比較【アイネット証券のデモ】分かりやすく多彩な取引ツール!

2020.07.31

所長からの問いかけ

デモトレードは初心者がFXの基礎を学んだり、FX会社の取引ツールの使い勝手を無料で試せる大切な場です。
FX会社により、デモトレードが提供されています。

そこで、国内FX会社のデモトレードで、実際に取引ツールを試してみたいと思います。
なぜなら、多くのトレーダーはMT4を使用しており、国内FX会社の取引ツールは果たして使いやすいのかという疑問があるからです。

今回は、MT4を基準に各社の取引ツールを比較し、取引ツールの使い勝手がどうか検証していきます。

三原怜の写真所長に答えて

海外FXでは、一般的に取引ツールとしてMT4が広く普及していますが、国内FXでは、それぞれのFX業者が個別に開発した取引ツールを利用者に提供しています。

そのため、各FX業者の取引ツールは、その仕様や機能、使い勝手がそれぞれに異なっています。

この数多くある国内FX業者の取引ツールの中で、どの取引ツールが使いやすく優秀であるかは、実際に使ってみないと判断できないのが実情です。

本記事では、アイネット証券のデモトレードで取引ツールの使い勝手を調べるとともに、併せてMT4との比較を行ってみました。

結論から申し上げれば、アイネット証券の取引ツールは、全体的にわかりやすい上に多彩なツールを備えたチャートが利用できるなど、誰もが使いやすい高機能なシステムといえます。

はじめに、アイネット証券の取引ツールに『向いている人、向いていない人』についてまとめてみました(取引ツールの観点に限定しています)。

アイネット証券の取引ツールに向いている人

  • 初心者の人
  • 自動売買(ループイフダン)を行いたい人
  • 多彩な機能を持つチャートを使ってトレードをしたい人

アイネット証券の取引ツールに向いていない人

  • スキャルピングをメインに取引したい人
  • (PC版がスキャルピング向きではない。スマホで慣れれば可能か)

1. デモトレードで確認すること

FX-デモトレードの画像

はじめに、デモトレードを行う際に何を確認したらよいのかについて考えてみましょう。

1.1 デモトレードとは

デモトレードとは、FX会社が提供している練習用のトレードサービスです。

このデモトレードを行うには、FX会社にデモ口座を開設しなければいけませんが、各社ともに費用は無料となっています。

デモ口座を開設すれば一定額の仮想資金が与えられ、ユーザーはその仮想資金を使って練習用のトレードを行うことができます。

練習用のトレードといっても、相場チャートは実際のレートで動くため、リアルトレードを行う場合と同じ感覚で練習ができます。

また、勝っても負けても仮想資金が増減するだけのため、実際の損益が生じない安心感があります。


1.2 デモトレードで確認することは

各社の取引ツールや取引ルールを検証する

FX会社は、それぞれ独自の取引ツールやルールを持っています。

取引ツールでは、相場チャート注文パネルプライスボードなどのデザインや使用方法がそれぞれ異なります。
また、チャートに表示できるテクニカル指標やインジケーターの数・種類も様々です。

取引ルールでは、売買の際のスプレッドスワップポイント証拠金維持率ロスカットルールなどが違ってきます。

このような取引ツールやルールの違いは、説明文を読んだだけではよくわからない部分が多いのです。
実際に自分でツールを使いながらトレードを行ってみて、はじめて自分に合うか合わないかがよくわかるといえます。

したがって、デモトレードでは、各社の取引ツールや取引ルールを検証し、自分に最もマッチするFX会社を選ぶための判断材料にすることが非常に大切です。


様々なトレード手法を検証する

FXは、売買サイクルの長短により戦略や戦術が異なってきます。

また、売買も成行・指値・逆指値・OCO・IFD・IFO・トレールなど多くの種類に分かれています。
さらに、トレード手法も順張り・逆張り・ナンピン・両建てなど様々なやり方があります。

デモトレードでは、このような多くのトレード手法を一通り試してみて、その有効性や相場との相性を検証します。
実戦の前にデモトレードで、自分に合う戦法・手法を見つけ出していくことが非常に重要なのです。


