ヒロセ通商で審査に落ちた?口座開設できない理由から再審査時の対策の画像
2021.07.22 2021.06.23

ヒロセ通商で審査に落ちた?口座開設できない理由から再審査時の対策

この記事で学べること

  • ヒロセ通商の審査に落ちた時の体験談。
  • 再申請して審査に通った時にした対策。
  • 18社申請して審査が通りやすかったFX会社。
山口 遼平の写真
この記事のライター 山口 遼平

プロトレーダーに師事を仰ぐ兼業トレーダー。当サイトでは、プロの成功体験から得たノウハウを『FXで勝つための心得』として発信している。

当記事は当サイトのスタッフ一名が実際にヒロセ通商の審査に落ち、再申請して通った経験をもとに執筆しています。

ヒロセ通商の口座開設に落ちてしまう理由。それはとても単純なことかもしれません。その理由は、再申請時の対策は本当に単純なことだったからです。

本記事では、ヒロセ通商の口座開設審査内容や実際に再申請した時の対策などを経験談を交えて解説します。
また、18社申請して17社一発通過の経験から、申請時に意識するべきコツも伝授します。

口座開設に落ちる時のパターンを知りたい人はこちら記事にて詳しく解説しています。

18社申請した実績から審査が比較的に通りやすかった、口座開設が翌営業日だったFX会社3社をご紹介しています!下記リンクより参照ください!

1. ヒロセ通商の口座開設時の審査内容

ヒロセ 口座開設できない1

はじめにヒロセ通商の審査内容をみていきましょう。
実際に問い合わせても機密事項であるため明確な審査内容は分かりませんが、ヒロセ通商HPに記載されている内容から推測した情報です。

1.1. 口座開設審査①登録情報の確認

登録情報とは、氏名・年齢・住所などの個人情報のことです。ここでは、申請時に登録した情報と本人確認書類(運転免許証やマイナンバー)が一致しているのか申請者が口座開設の条件を満たしているのかを確認します。

なぜ本人確認を行うかというと、匿名で口座開設させてしまうと借金の踏み倒しや悪用されてしまう危険があること、さらに口座開設資格のない未成年などの登録を防ぐため、厳格に本人確認を行なっています。

1.2. 口座開設審査②資産情報の確認

資産情報は年収や資産のことで、ここでは申請者がFXトレードをするだけの資産を保有しているか資産と投資額のバランスが取れているのか確認します。

資産情報に関する審査は自己申告制です。①の登録情報を除く、資産情報などは申請者が自己申告した情報を元に審査を行います。

ヒロセ通商で必要な資産情報は、「収入源」、「年収」、「保有金融資産」、「当初投下予定資金」、「投資目的」などがこれに該当します。全て選択式です。

1.3. 口座開設審査③投資経歴の確認

FXを含めた投資経歴を確認します。ここで確認することは過去にヒロセ通商で取引したことがあるかないかです。

基本的に1つのFX会社で持てる口座は1つのみです。つまり、過去にヒロセ通商の口座持っていた及び現在持っている申請者は審査を通らないことになります。

ヒロセ通商では、FX以外にも株や先物商品取引などの経験も任意で問われますが、これらの経歴が審査に影響することはほとんどないでしょう。

2. 【体験談】ヒロセ通商の審査に落ちて再申請で通った話

ヒロセ 口座開設できない2

当サイトでは口座開設のスムーズさ開設までのスピードなどを検証するため、18社のFX口座を開設しました。

その中で唯一最初の審査で通らなかったのがこのヒロセ通商です。しかし、審査に通らなかった原因が明らかだったため、その対策をして再申請したところ無事に通った経緯があります。

その審査が通らなかった原因は、申請した住所の表記が本人確認書類と違ったことです。
具体的には、本人確認書類には「100番地1」と表記されているものを、申請時に「1001」と簡略化して申請しました。

そのことに気づき、6ヶ月後に資産情報などを一才変更せず、本人確認書類と同じ表記で再申請したところ問題なく審査を通過しています。

今回検証した他の会社では、住所の表記が違っても審査を通っていたこともありますが、申請する際は必ず本人確認書類と一致するように心がけましょう。

3. ヒロセ通商で口座開設できない理由

ヒロセ 口座開設できない3

ここまで紹介したヒロセ通商の審査内容と経験談を踏まえて、ヒロセ通商で口座開設できない理由を見ていきましょう。

審査に落ちた人は、見落としがないか確認してください。

3.1. 登録情報と本人確認書類の不一致

先程の当サイト体験談にもお伝えしましたが、申請情報と本人確認書類の内容に差異があると審査に通らないことがあります。事実当サイトのスタッフは、住所表記の違いだけで審査に落ちてしまいました。

