOクリック証券のスマホアプリ「「GMOクリック FXneo」」の経済カレンダー

4. バイナリーオプションの取引時間について注意すること

bo取引時間204

取引時間について、注意点が2つありますので確認しましょう。

2つの注意点

・各国の休日
・夏時間と冬時間

4.1 各国の休日

休日は市場参加者が減るため為替に動きがなかったり、逆に突発的な動きをすることがあるので注意が必要です

取引する通貨を扱う国(例:ポンドなら英国)、取引する市場の休日は定期的に確認しておきましょう。

各国の休日については下記の情報が参考になりますよ。

みんかぶFX「金融市場休日カレンダー

4.2 夏時間と冬時間

FXではアメリカのサマータイムに合わせて夏時間と冬時間が設定されており、指標発表のスケジュールが変更されるので注意が必要です

米雇用統計を例にすると、夏時間の発表は21時30分、冬時間の発表は22時30分といった具合です。

アメリカでの夏時間は3月第2日曜日から、冬時間は11月第1日曜日からとなっているので目安にはなりますが、各国で切り替え時期がマチマチになっているのが現状です。

FX会社はそのあたりの調整をしながら情報提供してくれるので、基本的には各社提供の取引ツールの「経済カレンダー」を確認すれば問題ありません。

5. まとめ

BOまとめ
  • 国内バイナリーオプション取引時間 会社によって若干取引時間が異なります。
    自身の得意な時間に合わせて会社選びをするのもアリですね。
  • バイナリーオプションの市場ごとの取引時間と特徴 各国の市場が開く時間が異なるため、バイナリーオプションは平日24時間取引ができます。
    ですが、それぞれの市場で値動きの特徴が異なりますので、自身の取引できる時間に絞ってチャンスのときだけトレードしてくださいね。
  • バイナリーオプションの取引時間について注意すること 各国が祝日の際は値動きが小さくなったり突発的な動きになることがあるので、定期的にカレンダーをチェックしておきましょう。

慣れないうちは取引時間を厳選するのに面倒と感じるかもしれませんが、大切なお金を大きなリスクにさらさないためにも、比較的穏やかな相場で利益を積み上げていってくださいね。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