【FXプライム by GMO】取引ツールの使い方を徹底解説(比較・検証)の画像
2021.07.23 2019.11.08

【FXプライム by GMO】取引ツールの使い方を徹底解説(比較・検証)

この記事で学べること

  • FXプライムbyGMOの取引ツールの使い方
  • FXプライムbyGMOの取引ツールの使い勝手
  • FXプライムbyGMOの取引ツールに自分が向いているかどうか
三原怜の写真
この記事のライター 三原怜

「FXプライムbyGMOの取引ツールはどうやってインジケーターを設定するの?入出金は?」

FXプライムbyGMOの取引ツールは一部しかデモトレードで使用できず、使い方が分からず困っていませんか?

本記事を読むと、FXプライムbyGMOの取引ツールの使い方が分かるようになりますよ。
実際にキャプチャ画面を使って、主な機能を一つ一つ分かりやすく解説しています。

また、FXプライムbyGMOの取引ツールの使い勝手が良いのかも検証してみたので、合わせて解説しています。

FXプライムbyGMOは、しっかりとチャート分析をしたい人ににおすすめです。 
分析ツールの使い方を一つ一つ丁寧に解説しているので最後まで読んでくださいね。

FXプライムbyGMOの取引ツールに向いている人

  • 初心者の人
  • ハイスピード注文画面を使って超短期売買(スキャルピング)をしたい人
  • 充実したテクニカル指標で分析したい

FXプライムbyGMOの取引ツールに向いていない人

  • WEB版ではなくダウンロード版を使用したい人

1. FXプライムbyGMOの特徴

FX-prime画像02

まず、FXプライムbyGMOの企業概要や取引ツールの種類についてみていきましょう。

1.1  FXプライムbyGMOの特徴

FXプライムbyGMOは、GMOクリック証券と並び、GMOインターネットグループに所属する金融取引業者です。

GMOクリック証券が、FX以外にも株式や投資信託、先物、オプションなど広い範囲の金融商品を取り扱っているのに対し、FXプライムbyGMOはFXに特化した業者といえます。

商品内容は、FX、外為オプション、システムトレードとなっています。

会社名株式会社 FXプライム by GMO
設立2003年(平成15年)9月24日
所在地東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
資本金1億円
取扱通貨ペア20種類
スプレッドドル/円 0.3銭
ユーロ/円 0.6銭
ユーロ/米ドル 0.6pips

*午前8時から翌日午前4時まで
レバレッジ最大25倍
最低取引単位1,000通貨
建玉件数上限300件
2021年2月3日調べ

【特徴1 高い約定力】

FXプライム約定力の画像

FXプライムbyGMOは、約定力の高さが売りです。

FXプライムbyGMOで取引をするプロトレーダーは、スキャルピング取引をする人が多いということです。

なぜ、プロがFXプライムyGMOを選んでいるかというと『約定力』です。

いくら、低スプレッドのFX会社でトレードをしても、約定拒否や意図しないレートでの約定(スリッページ)が頻発していたら勝てないですよね。

【特徴2 高機能のプライムチャート】

プライムチャートは、トレンド系24種類、オシレーター系30種類の計54種類のテクニカル指標に対応する高機能チャートです。
特別なソフトをインストールする必要がなく、WEB上で利用できるとされています。

