外為どっとコムのスキャルピングは規制だらけ!禁止でないが口座凍結の可能性ありの画像
2021.07.17 2021.07.12

外為どっとコムのスキャルピングは規制だらけ!禁止でないが口座凍結の可能性あり

この記事で学べること

  • 外為どっとコムはスキャルピング禁止なのか
  • 外為どっとコムでスキャルピングで口座凍結されるのか
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

外為どっとコムは「スキャルピング手法は禁止していません」と、公式サイト上に記載されています。

しかし、スキャルピング禁止・口座凍結されるなんて噂をネット上で見かけます。

公式サイト上に明記しているにもかかわらず、どうしてそんな噂があるのでしょうか。
それは、サイトに書かれている禁止行為に不明瞭なところがあるため、そういった噂があるのかもしれません。

そこで、私たちはどういったスキャルピングが禁止行為にあたるのか、実際に外為どっとコムに問い合わせてみました。

この記事を最後まで読むと、どんなスキャルピングならOKなのかまた口座凍結される可能性があるのか理解して頂けます。

安心してスキャルピングを行いたい人はぜひ参考にしてくださいね。

また、スキャルピングを制限なく行いたい方は、口座凍結の心配なくトレードできるFX会社を3社紹介しています。

まず、その3社を知りたい方は以下をクリックください。

1. 外為どっとコムはスキャルピング禁止・口座凍結の噂

FXスキャルピング禁止口座凍結01


まず、外為どっとコムでスキャルピングに関するどんな噂があるか確認してみましょう。

1.1 スキャルピング禁止・口座凍結の噂

外為どっとコムでも他の国内のFX会社と同じく、スキャルピング禁止・口座凍結されるっていうツイートがあります。




しかし、どれも根拠はない噂で実際に凍結されたっていう事例ではないですね。

外為どっとコムでは実際にスキャルピングを行って口座凍結されることがあるのか、後でみていきましょう。

まずその前に、なぜ国内のFX会社ではスキャルピングを嫌がる傾向にあるのか説明しますね。

1.2 FX会社がスキャルピングを禁止したい理由

多くの国内FX会社がスキャルピングを禁止にしたい理由は、採用している取引方式が関係しています。

日本のほとんどのFX会社は、DD方式を採用しています。

DD方式とは、トレーダーとインターバンク市場(カバー先金融機関)の間にFX会社がディーラーとして介している方式のことです。

DD方式とは


このように取引が2段階に分かれているため、高速のスキャルピングをするとインターバンクへの注文が間に合わないことがあります。

もしも、注文が間に合わない場合は、FX会社に損失が発生してしまうことになります。
そのため、国内のFX会社はスキャルピングを禁止したがる傾向にあります。

逆に、スキャルピングOKとしているFX会社は、トレーダーの注文を直接インターバンクに流すNDD方式を採用している場合が多いです。


では、外為どっとコムではスキャルピングが禁止されているのか、噂の真相を明らかにしていきましょう。
私たちは、実際に外為どっとコムに電話で確認してみました。

2. 外為どっとコムではスキャルピングを禁止しているの?

スキャルピング禁止02


まず、外為どっとコムのサイトを確認したところ以下のように記載がありました。

外為どっとコムはスキャルピングの規制だらけ!禁止でないが口座凍結の可能性あり


外為どっとコムでは、スキャルピング手法自体は禁止していません

しかし、色々と制限があるようですが、サイト上の記載からはあまり具体的に分かりません
そこで、電話で詳細を問い合わせをしてみました。

Q: 御社では数秒からのスキャルピングを禁止はされていませんが、システムに支障をきたす行為は禁止と書かれています。具体的にどういった行為がシステムに支障を与える行為になりますか?

A: 例えばですが、同時に複数台のデバイスでログインし同一のタイミングで行われる取引、または流動性の低い時間帯に多額の取引がそれに該当します。

Q: では、経済指標発表時など相場が急変動する際はどうでしょうか?

A: 経済指標時などは頻繁に行う取引に該当する可能性があり、禁止事項になる可能性があります。


こういう回答を頂くと、流動性が低くなく相場が急変動しない通常時なら大丈夫だという印象をうけますよね。

そこで、確認してみました。

Q: 通常時であれば、秒単位のスキャルピングの繰り返しは大丈夫なのでしょうか?

A: 取引回数が多いというよりは、ロット数が多いとシステムに支障をきたす行為に該当することもあります。
その取引が約款に抵触しなければ問題ないですが、一概に大丈夫とは言えません。
これくらいのスキャルピングなら大丈夫というご案内はできません。


ここまでの回答の内容から、秒単位のスキャルピングは避けた方がよさそうだということが分かりました。

しかし、残念ながら回答が曖昧でどんなスキャルピングはOKか明確には分かりませんでした。

3. 外為どっとコムではスキャルピングし過ぎると口座凍結されるの?

