ゼロから始めるトラリピ!初心者に始め方を3ステップで徹底解説!の画像
2021.06.07 2021.06.03

ゼロから始めるトラリピ!初心者に始め方を3ステップで徹底解説!

この記事で学べること

  • トラリピの概要や仕組み
  • トラリピの口座開設の方法
  • トラリピの初心者におすすめの設定方法
三原怜の写真
この記事のライター 三原怜

FX自動売買で「トラリピってどんなシステムなの?口座開設はどうやるの?」などの疑問をお持ちではありませんか。

そこで、トラリピの概要や仕組み、口座開設の方法がわかれば、そのような疑問を解消してスムーズに取引を始めることができますね。

この記事では、トラリピの仕組みや口座開設の手順、初心者におすすめの設定方法について解説します。

最後まで読んでいただければ、あなたも簡単にトラリピを始めることができますよ。

1. トラリピの仕組み

トラリピ始め方01

まずトラリピの概要や仕組みについて見ていきましょう。

1.1 トラリピの概要

トラリピとは、マネースクエアが特許を取得し、提供している自動売買プログラムです。

トラリピはこれから、レートが「上がる」か「下がる」かではなく、レートが上下しそうな範囲を予想します。

トラリピ01

そのため、正確な相場分析がまだ難しい初心者の方でも始めることができますよ

1.2 トラリピの仕組み

トラリピは、事前に設定した条件どおりに、売買を自動的に繰り返してくれるシステムです。

FXの相場は、一直線に突き進むことはなく、必ず上下動の波を描きながら進みます。

つまりトラリピは、この上下動の波の中で、 ①安く買い、相場が上がったら売る(決済)する
②高く売り、相場が下がったら買う(決済)する
という売買を繰り返し、利益を積み上げていくのです。

この手法をわかりやすく図で説明しますね。

①例えば、相場が下がり安くなっていく間に、少しずつ「買い」を行います。

トラリピ02

相場が上がり高くなれば、買ったポジションを売って利益を出します。

トラリピ03

③再び相場が安くなれば買い、高くなれば売って利益を出します。

トラリピ04


トラリピは、この売買を自動で繰り返していきます。

上の手法からわかるように、トラリピは、レートが上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場を得意としたシステムですよ。

2. トラリピ【口座開設の方法】

自動売買 口座開設ステップ04

それでは、トラリピの口座開設の方法をみていきましょう。

口座開設の手順は、次の2ステップです。

①申込みフォームへの入力
②本人確認書類の提出

2.1【STEP1】申込フォームの入力

マネースクエアの公式サイトで「口座開設」をクリックします。

トラリピ05

次に、「FX個人口座開設」を選択します。

トラリピ06


すると、情報入力画面に切り替わります。
ここからは、項目ごとに区切って説明していきますが、入力画面は1画面で繋がっています。

まず、氏名・生年月日・性別・住所などの個人情報を入力します。

トラリピ07

次に、海外との関係・職業に関する情報についても入力しましょう。

トラリピ08

出金先金融機関の口座情報を入力したら、投資経験等に関する情報です。

トラリピ09

重要事項や取引規定などの説明書に目を通し、「同意・承諾」欄にチェックを入れます。

トラリピ10

そして、【リスクの確認】にすべてにチェックを入れたら、「入力内容の確認のページへ」をクリックします。

トラリピ11

確認ページが表示されるので、間違いがないことを確認し「申し込む」をクリックします。

2.2【STEP2】書類の提出

次に、本人確認書類の提出に移ります。

書類をどうやって提出するかによって、必要なものが異なります

【スマホ】で提出

まず、スマホで提出する場合です。

スマホで以下の書類の写真を撮影することで、オンラインで本人確認が終了します。

Ⓐ個人番号カード(裏表)
Ⓑ通知カードもしくは住民票+顔写真付き本人確認書類:1点


【パソコン・タブレット】で提出

パソコンやタブレットで提出をする場合は、以下の組み合わせの書類が必要になります。

①個人番号カード+本人確認書類:1点
②通知カード+本人確認書類:2点
③住民票+本人確認書類:1点


【例:通知カード+本人確認書類の】 トラリピ12

本人確認書類は以下の中からご用意ください。

・運転免許証または運転経歴証明書(表裏)
・健康保険証(表裏)
・住民票(発行から6月以内、個人番号の記載なし可)
・パスポート(顔写真、所持人記入欄)
・印鑑登録証明書(発行から6月以内)
・住民基本台帳カード(顔写真、表裏)
・在留カード(表裏)
・特別永住者証明書(表裏)


