FX初心者必見!損をしないための少額取引の始め方とおすすめ口座の画像
2021.10.26 2021.04.27

FX初心者必見!損をしないための少額取引の始め方とおすすめ口座

この記事で学べること

  • FX初心者が少額で始めるべき理由
  • 少額トレードの役割
  • 少額トレードする際の具体的なステップ
たなかの写真
この記事のライター たなか

FXでの借金経験を経て、取り組みを学び直し。FXとバイナリーオプションで堅実な利益をあげるために猛勉強中のライター

「FXを始めてみたいけど損するのが怖いな…」

こんな悩みをお持ちでないですか?

そこで、今回は、FXで損するのが怖いという方向けに、少額取引での始めた方について解説していきます。

この記事を読むことで、FX初心者が少額で始めるべき理由から始める際の具体的なステップまで、明確にイメージできるようになりますよ

これからFXを始めていきたいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

先に初心者におすすめの会社を知りたい場合はこちらをご覧ください。

1. FXを初心者が少額で始めるべき理由

fx初心者小額01

まず、FXを初心者が少額で始めるべき理由について解説していきます。

主な理由は下記の3つです。

FXを初心者が少額で始めるべき理由

・損失が小さい
・ストレスが小さい
・検証に集中できる

1.1 損失が小さい

少額で始めれば、たとえ損失を抱えても最低限の損失に抑えることができます

やはりFX初心者は、「損をする」ということに怯えてしまいがちです。

資金が増えれば、利益の額も増えますが、逆に損失の額も増えていきます。1万円と10万円では、損益の差が10倍にも広がりますからね。

損をするのが怖い初心者には、少額取引が最も有効な策になります。

1.2 ストレスが小さい

損失が小さいという金銭的リスクだけではなく、ストレスが小さくなるという心的リスクも抑えられます

「FXはメンタルが最も重要」とも言われているくらい、メンタルによって損益が大きく変わっていきます。

有利なポジションを保有している場合、不利なポジションを保有している場合、どちらにせよ、心理的なストレスがかかっています。

それが自分の全財産を保有していたら、そのストレスは大きくなり、他のことが手に付かないほど気になって仕方がないでしょう。

それに対して、少額であれば、そのストレスも軽減され、心的リスクを抑えることができるのです。

1.3 検証に集中できる

FX初心者が、いきなり大金を稼ぐことは難しいことです。

まずは、FX取引に慣れて、自分の手法を検証する必要があります

ただ、いきなり本来の自己資金で運用するとなると、どうしても目の前の資金の増減に左右されて、検証どころじゃなくなってしまいます。

仮に、その時たまたま稼げていても、長期間で稼ぐことは難しいでしょう。

少額取引をして、金銭的リスク・心的リスクを軽減することができれば、勝率や資金増減に振り回されることなく検証に集中できるというメリットがあるのです

2. 統計データで見るFXの厳しい現実

悲しいお知らせですが、FX初心者が1年以上生き残る確率はたったの10%しかありません。

「そんなに少ないの?」と思ったかもしれませんが、この数字は統計データから算出されて事実です。
ここではこの10%の根拠を解説していきます。

まずは、FXで勝つことの難しさを数字で理解しましょう。

2.1 FX初心者の一年目の生存率『17%』

FXは勝つことは難しい、とりわけ初心者にとってハードルの高い投資です。
その事実を金融先物取引業協会の統計データとアンケート結果を使って解説します。

初めに『一年以内にFXから退場する確率』を、統計データの全FX顧客の「顧客口座数の増減」と「取引実績口座数の増減」から見ていきましょう。

この二つの数値は元データである「顧客口座数」と「取引実績口座数」から割り出した数値となります。

年度顧客口座数の増減取引実績口座数の増減FXを継続している人の割合(生存率)
2020412,73355,20913.38%
2019475,593134,16028.21%
2018451,32744,3649.83%
3年平均1,339,653233,73317.45%