実戦の雰囲気を体験する

デモトレードにおけるFX相場は、現実のレートで推移します。
(FX会社により実際のレートと異なる場合があります。)

したがって、練習用のトレードであっても、実戦さながらの売買を経験することができます。

チャートローソク足の動き方やスピード感、また、どのような場合にトレンドが発生するのかなど、FX相場における実戦の雰囲気を体験し、体で覚えることも重要な目的です。


2. アイネット証券のデモトレード

はじめに、アイネット証券の会社概要やデモトレードの特徴についてみていきましょう。


2.1 アイネット証券の特徴

アイネット証券は、東京都千代田区に本社があるFX業者です。
取り扱っている通貨ペアは24通貨ペアと豊富ですが、スプレッドは総じてあまり狭いとはいえません


会社名アイネット証券株式会社
設立2003年11月6日
所在地東京都千代田区丸の内1-11-1
資本金3億円
取扱通貨ペア24通貨ペア
(自動売買:20通貨ペア)
スプレッド
(裁量トレード)
米ドル/円0.7~1.0銭
ユーロ/円1.4~2.0銭
ポンド/円2.0~5.2銭
豪ドル/円1.5~4.0銭
取引手数料なし
レバレッジ最大25倍
取引単位10,000通貨
(自動売買:1,000通貨)

【特徴1 自動売買が利用できる】

アイネット証券では、ループイフダンという自動売買システムが利用できます。

ループイフダンはリピート系の自動売買に属し、事前に一定の値幅を設定しておくことにより、相場が値幅分動いたら新しいポジションを建てる、または利益確定を行うなど自動的にシステムトレードを行ってくれるものです。


アイネット証券デモ画像1
アイネット証券デモ画像2

ループイフダンについて詳しく知りたい方は、以下で詳しく解説していますのでぜひご一読ください。



【特徴2 自動売買のコストが安く済む】

アイネット証券の自動売買ツールであるループイフダンを利用する際のスプレッドは、米ドル/円2pips、ユーロ/円3pips、ユーロ/米ドル2pipsなどとなっていますが、自動売買サービスを提供する他社と比べると低く抑えられています。

また、ループイフダンの利用コストはスプレッドのみで、取引手数料はかかりません


【特徴3 スワップポイントが高水準】

アイネット証券のスワップポイントは、業界の中で高い水準を維持しています。
FXで、中・長期売買を行う場合は、スワップポイントの高さが非常に有利に働きます。





2.2 アイネット証券のデモトレードの特徴

アイネット証券のデモトレードは、有効期限が特に定められていません

また、同じデモ口座で、裁量FXと自動売買のループイフダン両方のデモトレードを体験できます。

デモ口座の取引ツールは、PCダウンロード版、PCブラウザ版、スマートフォン版の利用が可能です。
なお、取引ツール中の一部のコンテンツは、デモトレードで利用できないものがあります。

本記事ではPCダウンロード版を中心に解説しますが、PCブラウザ版、スマートフォン版も併せて紹介します。


3. アイネット証券の取引ツール検証

次は、デモトレードにより、アイネット証券の取引ツールの使い勝手について調べてみましょう。
以降、PCダウンロード版である「i-NET TRADER」を中心に解説します。


3.1 画面・チャートの見やすさ

下図は、アイネット証券のダウンロード版取引ツールである「i-NET TRADER」のメイン画面です。


【メイン画面】

アイネット証券デモ画像3

i-NET TRADERのメイン画面は、上段にトレードに使うメニューが並んでおり、そのメニューに応じた情報がボックスの形で表示される仕様となっています。

トレードに必要なメニューは一通り揃っており、全体的にすっきりしてわかりやすいデザインとなっています。

なお、それぞれの情報ボックスの表示サイズや配置は、自由に変えることができます。


次は、チャート画面です。


【チャート】

アイネット証券デモ画像4

チャートに装備されている機能には、以下のようなものがあります。

①通貨ペアの選択

②Bid、Askラインの選択

③ローソク足・平均足・折れ線・バーチャートの切り替え

④時間足の切り替え

時間足は、以下の15種類を切り替えることができます(その他ティックチャートあり)。

●分足(1分・5分・10分・15分・20分・30分)
●時間足(1時間・2時間・4時間・6時間・8時間・12時間)
●日足
●週足
●月足



MT4の時間足は9種類が用意されていますが、i-NET TRADERでは、MT4にはない10分、20分、2時間、6時間、8時間、12時間などの時間足を表示できます。