書類の用意ができたら、書類を撮影した画像ファイルをアップロードします。

本人確認書類を提出すると、審査完了後2~3営業日で書留によりIDなどが送られてきます。
IDを受け取り、入金をすれば取引を開始できます。

3.【トラリピの始め方】設定は8ステップで完了

トラリピ始め方03

ここで、トラリピの設定方法を説明しますね。

トラリピの設定は8ステップで完了するのでかんたんですよ。初心者におすすめの設定内容は、次を参考にしてください。

3.1【STEP1】通貨ペア

まず、通貨ペアを設定しましょう。

初心者の方におすすめの通貨ペアは米ドル/円です。

なぜなら、米ドル/円はレンジ相場が多く安定しているからです。乱高下もあまりないので、リスクを抑えた取引ができますよ。

3.2【STEP2】売買方向

次に、売買方向を設定しましょう。

売買方向は、想定レンジ期間に合った時間足で相場を判断し、相場の方向にポジションを建てましょう

相場の方向にポジションを建てる方が、含み損を減らせるからです。

【含み損】
今保有しているポジションを、決済したらいくらの損失になるかというもの。

3.3【STEP3】レンジ幅

レンジ幅を設定しましょう。

レンジ幅は、想定レンジ期間の長さに応じた高低差分をとります。

過去相場で、想定レンジ期間と同じ長さの期間について、最高値と最安値の差(高低差)の平均を調べその幅をレンジ幅に設定しましょう。

【高低差データ】
想定レンジ期間における最高値と最安値の差のことです(半年間の投資をしたい場合は、過去半年分の最高値と最安値の差)。
高低差は、マネースクエアで公表されているので参考にできますよ。

3.4【STEP4】注文金額

注文金額は、1000通貨(0.1)としましょう。

トラリピの最低注文金額は1,000通貨からです。

注文金額を増やせば、全体の取引量が増え、利益・損失が大きくなります。リスク回避のため、初心者のうちは取引数量を抑えましょう。

3.5【STEP5】トラップ本数

トラップ本数を設定しましょう。

トラップ本数は、レンジ幅に応じて設定しましょう。

レンジ幅が広くなればトラップ本数も多くなりますが、初めからあまり多く設定しないよう注意しましょう。

トラップ本数の計算式

トラップ本数=想定レンジ幅÷利益値幅+1

上の計算式で設定すれば、トラップ同士の間隔と利益値幅が同じになり、ポジションがダブって建たなくなるため、資金効率が良いですよ。

3.6【STEP6】利益値幅

利益値幅を設定しましょう。

利益値幅は、1日の高低差以下に設定しましょう。

1日の高低差以下に設定すれば、1日1回は利益確定しやすいですよ。
高低差データは、マネースクエアで公表されているので、それを参考に設定しましょう。

3.7【STEP7】決済トレール

決済トレールは設定しないようにしましょう。

その理由は、レンジ相場ではメリットよりデメリットが大きくなってしまうからです。

決済トレールとは、相場にトレンドが発生した場合に、決済ポイントが相場を追いかけるように自動的に変化して、利益の最大化を狙うツールです。

決済トレールはトレンド相場で威力を発揮しますが、トラリピはレンジ相場を狙います。

3.8【STEP8】損切り

最後に、大きな損失を負わないために必ず損切りの設定を行いましょう。

相場がレンジ幅の上下を超えたポイントに損切りを設定するのがよいですよ。

上の説明だけ見たのでは、少しわかりにくい部分があるかもしれませんね。

詳しい設定方法は、【初心者必見】8ステップでわかるトラリピのおすすめ設定!をご覧ください。

トラリピのトレードは、レンジ期間をターゲットとする中~長期にわたる売買で含み損が大きく膨らみやすくなります。
初心者の方は、出来るだけリスクを抑えた設定で始めましょうね。

4. まとめ

トラリピ始め方04
  • ①トラリピは、事前に設定した条件どおりに売買を自動的に繰り返してくれるシステム 正確な相場分析を必要としないので、初心者でも始めることができますよ。
  • ②トラリピの口座開設は、2ステップで完了 申込フォームに入力し、書類を提出すれば申込は完了
  • ③トラリピの設定は8ステップで完了 初心者の間はリスクの少ない設定にしましょう

トラリピの設定は8ステップで完了するので、かんたんです。

初心者の方は安全な取引を行うため、出来るだけリスクを抑えた設定で始めてみましょう。


この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。