外貨ex byGMOに電話してみた!スキャルピング禁止と口座凍結の真相!の画像
2021.10.27 2021.06.19

外貨ex byGMOに電話してみた!スキャルピング禁止と口座凍結の真相!

この記事で学べること

  • 外貨ex byGMOでスキャルピングが禁止されているのか?
  • 外貨ex byGMOでスキャルピングし過ぎると口座凍結されるのか?
  • 外貨ex byGMOでスキャルピングするときの注意点
山口 遼平の写真
この記事のライター 山口 遼平

プロトレーダーに師事を仰ぐ兼業トレーダー。当サイトでは、プロの成功体験から得たノウハウを『FXで勝つための心得』として発信している。

スキャルピングは短期で利益を狙える有効なトレード手法です。しかし、FX会社によってはスキャルピングを禁止にしたり、口座凍結の対象としているところも存在し、好き勝手使える手法ではありません。

今回ご紹介する『外貨ex byGMO』は、国内でも人気のFX会社ですが「スキャルピング禁止」や「口座凍結」の噂も散見します。

そこで当サイトでは噂の真相を確かめるため、実際に外貨ex byGMOのサポートセンターにスキャルピングの取り扱いについて問い合わせしてみました。

本記事では、スキャル禁止の有無と口座凍結の可能性はあるのかの回答をご紹介します。
さらにその回答を踏まえて外貨ex byGMOでスキャルピングをする上での注意点も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

口座凍結を恐れずスキャルピングを制限なく行いたい人は下記リンク先のFX会社をご覧ください!

1. 外貨ex byGMOのスキャルピング禁止検証前に

外貨ex スキャ禁止1

検証前に外貨ex byGMO周辺の噂と、そもそもなぜ複数あるトレード手法の中でスキャルピングだけ、風当たりが強いのかを前知識として押さえておきましょう。

1.1. 外貨ex byGMOに流れるはスキャルピングを禁止の噂

スキャルピング禁止の噂は外貨ex byGMO界隈でも流れています。
そもそもFX界のスキャルピング禁止の噂は、一部FX会社が公に禁止にしていることから派生して、禁止していないにも関わらずその疑いをかけられていることが大きな要因です。

外貨ex byGMOは「スキャルピング公認」というワードを使った宣伝をしていない事もあり、禁止なのではないかと噂されているFX会社の一つです。
では、なぜ一部のFX会社はスキャルピングを禁止にしたいのか、その理由を次で解説します。

1.2. FX会社がスキャルピング禁止にしたい理由

結論から言ってしまうとスキャルピングは会社に不利益をもたらすことがあるからです。

多くの国内FX会社は、顧客の売りと買い注文を相殺して取引を成立させています。
例えば、10万円のユーロ/円の買い注文が入れば、反対の10万円の売り注文と引き合わせて相殺しています。

ここで、スキャルピングによる大口の買い注文が大量に入ったとします。FX会社は相殺させる売り注文を探しますが、見つからなかった場合は別の金融機関(インターバンク)から相殺分の資金を調達しなければなりません。
その際にコストがかかってしまうため、多くのFX会社はトレーダーにスキャルピングをしてほしくないのです。 

では、外貨ex byGMOではどうなのか?次の章で外貨ex byGMOのスキャルピング禁止の噂が本当なのか検証するため、実際に外貨ex byGMOに問い合わせて真相を確かめてみましたので参考にしてください。

FX業者のスキャルピング禁止の真相を詳しく知りたい人はこちら

2. 外貨ex byGMOに電話で聞いたみた①「外貨ex byGMOはスキャルピングを禁止にしてるのか?」

外貨ex スキャ禁止2

結論から言うと外貨ex byGMOはスキャルピングを禁止していません。

今回外貨ex byGMOのサポートに「外貨ex byGMOはスキャルピングを禁止しているのか?」と問い合わせをしました。その回答が以下となります。今回の検証では、2度問い合わせを行っています。

外貨ex byGMOオペレーター①
「取引ツール・自動売買システムを使ったトレードは禁止していますが、通常時に手動で秒単位・分単位のスキャルピングすることは問題ありません。
しかし、経済指標発表時などの非常時は安全上のお約束はできません。」

外貨ex byGMOオペレーター②
「取引ツール・自動売買システムを使ったトレードは禁止しておりますが、秒単位・分単位のスキャルピングを手動で繰り返す分には経済指標発表時なども含めて問題ありません。
しかし、レートに影響を与えない場合に限ります。」

回答に違いがありますが要約すると以下の通りです。

外貨ex byGMOはスキャルピングを禁止しているのか?