【特徴3 ユニークな指標の「ぱっと見テクニカル」】

ぱっと見テクニカル」は、最大約12年分の過去チャートと現在のチャートを比較して、未来の相場を予測するユニークな分析ツールです。

1.2 選べる外貨の取引ツールの特徴

FXプライムbyGMOの「選べる外貨」の取引ツールはWEB版のみとなっています。

インストールをする必要がなく、サイト上からログインすれば使用することができます。

また、チャートは高機能の「プライムチャート」が提供されています。

2. 取引ツールの使い方

SBI FXトレード取引ツール画面3

では、まず【選べる外為】の取引ツールの使い方を説明していきますね。

2.1 取引ツールの使い方

FXプライムbyGMOのサイト上でログインすると、以下のマイページに移動します。

FXprime-ツール画像01


次に、「FX選べる外貨」をクリックすると、FXの取引画面になります。

FXprime-ツール画像02①チャート画面

チャートは「プライムチャート」を使用することになるので、マイページに戻ります

FXprime-ツール画像03

左上の枠で囲んだ「プライムチャート」をクリックしてください。

以下は、プライムチャートになります。

FXprime-ツール画像04a

チャートを拡大させたい場合は、チャート右上の枠で囲んだところをクリックします。

すると、一画面で以下の様に表示ができます。

FXprime-ツール画像05


通貨ペアや時間足はチャート左上の枠で囲んだ部分から設定を変更することが可能です。

また、チャートの表示期間を変更したい場合は、チャート下部分の「スケールバー」から行うことができます。

以下は、表示期間を増やしたものになります。

FXprime-ツール画像06

また、ローソク足の色や背景色も「全体設定」から変更することができます。

FXprime-ツール画像07

背景色を変えるだけでイメージがかなり変わりますね。

FXprime-ツール画像08②注文の仕方

次に注文の仕方を確認してみましょう。

FXprime-ツール画像09

取引画面の上のツールバーの枠で囲んだ、「新規注文」をクリックすると注文パネルが出てきます。

FXprime-ツール画像10


「注文方法」「通貨ペア」「売/買」「取引数量」を選択したら、注文の確認ボタンを押しましょう。

また、注文パネルはレートパネルの「通貨ペア」の上をクリックしても表示されます

FXprime-ツール画像11③経済カレンダー・ニュース


経済カレンダーやニュースを確認したい場合は、マイページに移動しましょう。

FXprime-ツール画像12

ここで「マーケット情報」をクリックすると、以下の「マーケット情報のホーム」に移動します。

FXprime-ツール画像13


ニュースを見たい場合は「ニュース」、経済指標を確認したい場合は「経済指標・データ」をそれぞれクリックしましょう。

【ニュース】

FXprime-ツール画像14

ニュースをクリックすると、更に見たいニュースを選ぶことが可能です。

ここでは、Market Win24を表示してみました。
ニュースの詳細を読む場合、読みたい記事をクリックしましょう。

FXprime-ツール画像15

【経済指標】

FXprime-ツール画像16

以下は本日の経済指標を表示させています。

FXprime-ツール画像172.2 分析ツールの使い方

次に分析ツールの使い方を見てみましょう。

①インジケーターの使い方

まず、インジケーターの設定方法です。

チャート上にある「テクニカル」をクリックすると、インジケーターの一覧が出てきます。

FXprime-ツール画像18

①使用したいインジケーターにチェックをつけ、②適用をクリックして③OKをすると表示されます。

FXprime-ツール画像19

もし、パラメータの設定を変更したい場合は、一覧のインジケーター名の上をクリックします。

インジケーター名の下にパラメータの設定が出てくるので、数値を入力しOKをしましょう。

FXprime-ツール画像20

以下は、移動平均線を表示させています。

FXprime-ツール画像21②描画ツールの使い方

次に描画ツールの使用方法を見てみましょう。

ツールバーにある「描画」をクリックすると、描画機能一覧が出てきます。

