DMM FXで口座開設できない!審査に落ちた理由と3つの対策を解説の画像
2021.07.25 2021.07.15

DMM FXで口座開設できない!審査に落ちた理由と3つの対策を解説

この記事で学べること

  • DMM FXの口座開設時の審査内容
  • DMM FXの口座開設できない理由と再審査対策
  • DMM FX以外で審査がスムーズだったFX会社TOP3
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

DMM FXで口座開設の申込をしたのに落ちてしまった。。。
と困っていませんか。

FX口座を開設するためには、各社審査基準を設けてあるのでそれを満たす必要があります。

しかし、その基準は非公開となっているので、なぜ落ちたのか明確に知ることができません。

そこで、この記事では18社の口座開設をし17社1回で通過したスタッフの経験をもとに、DMM FXで口座開設できない理由と、また再審査に通るための対策を解説しています。

最後まで読めば、申請する際のコツがわかり、再申請時の対策が理解していただけますよ。

また、とにかく早くFX口座を開設したい方は、当サイトで18社申請した実績から審査が通りやすく、翌営業日開設できたFX会社3社をピックアップしています!是非参考にしてください!

1. DMM FXの口座開設時の審査内容

口座開設時の審査内容


まず、DMM FXでは口座開設ではどんなことを審査されるのか見ていきましょう。

しかし、DMM FXでは口座開設の審査基準は公表していないので、申込フォームに入力する項目から推測してみています。

1.1. 口座開設審査①お客様情報の確認

お客様情報とは、氏名・住所・生年月日・職業などの個人情報のことで、申込フォームでまず入力する項目です。
その入力した情報と提出する本人確認書類の内容が、一致しているのかが審査時に確認されます。

本人確認は、ちゃんと第三者ではなく本人が申請しているのかという点を確認し、第三者のなりすましを防ぎます。

また、口座開設基準を満たしているかという点から審査され、年齢や、制限されている職業でないか等をみられます。

1.2. 口座開設審査②財務情報の確認

財務情報とは年収や自己資産のことで、申込フォームで必ず入力する必要があります。

資産の情報は自己申告制で、クレジットカードの審査のように「信用情報機関」に照会されることはありません

ここでは、申請者がトレードするのに十分な資産があるのか、また資産と投資可能額のバランスが悪くないかを審査されます。

DMM FXでは「年収」「自己資産」「自己資産のうち投資に利用可能な額」を選択肢から選び、そして「投資資金は自身の資産で間違いないか」という項目に✓を入れる箇所があります。

1.3. 口座開設審査③投資目的・経験の確認

ここでは、投資の目的や経験などを入力しますが、内容はFX会社によって異なります。

投資目的は「短期売買」「中・長期運用」などの、選択肢から選ぶのがほとんどです。
しかし、中には「リスクを許容し大きなリターンを狙いたい」なんて、いかにも選ぶと審査落ちしそうな項目を用意しているFX会社もあります。

DMM FXでは「投資の目的」と「申込の経緯」「FXを始めとした投資経験」を入力しなければいけません。

「投資の目的」の選択肢も、特に選ぶと危なそうな項目もないようです。

なお、投資の経験がない・もしくは短いからと言って審査を落とされることはありませんので安心してくださいね。

2. DMM FXで口座開設できない理由

口座開設できない理由 では、ここまでの審査されるであろう内容を踏まえて、DMM FXで口座開設ができない理由をみていきましょう。

2.1. お客様情報と本人確認書類の不一致

申請時のお客様情報の項目が、提出した本人確認書類と内容が一致していないと審査が通らない可能性があります。

例えば、番地の表示が本人確認書類では「1234番地5」だったけれど、「1234-5」と入力したり、マンション名や部屋番号が抜けていると審査に落ちてしまうこともあります。

実際に当サイトスタッフが、他社の申請時に番地の表示を上記のように入力し落ちた経験があります。
その数か月後に、本人確認書類と完全一致で申請したところ再審査に通った経験があります。

シンプルな入力ミスだったとしても、完全一致を求めるFX会社もあるので注意しましょう。

2.2. 年齢・職業などの制限

DMM FXでは、「お取引口座開設お申込受付基準」が設けられており、そちらを満たさないと口座開設をすることができません

特に、申請時に入力する項目で関係があるのは以下の4つです。

①日本国内に居住していること
②満 20 歳以上 75 歳未満であること
③日本証券業協会及び一般社団法人金融先物取引業協会並びに日本商品先物取引協会の会員の役職者等ではないこと
④反社会的勢力に該当しない、反社会的勢力の企業の役職員ではないこと


この4項目に該当していれば特に審査で落とされることはないので、ハードルは高くはありませんね。

2.3. 資産が少ない及びバランスの悪い投資計画

資産が少なかったり、「自己資産」と「投資に利用可能な額」とのバランスが悪いと審査に通らない可能性が高くなります。

例えば、以下のように自己資産を「100万から250万未満」と選択し、投資に利用可能な額も同じく「100万から250万未満」にしてしまうと、リスクのある投資をすると判断されます。

