2021.03.16

海外バイナリーオプションは出金できない?国内がおすすめなワケとは

この記事で学べること

  • 出金トラブルは海外業者で発生する
  • 国内業者がおすすめな3つの理由
  • 国内業者の出金手順
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

バイナリーオプションが利益が出た際の出金はどうしたらいいのか、気になりますよね。

記事内では、バイナリーオプションの出金手順を2ステップで解説しています

簡単に手続きを行えるので、迷うことなく出金できますよ。

記事の最後によくある質問と回答も記載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


1. 海外バイナリーオプションの出金トラブル3つ

bo国内出金01

海外バイナリーオプションを利用した際に発生する、3つの出金トラブルをご紹介します。

3つの出金トラブル

・出金拒否
・出金条件が複雑
・出金に時間がかかる


自分が稼いだお金が手元に戻らない、条件をクリアする必要がある、何ヶ月もかかるというのはあまり想像したくないですよね。


1.1 出金拒否

海外バイナリーオプションでは「出金拒否」が問題視されており、SNSなどでも定期的に話題になっています

火のない所に煙は立たぬと言いますから、特に情報の少ない新興業者での取引は控えましょう。

万が一出金拒否のトラブルに遭った場合、多くの関係者(取引業者・サイト運営業者・決済代行会社など)への問い合わせ・返金交渉をしなければなりません。

手間だけかかって利益がないですから、無用なトラブルは避けたいところですね


1.2 出金条件が複雑

海外バイナリーオプションでは、大手でも出金に厳しい条件を課している業者が多くあります

投資家が小資金で取引を始められるよう、海外業者は入金ボーナスやキャンペーンを開催していますが、受け取った分を出金するには資金の10倍以上の取引が必要なケースもあります

海外大手「ザ・バイナリー」では、5万円を入金した場合(ボーナスは2.5万円)、ボーナスと併せて112.5万円分の取引をしなければ出金ができません。

上手く取引をして利益が残っていれば良いですが、条件の取引量に到達する前に、資金を失ってしまう可能性も十分ありますね

BO出金記事内01
海外大手「ザ・バイナリー」出金条件

1.3 出金に時間がかかる

出金申請から着金するまでに、数ヶ月を要することがあります

理由としては、出金に関する手続きの不備や運営側の調査によるものです。

海外口座はマネーロンダリングなどに利用される可能性もあるので、運営側も慎重に手続きを進める必要があるようですね

ただ、運営側の都合で結果的に出金拒否になった場合、明確な理由は知らされないので、泣き寝入りせざるを得なくなってしまいます。


2. 出金の違い【国内と海外】

bo国内出金02

国内と海外でバイナリーオプションの出金の違いについてまとめます。

 国内海外
出金方法銀行振込・海外送金
・オンライン決済
・クレジットカード
手数料無料無料〜数千円
着金までの早さ翌営業日即時〜数ヶ月
安全性信託保全が義務信託保全の義務なし