例えば、引っ越しした後に住所変更するのを忘れて申請した場合は、大きな違いなのでどこのFX会社も口座開設できないでしょう。

しかし、前述の経験談のようにヒロセ通商では住所自体は同じでも、表記が違うだけで落とされてしまいます。少し厳しい審査ですが、ヒロセ通商は本人確認書類との完全一致を要求する会社であることは覚えておいてください。

3.2. 年齢・職業の制限

他の国内FX会社と同じように、ヒロセ通商でも年齢と職業などによって口座開設の制限を設けています。内容は下記の通りです。

・口座開設できない年齢:20歳未満・75歳以上
・口座開設できない職業:FX会社や銀行などの金融先物取引業務に従事者、反社会勢力

ちなみに、ヒロセ通商では日本に居住している外国人に対しても口座開設を認めています。

3.3. バランスの悪い投資計画

ヒロセ通商では、資産(保有金融資産)に対する投資金(当初投下予定資金)のバランスが悪いと審査が通らないことがあります。

例えば、資産100万円に対して全資産の100万円投資する内容で申請すると「計画性がない」と判断され審査に落とされる可能性が高まります。
なぜなら、FXは借金を背負うこともある投資であるため、計画性のない人間を受け入れることは会社にとっても申請者にとってもリスクになります。

そのため、審査を通過するためには、資産と投資金のバランスが重要となります。実際に当サイトスタッフが申請した時のバランスは次の章でお話します。

3.4. 重複申請

ヒロセ通商で過去に口座を持っていた、あるいは持っている人の申請は、重複申請として全て審査で落とされます。
さらに、一度審査に落ちた日から間隔を空けずに申請した場合も落とされる可能性が高いです。

FX会社の口座は原則一人1口座です。また、審査に落ちて1ヶ月も経たないうちに再申請すると口座開設できないことがあります。


ここまで審査に落ちる理由を解説しました。もし審査に落ちてヒロセ通商に再申請をしたい方は、次の章で実際にとった対策を紹介していますので参考にしてください。

FX会社の口座開設に落ちる全パターンを知りたい人は記事『FX審査落ち全パターン!』を参考にしてください。

4. ヒロセ通商の審査に落ちた時の再審査対策

ヒロセ 口座開設できない4

ヒロセ通商で口座開設できない理由を踏まえて、それぞれの対策をご紹介します。実際に当サイトスタッフの再申請時にとった対策もありますのでぜひ参考にしてください。

4.1. 一語一句間違えないように登録する

一つ目は、本人確認書類と申請する情報は完全一致を心がけることです。

先述した通り、当サイトスタッフは住所表記が完全一致ではなかったため審査に落ちました。
事実、他の内容は変えず、住所だけ変更して申請したところ呆気なく口座開設ができました。

このように、ヒロセ通商は誰が見ても同じ住所だとわかるはずの情報でも、完全一致でなければ審査が通らないことがあります。

これは、住所に限らず氏名、生年月日など全ての情報に言えます。申請前に必ず本人確認書類を見て差異がないか見直しをしましょう。

4.2. 保有資産と投下予定資産のバランスを取る

保有資産投下予定資産(投資金)のバランスが悪いと審査に通りにくいとお話しました。

このバランスを見るための情報が下記の『保有金融資産(資産)』と『当初投下予定資金(投資金)』です。

ヒロセ 口座開設できない挿絵1 出典元:ヒロセ通商

当サイトスタッフが申請した時の金額は、「保有金融資産 = 50万円以上250万円未満」、「当初投下予定資金 = 10万円未満」でした。これで問題なく審査を通過しました。

上記の選択だと資産に対する投資金の割合が20〜4%です。おそらくですが、投資金の割合が資産の20%以下が一つの目安になるのではと推測します。

ただし、資産額などに比例して割合が増えていくかもしれません。ここに関しては機密事項であるため断言はできません。
あくまでも目安として使ってください。

もう一つ、できれば避けるべき選択枠が投資目的にあります。以下が選択一覧となります。

ヒロセ 口座開設できない挿絵2 出典元:ヒロセ通商

結論から言うと下二つの『リスクを許容し大きなリターンを得たい』、『リスクを一切考慮せずに取引したい』は、どちらも「リスクを負ってでも稼ぎたい」というメッセージと捉えられるため選択しないのが無難です。

改めて保有資産と投下予定資産を選ぶ時のポイントは、資産と投資金のバランス投資目的でリスクを選択しないです。
これさえ守っていれば、資産が少なくても計画性があると判断され口座開設の可能性が上がるでしょう。

