【FXローソク足のパターン】覚えるべき16種類!チャート解説付きの画像
2021.05.03 2021.05.06

【FXローソク足のパターン】覚えるべき16種類!チャート解説付き

この記事で学べること

  • ローソク足のパターン
  • ローソク足の特徴
  • チャートで見るローソク足のパターン
水落 あきみねの写真
この記事のライター 水落 あきみね

「ローソク足のパターンを覚えて、もっとトレードがうまくなりたい」

そんな風に思っていますよね?

ローソク足は、多くの情報を私たちに教えてくれます。

そのローソク足を使ったパターンには、多くの種類があります。

ローソク足1本~複数本で判断するパターンなど、実にさまざまで、どこから手をつけたらいいのか分からないひとも多いでしょう。

ローソク足のパターン分析の基本となるのは、単線と呼ばれる1本1本の足型です

ですから、2本以上の組み合わせのパターンを覚える前に、まずは基本となる単線でのパターンを知っておくが大切です。

そこでこの記事では、1本足でのローソク足のパターンをご紹介します。

すぐにトレードで活用できる内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

ローソク足のパターンはなぜ注目されるのか

fxローソク足パターン01

ローソク足のパターンが注目される理由。

それはローソク足ほど、相場の背景や投資家の心理状態を素直に表しているものが他にないからです

どんなインジケーターやオシレーターよりも、有益な情報を早く教えてくれるのがローソク足。

そのパターンを知ることで、勝つ見込みの高いトレードができるといえます。

1.1 ローソク足とは

ローソク足とは、一定期間の値動きを図形で表したものです

形がローソクに似ていることから『ローソク足』と呼ばれています。

fxローソク足パターン記事内01

このローソク足は、江戸時代に日本で生み出されたテクニカル指標ですが、今では世界中のトレーダーが愛用しています。

ローソク足の詳しい説明については、別記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

1.2 ローソク足のパターンを知ることのメリット

ローソク足のパターンを知ることで次のようなメリットがあります。

ローソク足のパターンを知ることのメリット
・相場の勢いや売買の力関係が見える
・売買のタイミングを素早く判断できる
・投資家の心理や相場の背景が分かる

ローソク足のパターンから分かる情報はたくさんあります。

また、ローソク足は値動きそのものを表したものなので、どんなツールよりもはやく情報を受け取れるのも大きなメリットといえるでしょう

1.3 パターンを覚えることが重要ではない?

ここで紹介する1本足のパターンだけでも、ローソク足にはさまざまな形があります。

複数足で構成されるパターンを含めると、実に多様なパターンが存在します。

「覚えるのが難しそう・・・」

ほとんどの方がそう思われるのではないでしょうか?