以下でそれぞれ解説していきますね。


2.1 出金方法を比較

 国内海外
出金方法銀行振込・海外送金
・オンライン決済
・クレジットカード

国内業者の出金方法は銀行振込一択となっています

通常の銀行振込はもちろん、指定出金先を登録しておけばスマホアプリでも出金ができるなど、手軽な手続きができるようになっています。

一方、海外業者の出金では、主に・海外送金・オンライン決済サービス・クレジットカードを利用することになります。

出金方法が複数あるので、自身の都合に合わせて「選択肢」が欲しい方には嬉しいサービスですね。


2.2 手数料を比較

 国内海外
手数料無料無料〜数千円

国内業者では、手数料無料で出金の手続きをすることができます

一部、少額での出金に手数料がかかる業者もあるので、以下の「5. 各社の最低出金額」をご参照ください。

海外業者では、業者・手続き方法により手数料が数千円ほどかかります。

BO出金記事内02
海外大手の「ザ・オプション」出金手数料について

2.3 早さを比較

 国内海外
着金までの早さ翌営業日即時〜数ヶ月

国内での出金手続きは、数百万円を超える単位の出金でなければ、午前中の依頼で翌営業日までに手続きが完了する業者がほとんどです

海外業者では、オンライン決済を利用すれば数日で日本の口座への出金が完了します。

ただし、海外送金での出金手続きとなると、1ヶ月以上お金が手元に来ないケースもあるので注意が必要です。

その際は、運営事業者や国外の銀行などへ問い合わせをする手間が発生します。


2.4 安全性を比較

 国内海外
安全性信託保全が義務信託保全の義務なし

国内業者では、投資家の資金を守るため、信託保全が義務付けられています

投資家の資金と会社運営の資金を分けて管理するため、万が一会社が破綻しても、投資家の資金は銀行などの管理会社によって返還される仕組みとなっています。

BO出金記事内03
GMOクリック証券「区分管理」


一方海外業者では、ハイローオーストラリアなどの一部大手を除き、信託保全の義務はありません。

海外業者での取引をする際は、「戻ってこない可能性もある」ことを理解した上で取引を行う必要があります。


2.5 国内がおすすめ

国内と海外の出金に関する比較をおさらいしましょう。

 国内海外
出金方法銀行振込・海外送金
・オンライン決済
・クレジットカード
手数料無料無料〜数千円
着金までの早さ翌営業日即時〜数ヶ月
安全性信託保全が義務信託保全の義務なし

出金方法が銀行振込のみに限られていますが、手数料や安全性を考えると、国内業者がおすすめですよ


3. 国内業者での出金手順

bo国内出金03

国内業者を利用した際の出金手順は、以下の2ステップでおこないます。

出金手順2ステップ

①証券口座へ振替
②指定口座へ出金


国内ではバイナリーオプション専門の会社がなく、バイナリーオプションはFX会社のサービスの一つとして運営されているため、出金するには一旦証券口座を通す必要があります。
※入金の際は、はじめに証券会社へ入金し、バイナリーオプション口座へ振り替えます。

BO出金記事内04
GMOクリック証券「出金までの流れ」


①証券口座へ振替

バイナリーオプションの取引ページから、「入出金メニュー」→「振替」

②指定口座へ出金

FX会社のマイページから、「入出金メニュー」→「出金額入力」→「出金」

銀行情報を事前に登録しておけば、スマホアプリでも出金の手続きが可能ですよ。


4. 各社の最低出金額

bo国内出金04

バイナリーオプションを扱う各FX会社の最低出金額を比較します。

FX会社最低出金額出金条件
GMOクリック証券「外為オプション」10,000円15:00までの依頼で翌営業日に出金
FXプライムbyGMO「選べる外為オプション」
制限なし14:59までの依頼で翌営業日に出金
外為どっとコム「外貨ネクストバイナリー 」制限なし200万円以下であれば、午前中の依頼で当日に出金
IG証券「バイナリーオプション」制限なし
(5,000円未満の出金には330円の手数料)
14:30までの依頼で翌営業日に出金
ヒロセ通商「LION BO」1,000円午前中の依頼で当日中に出金
YJFX!「オプトレ!」制限なし300万円以内であれば、14:30までの依頼で即日出金

GMOクリック証券の最低出金額10,000円、IG証券の5,000円未満の手数料だけ注意しておけば、特に問題はなさそうですね。

海外のように、「100万円以上の取引をしないと出金できない」といった厳しい制限はありません


5. よくある質問3つ

bo国内出金05

・出金しなければ税金はかからない?

出金する・しないに関わらず、確定した利益に対して税金が発生します

また、たとえ損失を出したとしても翌年に繰越すことができるので、確定申告をしておいた方がお得になりますよ。


・スマホで出金は可能? 

スマホでの出金が可能です

スマホで会員ページから資金を証券口座(FX口座)へ一旦振り替えます。

その証券口座から、指定の銀行口座へ出金する流れとなります。


・1日に何回出金可能?

GMOクリック証券では、1日に最大4回の出金が可能です

また、会社の出金確認前であれば、出金依頼の取り消しもできますよ。

たとえば、12時に出金依頼をしたのなら、15時前であれば取り消しは有効です。

ただし、10時45分〜10時50分、17時30分〜17時35分は業者都合上、出金依頼の取消はできません。


6. まとめ

BOまとめ

バイナリーオプションの出金についてまとめます。

  • 国内業者がおすすめな3つの理由 手数料、着金までのスピード、安全性どれをとっても国内業者がおすすめです。
    無用なトラブルは避けたいですね。
  • 国内業者の出金手順 ①証券口座へ振替②指定口座へ出金の2ステップでおこないます。

海外業者にはボーナスやキャンペーンといったお得な情報が目立ちますが、「出金トラブル」という落とし穴も潜んでいました。

大切な資金を守るためにも、国内業者で安全に取引をしていただければと思います。

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。