4.3. 会社の口座開設条件を確認する

再申請前にヒロセ通商のHPで口座開設条件を確認しましょう。年齢や職業の制限以下の通りです。

・口座開設できない年齢:20歳未満・75歳以上
・口座開設できない職業:FX会社や銀行などの金融先物取引業務に従事者、反社会勢力

また、一度審査に落ちてから間隔を空けずに再申請すると通りにくいです。

当サイトスタッフが実際にヒロセ通商の審査に落ちた際は、6ヶ月間隔を空けて申請したところ問題なく通った経験があります。再申請する際の一つの目安にしてください。

5. 18社口座開設して審査がスムーズ・迅速だったFX会社TOP3

ヒロセ 口座開設できない5

再申請も通らなかった、ヒロセ通商は諦めて別の会社の口座を開設したいという方のために、審査がスムーズで申請の翌営業日に開設できたFX会社をご紹介します。

これらは当サイトスタッフが18社口座開設して選ばれた3社です。すぐに口座開設したいという方はぜひ参考にしてください。

FX会社口座開設までの期間(当サイト申請時)最小取引通貨スプレッド
(手数料)
取引ツールの
使い勝手
公式サイト
SBI会社ロゴ
翌営業日1通貨詳しく見る
YJFX会社ロゴ
翌営業日1,000通貨詳しく見る
FXブロードネット会社ロゴ翌営業日1,000通貨詳しく見る

5.1. SBI FXトレード

SBI-FXトレード

まずおすすめしたいのがSBI FXトレードです。

その理由は、国内FX会社で唯一1通貨という業界最小の取引通貨量で取引できること。

つまり、大きな資産で取引しない層を想定してサービスを提供しているからです。

1通貨(4円)を売りにしているのに、口座開設に100万円以上必要なんてことにはならないはずです。

また、SBI FXトレードはスプレッド(手数料)も業界最狭水準に設定されており、安くお得にトレードできるのもポイントです。

他の多くの会社が公開したくない、スプレッドに関するネガティブな情報も包み隠さず公開している点も透明性が高く信頼できる会社と言えます。

今なら、口座開設時に500円プレゼントのキャンペーンもしていますので、ぜひSBI FXトレードで口座開設してみてください。

5.2. YJFX!

おすすめ会社ーYJFX

YJFX!は1万通貨からが一般的と言われるFX業界で、1,000通貨の少額から取引できる数少ないFX会社です。

YJFX!も、少額で始める層を想定していることからも一般的な会社よりは審査が通りやすい印象です。

そして、YJFXの売りの一つが、スプレッド(手数料)の安定性です。

当サイト独自でスプレッド調査を行った結果、YJFX!はスプレッドが広がりやすい時間帯である米雇用統計発表時と早朝どちらも調査した19社の中でTOPレベルの安定性を記録しました。

また、取引ツールの使い勝手もよく、特に「外貨exアプリ」というスマホ版アプリの使い勝手は業界随一

カスタマイズ性能が高いため、外出中でもトレードしたい方におすすめです。

5.3. FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネットも1,000通貨から取引可能な貴重なFX会社となります。先述2社同様、少額トレードのユーザーも受け入れているため、審査が通りやすい印象があります。

取引ツールの使い勝手は先程の2社に劣るものの、調査の結果スプレッドも安定しており手数料を抑えたい人の選択肢に入る会社です。

FXブロードネットの強みは、無料のセミナーを定期的に開催していることです。(現在はコロナウイルスの影響で中止しています。)

セミナーの幅も初心者から上級者まであるため、自分のレベルに合った情報を入手することができます。

FX専門家の声を直接聞くことができるため、その雰囲気を肌で体感できるのも大きな強みです。

6. まとめ

ヒロセ 口座開設できない6
  • ヒロセ通商の審査に落ちる理由 ・本人確認書類と登録情報が完全一致していない。
    ・年齢・職業の制限に引っかかる。
    ・バランスの悪い投資計画で申請する。
    ・過去に口座を持っていた・持っているにもかかわらず重複申請している。
  • ヒロセ通商の再審査に落ちないための対策 ・一語一句間違えないように登録する。
    ・会社の口座開設条件(年齢・職業)を確認する。
    ・バランスの良い投資計画を申請する。
    ・口座を持っている・持っていたかを確認する。
    ・再申請時は期間を空ける。(目安は6ヶ月)

いかがだったでしょうか。当サイトスタッフが実際に審査に落ちた経験談を交えてヒロセ通商の審査に落ちる理由と再申請時の対策を解説しました。

再申請をする方は、もう一度自身の申請内容を確認ししてどこが落ちた理由なのか確認してみてください。住所の表記のような本当に些細なことが原因かもしれません。

それでも原因がわからない方は、諦めて他の会社で申請するのも有効な手段です。
今回紹介したFX会社は比較的審査が通りやすいFX会社ですので、一度試してみてください。

この記事のライター

山口 遼平の写真

山口 遼平

プロトレーダーに師事。その成功までの努力と労力の多さを知り『FXは楽して勝てない』ことを痛感。 当サイトでは、FXで勝つための心得を発信している。努力をすればFXで必ず勝てる。

トップへ