比較【FXプライムbyGMOのデモトレード】取引ツールは高機能?

2019.11.10

編集長からの問いかけ

デモトレードは初心者がFXの基礎を学んだり、FX会社の取引ツールの使い勝手を無料で試せる大切な場です。
FX会社により、デモトレードが提供されています。

そこで、国内FX会社のデモトレードで、実際に取引ツールを試してみたいと思います。
なぜなら、多くのトレーダーはMT4を使用しており、国内FX会社の取引ツールは果たして使いやすいのかという疑問があるからです。

今回は、MT4を基準に各社の取引ツールを比較し、取引ツールの使い勝手がどうか検証していきます。

三原怜の写真編集長に答えて

現在の国内FXでは、FX業者それぞれが独自の取引ツールを開発し、ユーザーに提供しています。
これら多くの取引ツールの中で、どの業者のものが使い勝手が良いかについては、実際に使って体験してみないとよくわからないのが実情です。

今回はGMOインターネットグループの一員であるFXプライムbyGMOに焦点を当て、デモトレードでツールの使い勝手を検証してみました。

結論から申し上げると、FXプライムbyGMOのデモトレードでは、FX取引で肝心な重要ツールを利用させてもらえず、大変残念な結果となってしまいました。

1. デモトレードで確認すること

はじめに、デモトレード行う際に何を確認したらよいのかについて考えてみましょう。

1.1 デモトレードとは

デモトレードとは、FX会社が提供している練習用のトレードサービスです。

このデモトレードを行うには、FX会社にデモ口座を開設しなければいけませんが、各社ともに費用は無料となっています。

デモ口座を開設すれば一定額の仮想資金が与えられ、ユーザーはその仮想資金を使って練習用のトレードを行うことができます。
練習用のトレードといっても、相場チャートは実際のレートで動くため、リアルトレードを行う場合と同じ感覚で練習ができます

また、勝っても負けても仮想資金が増減するだけのため、実際の損益が生じない安心感があります。

1.2 デモトレードで確認することは

各社の取引ツールや取引ルールを検証する

FX会社は、それぞれ独自の取引ツールやルールを持っています。

取引ツールでは、相場チャートや注文パネル、プライスボードなどのデザインや使用方法がそれぞれ異なります。また、チャートに表示できるテクニカル指標やインジケーターの数・種類も様々です。

取引ルールでは、売買の際のスプレッドやスワップポイント、証拠金維持率、ロスカットルールなどが違ってきます。

このような取引ツールやルールの違いは、説明文を読んだだけではよくわからない部分が多いのです。
実際に自分でツールを使いながらトレードを行ってみて、はじめて自分に合うか合わないかがよくわかるといえます。

したがって、デモトレードでは、各社の取引ツールや取引ルールを検証し、自分に最もマッチするFX会社を選ぶための判断材料にすることが非常に大切です。


様々なトレード手法を検証する

FXは、売買サイクルの長短により戦略や戦術が異なってきます

また、売買も成行・指値・逆指値・OCO・IFD・IFO・トレールなど多くの種類に分かれています。さらに、トレード手法も順張り・逆張り・ナンピン・両建てなど様々なやり方があります。

デモトレードでは、このような多くのトレード手法を一通り試してみて、その有効性や相場との相性を検証します。実戦の前にデモトレードで、自分に合う戦法・手法を見つけ出していくことが非常に重要なのです。


実戦の雰囲気を体験する

デモトレードにおけるFX相場は、現実のレートで推移します。したがって、練習用のトレードであっても、実戦さながらの売買を経験することができます。

チャートやローソク足の動き方やスピード感、また、どのような場合にトレンドが発生するのかなど、FX相場における実戦の雰囲気を体験し、体で覚えることも重要な目的です。


2. FXプライムbyGMOのデモトレード

今回のデモトレードを行うにあたり、FXプライムbyGMOの企業概要やデモトレードの特徴についてみていきましょう。

2.1  FXプライムbyGMOの特徴

FXプライムbyGMOは、GMOクリック証券と並び、GMOインターネットグループに所属する金融取引業者です。

GMOクリック証券が、FX以外にも株式や投資信託、先物、オプションなど広い範囲の金融商品を取り扱っているのに対し、FXプライムbyGMOはFXに特化した業者といえます。
商品内容は、FX、外為オプション、システムトレードとなっています。

会社名株式会社 FXプライム by GMO
設立2003年(平成15年)9月24日
所在地東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
資本金1億円
取扱通貨ペア20種類
スプレッドドル/円 0.6銭
ユーロ/円 0.9銭
ユーロ/ドル 0.6pips
レバレッジ最大25倍
最低取引単位1,000通貨
取引上限1日あたりの新規取引数量上限なし
最大注文数量1取引あたりの取引数量上限
・新規:200万通貨
・決済:複数決済500万通貨、全決済1,000万通貨
2019年11月10日調べ


