SBI FXトレードのスキャルピング禁止は嘘!口座凍結の真相も解明してみたの画像
2021.10.26 2021.06.26

SBI FXトレードのスキャルピング禁止は嘘!口座凍結の真相も解明してみた

この記事で学べること

  • SBI FXトレードはスキャルピング禁止なのか
  • SBI FXトレードではスキャルピングで口座凍結されるのか
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

多くのトレーダーが行っている手法に「スキャルピング」があります。

しかし、ネット上で「あのFX会社はスキャルピング禁止」と書かれているのを見かけることが多々あります。
そういう情報があると、安心してスキャルピングが行えないですよね。

今回紹介する、SBI FXトレードでもそういった噂があるようです。

そこで当サイトでは、実際にSBI FXトレードに問い合わせて噂の真相を突き止めてみました。
結論を言うと、SBI FXトレードではスキャルピング自体は禁止していません

この記事では、どんなスキャルピングなら行ってもOKか、口座凍結の心配はないのかを解説しています。

SBI FXトレードはスキャルピングを安心して行える会社か分かるので、最後まで読んでくださいね。

1. SBI FXトレードはスキャルピング禁止・口座凍結の噂

FXスキャルピング禁止口座凍結01


多くのFX会社で、「スキャルピングが禁止されている」「スキャルピングしたら口座を凍結された」という噂があります。

ここでは、SBI FXトレードでもそういった噂があるのか、またなぜFX会社はスキャルピングだけ禁止したがるのか見ていきましょう。

1.1 スキャルピング禁止・口座凍結の噂

SBI FXトレードでも、スキャルピングをすると口座を凍結されるというツイートがありました。




しかし、実際にスキャルピングをしたから口座を凍結されたといものはありませんでした。
これも、根拠は特になく噂だけ独り歩きしてしまった感じではないでしょうか。


そもそも、なぜFX会社がスキャルピングを禁止にしたいのかその理由を確認してみましょう。

1.2 FX会社がスキャルピングを禁止したい理由

多くのFX会社がスキャルピングを禁止にしたい理由は、取引方式が関係しています。


日本国内のFX会社では、ほとんどDD方式が取られています。

DD方式とは簡単に説明すると、トレーダーとインターバンクの間にFX会社がディーラーとして介した方式です。

DD方式②


このように取引が2段階に分かれていると、スキャルピングをするとインターバンクへの注文が間に合いにくいというわけです。

そのため国内のFX会社はスキャルピングを禁止したがっているのですね。


逆に、スキャルピング公認としているFX会社は、トレーダーの注文をインターバンクに流すNDD方式を取っている場合が多いです。

では、SBI FXトレードではスキャルピングが禁止されているのか、次のパラグラフで噂の真相を突き止めていきましょう。

2. SBI FXトレードに電話して聞いたみた①「スキャルピングを禁止にしてるのか?」

スキャルピング禁止02


私たちは、SBI FXトレードはスキャルピングを禁止しているのか、実際に電話で問い合わせてみました。

2.1 スキャルピングは禁止していない

結論から言うと、SBI FXトレードではスキャルピングは禁止されていません

スキャルピングを禁止しているかという質問に対し、禁止はしていないが詳細は曖昧にしておきたいFX会社が多い中、SBI FXトレードは明確に回答くださいました。

それをまとめたものが、以下になります。

①秒単位でのスキャルピングを繰り返すのもOK
②経済指標時を狙った秒単位のスキャルピングも問題ない


SBI FXトレードはスキャルピング公認ではありませんが、事実上スキャルピング公認の会社と同様の状況で行えるということですね。

しかし、これはSBI FXトレードの取引ツールを使用しての手動でのスキャルピングに限ってです。

2.2 結論:手動であればOK!