⑤2つの通貨ペアを重ねて表示

現在表示している通貨ペアに加え、他の通貨ペア1種類をチャート上に重ねて表示することができます。

相関性がある2つの通貨ペアを重ねて表示させると、トレードの参考になります。
この2つの通貨ペアを重ねて表示する機能は、MT4には標準装備されていません。


【2つの通貨ペアを重ねて表示 ドル円チャートにユーロドルを重ねて表示】

アイネット証券デモ画像5

⑥保有ポジションの表示

チャート上で、ポジションを建てた価格位置にラインを表示します。


【保有ポジションの表示】

アイネット証券デモ画像6

⑦未約定注文の表示

未約定の注文がある場合に、注文価格の位置にラインを表示します。


【未約定注文の表示】

アイネット証券デモ画像7

⑧過去の売買履歴の表示

過去の売買履歴を表示します。


【売買履歴の表示】

アイネット証券デモ画像8

チャート上の三角印が売買履歴を表します。
右向きが新規、左向きが決済で、ピンク色が売り、緑色が買いの表示です。

上図は、売りのエントリー後に相場が下がったポイントで買い決済したものですが、スプレッドが大きく開いていたため、結果的に損失となっています。


⑨テクニカル指標追加・削除

⑩クイック設定(ローソク足の色など)

⑪カーソル切り替え(相場の価格表示ON/OFF)

⑫ハンドツール(チャートをずらす)

⑬図形描画機能

⑭注文ツールの表示

注文パネルを呼び出して、チャート上に表示します。

【注文パネルのチャート上表示】

アイネット証券デモ画像9

⑮メモ機能


このように、i-NET TRADERのチャートには、トレードに役立つ多彩な機能が備わっています。


3.2 注文方法の使い勝手

次に、注文パネルの使い勝手をみていきましょう。


【新規注文パネル・指値】

アイネット証券デモ画像10

新規注文では、以下の注文方法を選択できます。

①クイック
②指値
③逆指値
④OCO
⑤IFD
⑥IFDO


FXの実戦に必要な注文のパターンは、一通り揃っているようです。


【新規注文パネル・クイック】

アイネット証券デモ画像11

クイック注文」は、注文メニューの一つです。
クイック注文というからには、スピーディーに注文ができることが重要ですが、i-NET TRADERのクイック注文はどうでしょうか。

クイック注文で注文する場合は、次の2段階の操作が必要になります。

①「売買区分」欄で、売りか買いを選ぶ
②注文ボタンをクリックする



したがって、ワンクリックでの注文はできません(2クリックが必要)

また、注文確認画面ですが、これは省略することが可能です。

しかし、注文が約定すると約定完了画面が表示されるため、右下の「閉じる」をクリックして消さなければなりません(約定完了画面を閉じてしまうと注文パネルも消えてしまうため、再度メニューから注文パネルを呼び出す必要があります)。


このように、i-NET TRADERのクイック注文パネルは、

①ワンクリック注文ができない
②約定完了画面が表示されてしまう
③約定完了画面を閉じると、注文パネル自体も消えてしまう


などから、スキャルピングなどのように、素早く注文する、あるいは間髪入れずに連続して注文するなどのスピード性が要求される売買にはあまり向いていないようです。


なお、苦肉の策としてレートパネルを使う手はあります。

レートパネルでは、レートを直接クリックしてワンクリック注文ができるため、このレートパネルの分離・独立機能を使ってチャート内に表示すればスキャルピングも可能です。

ただし、そうするためには、レートパネルから関係のない通貨ペアを削除し、パネルサイズを縮小して注文パネルの大きさに直さないといけません。
また、ワンクリック注文はできても、その都度約定完了画面が出てくるのは、注文パネルの場合と同じです。