確かにすべてのパターンを覚えるのは難しいといえるでしょう。

しかし実際トレードで必要となるのは、パターンの数ではありません

これから紹介するローソク足のパターン数種類でも、十分トレードで役立ちます

まずは得意とするローソク足のパターンを、1つでもいいので作ってみましょう。

2. ローソク足のパターンを理解する

fxローソク足パターン02

1本のローソク足でもさまざまな形があります。

ここではそのパターンと特徴を紹介したいと思います。

2.1 上昇のサイン

大陽線

fxローソク足パターン記事内02陽の丸坊主
fxローソク足パターン記事内03

特徴・・・上ヒゲ、下ヒゲのない大陽線

相場展開・・・強い買い圧力、今後も上昇の値動きが予想されるので、買いのチャンスになります。

陽の大引け坊主


fxローソク足パターン記事内04

特徴・・・上ヒゲのない大陽線

相場展開・・・強い買い圧力、今後も上昇の値動きが予想されるので、買いのチャンスになります。

陽の寄り付き坊主


fxローソク足パターン記事内05

特徴・・・下ヒゲのない大陽線

相場展開・・・上昇一服、相場の反転が警戒されています。

上ヒゲが長いものや上昇トレンド終盤での出現には注意

陽のコマ


fxローソク足パターン記事内06

特徴・・・上ヒゲ、下ヒゲどちらも長く、実体が短い

相場展開・・・買い加速、または相場の転換が近い

上昇・下降いずれにもトレンド発生の可能性があります。

2.2 下降のサイン

大陰線

fxローソク足パターン記事内07陰の丸坊主
fxローソク足パターン記事内08

特徴・・・上ヒゲ、下ヒゲのない大陰線

相場展開・・・強い売り圧力、今後も下降の値動きが予想されるので、売りのチャンスとなります。

陰の大引け坊主


fxローソク足パターン記事内09

特徴・・・下ヒゲのない大陰線

相場展開・・・強い売り圧力、今後も下降の値動きが予想されるので、売りのチャンスとなります。

陰の寄り付き坊主


fxローソク足パターン記事内10

特徴・・・上ヒゲのない大陰線

相場展開・・・下落一服、相場の反転が警戒されています

下ヒゲが長いものや下降トレンド終盤での出現には注意

陰のコマ


fxローソク足パターン記事内11

特徴・・・上ヒゲ、下ヒゲどちらも長く、実体が短い

相場展開・・・売り加速、または相場の転換が近い

上昇・下降いずれにもトレンド発生の可能性があります。

陰のトンカチ


fxローソク足パターン記事内12

特徴・・・上ヒゲが実体と下ヒゲと合わせたものより長い

相場展開・・・売り継続、今後も下降の値動きが予想されるので、売りのチャンスとなります。

2.3 転換のサイン

陽のカラカサ


fxローソク足パターン記事内13

特徴・・・上ヒゲがなく、下ヒゲが長い

相場展開・・・トレンド終盤での出現で相場転換

特に上昇トレンド終盤での出現は『首吊り線』とも呼ばれ、反落の可能性が高い

陰のカラカサ


fxローソク足パターン記事内14

特徴・・・上ヒゲがなく、下ヒゲが長い

相場展開・・・トレンド終盤での出現で相場転換

陽のトンカチ


fxローソク足パターン記事内15

特徴・・・上ヒゲが実体と下ヒゲと合わせたものより長い

相場展開・・・調整局面、または相場転換

上昇トレンドの終了とともに下降トレンドの発生が予想されます。

2.4 停滞のサイン

トンボ


fxローソク足パターン記事内16

特徴・・・上ヒゲもあるが、下ヒゲが長い

相場展開・・・ トレンド終盤での出現で相場転換

トウバ


fxローソク足パターン記事内17

特徴・・・下ヒゲがなく、上ヒゲが長い

相場展開・・・トレンド終盤での出現で相場転換

足長十字


fxローソク足パターン記事内18

特徴・・・上ヒゲ、下ヒゲどちらも長い

相場展開・・・相場の転換が近い、または相場の加速

上昇・下降いずれにもトレンド発生の可能性があります

4値同時


fxローソク足パターン記事内19

特徴・・・ヒゲがまったくない

相場展開・・・トレンド終盤での出現で相場転換

3. ローソク足を実際のチャートで確認しよう

fxローソク足パターン03

それでは、さきほど紹介したローソク足のパターンを実際のチャートで確認してみましょう。

陽の丸坊主

fxローソク足パターン記事内20

陽の丸坊主は、ヒゲのない大陽線。

上昇の勢いが強く、上昇トレンド継続の時に多く出現します。

押し目買い、ブレイクなどの買いサインとして活用できます。

一方、陽の丸坊主が見られた直後の売りは、リスクが高いので見送るほうが無難といえるでしょう。

陽の大引け坊主

fxローソク足パターン記事内21