DMM-FX口座開設できない1

FXは借金を背負う可能性がある投資なので、FX会社はそういったリスクを最初から避けたいのが本音ですよね。

また、万が一借金になってしまった場合に、資産が少なすぎると返済できないなんてことになりかねないので、審査で落とされる可能性が高いです。

なお、DMM FXでは最低取引単位が1万通貨になっているので、ある程度の資産は必要です。

2.4. 重複申請

DMM FXで口座を既に持っているのに申請をしてしまった場合は、重複申請とみなされ口座を開設することができません。

なぜなら、DMM FXでは1人につき1口座しか開設できないからです。

また、審査に落とされたので1ヵ月も経たず直ぐに再度申請したようなケースも、再度通らない可能性が高いので気をつけましょう。

3. DMM FXで審査に落ちた時の3つの対策

審査に落ちた時の3つの対策

それでは、ここで審査に落ちた時の対策について見ていきましょう。

実際に当サイトスタッフがDMM FXの審査で通った際に、どのように申請したかも交えて解説しますね。

3.1. 一語一句間違えないように入力する

まず、申込フォームにお客様情報を入力する際は、本人確認書類と全く同じになるようにすることが重要です。

先ほど述べたように、番地の記載違いやマンション名や部屋番号抜けなどでも審査に落ちることがあります。

こういった、些細な入力の違いや入力ミスは住所だけでなく、全ての情報について言えることです。

入力した箇所は間違いがないか必ず確認してから登録しましょう。

3.2. 自己資産と投資可能資産のバランスを取る

自己資産が少なかったり、資産と投資に利用可能な額のバランスが悪いと審査に通らないと先ほど説明しました。

DMM FXは1万通貨が最低取引単位となっていることもあり、それなりの資産が必要だと思われます。 そして、その目安は100万円程度でないかと考えます。

また、資産と投資に利用可能な額についてのバランスですが、現実的な金額を入力することが重要です。

DMM-FX口座開設できない2

実際に、当サイトスタッフが申請した際は、自己資産「100万円~250万円未満」で投資に利用可能な額は「10万円~50万円」としました。

そして、この内容で問題なく審査に通り無事口座開設をしています。

このことから、資金と投資に利用可能な額のバランスは、投資額が資金のおおよそ20%以下であることが1つの目安だと推測します。

審査基準は非公開で断言することはできないので、あくまで目安として考えてくださいね。

3.3. DMM FXの口座開設お申込受付基準を確認する

再度申請をする前に、DMM FXの『お取引口座開設お申込受付基準』をしっかりと確認しましょう

居住場所また年齢や職業などが以下の場合は口座開設ができません。

・海外在住者
・20 歳未満 75 歳以上の方
・日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会に従事する
・反社会的勢力



一度、審査に落ちて直ぐに再申し込みをすると通りにくい可能性があります。

特に、年収や自己資産が少なかったことが原因の場合に、直ぐに増えるのは不自然です。
数か月経ってから、また再度申し込みををしてみましょう。

実際に、当スタッフが住所の番地を簡略して入力し他社口座の審査落ちた際は、半年近く経ってから再度申請をして無事に通過しました、

4. 18社口座開設して審査がスムーズ・迅速だったFX会社TOP3

LINE 開設できない4


ご紹介した3つの対策をしても、審査に通らなかったという事もあるかもしれません。
その場合、DMM FXでダメだったから他のFX会社も落ちるとは限らないので、他のFX会社で申請してみましょう

当サイトが18社申請して申込翌日には審査が完了していたFX会社を3社ご紹介していきますね。

FX会社口座開設までの期間(当サイト申請時)最小取引通貨スプレッド
(手数料)
取引ツールの
使い勝手
公式サイト
SBI会社ロゴ
翌営業日1通貨詳しく見る
YJFX会社ロゴ
翌営業日1,000通貨詳しく見る
FXブロードネット会社ロゴ翌営業日1,000通貨詳しく見る

4.1. SBI FXトレード

SBI-FXトレード

SBI FXトレードは1通貨(約5円)から取引ができる貴重なFX会社です。

そのため、1万通貨からしかトレード出来ないFX会社と比べ、口座開設時の資産が少なくても通る印象です。


また、業界最狭水準のスプレッドを提供しているので、コストが安くすむのも嬉しいポイントです。

更に、SBI FXトレードは、公正かつ透明な取引環境を全力で提供することを経営方針に掲げていて、スプレッドやスリッページなどにまつわる情報を事細かに公開しています。

透明性が高く・信頼性があるSBI FXトレードなら、安心してトレードをすることができるのでおすすめですよ。

4.2. YJFX!

おすすめ会社ーYJFX

YJFX!は少額の1,000通貨(約5,000円)からトレードができます

少額からトレードをすることを想定していることから、1万通貨から取引をするFX会社より審査が通りやすい印象です。

何といっても、スプレッドは業界最狭水準で、当サイト独自のスプレッド調査において、スプレッドが広がりやすい時間帯に最も安定している結果でした。
また、取引ツールの使い勝手もよく、スマホアプリの「外貨ex」の使い勝手はバツグンです。

4.3. FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネットも少額の1,000通貨(約5,000円)から取引できるFX会社です。

少額で始められるといことは、最低取引単位が1万通貨となっているFX会社よりも審査が通りやすいといえます。
そのため、年収や自己資産が少なくて審査落ちた人におすすめです。

スプレッドも業界トップクラスの低スプレッドなので、コストも抑えて取引できるのがうれしいですね。

5.まとめ

04.口座開設できない『まとめ』
  • ①DMM FXで審査に落ちる4つの理由 「入力した情報と本人確認書類が不一致」「居住地・年齢・職業の制限」「資産が少ない、バランスが悪い」「重複申請」が原因が考えられる
  • ②DMM FXで審査に落ちた時の3つの対策 「一語一句間違えないで登録」「お申込み基準を確認する」「資産と投資金のバランスを取る」に気を付けて再申請しましょう、


DMM FXで口座開設の審査で落ちてしまった人は、3つの対策をぜひ参考にしてみてください

それでもダメな場合は、今回紹介した審査が通りやすい3社で申請してみることをおすすめします。


口座開設の全落パターンを知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

トップへ