【特徴1 高い約定力】
FXプライムbyGMOは、約定力の高さが売りです。

公式サイトでは、約定率=100%、スリッページ=なし、と公表しています。


fx-primeの画像1
(資料出所:FXプライムbyGMO公式サイト)

(注)
1. 約定力は注文が約定する確率で、約定率=100%は約定拒否がないことを示す。
2. スリッページは注文価格と約定価格との差で、スリッページ=なしは、注文した価格で必ず約定することを示す。



公式サイトには以上のような記載がありますが、約定力が高いかどうかについてはデモトレードで検証してみましょう。


【特徴2 高機能のプライムチャート】
プライムチャートは、トレンド系24種類、オシレーター系30種類の計54種類のテクニカル指標に対応する高機能チャートです。
特別なソフトをインストールする必要がなく、WEB上で利用できるとされています。


【特徴3 ユニークな指標の「ぱっと見テクニカル」】
ぱっと見テクニカル」は、最大約12年分の過去チャートと現在のチャートを比較して、未来の相場を予測するユニークな分析ツールです。


2.2 選べる外貨のデモトレードの特徴

FXプライムbyGMO「選べる外貨」のデモトレード有効期間は、登録日から1ケ月間です。

その特徴は、必要最小限のツールをデモトレードで提供していることです。
他のFX業者の場合は、リアルトレードとほぼ同じツール・環境でデモトレードを提供している例が多いのですが、FXプライムbyGMOのデモトレードでは相場チャートの閲覧ができません
また、スマホやタブレットではデモトレードは行えず、パソコンのみとなります。


fx-primeの画像3


一般的には、デモトレードでチャートやモバイルアプリの使い勝手を調べ、納得できてからリアル口座を開く人が多いとみられますが、その点では充足感を得ることが難しいでしょう。

ただし、注文ツールの中で、ハイスピード注文画面はデモトレードでも使うことができ、コンパクトでレスポンスが良いことから高評価を付けることができます。

3. FXプライムbyGMO「選べる外貨」の取引ツール検証

次は、デモトレードを通じて、FXプライムbyGMOの取引ツールは使いやすいのか、機能的に十分かなどについて検証してみましょう。

FXプライムbyGMOでは、「選べる外貨(FX)および「選べる外為オプション」のデモトレードが可能です。
ここでは、FXである「選べる外貨」のデモトレードについて検証してみましょう。


3.1 画面・チャートの見やすさ

選べる外貨のデモトレードは、PC用ウェブ版で可能です(リアル口座の取引もWEB版になります)。

【選べる外貨デモトレード取引画面】

fx-primeの画像2


取引画面は、上から
①メニュー
②為替レート
③ポジション照会
④代表口座照会
⑤有効注文照会

となっています。

構成・色調・文字の大きさなど、比較的見やすい画面になっています。

なお、ポジションを建てても、ポジション欄には情報が自動的には表示されません
「ポジション照会」ボタンをクリックすれば、その時点で上図のようなポジション情報が表示されます。

また、デモトレードではチャートを閲覧することはできません

選べる外貨のリアルトレードでは、プライムチャートを使うことができます。

【プライムチャート】

fx-primeの画像4-1


このプライムチャートは、54種類のテクニカル指標に対応しています。


fx-primeの画像4-2

また、リアルトレード用には、未来の相場予測ができる「ぱっと見テクニカル」という分析ツールが用意されていますが、残念ながらデモトレードでは使えません。


fx-primeの画像5


デモトレードでチャートが利用できないと、トレードの練習やトレードツールの検証などに支障が生じてしまいます
チャートが使えれば、描画ツールやインジケーターの使い勝手も検証したかったのですが、残念です。


3.2 注文方法の使い勝手

注文画面は、新規注文・ハイスピード注文・決済注文(複数決済注文)の3種類の画面があります。

【新規注文画面】

fx-primeの画像6


新規注文では、成行・指値・逆指値・イフダンの4種類の売買方法が可能です。


fx-primeの画像7


よく使う通貨ペアや取引数量などは、あらかじめ注文設定画面で設定しておくことができます。


【ハイスピード注文画面】

fx-primeの画像8


ハイスピード注文画面は素早い発注を目的とした画面で、スキャルピングなどの短期売買で活用できます。
レスポンスが非常に良く、表示も小さくできるのでチャートに重ねて表示しても邪魔になりません。

欲を言えば、常にパソコン画面の最前面に表示できる設定があると、より使い勝手が良くなるでしょう。


【ハイスピード注文画面 小】

fx-prime-の画像9a



【決済注文画面】

fx-primeの画像10


決済注文画面は、決済専用の注文画面です。

決済注文のボタンをクリックすると、決済候補のポジション一覧が表示され、その中から決済するポジションを選択します。

「ポジション決定」ボタンをクリックすれば、確認画面、注文実行画面の順に表示され、決済することができます。


FXプライムの画像11

FXプライムの画像12


一般的には、ポジション照会画面に決済機能が一緒に付いている例が多いのですが、FXプライムbyGMOではポジション照会画面からの決済はできず、決済注文画面が別になっているのです。