注釈:「顧客口座数の増減」は、純粋に新規口座に限った話ではありませんが、こちらの稼働率がFXをはじめて継続している参考データになるものとしています。

この結果から、初心者の17%しか最初の1年を生き残ることができないと言えますね。

そしてもう一つデータが、金融先物取引業協会が行った下記の「過去1年の損失額」のアンケートです。

FX 儲かる確率挿絵2
(引用元:金融先物取引業協会

結果は60%の人が年間収支がプラスと回答されました。(数字の詳細は『FXで生き残る確率は10%』をご覧ください。)

この二つの数字を使って初心者が初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率を計算しましょう。

2.2. FXトレーダーの『10%』は退場!

それでは早速初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率計算しましょう。

計算前に、改めて先述の二つの数字をまとめると下記の通りです。

・初心者がFXを一年以上生き残る確率 = 17%
出典元:金融先物取引業協会:店頭外国為替証拠金取引
・トレーダーが年間収支がプラスになる確率 = 60%
出典元:金融先物取引業協会:③FXによる昨年の利益額(損失額)

この二つの数字を使って「初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率を計算」すると下記の結果となります。

初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率

17% × 60% = 10.2%

なんと10%の人しか生き残ることができない厳しい現実です。
そして、生き残れなかった90%のトレーダーは人知れず退場しています。

2.3. 海外FXトレーダーの現実

先ほどのデータは日本国内の結果ですが、実は海外でも似たような結果が出ています。

結論から言うと、収支がプラス及びプラマイゼロのトレーダーは全体の37%しかいません。
この数字は、海外のVANTAGE FX社が現役トレーダーにアンケートした結果です。

海外投資家の損益割合
(引用元:VANTAGE FX

そしてもう一つのデータとして、「利益を出しているトレーダー」と「損失を出しているトレーダー」のトレード経験年数を聞いたアンケート結果が下記の通りです。

海外投資家の経験年数
(引用元:VANTAGE FX

損失を出しているトレーダーの経験年数は2.5年に対し、利益を出してるトレーダーは倍以上の5.4年という興味深い数字となっています。

これらの結果から、海外でもFXは勝つことが難しい投資であり、勝つためには多くの経験が必要ということがわかります。

日本と海外のデータからFXを少額から経験を積むことが最善策であることがわかりますね。
次の章では、FXで勝つことが難しい現状を踏まえて少額トレードの役割について解説していきます。

3. 少額トレードの役割

振り返り④2:少額トレードの役割

まずは3つのFX学習ステップを理解して、少額トレードの役割を理解しましょう。当サイトでは、下記の3つのステップで本番トレードに挑むことを推奨しています。

【STEP1】デモトレード
練習環境で見て触ってFXを学ぶステップ
FXの仕組み(為替の値動き・レバレッジなど)、トレード知識(取引時間帯・通貨ペアなど)、専門用語(スプレッド・ロット)などの理解
【STEP2】少額トレード
リスクを抑えて学んだことを試すステップ
本番と同じ環境でFXに慣れる、注文方法を試す、トレード記録を取り振り返る
【STEP3】本番トレード
投資金を上げて稼ぐステップ
少額トレードで安定して勝てるようになったら稼ぐ、うまく行かない時は少額に戻るのも大事