陽の大引け坊主は、上ヒゲのない大陽線。

終値と高値の差がなく、上昇の勢いが強いことを表しています。

陽の丸坊主と同じく、押し目買い、ブレイクなどの買いサインとして活用できます。

上図は、押し目買いのいい見本。

次の足で積極的にエントリーできます。

陽の寄り付き坊主

fxローソク足パターン記事内22

陽の寄り付き坊主は、下ヒゲのない大陽線。

大きな陽線のため、買い意欲は強い足の形といえますが、上昇トレンド終盤での出現には注意が必要です。

上図のように上昇トレンド終盤で長いヒゲがでたら、警戒感や失望感から値動きが調整に入る可能性があります。

陽のコマ

fxローソク足パターン記事内23

上昇中に見られる陽のコマは、トレーダーたちの迷いを表しています。

相場の転換、あるいは上昇加速どちらも考えられるので、以降のローソク足がコマの高値・安値を抜ける(ブレイクする)のを待ったほうがいいといえるでしょう。

陰の丸坊主

fxローソク足パターン記事内24

陰の丸坊主は、ヒゲのない大陰線。

下落の勢いが強く、下降トレンド継続の時に多く出現します。

戻り売り、ブレイクなどの売りサインとして活用できます。

一方、陰の丸坊主が見られた直後の買いは、非常にリスクが高いといえるでしょう。

下落の速度も速く、落ち着くまで待つのが基本です。

陰の大引け坊主

fxローソク足パターン記事内25

陰の大引け坊主は、下ヒゲのない大陰線。

終値と安値の差がなく、下落の勢いが強いことを表しています。

陰の丸坊主と同じく、戻り売り、ブレイクなどの売りサインとして活用できます。

陰の寄り付き坊主

fxローソク足パターン記事内26

陰の寄り付き坊主は、上ヒゲのない大陰線。

大きな陰線のため、失望感が強い足の形といえますが、下降トレンド終盤での出現には注意が必要です。

上図のように下降トレンド終盤でヒゲがでたら、調整や反発の可能性があります。

特に長い下ヒゲの場合は、要注意といえるでしょう。

陰のコマ

fxローソク足パターン記事内27

下落中に見られる陰のコマは、トレーダーたちの迷いを表しています。

相場の転換、あるいは下降加速どちらも考えられるので、以降のローソク足がコマの高値・安値を抜ける(ブレイクする)のを待ったほうがいいといえるでしょう。

陰のトンカチ

fxローソク足パターン記事内28

陰のトンカチは、上ヒゲが長く実体が小さいローソク足。

上昇の力が弱く、売りの継続を表しています。

陽のカラカサ

fxローソク足パターン記事内29

下ヒゲ長い陽線です。

下降トレンドの終盤で陽のカラカサが見られたら、相場転換のサインとして活用できます。

一方、上昇トレンド終盤で陽のカラカサが出現したら要注意。

首吊り線として、反転下落の可能性を示唆しています。

fxローソク足パターン記事内30

陰のカラカサ

fxローソク足パターン記事内31

下ヒゲ長い陰線です。

下降トレンド終盤での陽のカラカサと同じく、相場転換のサインとして活用できます。

一方、上昇トレンド終盤での陰のカラカサには注意が必要です。

失望感から反転下落の可能性があります。

fxローソク足パターン記事内32

陽のトンカチ

fxローソク足パターン記事内33

上ヒゲが長く、実体が小さい足。

上昇の力が弱まっていることを示しています。

上昇トレンド終盤で見られたら、トレンド転換の可能性があります。

トンボ

fxローソク足パターン記事内34

上ヒゲより下ヒゲが長いローソク足です。

上昇相場によく見られ、トレーダーたちの迷いを表しています。

上昇トレンド終盤では転換のサインにもなるので、注意が必要です。

トウバ

fxローソク足パターン記事内35

下ヒゲがなく、上ヒゲが長いローソク足。

トレーダーたちの失望感を表しており、下降トレンド相場への転換の可能性が高いといえます。

足長十字

fxローソク足パターン記事内36

上下どちらにも長いヒゲの足です。

相場転換の可能性が高い足として知られています。

4値同時

fxローソク足パターン記事内37

ヒゲがまったくないローソク足です。

実際のチャートではほとんど見かけることはありません。

相場が動いていない証拠なので、動きだすまで待つのが基本になります。

4. チャートが見やすいFX会社

fxローソク足パターン04

ここまでローソク足のチャートパターンを紹介してきました。

このローソク足チャートは、どのFX会社でも見ることができます。

しかし、FX会社によってチャートの見やすさが変わってくるので、自分に合ったところを探すといいでしょう。

私がオススメするのは、DMM FXYJFX!

