DMM FXスキャルピング禁止の真相!禁止されている短期取引の定義を明らかにの画像
2021.07.17 2021.06.18

DMM FXスキャルピング禁止の真相!禁止されている短期取引の定義を明らかに

この記事で学べること

  • DMM FXでスキャルピングは禁止ではない
  • スキャルピング(短時間)の定義とは
  • DMM FXではどんなスキャルピングならOKなのか
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

DMM FXってスキャルピングが禁止って噂を耳にするけど?」
スキャルピングをしてみたくても、噂が怖くて出来ない人もいるのではないでしょうか。

DMM FXでは「短時間に繰り返し取引を行う行為」が禁止されています。
しかし、実際にスキャルピング自体が禁止されているわけではありません

これでは、曖昧でよくわからないですよね。

そこでこの記事では真相を突き止めた上で、結局スキャルピングを行っても大丈夫なのか説明しています。

最後まで読んでいただければ、どんなスキャルピングなら問題なく行うことができるか分かり、実際に始めることができますよ。

また、スキャルピングを制限なく行いたい方は、口座凍結の心配なくトレードできるFX会社を3社紹介しています。

その3社をまず知りたい方は以下をクリックください。

1. DMM FXはスキャルピング禁止?

DMMスキャルピング禁止01


まず、なぜDMM FXではスキャルピングが禁止されてると言われるようになったのか、その背景をみていきましょう。

ネット上では『DMM FXはスキャルピングが禁止』という、口コミやツイートを多々見かけます。

しかし、その中にはしっかりと根拠がないものの「DMM FXはスキャルピング禁止」と、ツイートしているようなものが多い様に思えます。

明確には分からないまま、噂が噂を呼んでしまった感じですね。

しかし、DMM FXがスキャルピングを禁止していると思われる理由が1つあります。

それは、DMM FXの約款の中に、禁止事項として以下の行為が記載されているからです。

第 7 条 (禁止事項)
(9) 短時間での注文を繰り返し行う行為


では、実際にスキャルピングが禁止されているのでしょうか。
私たちは、実際にDMM FXに直接問い合わせをしてみました。

2. DMM FXスキャルピング禁止の真相

スキャルピング禁止02


それでは、DMM FXがスキャルピングを禁止されているという噂を確かめてみましょう。
結論からいうとDMM FXはスキャルピング自体は禁止していません

以下がLINEでの問い合わせの内容になります。

Q: スキャルピングは禁止されているのでしょうか?

A:

DMMスキャルピング禁止a


ここにはスキャルピング自体は禁止されていないが、約款の禁止事項に「短時間に繰り返し取引を行う行為」があると書かれています。

その「短時間に繰り返し取引を行う行為」は、システムを使用したトレードを想定したものになるということです。

更には超短期のスキャルピングの繰り返しも、禁止事項に入る可能性があるとも説明されています。

確かに、DMM FXの約款の禁止行為に以下の項目も記載されていました。

第 7 条 (禁止事項)
(2) FX 取引を自動で行うソフトウェア又はシステム等(以下、「自動売買ソフト等」といいます。)、本取引システム以外のツール等を使用した取引、その疑いのある行為、若しくは本取引システムを改変したシステムまたは自動売買ソフト等の利用を他の顧客に勧誘する行為
(3) 過度な投機的取引を行う行為
(4) 本取引システムで通常実行できないような取引を行う行為
(5) 取引の如何に関わらず本取引システム又は本取引システムの運用に対して過大に負荷を強いる行為


ここで、回答された内容をいったん整理してみましょう。

回答された内容のまとめ

①スキャルピング自体は禁止ではない
②システムを使用した短時間に繰り返し取引を行う行為は禁止
③手動でも超短期のトレードは禁止事項に入る可能性


この結果から考えると手動で短時間のスキャルピングなら問題ないということになるのでしょうか。

しかし、短時間の定義は公表されていないので、曖昧な感じですね。

3. そもそもDMM FXのスキャルピングの定義って?

DMMスキャルピング禁止03


ここではスキャルピングの定義や、DMM FXの短時間の定義について見ていきましょう。

3.1 スキャルピングの定義

そもそもスキャルピングの時間の定義はどうなのでしょうか。

スキャルピングとは、数秒〜数分の短い取引時間で小さな値幅を獲得しながら利益を積み上げる手法です。

しかし、スキャルピングの時間というのは、トレーダーによってかなり異なります
10秒ほどで超短期のスキャルピングをしている人もいれば、10分でスキャルピングをする人もいます。

実際に、DMM FXではスキャルピングの定義を以下のように考えているようです。 スキャルピングの定義とは曖昧で、秒単位から分単位で行う方もいれば、1時間でもスキャルピングという人がいらっしゃいます。
そのため、スキャルピングを明確に定義することはできません。


スキャルピングの定義が曖昧であるため、「短時間の繰り返し取引を行う行為」という表現をしているのでしょうか。

3.2 禁止されている短時間の定義

では、DMM FXの「短時間」の定義はどれくらいを意味するのでしょうか。
秒単位だと超短期で、分単位であれば短時間になるのでしょうか。

定義は公表できないようですが、具体的な質問での返答を期待してみました。

Q:例えば、1分のスキャルピングだと短時間に該当しますか?