なぜ少額トレードを挟むべきかというと、デモトレードとリアルトレードの間にメンタル面コスト面に大きなギャップがあり、いきなり本番トレードに挑むと危険だからです。

このギャップに対応できず退場する初心者トレーダーは後を絶ちません。
そうならないために、ギャップを埋めるステップとして少額トレードを挟むのです。

次の章で少額トレードで気をつけることを解説します。

4. 少額取引をするための5ステップ

fx初心者小額03

では、ここからどのようにステップを踏んでいけば良いのか、5つのステップに分けて解説していきます。

少額取引をするための5ステップ

STEP1:仕組みの理解
STEP2:取り組み方
STEP3:相場分析
STEP4:デモトレードと振り返り
STEP5:少額トレード

それぞれ深堀りしていきます。

4.1 仕組みの理解

まずは、FXの仕組みを理解しましょう。

FXの基本的な仕組みを理解しなければ、トレードの戦略を立てることすらできません。

FXの基礎用語はもちろん、取引の流れや損益が出る仕組みなどを理解するところから始めましょう

基礎知識を学ぶ前に、実際にトレードを始めてしまうと、気づかないうちに損をしているなんてことがあり得ますので、焦らずしっかりと学ぶことが大切です。

4.2 取り組み方

FXの仕組みをある程度理解できたら、次は取り組み方について。

具体的なトレードの手法も重要ですが、資金管理・メンタル管理などの取り組み方を固めておかないと、後々痛い目に遭ってしまいます。

まず、少額から始める場合、そこまで大きな利益を目指さない気持ちが大切です

多くのトレーダーは取り組み方についてトレード前に検討していないため、稼ぎたい欲求ばかりが先行して、損失を受け入れられず、無理に取り返そうとするなどして冷静さを失ってしまうのです。

始めは損失を被ることを前提に、万が一に資金を失ったとしても生活に支障が出ない範囲で投資する金額を設定しましょう。

また、メンタルだけではなく、トレードルールも固めておくことが必須になります。

トレードルールとは、自分がどんな場面で注文を入れて、どんな場面で決済するかをあらかじめ決めておくこと。

トレードルールを決めずにトレードをしていると、勝っても負けても理由が分からないので手法の改善ができません。

着実な利益を積み上げることを目的にするのなら、自分のトレードルールを決めておくことは大切です。

4.3 相場分析

ここから、いよいよ相場の分析に入りましょう。

相場分析をする理由は、根拠を持ったトレードをするためです

先ほどもトレードルールを固めることが大切と言いましたが、このトレードルールを固めるためにも相場分析が必要になります。

相場は、ローソク足から形成されており、通貨の売買によって上がったり・下がったりを繰り返します。人間がこの動きを操作しているのですから、自ずとチャートのパターンができます。

このチャートパターンがわかることで、相場の大きな流れや小さな流れを予想することができるようになります。

最初は難しいですが、繰り返し分析していると、似たようなチャートパターンがたくさん出てきますので、そのパターンから相場の流れを勉強していきましょう。

4.4 デモトレードと振り返り

ある程度の知識が付いたら、デモトレードで練習しましょう。

デモトレードとは、架空のお金を使って、取引体験ができるものです。架空のお金なので、万が一負けても、損をすることないので安心して練習することができます。

初心者がいきなり、自分のお金で運用するのはリスクが高すぎるので、まずはデモトレードで取引体験をしたり、固めたトレードルールの検証を行いましょう。

ただ単にデモトレードで検証するのではなく、後々振り返れるようにトレード記録をつけておくことをおすすめします

トレード記録をしておくことで、自分のトレードルールの強みや弱点を把握することができて、改善していくことが可能になるからです。

最低でも1週間〜1ヶ月程度、デモトレードで体験・検証をするようにしましょう。

4.5 少額トレード

ここまで来たら、いよいよ少額トレードを始めていきます。

繰り返しになりますが、初心者がいきなり本来の自己資金で始めるのは危険です。まずは、稼ぐことよりもFXのトレードに慣れるためにも少額のトレードから始めましょう

始める際は、必ず余裕資金(万が一失っても生活に支障をきたさない程度のお金)で始めて、様子を見ながら資金を増やしていきます。

少額とはいえ、自分のお金を運用しているので、デモトレードとは違う臨場感を味わうことができるでしょう。

ただ、自分で決めたトレードルールを守り続けてください。

最初はあまり稼げなくても、複利の力で資金が増えていけば自ずと利益も増えていきますので、焦らずコツコツ続けていきましょう!