・手動でのスキャルピングはレートに影響を与えなければ秒単位・分単位でもOK。

・経済指標発表時はオペレーターによって回答が違うため不明瞭。

・取引ツール・自動売買システムを使ったトレードは禁止。

「レートに影響を与える」は大量の取引通貨量で取引しなければこの条件に触れることもないので一般のトレーダーであれば無視しても良いでしょう。

しかし、経済指標などの非常時の取引に関しては、「安全上のお約束ができない」と「問題ありません」と回答に違いがあるため、「胸を張って安全とはいえない」が結論です。また、FJFX!の約款でも下記のように強制決済の条件に該当する場合があるとあります。

第 21 条(強制決済)
2.(7) お客さまが短時間のうちに、または高頻度で取引を行い、それにより当社が行うリスクの減少を目的としたカバー取引に影響を与えると当社が合理的に認めた場合。

(引用元:外貨ex byGMO約款

3. 外貨ex byGMOに電話で聞いたみた②「スキャルピングし過ぎると口座凍結されるの?」

外貨ex スキャ禁止3

次はスキャルピングをすると口座凍結される噂を確認しました。結論から言うと凍結されることはあります。
しかし、凍結される条件はかなり厳しく設定されているので普通にスキャルピングする分には問題ありません。それでは実際に「口座凍結されることはあるのか?」と問い合わせた時の外貨ex byGMOの回答をご紹介します。

外貨ex byGMOオペレーター①と②
「外貨ex byGMOが定める禁止事項に該当する行為を行なった場合、外貨ex byGMOから一度お客様にご連絡差し上げます。それ以降も改善が見られなければ、口座凍結という処置をさせていただきます。それ以上は機密事項のため回答は控えさせていただきます。」

禁止事項というのは取引ツールや自動売買システムを使ったトレードが該当します。つまり、システム使ったトレード行うと完全にアウトです。
逆に手動のスキャルピングは禁止事項に該当しないため問題ありません。しかし、前述したレートに影響を与える大量取引、不明瞭だった経済指標発表時のトレードについては保証できません。

また、外貨ex byGMOの場合は、連絡をして一度だけ改善をするための機会をもらえます。何の音沙汰もなく突然凍結されることも多いFX業界でかなり良心的な会社ともいえます。

4. 外貨ex byGMOに電話で聞いたみた③「外貨ex byGMOの口座が凍結されるとどうなるの?」

外貨ex スキャ禁止4

外貨ex byGMOでは口座が凍結することがあると解説しましたが、実際に凍結されたらどうなるのか気になる人もいると思います。
そこで外貨ex byGMOのサポートに質問したところ、口座凍結になるまでの流れを下記のように説明してくれました。

凍結までの流れ

①システムトレードなどを使ったトレードで、サーバーへの負荷がかかると判断された場合にはお客様へご連絡。

②連絡以降改善がみられなければ口座凍結。

③もしポジションを持っている場合は、トレーダーの都合(したいところで)で決済。

④口座にある資金を出金。

⑤口座閉鎖。

凍結される持っているポジションは決済することになりますが、配慮として強制ではなく自分の好きなタイミングで決済できるようです。とはいえ最終的には口座を閉鎖させられるので凍結は極力避けたいですね。

5. 外貨ex byGMOでスキャルピングするときの注意点

外貨ex スキャ禁止5

オペレーターの回答から外貨ex byGMOでは以下の行為に注意しながらスキャルピングトレードすれば安全にトレードすることができます。

・取引ツールや自動売買システムなどのシステムトレードをしない。
・レートに影響を及ぼすトレードをしない。(数億レベルのトレード)
・経済指標発表時などの相場が動きやす時間帯のトレードは避ける。
・外貨ex byGMOからの連絡で注意を受けたら素直に従う。

ほとんどが一般的なトレードから逸脱したケースなので、外貨ex byGMOはスキャルピングトレードに配慮されたFX会社と言えます。

しかし、トレーダーとしては経済指標発表時でも気持ちよくスキャルピングしたいのが本音だと思います。
事実、どんな状況でも制限を設けずにスキャルピングを公認している会社がありますので、もし興味がある方は次の章を参考にしてください。(各FX会社のサポートに確認済み)

外貨ex byGMOでスキャルピングは禁止されているのか?の結論!