A:

DMMスキャルピング禁止b


やはり、短時間はDMM FX内で定義を設けているものの、公平性を保つため公表していないという回答でした。

残念ながら、短時間の定義については明確にできませんでした。

4. DMM FXは結局スキャルピングはできるの?

DMMスキャルピング禁止04


では、どんなスキャルピングならDMM FXでは行ってよいのでしょうか。

電話にて問い合わせてみた結果、FXやってみた研究所での見解は以下になります。

DMM FXで行うスキャルピング

①分単位のスキャルピングを手動で繰り返すのは原則として問題ない
②秒単位での超短期のスキャルピングは避けた方がよい
③経済指標発表時には分単位でのスキャルピングでも避けた方がよい

詳しく解説しますね。

①分単位のスキャルピングを手動で繰り返すのは原則として問題ない

DMM FXでの禁止事項である「短時間に繰り返し取引を行う行為」は、ソフトウエアなどのシステムを用いた場合になります。

手動で分単位のスキャルピングを繰り返して行っている分には、原則問題ないということです。

また、ロット数が多いかどうかに関しても、関係がないようです。

一番重要なポイントは、システムを介したトレードを行っていないことになるので、明らかに手動で行っていることが分かる分単位のスキャルピングはは問題ありません

②秒単位での超短期のスキャルピングは避けた方がよい

手動での秒単位での超短期のスキャルピングも原則禁止とはしていないが、それがシステムを用いたトレードだと見なされる場合があります。

そう見なされた場合は、禁止事項に該当してしまうことになりますので、安全性の面から超短期でのスキャルピングは避けましょう

③経済指標発表時では分単位でのスキャルピングでも避けた方がよい

経済指標時を狙ったトレードは、相場の状況を踏まえた判断になるということです。

そのため、手動で分単位でスキャルピングを行っている場合でも禁止事項に該当する場合があります。(禁止事項⑤に該当する可能性)

DMM FXでは経済指標発表時や相場が急変している際の、スキャルピングは控えましょう。



このようにDMM FXでは通常時、手動での分単位のスキャルピングは問題ないと分かりました。

秒単位ではなく分単位のスキャルピングをしたい人は、DMM FXでスキャルピングを行うことができますよ

でも、どうしても秒単位の超短期スキャルピングを行いたいという人は、スキャルピング公認のFX会社を使用しましょう。

5. スキャルピングにおすすめのFX会社

スキャルピング禁止05


秒単位での超短期スキャルピングを安心して行い人、また経済指標発表時の超短期スキャルピングは、以下の3社を利用しましょう。

会社名秒単位のスキャルピングスプレッドの狭さ指標発表時の制限公式サイト
SBI会社ロゴ
詳しく見る
ヒロセ通商会社ロゴ詳しく見る
JFX会社ロゴ詳しく見る

この3社であれば、口座凍結の心配なく秒単位のスキャルピングも制限なく行うことが可能です(サポートに電話で確認済み)。

しかし、手動のスキャルピングがOKということで、ソフトウエアなどのシステムを介したトレードは禁止となっています。

5.1 SBI FXトレード

SBI FXトレードは、スキャルピング公認のFX会社ではありませんが、手動であれば口座凍結されることがないのでスキャルピングを安心して行えます

電話で問い合わせたところ、秒単位の超短期スキャルピングも繰り返しも問題なく、経済指標を狙った超短期スキャルピグもOKだということです。

SBI FXトレードでは業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

また、米雇用統計発表時のスプレッドも他社比較で安定しているので、米雇用統計を狙ったスキャルピングをしたい人にもおすすめです。

取引ツールは見やすい画面で、カスタマイズ性に優れているのでストレスなくスムーズにトレードすることができますよ。

5.2 ヒロセ通商

ヒロセ通商は、スキャルピング公認のFX会社ですよ。

電話で問い合わせ、手動のスキャルピングであれば全く制限もなく口座凍結されることはないと確認済みです。

スプレッドが業界最狭水準でなので、取引回数が多い人にはありがたいですね。
また、何といっても約定スピードは世界最速の0.001秒とスキャルピングに最適な環境です。

取引ルーツはスキャルピングに特化した【LION BASIC】が用意されているので、ワンクリックでサクッとトレードができます。

更には、キャンペーンが非常に充実しているので、取引回数の多いスキャルパーにはうれしいですね。

5.3 JFX

JFXはヒロセ通商の子会社で、同じくスキャルピング公認のFX会社になります。

電話で問い合わせて確認したところ、手動でのスキャルピングは一切制限がないので、思う存分スキャルピングができます。

一日に何度でも大きなロットでも、口座凍結の心配はありません。

スプレッドは業界最狭水準で、約定スピードも世界最速の0.001秒とスキャルピングに向いています。
また、スキャルピングに特化した取引ツール【新JAVA版】が用意されています。

そして、MT4も分析用として使用することができるので、注文パネル独立させMT4に表示すればそのままトレードもできますね。

JFXでは、経済指標の結果が指標発表とほぼ同時に確認できるので、それを狙ったスキャルピングをしたい人にも向いています。

6.まとめ

スキャルピング禁止06
  • ①DMM FXではスキャルピングを禁止していない 手動でのスキャルピング自体は禁止していないが、秒単位は避けた方がよい
  • ②DMM FXでの短時間の取引の定義は未公表 スキャルピングの「短時間」の定義は基準を設けているが、公平性を保つため未公表
  • ③分単位での手動のスキャルピングであれば問題ない ソフトウエアなどのシステムを介さない手動のスキャルピングを繰り返すのは原則問題ない
    しかし、経済指標の発表時は禁止事項に該当する可能性があるので避けた方が良い



ここまで、DMM FXのスキャルピングについて解説してきました。

DMM FXでのスキャルピングは、色々な噂があり若干不明瞭な状況でしたが、通常時に手動で分単位の繰り返しならOKだと明確になりましたね。

DMM FXでスキャルピングを行いたい人は、通常時に分単位でおこなえば問題ありませんが、秒単位なら先ほど紹介した3社で行いましょう


また、私たちはDMM FXだけでなく、合計9社に問い合わせてスキャルピング禁止や・口座凍結の噂の真相を明らかにしました。
その9社についてまとめた記事を読みたい方はこちら

この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

トップへ