SBI FXトレードでは、スキャルピングを手動で行う分には全く問題はありません。

しかし、MT4などの自動売買プログラムを介してのトレードやSBI FXトレードの取引ツールを改変してのスキャルピングは認められていません。

実際に、「外国為替証拠金取引の契約締結前交付書面」にそういった注文をした場合は、制限を加えることが記載されています。

『外国為替証拠金取引の手続きについて』
(16)注文発注時のご注意事項
以下の注文を検知した場合、一時的に取引条件の変更、又は制限を加えさせていただいております。

a)端末機器、接続回線、又はプログラムの改変等を施して発注された注文及び当社がサーバ上で提供する取引システム以外のツール等を使用して発注された疑いのある注文。

b)短時間に、頻繁に行われる注文及び取引であって、他のお客様又は当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼすと認められる注文。

c)自動売買プログラム等を使用していると推定される注文及び取引であって、他のお客様又は当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼすと認められる注文。


しかし、これは一般的なトレードではない話なので、通常のスキャルピングをしたい人には関係はありませんね。

3. SBI FXトレードに電話して聞いたみた②「スキャルピングし過ぎると口座凍結されるの?」

DMM-FX口座凍結02


次に、ツイートであるようにスキャルピングで口座凍結をされる可能性があるのかということについて真相を確かめてみました。

3.1 スキャルピングで口座凍結されない

SBI FXトレードで手動のスキャルピングを行って、口座凍結をされることはありません。

問い合わせをした際、担当の方に以下のように説明を受けています。

手動でのスキャルピングでは、口座を凍結することはありませんのでご安心ください。


手動で秒単位のスキャルピングの繰り返しや、経済指標時のスキャルピングで口座を凍結される心配がないので安心してトレードが行えますね。

3.2 結論:手動であれば問題ない

SBI FXトレードで、手動のスキャルピングを行っても口座凍結の心配はありません。

しかし、自動売買プログラムなどを使用してのスキャルピングは口座凍結につながる可能性があります。
もしもそういった行為が確認された場合には、一旦制限がかかることがあるようです。

しかし、これはスキャルピングに起因するものではなく、その他の注文の際の注意事項に該当するからです。

4. 結局SBI FXトレードでスキャルピングして問題ないの?

DMMスキャルピング禁止04

ネット界隈で噂になっている「SBI FXトレードでスキャルピングは禁止されている」、「SBI FXトレードでスキャルピングすると口座凍結される」について真相を明らかにしてきました。


SBI FXトレードでは、手動でスキャルピングをしても問題がありません
事実上、スキャルピング公認のFX会社と同様にトレードができることが分かりました。

・秒単位のスキャルピングの繰り返し
・経済指標時の秒単位でのスキャルピング


また、手動で上記のようなスキャルピングを行っても、口座凍結になる心配もありません

SBI FXトレードはSBIグループですが、他にもSBIと名前の付くグループ内の会社と混同されることがあるようです。
そのため、そういった噂などが出回っているのかもしれませんね。

SBI FXトレードでなら、手動のスキャルピングは行っても大丈夫ですよ。

5. まとめ

スキャルピング禁止06
  • 1⃣SBI FXトレードで手動のスキャルピングを行っても口座凍結されない 手動はOKだが、自動売買ツールなどを介してのスキャルピングは認められていない
  • 2⃣SBI FXトレードでスキャルピングは禁止されていない 手動で秒単位の繰り返し、経済指標時のスキャルピングは行っても問題ない



SBI FXトレードは、手動のスキャルピングを行っても問題ないことがご理解頂けたかとおもいます。

SBI FXトレードはスプレッドがとても狭いのでスキャルピングを行いたい人にはピッタリです。
安心してスキャルピングを行いたい人に、SBI FXトレードはおすすめです。


また、私たちはSBI FXトレードだけでなく、合計9社に問い合わせてスキャルピング禁止や・口座凍結の噂の真相を明らかにしました。
その9社についてまとめた記事を読みたい方はこちら

他にも口座凍結の心配がないFX会社が2社ありましたので、スキャルピングをする際の参考にしてみて下さいね。

【口座凍結の心配がないスキャルピングにおすすめFX会社TOP3】
手動のスキャルピングであれば、秒単位でも口座凍結の心配はいりません(サポートに電話で確認済み)。さらにスキャルピングに重要なスプレッドの評価が高いFX会社を厳選しております!

会社名手動スキャルピングによる口座凍結秒単位のスキャルピング指標発表時の制限スプレッドの狭さスプレッドの狭さ
SBI会社ロゴ
なし詳しく見る
ヒロセ通商会社ロゴなし詳しく見る
JFX会社ロゴなし詳しく見る

この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

トップへ