注文パネルに話を戻しますが、注文パネルはメイン画面から分離・独立させて表示することができ、チャートの中に配置してトレードすることが可能です(チャートにも、注文パネルの呼び出し機能があります)。

したがって、例えば、i-NET TRADER 以外のMT4チャートなどに注文パネルを配置してトレードを行うこともできます。

ただし、注文パネルには最前面表示機能がないため、チャートをクリックすると裏に隠れてしまいます。

さらに、チャートの中に配置するには、注文パネルのサイズが大き過ぎてチャートが隠れてしまうという難点があります。

以上のように、i-NET TRADERの注文パネルは、スキャルピング向きとはいえませんが、デイトレを含めた中・長期売買でじっくりとトレードを行うには問題はないようです。



3.3 描画ツールの使い勝手

チャートの描画ツールには、以下の図形を表示する機能があります。

①線分(三角形)
②直線
③水平線
④垂直線
⑤ジグザグ線
⑥トレンドライン・チャネルライン
⑦ピッチフォーク
⑧ギャン(ライン・ファン・グリッド)
⑨フィボナッチ(ファン・リトレースメント・チャネル・アーク・エクスパンション・タイムゾーン・グリッド)
⑩メモ



FXの実戦に必要な図形はほとんど揃っており、描き方もあまり難しくありません
好きな図形のマークを選択すれば比較的素早く描くことができます。

描いた図形を消したい場合は、チャート上の図形にカーソルを合わせ、右クリックで「削除」、または「すべて削除」を選択すれば削除できます。

全体的に、描画ツールは使いやすく、MT4より使い勝手が優れているといえます。


3.4 インジケーターの使い勝手

次は、チャートに装備されているインジケーターの一覧をみてみましょう。


  アイネット証券デモ画像12

①移動平均線 単純移動平均線をはじめ4種類

②トレンド系 一目均衡表をはじめ7種類(図中の「MACDバー」は使えませんでした)

③オシレーター系 単純移動平均乖離率をはじめ15種類

④分析系 サポート&レジスタンスの1種類

合計:27種類




インジケーターは、FXの実戦に必要なものがほとんど揃っています

表示方法は、チャート上にテクニカルチャートの一覧表を呼び出し、該当部分をワンクリックするだけで表示できます。
また、パラメーターの数値を変更することもできます。

なお、インジケーターを削除するには、インジケーターにカーソルを合わせ、「右クリック-削除」の2段階で削除が可能です。
インジケーターの操作は、MT4と比べ簡単に素早くできます。


これらのインジケーターの中で、④分析系の「サポート&レジスタンス」ですが、サポレジラインの候補を自動表示してくれるため、実戦で役立ちそうです(MT4に、このインジケーターはありません)。


【サポート・レジスタンスラインの自動表示】

アイネット証券デモ画像13

3.5 過去のチャートが見れるか?

チャートは画面をスライドさせて過去の状況を表示できますが、最大限スライドさせて表示できる過去の時点および表示期間は次のようになりました。

<

①日足: 2016年7月中旬から現在2020年5月中旬までの3年10月間

②月足: 1995年7月から現在2020年5月までの24年11月間


MT4では、接続業者により閲覧できる過去チャートの期間が異なりますが、おおむね日足で5年以上、月足で20年以上は見ることができるようです。

i-NET TRADER のチャートは、MT4と比較しても遜色のない豊富なデータ蓄積・表示能力があることが検証できました。


3.6 モバイル・タブレットの使い勝手

i-NET TRADERにはスマホ・タブレット用アプリもあり、デモトレードで使えます。


アイネット証券デモ画像14

ここでは、スマホのアンドロイド版について説明します。

チャート画面の足種は、ローソク足と平均足の2種類から選択できます。

時間足の種類は、15種類でPCダウンロード版と同じです。

時間足の種類

● 分足(1分・5分・10分・15分・20分・30分)
● 時間足(1時間・2時間・4時間・6時間・8時間・12時間)
● 日足
●週足
●月足



チャートのインジケーターは、次のものが用意されています。

テクニカル表示1

①SMA(単純移動平均線)
②EMA(指数平滑移動平均線)
③一目均衡表
④ボリンジャーバンド
⑤GMMA(複合型移動平均線)