FXprime-ツール画像22


ここでは、水平線を引いてみましょう。

引きたいポイントをダブルクリックするだけで、ラインを引くことが可能です。

FXprime-ツール画像23


どのようにすればラインを引くことができるのか、上記のように手順を示してくれるので難しくありません。

水色の線の部分が水平線です。

FXprime-ツール画像242.3 入出金の方法

最後に入出金の方法を見てみましょう。

FXprime-ツール画像25


入出金も「マイぺージ」から行います。 上のツールバーにある「入出金」をクリックしてください。

FXprime-ツール画像26①入金方法

入金をする場合は、「ネット入金24」をクリックします。

FXprime-ツール画像27

金融機関と金額を入力し、「ネット入金」をクリックすると、金融機関のインターネットバンキングのページが表示されます。

そのまま、ネットバンキングを終了させてください。

②出金方法

出金する場合は、「出金依頼・取消」をクリックします。

FXprime-ツール画像28

出金したい金額を入力し、「出金内容確認」をクリックしてください。

3. FXプライムbyGMO「選べる外貨」の取引ツール検証

SBI FXトレード取引ツール画面4

次は、FXプライムbyGMOの取引ツールは使いやすいのか、機能的に十分かなどについて検証してみましょう。

3.1 画面・チャートの見やすさ

まずは、取引画面とチャートを見てみましょう。

【選べる外貨取引画面】

fx-primeの画像2


取引画面は、上から
①メニュー
②為替レート
③ポジション照会
④代表口座照会
⑤有効注文照会

となっています。

構成・色調・文字の大きさなど、比較的見やすい画面になっています。

なお、ポジションを建てても、ポジション欄には情報が自動的には表示されません

「ポジション照会」ボタンをクリックすれば、その時点で上図のようなポジション情報が表示されます。

下図はプライムチャートです。
シンプルでスッキリしていて見やすいといえます。

【プライムチャート】

fx-primeの画像4-13.2 注文方法の使い勝手

注文画面は、新規注文・ハイスピード注文・決済注文(複数決済注文)の3種類の画面があります。

【新規注文画面】

fx-primeの画像6


新規注文では、成行・指値・逆指値・イフダンの4種類の売買方法が可能です。

fx-primeの画像7


よく使う通貨ペアや取引数量などは、あらかじめ注文設定画面で設定しておくことができます。

【ハイスピード注文画面】

fx-primeの画像8


ハイスピード注文画面は素早い発注を目的とした画面で、スキャルピングなどの短期売買で活用できます。
レスポンスが非常に良く、表示も小さくできるのでチャートに重ねて表示しても邪魔になりません。

欲を言えば、常にパソコン画面の最前面に表示できる設定があると、より使い勝手が良くなるでしょう。


【ハイスピード注文画面 小】

fx-prime-の画像9a 【決済注文画面】 fx-primeの画像10


決済注文画面は、決済専用の注文画面です。

決済注文のボタンをクリックすると、決済候補のポジション一覧が表示され、その中から決済するポジションを選択します。

「ポジション決定」ボタンをクリックすれば、確認画面、注文実行画面の順に表示され、決済することができます。

FXプライムの画像11


一般的には、ポジション照会画面に決済機能が一緒に付いている例が多いのですが、FXプライムbyGMOではポジション照会画面からの決済はできず、決済注文画面が別になっているのです。

3.3 描画ツールの使い勝手

チャートの描画ツールは、以下のものを表示することが可能です。

fxプライムの検証1

27種類と他社と比較にかなり豊富といえます。

操作方法も、慣れれば簡単に行うことができるでしょう。

3.4 インジケーターの使い勝手

インジケーターは以下の54種類に対応しています。

fxプライムの検証2

国内FX会社でも、トップレベルの数が提供されていると言えるのではないでしょうか。

パラメーター設定の仕方も簡単なので、初心者でも迷うことなくできるでしょう。

3.5 過去チャートが見られるか?