5. 少額で始められるおすすめFX会社

fx初心者小額04

小額で始められるFX会社として、SBI FXトレードとFXTFがおすすめです。

FX会社最小取引通貨取引ツールの
使い勝手
スプレッド
(手数料)
デモトレード
有無
公式サイト
SBI会社ロゴ1通貨詳しく見る
FXトレードフィナンシャル会社ロゴ1000通貨詳しく見る

5.1 SBI FXトレード

fx初心者小額記事内01

1通貨から取引できるのはSBI FXトレードのみです

金額で言えば証拠金約4円で取引ができるので、損失リスクを限りなく抑えられますね。

また、SBIはFXの他にも銀行・証券・保険などを手掛けており、金融とインターネットを繋げて業界に革命をもたらした巨大グループ企業です。

強固な土台があるので、会社としての信頼が置けますね。

なお、SBI FXトレードのスプレッドは1,000通貨取引までなら米/ドル円0.1pips・ユーロ/円0.3pips、業界最小の低スプレッドを提供しています。

SBI FXトレードの小額取引を利用すれば、取引による損失リスク・スプレッドによる手数料リスクどちらも最小に抑えられますよ。

5.2. FXTF

fxtf紹介用

FXTFも数少ない1,000通貨からトレードできるFX会社です。
そして他社にはない大きな特徴が二つあります。

一つ目が、スプレッドの安定性です。まず基準スプレッドが0.1pipsと業界最狭水準です。
さらに、当サイトで米雇用統計と早朝というスプレッドが広がりやすい時間のスプレッド変動を調査したところの、FXTFは19社平均1.53pipsのところ0.54pipsというダントツ一位の安定性を誇りました。

また、もう一つの魅力が取引ツールにプロトレーダーお墨付きのMT4が使える点です。とにかく汎用性が高く、多くのテクニカル指標を使えなんでもできる取引ツールと言えます。

FXに慣れるに連れFX会社の提供するツールだと限界となり、多くのトレーダーがなんでもできるMT4に移行します。
事実世界中のトレーダーの85%がMT4を使っているアンケート結果(引用元:Forex School Online)もあります。

慣れるまで大変ですが、最初からFX最高峰のツールを使うことができるのは大きなメリットです。

FXTFではデモトレードで無料でトレードを体験することができます。興味がある方はこちらから登録してください。

6. まとめ

BOまとめ
  • FX初心者が少額で始めるべき理由 損失リスクが小さいため、ストレスを抱えずにすむのでトレードの検証に集中できます。
    慣れないストレスに対応していても、スキルアップに繋がりません。
  • 少額トレードの目的 デモトレード・小額取引・大口取引と段階的に成長するためのステップの一つです。
    利益を継続的に積み上げられるスキルは一朝一夕にはつきません。

コツコツ丁寧にスキルを磨いていくことが大切です

今回は、FX初心者が少額からの始め方について解説しました。

損をするのが怖いからFXを始められなかった方も多いと思います。確かに、初心者がいきなり大金を稼ぐことは難しいですしリスクが高すぎます。

ですが、順序を守って少額から始めていけば、そこまで恐れることはありません。

少額取引で始める際の手順は以下の通り。

STEP1:仕組みの理解
STEP2:取り組み方
STEP3:相場分析
STEP4:デモトレードと振り返り
STEP5:少額トレード

余裕資金で自分の決めたトレードルールさえ守っていけば、大損をすることはなくなるでしょう。

ぜひ、この機会に少額からFXを始めてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

たなかの写真

たなか

1988年埼玉県生まれ。兼業でFXを始めるも、トータル300万円の損を出して退場。諦めきれず、FXへの取り組み方を一から見直し、ギャンブルでなく堅実なトレードができるよう猛勉強中。これからFXを始める人が自分と同じような経験をされないよう、自戒も込めて、有益な記事となるよう執筆していきます。

トップへ