世界のFXニュースここに集結!おすすめアプリとサイトを大公開!の画像
2021.10.27 2021.06.16

世界のFXニュースここに集結!おすすめアプリとサイトを大公開!

この記事で学べること

  • FXの情報収集におすすめのアプリとサイト
  • ニュースを読むときに抑えるべきポイント
  • フォローすべきおすすめのTwitterアカウント
山口 遼平の写真
この記事のライター 山口 遼平

プロトレーダーに師事を仰ぐ兼業トレーダー。当サイトでは、プロの成功体験から得たノウハウを『FXで勝つための心得』として発信している。

世間のFXトレーダーってどこでニュースや情報を収集しているの? 」、「ニュースを知ったはいいけど、その情報を活用する方法が知りたい 」と悩んでいませんか?

FXトレードは情報戦と言っても良いほど、新鮮な活きた情報がとても重要な要素となります。なぜなら、世界中の投資家がニュースを見て通貨の売買を行なっている。つまり、ニュースを契機に為替が動くこと多いからです。

FXの世界にはファンダメンタルズ分析という情報を元に分析する手法があり、「〇〇が起こったから円安になる」、「〇〇大統領がスキャンダルを起こしたからドル安になる」など情報を読み解くことで、長期的な視点での相場の流れを予想することができます。

そのファンダメンタルズ分析の要となるのがニュースで、質の良い鮮度の高い情報が必要となります。

本記事では、稼ぐための分析に必要な情報が入手できるおすすめの情報収集場所を「WEBサイト」、「アプリ」、「Twitterアカウント」の3つカテゴリからそれぞれご紹介します。

鮮度の高い情報を取り揃えたFX会社を知りたいという方は下記からご確認ください!

1. 初心者にもおすすめできるFXニュースサイト

fx ニュース おすすめ1

なぜFXで情報が必要なのか?それは冒頭で触れた通りファンダメンタルズ分析という世界情勢から為替を読み解く分析に必須だからです。

リーマンショックやコロナウイルスのような世界的イベントが発生すると為替が大きく変動します。わかりやすく大きいイベントを例にしましたが、小規模イベントは毎日発生しており、それを読み解くことができれば大きな武器になります。

そのイベント情報を入手する手段の一つがニュースサイトをチェックすることです。本章ではプロトレーダーも使っているおすすめのWEBサイトをご紹介します。

1.1. 羊飼いのFXブログ

羊飼いのFXブログ

羊飼いのFXブログ』は、FXトレーダーであれば必ず知っておくべきサイトです。

その大きな特徴は、ファンダメンタルズ分析で重要な経済指標のスケジュールを公開し、各指標のランク付けと市場の予想を毎日配信していることです。

経済指標の情報はこのサイトを見るだけで網羅できると言えます。さらに、為替の専門家コラムを定期的に配信しており、有識者の相場感を学ぶこともできます。

とても有益な情報を配信しているサイトですので、特に経済指標関連の情報を求めている方にはおすすめです。

1.2. ロイター

ロイター

誰もが耳にしたことがある世界的メディア企業の『ロイター』。数ある大手メディアの中でも金融に特化したメディアであるため、カテゴリに外為というジャンルがあることからも為替情報に力を入れていることも伺えます。

外資系のサイトであるため、海外情報の量と質は日系サイトよりも強く、その速報性の高さから、世界の投資家が注目している情報サイトです。
FXは世界の投資家と情報戦を行う世界です。世界の投資家と同じ速度で情報収集するために是非ともおさえておきましょう。

1.3. みんかぶ/MINKABU(旧Klug FX)

みんかぶ

こちらは日本最大級のFX情報サイトだった『Klug FX』と金融情報サイトの『みんかぶ』が統合して誕生したのがこのサイトです。

ニュースの見やすさや探しやすさについては他のサイトより一歩抜けており、初心者向けの入門講座も設けているので情報収集だけでなく学ぶこともできます。

また、毎日のように「達人の予想」という記事を配信しており、プロの為替予想を無料で見ることができます。取引の決め手が欲しい時に覗いてみるのもいいかもしれません。


今回ご紹介した『ロイター』と『みんかぶ/MINKABU』は一部FX会社と提携しており、FX会社のアプリを利用するだけで無料で見ることができます。

つまり、FX会社のアプリを利用すればニュースと取引を一つのアプリで可能なため、複数媒体確認するのが面倒という方は、FX会社のアプリを利用することを選択肢に入れてみてください。次の章でご紹介します。