次に、プライムチャートではどれくらいの期間にわたって、過去のチャートを見ることができるか確認してみましょう。

【チャートで表示できる期間】

①日足:7年10か月 (2013年3月~2020年12月)

②月足:27年10か月 (1993年3月~2020年12月)


かなり長い間にわたってチャートを見ることができますね。

fxプライムの検証3

プライムチャートでは、豊富なデーターと表能力があることが分かりました。

 

3.6 モバイル・タブレットへの対応

FXプライムbyGMO「選べる外貨」は、アプリやWEBを使ってスマホ・タブレットでもトレード可能です。

fxプライムの検証4

チャートの足種は以下の12種です。

1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、 1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足

インジケーターは、次の18種類を適用することが可能です。

ローソク足・平均足・P&F・移動平均・指数平滑移動平均・一目均衡表
ボリンジャーバンド・パラボリック・エンベロープ・フィボナッチ・RSI
ストキャスティクス・DMI・RCI・モメンタム・ROC・MACD・%Rオシレータ



また、描画ツールはトレンドラインが用意されており、画面をタップすると引くことが可能です。

なお、アプリで用意されている注文機能は4種類です。

【注文方法】
①成行 ②指値 ③逆指値 ④イフダン



これだけ、機能が備わっていれば、通常のトレードには十分ですね。

3.7 トレードのツール間同期

次に、パソコンやスマホなどトレード用ツールが異なる場合に、データのツール間同期がとれているか検証してみましょう。

①同時ログイン

パソコンとスマホアプリで同時にログインすると、スマホ版に以下の様に表示され自動的にログアウトされてしまいます。

スマホアプリでログアウトされても、パソコン上では自動的にログアウトされることがないことから、WEB版が優先とされているようです。

fxプライムの検証5②データの同期

ポジションの保有状況や残高などのデータは、両方のツールで同期されています。

③チャート設定

チャートには、それぞれ固有のテクニカル指標が装備されており、パソコンで設定したインジケーターをスマホに引き継ぐことや、スマホの設定をパソコンに適用することはできません

4. FXプライムbyGMO「選べる外貨」って使いやすい?

FX-prime画像04

これまで様々な視点からFXプライムbyGMO「選べる外貨」の取引ツールを検証してきましたが、その結果を以下にまとめてみました。

検証項目評点(★5点満点)
備考
画面の見やすさ
★★画面はシンプルな設計で、色調・項目の配置など見やすく設計されている

注文方法の使い勝手
★★注文パネルは、一目でわかりやすくできているが、注文方法が4種類とあまり多くない。
描画ツールの使い勝手★★★27種類の描機能と充実している
インジケーターの使い勝手★★★54種類のインジケーターを装備
過去チャートの表示★★★★豊富なデータ蓄積・表示能力がある
モバイル・タブレットの検証★★スマホアプリには、トレードに必要な機能は揃っている。
トレードツール間同期★★PC用システム・スマホアプリの両方から同時ログインができない


FXプライムbyGMOの取引ツールはインジケーターや描画ツールが豊富で、過去チャートの表示能力も優れていることから、チャート分析をしたい人におすすめと言えます。

FXプライムbyGMOの取引ツールに向いている人

  • 初心者の人
  • ハイスピード注文画面を使って超短期売買(スキャルピング)をしたい人
  • 充実したテクニカル指標で分析したい

FXプライムbyGMOの取引ツールに向いていない人

  • WEB版ではなくダウンロード版を使用したい人

また、私たちはFXプライムbyGMOだけでなく、デモトレードを提供している全13社でも取引ツールの検証を行いました。

以下のランキングは、その中で使い勝手が良かったTOP3のFX会社なので、どこのツールを使用しても間違いありませんよ。

【使いやすい取引ツールランキングTOP3】
取引ツールは見やすく使い勝手が良いか、「分析ツール」の充実度と使いやすさ、そして「スマホアプリ」の使い勝手の点から、13社を比較評価した結果、TOP3になったFX会社なのでおすすめですよ。

FX会社見やすさ・使いやすさ分析ツールスマホアプリ総合評価公式サイト
GMOクリック証券会社ロゴ2.85詳しく見る 記事を読む
YJFX会社ロゴ2.57詳しく見る 記事を読む
SBI会社ロゴ2.57詳しく見る 記事を読む

13社の取引ツール比較ランキングの記事を読みたい方はこちらをクリックください。

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。

トップへ