DMM-FX口座凍結02


では、外為どっとコムで行ったスキャルピングが禁止行為に該当した場合に、実際に口座を凍結されることがあるのでしょうか。

結論を言うと、口座凍結されます。

システムに支障をきたす取引に該当したり、約款に抵触すると判断された場合は取引制限や口座解約とさせていただきます。 と、外為どっとコムの担当の方から説明を受けています。

同様の内容がサイト上にも明記されています。

以下のような事例に該当するケースが確認された場合、当社は、当社の店頭FX(外国為替保証金取引)『外貨ネクストネオ』取引約款の以下の各条項に従って、契約約款等に基づく契約の解除や取引に制限を実施することができることとなっております。
お客様方におかれましては、ご注意の程を宜しくお願い申し上げます。

【取引約款】
・外貨ネクストネオ取引約款:第16条第1項第11号、第18条第1項第5号、第28条第1項第5号など

【事例】
短時間に、頻繁に行われる取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為
複数台のパソコン等で同時にログインし、同一タイミングに複数回行われる取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為
・方法の如何を問わず(自動売買プログラム(クラウド環境から取引システムにアクセスする等の取引態様を含む)や端末機器のプログラム改変等を含む)、当社がサーバ上で提供する取引システム以外のツール等を使用し、又は使用していると疑われる取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為
流動性の低い時間帯における多額の取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為
・その時点の流動性にかかわらず継続的に反復してなされる多額の取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為
など


更には、外部ツールや外為どっとコムの取引ツールを改変した取引も禁止行為になっています。
しかし、この行為は一般から逸脱しているので、通常のスキャルピングをしたい人には関係がありませんね。

スキャルピングで口座凍結になる可能性があるのは分かりましたが、システムに支障をきたす行為が明確に分からない部分もあるので、判断が難しいところはあります。

4. 結局、外為どっとコムはスキャルピングはできるの?

DMMスキャルピング禁止04


ここまで外為どっとコムのスキャルピングの噂について、問い合わせてきました。

FXやってみた研究所での見解は以下のようになります。

外為どっとコムでのスキャルピング

①秒単位のスキャルピングは危険

②流動性の低い時・経済指標発表時などの相場が急変動する際もスキャルピングは避けるべき

③ロット数の大きいスキャルピングも危険

④複数台で同時にスキャルピングを行うのは禁止行為に該当

⑤外部ツールや改変したツールを使用してのスキャルピングは禁止


外為どっとコムでは、スキャルピング自体禁止されていませんが、条件は厳しい印象でした。

また、何がシステムに支障をきたす行為に当たるのかも曖昧なため、難しいところがあります。

しかし、上記のことから考えて「通常時に分単位で小ロットの手動のスキャルピング」なら禁止行為にはならないのではないかと予想されます。

ただ、明確な回答が得られなかったため、残念ながら胸をはって大丈夫だとはいえません。

スキャルピングを安心して行いたい人は、スキャルピング公認のFX会社を使用することをおすすめします。

5. スキャルピングにおすすめのFX会社

スキャルピング禁止05


秒単位での超短期スキャルピングを安心して行い人、また経済指標発表時の超短期スキャルピングは、以下の3社を利用しましょう。

この3社であれば、口座凍結の心配なく秒単位のスキャルピングも制限なく行うことが可能です(サポートに電話で確認済み)。

しかし、手動のスキャルピングがOKということで、ソフトウエアなどのシステムを介したトレードは禁止となっています。

会社名秒単位のスキャルピングスプレッドの狭さ指標発表時の制限公式サイト
SBI会社ロゴ
詳しく見る
ヒロセ通商会社ロゴ詳しく見る
JFX会社ロゴ詳しく見る

5.1 SBI FXトレード

SBI FXトレードは、スキャルピング公認のFX会社ではありませんが、手動であれば口座凍結されることがないのでスキャルピングを安心して行えます

電話で問い合わせたところ、秒単位の超短期スキャルピングも繰り返しも問題なく、経済指標を狙った超短期スキャルピグもOKだということです。

SBI FXトレードでは業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

また、米雇用統計発表時のスプレッドも他社比較で安定しているので、米雇用統計を狙ったスキャルピングをしたい人にもおすすめです。

取引ツールは見やすい画面で、カスタマイズ性に優れているのでストレスなくスムーズにトレードすることができますよ。

5.2 ヒロセ通商

ヒロセ通商は、スキャルピング公認のFX会社ですよ。

電話で問い合わせ、手動のスキャルピングであれば全く制限もなく口座凍結されることはないと確認済みです。

スプレッドが業界最狭水準でなので、取引回数が多い人にはありがたいですね。
また、何といっても約定スピードは世界最速の0.001秒とスキャルピングに最適な環境です。

取引ルーツはスキャルピングに特化した【LION BASIC】が用意されているので、ワンクリックでサクッとトレードができます。

更には、キャンペーンが非常に充実しているので、取引回数の多いスキャルパーにはうれしいですね。

5.3 JFX

JFXはヒロセ通商の子会社で、同じくスキャルピング公認のFX会社になります。

電話で問い合わせて確認したところ、手動でのスキャルピングは一切制限がないので、思う存分スキャルピングができます。

一日に何度でも大きなロットでも、口座凍結の心配はありません。

スプレッドは業界最狭水準で、約定スピードも世界最速の0.001秒とスキャルピングに向いています。
また、スキャルピングに特化した取引ツール【新JAVA版】が用意されています。

そして、MT4も分析用として使用することができるので、注文パネル独立させMT4に表示すればそのままトレードもできますね。

JFXでは、経済指標の結果が指標発表とほぼ同時に確認できるので、それを狙ったスキャルピングをしたい人にも向いています。

6. まとめ

スキャルピング禁止06
  • ①外為どっとコムではスキャルピングの条件が厳しい 通常時に分単位で小ロットのスキャルピングならOKだと予想される
  • ②外為どっとコムでスキャルピングが禁止行為に該当した場合は口座凍結される システムに支障をきたす行為もしくは約款に抵触すると取引制限もしくは口座閉鎖となる



外為どっとコムではスキャルピング手法を禁止していませんが、どんなスキャルピングなら行っても大丈夫と明確な回答が得られませんでした。

そのため、スキャルピングを安心して行いたい人はおすすめの3社を使用しましょう


また、私たちは外為どっとコムだけでなく、合計9社に問い合わせてスキャルピング禁止や・口座凍結の噂の真相を明らかにしました。

その9社についてまとめた記事を読みたい方はこちら

この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

トップへ