なお、複数ポジションの決済を同時にできる複数決済注文画面もあります。


【複数決済注文画面】

FXプライムの画像13

FXプライムの画像14


注文方法の使い勝手に関しては、MT4より優れているといえそうです。


 

3.3 モバイル・タブレットへの対応

FXプライムbyGMO「選べる外貨」のリアルトレードは、アプリやWEBを使ってスマホ・タブレットでも可能です。


FXプライムの画像15
FXプライムの画像16


しかし、デモトレードはパソコンに限定されており、スマホ・タブレットではできません

FXプライムの画像17


最近は、FXをスマホやタブレットで行う人が多くなっていることから、デモトレードがスマホ・タブレットに対応していない点は改善が望まれます。


3.4 トレードの履歴


自分が行ったトレードの履歴は、取引履歴照会で見ることができます。


【取引履歴照会画面】

FXプライムの画像18

3.5 約定力が高いかどうかの実験

次に、FXプライムbyGMOの「選べる外貨」は、約定力の高さが売り物ですが、果たして本当でしょうか。
ここで、デモトレードを利用してある実験を行ってみましょう。

下の表は、「選べる外貨」のハイスピード注文画面を使って、注文ボタンを素早く連打した結果です。


FXプライムの画像19


新規注文約定は、14時53分から54分にまたがっています。
注文ボタンをハイスピードで連打しても、すべての注文が即座に約定しました。

また、成立値段ですが、すべての注文がハイスピード注文パネルで提示されていた価格で約定しており、スベッたものは1つもありませんでした。

このことから、FXプライムbyGMOのデモトレードにおける約定力は相当高いといえるでしょう。

以上はデモトレードでの実験ですが、FXプライムbyGMOは、デモ口座でもリアル口座でも約定力に変わりがないことを確認済みです(会社に照会してその旨の回答をいただきました)。

「選べる外貨」は、リアルトレードでもスベリなしの高速約定が大いに期待できそうですね。


4. FXプライムbyGMO「選べる外貨」って使いやすい?

これまで様々な視点からFXプライムbyGMO「選べる外貨」のデモトレードを検証してきましたが、その結果を以下にまとめてみました。

検証項目評点(★5点満点)
MT4との比較備考
画面の見やすさ
★★★★【MT4と同】
●MT4の画面は、色調・コントラスト・表示形式をカスタマイズできる
●画面はシンプルな設計で、色調・項目の配置など見やすく設計されている
チャート・描画ツール・インジケーターの検証【MT4と比較不可】●デモトレードではチャートを利用できない。
●プライムチャートは高機能のため、リアル口座開設者に利用を限定している可能性あり。
●トレードの要であるチャートがデモトレードで利用できないのは、改善が望まれる。
注文方法の使い勝手
★★★★【MT4より優】
●MT4の一般注文パネルはわかり難く、ワンクリック注文パネルはシンプル過ぎる
●MT4のワンクリック注文パネルは分離・独立・移動できない
●注文パネルは、一目でわかりやすくできているが、注文方法が4種類とあまり多くない。
●注文のレスポンスが良い。
●ハイスピード注文パネルは使いやすく便利。
ただし、パネルの分離・独立・移動はできるが、最前面表示の設定がないのが残念。
モバイル・タブレットの使い勝手
【MT4と比較不可】●デモトレードではモバイル・タブレットを利用できない。
●ニーズが高いモバイル・タブレットがデモトレードで利用できないのは、改善が望まれる。
約定力の高さ★★★★【MT4と比較不可】
●約定力の高低は、FX業者の運営方針・経営環境により決まってくる。
●約定力、約定スピードともに優秀



FXプライムbyGMO「選べる外貨」のデモトレードは、非常に残念の一言に尽きます

せっかく高機能のプライムチャートを備えながら、デモトレードで利用できないと、ユーザーはリアル口座を開設すべきかどうかの判断に迷ってしまいます
また、最近はモバイル・タブレットを使う利用者が増えているにもかかわらず、デモトレードで利用できない点は、改善が望まれます。

しかし、デモトレードを通じて、約定力の高さや使い勝手の良いハイスピード注文機能を確認することができました

編集長からのコメント

FXプライムbyGMOでは、残念ながらデモトレードで多くの機能が利用できないようです。
せっかくの機会にしっかりとデモトレードを試せず、自分に会うツールかどうか検証できないのでは、FX会社を選ぶ際の参考にはなりにくいですね。

今回はほとんどの機能に関して、MT4との比較をすることができない残念な結果となりましたが、少なくとも注文方法の使い勝手や約定力が高いということは確認することができましたね。

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。