テクニカル表示2 ①DMI
②MACD
③RCI
④ストキャスティクス
⑤スローストキャスティクス
⑥RSI
⑦乖離率



テクニカル表示1とテクニカル表示2を合わせて12種類用意されていますが、同時に表示できるのは、テクニカル表示1で1種類、テクニカル表示2で1種類です。

なお、描画機能はありません。


新規注文では、次のメニューが用意されています。

①クイック(クイックOCO含む)
②指値(逆指値含む)
③OCO
④IFD
⑤IFDO


注文メニューは、通常のトレードに必要なものが揃っており、操作上も問題ありません。

また、スマホの注文パネルでは、レートを直接クリックするワンクリック注文が可能です。
このため、スキャルピングを行う場合はPC版ではなく、スマホ版の方が適しているかもしれません。

ただし、スマホのチャートは小さく、1分足を表示させても、チャートの細部やローソク足の値動きなどを鮮明に捉えることが難しいため、慣れる必要があるでしょう。

最近は、多くの業者でスマホ用ツールが進化していることから、他社と比べて特別に優れているわけではありませんが、通常のトレードを行うには、十分用が足りるのではないでしょうか。


3.7 トレードのツール間同期

パソコンやスマホなどトレード用ツールは複数用意されていますが、ツールが違ってもデータの同期はとれているか調べてみましょう。

①同時ログイン

スマホ用アプリは、PC版と同時にログインしてトレードができます。
しかし、PC版は、ダウンロード版とWEB版同時にログインできず、どちらか一方がログインしていれば片方は入れなくなります。


②データの同期

ダウンロード版、WEB版、スマホ版のどれかでエントリーしたポジションを他のツールで決済することができます。
また、ポジション保有状況や口座残高は、すべてのツールでデータの同期がとれています

ただし、ポジションを建てた場合や決済した場合に、すべてのツールに同時反映されるのではなく、若干のタイムラグはあります。


③チャート設定

ダウンロード版、WEB版、スマホ版それぞれのチャートは別仕様であり、インジケーターの設定を他のツールに引き継ぐことはできません


3.8 その他利用可能なサービス

i-NET TRADERのPC用ツールでは、WEB版も利用できます


【WEB版メイン画面】

アイネット証券デモ画像15

【WEB版チャート】

アイネット証券デモ画像16

WEB版は、アプリのダウンロードやインストールをする必要がなく、WEB上でそのまま使えるツールです。
画面はシンプルでわかりやすいデザインで、アプリのダウンロードに不慣れな方は、こちらを使えばよいでしょう。


4. アイネット証券の取引ツールって使いやすい?

