FXTFは秒スキャルピング禁止!禁止取引の定義と口座凍結をめぐる警告を解明の画像
2021.07.17 2021.07.03

FXTFは秒スキャルピング禁止!禁止取引の定義と口座凍結をめぐる警告を解明

この記事で学べること

  • FXTFでスキャルピングは禁止されているのか
  • FXTFではどんなスキャルピングをすると口座凍結されるのか
  • FXTFでは警告がきて口座凍結されるのか
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

FXTFでは「日本No.1 最狭スプレッド挑戦計画」を実施しており、とても狭いスプレッドが提供されているのでスキャルパーにはうれしい条件です。

しかし、FXTFでは「スキャルピングが禁止」「スキャルピングすると警告がきて口座を凍結される」なんて噂があります。

スプレッドがいくら狭くても、スキャルピングが禁止されているなら危険ですよね。
そこで、私たちは噂を解明すべく、FXTFに電話で問い合わせをしてみました。

結論を言うと、FXTFではスキャルピング自体は禁止していません
しかし、スキャルピングで口座凍結になる可能性はあります。

この記事では、どんなスキャルピングが禁止されているのかその定義と、何をすると口座凍結になるのか解説しています。

口座凍結を避け安心してスキャルピングを行いたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、スキャルピングを制限なく行いたい方は、口座凍結の心配なくトレードできるFX会社を3社紹介しています。

その3社をまず知りたい方は以下をクリックください。

1. FXTFスキャルピング禁止・口座凍結・警告の噂

FXスキャルピング禁止口座凍結01


FXTFでは、ツイッター上で「スキャルピング禁止されている」「スキャルピングで口座凍結するって警告された」という噂を見かけます。

以下は特に根拠はなく、スキャルピング禁止という噂ですね。



また、噂ではなく実際に口座凍結すると警告がきた人もいました。


それでは、FXTFでは本当にスキャルピングを禁止しているのでしょうか。

私たちは実際にFXTFに電話で問い合わせてみました

2. FXTFスキャルピング禁止の真相

スキャルピング禁止02


結論から言うと、FXTFではスキャルピング自体は禁止していません

FXTFに問い合わせた際に、以下のような回答をされました。
スキャルピングという手法自体は禁止していません。
ですが、超短期売買に関しては禁止させて頂いております。


超短期売買なので、数秒単位のスキャルピングは禁止になりそうですね。


実際に、FXTFの取引規則の第14条にも記載がありました。

第 14 条 (本システムの利用の制限又は停止)
次の各号に該当する場合、当社はお客様の本サービスの利用に対し、事前の通知なく、全部又は一部制限、停止を行う場合があります。

(3)数秒間隔で注文を繰り返し発注する行為を行った場合。


上記には「数秒間隔で注文を繰り返し発注」と明確に記載されていますね。

その「数秒間隔」の具体的な定義については次でみていきましょう。

3. FXTFのスキャルピングでの禁止取引の定義って?

FXTFスキャルピング禁止


FXTFでの「超短期売買」の定義については、以下のように説明を受けています。

超短期売買の目安は30秒~60秒くらいとなっており、その間に同じ通貨ペアでの繰り返しのトレードは禁止となっています。

目安として1分以上のスキャルピングの繰り返しなら大丈夫です。
1分というのも一般的な目安で、禁止行為かどうかというのはモニタリング部門の判断となります。
しかし、1分以上での間隔であれば「超短期売買」に該当しません。


FXTFでの超短期売買の目安は、60秒までということが分かりました。
なので、分単位のスキャルピングの繰り返しなら問題なく行うことができますね

この1分以上のスキャルピングというのも、あくまで手動での話です。

国内のどのFX会社でもそうだと思いますが、FXTFでもシステムトレードやツールの改変はは禁止行為となっています。

こちらも、取引規則に記載があり、取引の制限や停止となる場合があります。

第 14 条 (本システムの利用の制限又は停止)
(7)お客様が取引を行うにあたり、当社の取引システム、システム機器、通信機器、端末機器、接続回線またはプログラムの不正な操作もしくは改変等または本取引システム以外のツール等により、本取引システムおよび契約約款等が想定する適正な方法以外の方法による取引、または本取引システムでは通常実行できない取引を行ったと当社が判断した場合。


こういった禁止事項に該当すると、本当に「取引の制限や停止」がおこるのか見ていきましょう。

4. FXTFはスキャルピングで警告?そして口座凍結の真相?

DMM-FX口座凍結02


先ほどの担当の方の回答にあったように、FXTFではトレードをモニタリングされています。

そして、そのモニタリング部門が禁止行為と判断した場合には、一旦取引停止の連絡が来るそうです。

「今後はこういった不正行為は行いません」と誓約したら、解除となる場合もあるということです。


しかし、「口座凍結の警告がくる」というケースばかりではなく、いきなり事前通達なく凍結する場合があります。

実際にツイートされていました。


こういった全ての判断は、モニタリング部門で状況次第で行っているということです。

その判断は、行為の悪質さの度合いによって異なっているのかもしれませんね。

もし、口座凍結された場合は新規注文が停止となりますが、ポジションを持っている場合は、タイミングを見て決済できるそうです。

FXTFではスキャルピングをしても、まず警告がくるから大丈夫と思っていると、いきなり凍結されることもあるので気をつけましょう。

5. 結局スキャルピングはできるの?