・外貨ex byGMOスキャルピングを禁止にしていないが、経済指標発表時などの相場が動きやすい時間は制限される可能性がある。

・時間帯・取引制限を気にせず気持ちよくスキャルピングすることはできない。

6. スキャルピング公認!おすすめFX会社

外貨ex スキャ禁止6

時間帯や取引制限を気にすることなくスキャルピングがしたい方におすすめのFX会社を3社ご紹介します。

今回ご紹介する3つの会社は、当サイトが直接問い合わせた結果「秒単位の超短期スキャルピングOK、指標発表時の制限なし」との回答をいただいています。さらにスキャルピングで重要なスプレッドの狭い会社をピックアップしていますので、ぜひスキャルピング用の口座として検討してみてください。

注意:全社共通で取引ツールなどのシステムを使ったスキャルピングは禁止されています。

会社名手動スキャルピングによる口座凍結秒単位のスキャルピング指標発表時の制限スプレッドの狭さスプレッドの狭さ
SBI会社ロゴ
なし詳しく見る
ヒロセ通商会社ロゴなし詳しく見る
JFX会社ロゴなし詳しく見る

6.1. SBI FXトレード

SBI FXトレードは今回ご紹介する3社で一番おすすめできる会社です。

スキャルピングを制限を気にせず行えるはもちろん。スプレッドの狭さが圧倒的に強いです。米ドル円の基準スプレッドが0.3銭からと業界最狭水準であり、1〜1,000通貨の取引だと時間帯によっては無料なこともあります。

また、最少取引通貨1通貨と業界最強で低リスクのトレードができ、本番を意識したスキャルピングの練習にもぴったりです。
スプレッドも狭く、スキャルピングも制限なくできるSBI FXトレードは、スキャルピングトレーダーの第一の選択肢と言えるでしょう。

6.2. ヒロセ通商

スキャルピングを公認しており、無制限に取引できるヒロセ通商。それだけで、スキャルピング向けに口座開設する価値があります。

スプレッドの安定性は、SBI FXトレードに劣りますがそれでもスプレッドの狭さは業界でもトップレベルです。
それ以外の特徴として、取り扱っている通貨ペア数(50種類)が多く、マイナーな通貨でスキャルピングができることも大きな強みです。

サポート体制が24時間対応のため、例え夜中にトラブルが発生したとしても迅速にサポートを得られるのも他にはないメリット。
また最速の約定スピードが0.001秒と世界最速を誇り、まさにスキャルピング向きのFX会社と言えます。

6.3. JFX

「スキャルピングをするなら、MATRIX TRADER!(JFXのFXサービスの名称)」と公式サイトで謳っているほどスキャルピングに力を入れているFX会社です。スキャルピングを制限なく行える数少ないFX会社の一つでもあります。

ヒロセ通商同様、スプレッドの安定性はSBI FXトレードに劣りますが、スプレッドの狭さは高水準で他社とも引けをとりません。

JFXの大きな強みは、約定率という注文した時の値段で決済される確率が99.9%と業界最高水準を誇るところです。
スキャルピングは小さい利益を積み上げる手法であるため、少しの誤差が命取りになりかねないので重要な要素です。
注文した内容がほぼ100%通るありがたさは、実際にトレードしてみると実感できるはずです。

7. まとめ

外貨ex スキャ禁止7
  • 外貨ex byGMOは一般的な秒単位・分単位のスキャルピングを容認している。 経済指標発表時などの相場が動く時間帯は制限を設ける可能性もあるので注意。
  • 手動で行う一般的なトレードをしていれば口座凍結されることはない。 取引ツールや自動売買などのシステムを使ったトレードをしていると凍結される。

外貨ex byGMOへの問い合わせの結果、公式にスキャルピングを認めていました。また、一般的な手動トレードであればスキャルピングをしても口座凍結される心配はありません。

唯一の懸念点が経済指標発表時などに制限がかかるかもしれないことです。
もし気持ちよくスキャルピングをしたいのであれば、今回ご紹介した会社でトレードしてみてください。

当サイトでは、スキャルピングの扱いについてFX会社9社に電話で問い合わせを行っています。その結果はスキャルピング禁止業社一覧にて公開しています。

トップへ