本記事では、「アイネット証券の取引ツールは使い勝手が良いか」のテーマに基づいてデモトレードで検証してきました。
その結果をまとめると以下のようになります。


検証項目評点(★5点満点)
MT4との比較備考
画面・チャートの
見やすさ
★★★★★【MT4と同】
●MT4の画面・チャートは、色調・コントラスト・表示形式をカスタマイズできる
●画面・チャートは色調・コントラスト・項目の配置など全体的にすっきりしてわかりやすいデザインとなっている
●チャート上に、2つの通貨ペアを重ねて表示できる
●保有ポジション、未約定注文、過去の売買履歴を表示できる
注文方法の
使い勝手
★★★★【MT4と同】
●MT4の一般注文パネルはわかり難い
●MT4のワンクリック注文パネルはシンプル過ぎる
●MT4のワンクリック注文パネルは分離・独立・移動できない
●注文パネルは、必要な注文種類が一通り揃っている
●メイン画面から注文パネルを分離・独立できる(最前面表示機能なし)
●クイック注文パネルでワンクリック発注ができない
●スキャルピングなど迅速さが要求されるトレードには向いていない
●中・長期売買には問題なく使える
描画ツールの使い勝手★★★★【MT4と同】
●MT4のライン描画は、素早く簡単に引くことができる
●MT4は「矢印」や「テキスト」描画機能が標準装備
●必要な描画の種類は、一通り揃っている
●描画機能は、MT4より使い勝手が良い
インジケーターの
使い勝手
★★★★【MT4と同】
●MT4には50種類以上のインジケーターが標準装備
●MT4は自由にインジケーターを追加できる
●チャートには27種類のインジケーターを装備
●標準インジケーターの種類はMT4より少ないが、MT4より使い勝手が良い
●サポレジラインの候補を自動表示できる
過去チャートの表示
★★★★★【MT4と同】
●MT4は過去チャートのデータが豊富
●日足で3年10月間、月足で24年11月間のチャート閲覧ができる
●豊富な過去データ蓄積・表示能力がある
モバイル・タブレットの使い勝手
★★★【MT4と同】
●スマホでもMT4は使いやすい
●スマホアプリは、トレードに必要な機能が揃っている
●ワンクリック注文が可能
●チャートの描画機能はない
●通常のトレードを行うには問題ない
トレードの
ツール間同期
★★★★【MT4と同】
●MT4チャートでは、パソコンのインジケーター設定を他のツールに引き継ぐことはできない
●スマホ用アプリは、PC版と同時にログインしてトレードができる
●PC版は、ダウンロード版とWEB版同時にログインができない
●片方のツールでエントリーし、他のツールで決済することができる
●ポジション保有状況や口座残高は両方のツールで同期しているが、情報が少し遅れて反映されるタイムラグがある
●各ツールのチャートは別仕様で、インジケーター設定を他のツールに引き継ぐことはできない

アイネット証券の取引ツールは、総じてわかりやすく設計されており、使い勝手も良いと判断できます。
特に、PCダウンロード版のチャートは、次のように様々な機能が備わっています。

①2つの通貨ペアを重ねて表示

現在表示している通貨ペアに、他の通貨ペアを重ねて表示できる。相関性が強い通貨ペア同士を表示させれば、相場監視に役立ちます。

②保有ポジションを表示 ポジションを建てた価格位置にラインを表示する機能で、利益確定や損切りポイントを計るのに参考となります。

③未約定注文を表示できる 未約定注文の価格位置にラインを表示する機能で、注文を続行するか取り消すかの判断材料として使えます。

④過去の売買履歴を表示できる 過去のエントリーポイントや決済ポイントを表示する機能で、自分のトレードの軌跡を振り返り、反省材料にできます。

⑤サポレジラインの表示 サポートライン、レジスタンスラインの候補を自動表示する機能で、自力で引く煩わしさから解放されたい方に重宝するでしょう。



なお、アイネット証券の取引ツールは、ひまわり証券およびFXブロードネット取引ツールと仕様や機能がよく似ています

メイン画面、チャート、注文パネルなど、デザインや仕様・機能が3社ともほとんど違いません。この3社は、取引ツールのベースが同一のものを使っていると判断できます。

したがって、取引ツールの評価も同じになっています。


ひまわり証券FXブロードネットの取引ツールに関心がある方は、以下のページで詳しく解説していますので、一度ご覧になってください。


5. まとめ

最後にアイネット証券の取引ツールが『向いている人、向いていない人』についてまとめてみました(取引ツールの観点に限定しています)。

アイネット証券の取引ツールに向いている人

  • 初心者の人
  • 自動売買(ループイフダン)を行いたい人
  • 多彩な機能を持つチャートを使ってトレードをしたい人

アイネット証券の取引ツールに向いていない人

  • スキャルピングをメインに取引したい人
  • (PC版がスキャルピング向きではない。スマホで慣れれば可能か)

アイネット証券の取引ツールは、全体的にわかりやすい上に多彩なツールを備えたチャートが利用できるなど、誰もが使いやすい高機能なシステムと判断できます。

口座開設は無料なので、とりあえず開設しておくのも良いのではないでしょうか。




この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。