2. 国内FX会社運営のおすすめニュースアプリ

fx ニュース おすすめ2

それでは国内FX会社のニュース兼取引ツールアプリをご紹介します。各社で扱っているニュース媒体の数と媒体名も合わせてご紹介します。

会社名自社ニュースの充実度ニュース媒体数アプリの使い勝手公式サイト
YJFX会社ロゴ1詳しく見る
FXプライム会社ロゴ2詳しく見る
ヒロセ通商会社ロゴ4詳しく見る

2.1. 外貨ex byGMO【外貨exアプリ】

外貨exアプリ

外貨ex byGMO』のニュースは1媒体のみと他社と比べると少ないものの、その他の情報が充実しています。
その一つが「みんなのオーダー」と言うサービスです。これは外貨ex byGMOで取引しているトレーダーの指値、逆指値注文状況(簡単に言うと為替の予測)をグラフ化し公開しているものです。

FXは買いと売りの勢力が強い方に為替が動きます。つまり、勢力の強い方に合わせてトレードすれば・・・、FXはそんな簡単な世界ではありませんが、一つの参考情報としては十分に使える情報です。

さらに、経済指標情報はもちろん、プロの市場分析レポート会員限定のプレミアムレポートなど独自の分析結果も随時配信されています。

さらに外貨exの素晴らしい点は、取引ツールとしての使い勝手の良さです。その証拠としてAppleストア、Google Playのどちらのスコアも4.0以上と好評価です。

情報収集として、さらに取引ツールとして使いたい場合におすすめのアプリです。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

2.2. FXプライムbyGMO【PRIMEアプリS】

FXプライムbyGMOアプリ

FXプライムbyGMO』ニュース媒体は、FXi24、Market Win24の2媒体です。中でもFXi24は、24時間分刻みで情報を発信しており情報量と情報鮮度が業界随一です。

また、自社のニュース情報も充実しており、為替のプロが定期的に配信しているマーケット裏話プロの分析結果や相場見通しをレポートとして毎日配信しています。

さらに、ファンダメンタルズ分析に不可欠な経済指標情報も解説も交えて配信しているため、初心者にもわかりやすい設計になっています。

ニュースとは関係ありませんが、『パッと見テクニカル』という過去の値動きから将来の値動きを自動で予測してくれる機能は、他社にはない画期的なサービスを備えてるのも大きな特徴です。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

2.3. ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商アプリ

ニュース媒体は、『ロイター』、『みんかぶ/MINKABU(旧Klug FX)』、『ダウ・ジョーンズ』、『Fx-Wave』とFX会社最大級の4媒体です。

本来ダウ・ジョーンズは会員限定配信ですが、アプリ利用者であれば無料で観覧できお得です。

全媒体を合わせると毎日500本ほどの記事が更新され、ヒロセ通商のアプリを使うだけでFX関連の全てのニュースが網羅できると言っても過言ではありません。

ニュースだけでなく、『小林芳彦(※後述)のマーケットナビ』と言う短期売買のプロの相場感を配信しているのも大きな強みです。これらの情報を蓄積することでプロの相場感を身につけることができます。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

3. フォローするべきおすすめTwitterアカウント

fx ニュース おすすめ3

情報収集で一番新鮮な情報源はTwitterです。記事にすると文字数の関係からどうしても時間がかかりますが、140文字で表現するTwitterは瞬発的な発信ができるため速報性が高くおすすめです。

ここでは、FXをする上でフォローしておきたいアカウントを企業と個人の2つの点からご紹介します。 

3.1. 企業アカウント

企業アカウントは経済・金融系を取り扱っている大手メディアがおすすめです。

フォローすべき企業は、先ほど紹介した『ウォール・ストリート・ジャーナル』に加え、『ブルームバーグニュース』と『日経ビジネスオンライン』です。

海外の情報が重要となるため外資系メディアをメインに日本の情報に強い日系サイトも一つフォローしておきましょう。

ウォール・ストリート・ジャーナル
ブルームバーグニュース
日経ビジネスオンライン

3.2. 個人アカウント

個人アカウントの良いところは企業系より即効性が高く、重要な情報をリアルタイムで発信するところです。

一部の個人投資家は自身のトレード結果なども公開しており参考にすることもできます。また、SNSの性質上直接コミュニケーションをとることもできるため、質問をしたら返してくれることもあります。