DMMスキャルピング禁止04


ここまで、FXTFであるスキャルピングの噂についてそれぞれ見てきました。

電話で問い合わせてみて、FXやってみた研究所での見解は以下のようになります。

FXTFでのスキャルピング

①60秒までのスキャルピングの繰り返しは禁止

②1分以上の分単位でのスキャルピングの繰り返しは問題ない

③経済指標時の分単位でのスキャルピングは禁止していない

④分単位のスキャルピングであればロット数など関係なくトレードできる

⑤システムを介してのトレードもしくは取引ツールの改変してのスキャルピングは禁止


FXTFの禁止事項である「超短期売買」は60秒以下が該当します。

そのため、手動での分単位のスキャルピングであれば問題ありません。
また、それが経済指標発表時であったり、ロットが大きくても大丈夫です。

分単位でのスキャルピングを行いたい人はFXTFで安心してトレードしましょう。
スプレッドもとても狭いので、スキャルピングに好条件ですね。

もし、制限なくで秒スキャルピングを行いたいという人は、スキャルピング公認のFX会社で行いましょう。

6. スキャルピングにおすすめのFX会社

スキャルピング禁止05


秒単位での超短期スキャルピングを安心して行い人、また経済指標発表時の超短期スキャルピングは、以下の3社を利用しましょう。

会社名秒単位のスキャルピングスプレッドの狭さ指標発表時の制限公式サイト
SBI会社ロゴ
詳しく見る
ヒロセ通商会社ロゴ詳しく見る
JFX会社ロゴ詳しく見る

この3社であれば、口座凍結の心配なく秒単位のスキャルピングも制限なく行うことが可能です(サポートに電話で確認済み)。

しかし、手動のスキャルピングがOKということで、ソフトウエアなどのシステムを介したトレードは禁止となっています。

6.1 SBI FXトレード

SBI FXトレードは、スキャルピング公認のFX会社ではありませんが、手動であれば口座凍結されることがないのでスキャルピングを安心して行えます

電話で問い合わせたところ、秒単位の超短期スキャルピングも繰り返しも問題なく、経済指標を狙った超短期スキャルピグもOKだということです。

SBI FXトレードでは業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

また、米雇用統計発表時のスプレッドも他社比較で安定しているので、米雇用統計を狙ったスキャルピングをしたい人にもおすすめです。

取引ツールは見やすい画面で、カスタマイズ性に優れているのでストレスなくスムーズにトレードすることができますよ。

6.2 ヒロセ通商

ヒロセ通商は、スキャルピング公認のFX会社ですよ。

電話で問い合わせ、手動のスキャルピングであれば全く制限もなく口座凍結されることはないと確認済みです。

スプレッドが業界最狭水準でなので、取引回数が多い人にはありがたいですね。
また、何といっても約定スピードは世界最速の0.001秒とスキャルピングに最適な環境です。

取引ルーツはスキャルピングに特化した【LION BASIC】が用意されているので、ワンクリックでサクッとトレードができます。

更には、キャンペーンが非常に充実しているので、取引回数の多いスキャルパーにはうれしいですね。

6.3 JFX

JFXはヒロセ通商の子会社で、同じくスキャルピング公認のFX会社になります。

電話で問い合わせて確認したところ、手動でのスキャルピングは一切制限がないので、思う存分スキャルピングができます。

一日に何度でも大きなロットでも、口座凍結の心配はありません。

スプレッドは業界最狭水準で、約定スピードも世界最速の0.001秒とスキャルピングに向いています。
また、スキャルピングに特化した取引ツール【新JAVA版】が用意されています。

そして、MT4も分析用として使用することができるので、注文パネル独立させMT4に表示すればそのままトレードもできますね。

JFXでは、経済指標の結果が指標発表とほぼ同時に確認できるので、それを狙ったスキャルピングをしたい人にも向いています。

7. まとめ

スキャルピング禁止06
  • ①FXTFは超短期売買を禁止 60秒以下のスキャルピングの繰り返しは禁止事項に該当
  • ②FXTFでは分単位の手動のスキャルピングは問題ない 経済指標時やロット数なども規制はない
  • ③FXTFでは禁止事項に該当したばあい口座凍結されることがある 警告が来る場合と、事前通達がなく凍結されることがある



FXTFでは、秒単位のスキャルピングは禁止されています。
もしも、行った場合は警告がきたり、いきなり口座凍結されることもあります。

制限なくトレードしたい場合は、スキャルピング公認のFX会社を利用しましょう。

分単位のスキャルピングであれば、FXTFで行っても大丈夫ですよ。


また、私たちはFXTFだけでなく、合計9社に問い合わせてスキャルピング禁止や・口座凍結の噂の真相を明らかにしました。

その9社についてまとめた記事を読みたい方はこちら

この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

トップへ