どちらのFX会社のチャートソフトも見やすく、分析がしやすいからです。

DMM FXは、国内でも1~2位を争う人気のFX会社です

特に分析ツール『プレミアチャート』は、チャートが見やすく描写機能が優秀。

高値・安値を自動で表示してくれるので、高値圏・安値圏を意識したローソク足分析が可能です。

fxローソク足パターン記事内38

YJFX!は専用アプリ『外貨ex』が秀逸

ローソク足の実体とヒゲがとても見やすく、外出先でもスマホなどでトレードしたい方には最適といえるでしょう。

fxローソク足パターン記事内39

このように描写機能が優れていますから、ローソク足チャートを活用しながらトレードするにはオススメのFX会社です。

5. ローソク足を組み合わせて取引の引き出しを増やそう

fxローソク足パターン05

いかがだったでしょうか?

1本のローソク足のパターンでも、いろいろな情報を受け取れるのがお分かりいただけたかと思います。

ローソク足1本の見方に慣れてきたら、次は2本以上の複合線にチャレンジするといいでしょう。

なぜなら、ローソク足は単線でも重要な意味を持ちますが、それが2本以上の組み合わせになると、さらに相場の背景や投資家の心理状態を正確に伝えてくれるからです

有名な『酒田五法』は、複数のローソク足から背景を読み取る代表例といえます。

一度にローソク足のパターンを覚える必要はありませんが、少しずつ得意のパターンを増やしていけば、トレードの幅も広がるでしょう。

6. まとめ

BOまとめ

本日のまとめです。

  • ローソク足パターンが注目される理由 ローソク足ほど、相場の背景や投資家の心理状態を素直に表しているものは他にありません。
    ローソク足は、どんなインジケーターやオシレーターよりも、有益な情報を早く教えてくれるツールといえるでしょう。
  • 投資家心理がさらに正確にわかる「複合線」 ローソク足は単線でも重要な意味をもっていますが、2本以上の組み合わせでより正確に相場の背景や投資家の心理がつかめます。
    1本のローソク足パターンに慣れたら、次は2本以上のパターンをチャレンジしてみましょう。

ローソク足のパターン
上昇のサイン
大陽線:陽の丸坊主
大陽線:陽の大引坊主
大陽線:陽の寄付坊主
小陽線:コマ足

下降のサイン
大陰線:陰の丸坊主
大陰線:陰の大引坊主
大陰線:陰の寄付坊主
小陰線:コマ足
小陰線:陰のトンカチ

転換のサイン
小陽線:陽のカラカサ
小陰線:陰のカラカサ
小陽線:陽のトンカチ

停滞のサイン
十字線:トンボ
十字線:トウバ
十字線:足長同時選
十字線:4値同時足

ローソク足のパターンは、トレンド終盤など、どこで出現したかによって意味が大きく異なります。

しっかりと背景と合わせて見るようにしましょう。

いかがだったでしょうか。

ローソク足パターンを活用したトレードは、一度身につけてしまえば一生役立つスキルとなります。

ぜひ取り組んでみてください。

この記事のライター

水落 あきみねの写真

水落 あきみね

1977年兵庫県生まれ。2000年大学卒業後にIT会社に入社。12年間勤めた会社を退職して、自営業を始める傍らFXを始める。相場の世界に入って6年になる兼業トレーダーで、水平線やトレンドラインだけを使ったシンプルなトレードを得意としている。信条は「最もうまく負けることができる人が勝つ」