今回は、有名な投資のプロと個人投資家の個人アカウントをご紹介します。

JFX株式会社の代表取締役社長 小林芳彦
ヒロセ通商の『小林芳彦のマーケットナビ』の中の人。FX会社の社長でありながら、FXのセミナー講師や相場展望などを発信し自らトレードもしている敏腕トレーダー。Twitterの更新頻度も高く有益な情報を発信しています。
ぶせな
テクニカル分析を得意としFXの総利益は1億6千万円の億トレーダー。その分析手法と考え方は学ぶことが多く有料級、それらの情報を無料で入手できるのは感謝しかありません。また、日々のトレード結果も配信しているので、プロのトレーダーがどのように稼いでいるの知りたい人はフォロー必須です。
大橋ひろこ
フリーアナウンサー兼、投資家として活躍している大橋ひろこさんは、ラジオなどの投資関連のメディアに多数出演しており、投資界の大物とのコネクションを多く持っています。その人脈を活かした情報を情報を発信しています。

4. ニュースをチェックする時のポイント

fx ニュース おすすめ4

ポイントを解説する前に理解していただきたいのが為替が動く仕組みです。

為替の値動きは、世界中の投資家の心理を具現化したものです。つまり、世界中の投資家「ドルの価値が下がりそうだから円を買う」という行動を起こしたら、実際の為替も円の価値が上がり円高ドル安になります。

これから紹介するポイントは、全て投資家心理に左右するもであり、その心理を読み解くための重要な要素となります。

4.1.現在のトレンドな話題を理解する

トレンドとは、世界中を巻き込んだ金融危機(リーマンショックなど)や事件(コロナウイルスなど)世界レベルのイベントや、取り扱っている通貨のイベント(円:アベノミクスなど)のことを指します。

自分の取り扱ってる通貨に関連するイベントを理解し常に追いかけることが重要です。
そうすることで、知見も広がり為替を見通すスキルも身につけることができます。
トレンドを見逃さないために、日頃から多くのニュースに触れる癖をつけましょう。

4.2.世界各国の金融政策を把握する

「金融政策」とは、その国の中央銀行(日本は日本銀行)が景気をコントロールするために行う金融面の政策です。

金融政策は景気の状況によって対策が決まっています。

景気状況による金融政策

景気停滞:金融緩和 = 政策金利の引下げ、預金準備率の引下げ、国債・証券等の買取

景気過熱:金融引締め=政策金利の引上げ、預金準備立の引上げ、国債・証券等の売却

一般的に金融緩和が行われると自国通貨は売られ通貨の価値が下落し反対に金融引締めが行われると自国通貨は買われ、通貨の価値が上昇します。

自分が取り扱う通貨の国がどのような景気状態どのような金融政策の方針があるかは必ず理解しておきましょう。

4.3.世界各国の経済指標を把握する

日本を含め世界各国で経済指標は発表されています。経済指標はその国の経済状況を数値化したもので、発表前後は為替に大きな影響を与えることがあります。

自分の取り扱う通貨の経済指標は必ず見るようにしましょう。さらにアメリカの経済指標は世界各国に影響を与えるため、米ドルを扱わない場合でも情報は押さえるようにしましょう。

5. まとめ

fx ニュース おすすめ5

FXの情報収集手段をご紹介してきました。情報収集する目的はファンダメンタルズ分析で未来の相場を予測するための材料を集めることです。

初心者には難しいという場合は、投資のプロの分析結果を配信しているFX会社で情報を吸収しましょう。そうすることで自然と自分自身の相場感が磨かれるはずです。

FXは情報収集して終わりではなく、そこから分析が始まります。
FX会社ではその分析を補助する人工知能搭載アプリを提供しているところもあるので、様々なアプリを活用して有利にトレードできるようになりましょう。

この記事のライター

山口 遼平の写真

山口 遼平

プロトレーダーに師事。その成功までの努力と労力の多さを知り『FXは楽して勝てない』ことを痛感。 当サイトでは、FXで勝つための心得を発信している。努力をすればFXで必ず勝てる。

トップへ