トラリピの少額っていくら?1,000通貨で始める目安を解説の画像
2021.07.21 2021.06.12

トラリピの少額っていくら?1,000通貨で始める目安を解説

この記事で学べること

  • トラリピの最低取引数量
  • トラリピの最低証拠金額
  • 少額投資のメリットや向いている人
三原怜の写真
この記事のライター 三原怜

「FX自動売買のトラリピは、いくらから取引できるの?証拠金はいくら必要なの?」などの疑問はありませんか。

実戦に入る前に、トラリピの最低取引数量や最低証拠金額がわかれば、そのような悩みは解消できますよね。

トラリピは1,000通貨(約4,000円)のトラップ1本(1ポジション)でトレードを開始できます
しかし、1ポジションだけではトラリピのメリットを活かすことができません

その理由は、トラリピはイフダン注文を自動で繰り返すことで利益を狙うシステムだからです。

そこでこの記事では、トラリピのメリットを活かした少額投資を行う場合の最低取引数量や必要資金の目安について解説します。

最後まで読んでいただければ、あなたも少額で取引を始めることができますよ。

1. トラリピは1,000通貨から取引可能なのか

自動売買-少額01

まず、トラリピでは1,000通貨から取引できるのか、最低どれだけのトラップ本数が必要なのか見ていきましょう。

1.1 1,000通貨から取引OK

トラリピは、1回あたり最低1,000通貨から取引することができます。

つまり、米ドル/円を例にあげると、約4,000円からトレードができるということになりますね。
1,000通貨というと、日本円で通常10万円分の取引ができます。

しかし、FXではレバレッジを利用することができるので、以下のようにたった4,000円から取引ができるという計算になります。

レバレッジを使用した場合

パ取引金額10万円 ÷ 最大レバレッジ倍率25倍 = 必要資金 4,000円


レバレッジ
証拠金を何倍も大きく膨らませて取引ができるようにする仕組みで、国内FXでは最大25倍までと規制されています。

1.2 1,000通貨で1ポジション?

トラリピは、1,000通貨で1ポジションだけでトレードすることは可能なのでしょうか?

トラリピの取引では、1,000通貨(約4,000円)でポジションを1つだけ建てることは可能です。

なぜかというと、トラリピでは、取引数量(注文金額)と最大ポジション数(トラップ本数)は、トレーダーが自分で設定できる仕様になっているからです。

でも、仕掛けておくトラップ(ポジション)本数が1本だけでは、トラリピで有利な取引はできません

というのも、トラリピはイフダン注文を自動で繰り返すこと(リピートイフダン)で、利益を狙うシステムになっているからです。

イフダン注文=売買注文と決済注文がセットになっている注文
リピートイフダン注文=イフダン注文を自動で繰り返してくれる注文

元々、リピートイフダンは、1か所だと仕掛ける場所が難しいというデメリットがあります。

トラリピ少額1
(出典元:マネースクエア


このようにトラリピは、相場に対して広く並べるように複数のポジションを建てることで有利にトレードができます

2. トラリピの少額っていくら?

自動売買-少額02


それでは、トラリピを活かした少額トレードするためにはいくら必要なのでしょうか。

ここでは、最低資金の目安について説明します。

2.1 トラリピのメリットを活かした少額取引

トラリピは1,000通貨(約4,000円)の1ポジションだけでは有利な取引ができないことは、先ほど説明しました。

それでは、どれくらいのトラップ(ポジション)本数があればトラリピのメリットが生かせるのでしょうか。

トラップは、仕掛ける場所が難しいため最低でも5本(5ポジション)程度は必要です。
ただ、少額でトレードをすることを考えると10本以下にするのがよいでしょう。

5~10本という数字に根拠はありませんが、トラップを複数仕掛けておくメリットと資金を抑えるメリットの両立を目指した本数です。


また、トラップ本数だけでなく、注文金額も最低の0.1(1,000通貨)に設定しないと必要資金が多くなってしまいます。

設定画面で、以下のように、それぞれの数値を設定します。

【取引数量1,000通貨・トラップ本数5の例】

トラリピ少額2

ただし、レンジ幅(青枠部分)が広いと、推奨証拠金も増えます。

2.2 トラリピの少額っていくら?

それでは、すぐにロスカットされない設定で、資金はいくら必要でしょうか。

必要証拠金は、想定するレンジ幅で違ってきますが、ここでは想定レンジ幅を5円とします。
というのは、過去相場で米ドル/円は、約半年で5円程度動いていることが多いからです。

つまり、「半年間でトレードする場合、証拠金は最低でいくら必要か」という視点で見てくださいね。

*想定レンジ幅
レートがどれくらいの間で上下するかという予想幅


実際に、いくつかのシュミレーションをしてみたので、何パターンか見てみましょう。

【1,000通貨・トラップ5本・レンジ幅5円】必要資金:33,400円

トラリピ少額3



【1,000通貨・トラップ10本・レンジ幅5円】必要資金:66,775円

トラリピ少額4


以上から、想定レンジ幅が5円の場合、必要資金(証拠金+評価損)の目安3.3万円となりました。
しかし、上記のシュミレーションではレバレッジが約16倍となっています。

リピート型自動売買ではポジションをいくつか持つので、リスクを抑えたトレードをするためにはレバレッジ3倍ほどがおすすめです。

その場合には、以下の資金が必要となります。

トラップ本数必要資金レバレッジ
5本18万円約3倍
10本36万円約3倍

2.3 一般的なトラリピの必要資金の目安

トラリピのメリットを活かして低レバレッジの少額でトレードをするには18万円は必要だということが分かりました。

ところで、一般的な資金目安とはどれくらいなのでしょうか?

米ドル/円の注文画面の初期設定での、トラップ本数51本でシュミレーションみましょう。

【1,000通貨・トラップ51本・レンジ幅10円】

必要資金:463,080円(レバレッジ:約11倍)

トラリピ少額5


この設定での必要資金は47万円ほど必要ですね。
もし、この設定でレバレッジ3倍程度とするなば、180万円が必要資金になります。

また、当サイトの『初心者におすすめの設定方法』をした場合の目安資金をみてみましょう。

【1,000通貨・トラップ21本・レンジ幅10円】

必要資金:190,680円(レバレッジ:約11倍)

トラリピ少額6


トラップ本数21にするなら19万円ほど必要ですね。

しかし、これもレバレッジ11倍での資金になっているので、レバレッジ3倍程度の抑えるなら75万円ほどを入金する必要がありますよ。

やはり、少額トレードと比べるとかなりの資金がいることが分かりましたね。

3. トラリピでの少額トレードのメリット

自動売買-少額03


トラリピでは、デモトレードが提供されていないので、事前にどういった設定でどんな効果を上げられるのか試すことができません

そんな中、いきなり大きな金額で始めるのは怖いですよね。
おすすめ設定でトラリピを運用するためには、資金が75万円ほど必要です。

しかし、少額だと3.4万円からテスト運用をすることができるというメリットがあります。

3.4万円というのはレバレッジが高いので、リスクヘッジをしながら運用をしたい場合は18万円程度(レバレッジ3倍)で始められます。

18万円で本格運用までのステップとしてトラリピでテスト運用できるのは大きなメリットですね。

また、どういった設定をすれば、利益を上げることができるのか分からないうちは負ける可能性が大きいです。
しかし少額なら、もし負けても大きな損失を負わなくてすみますよ。

4. トラリピの少額トレードに向いている人

自動売買-少額04


トラリピの少額投資は、次のタイプの人に向いています。

4.1 ①実際に利益が出せるのか試してみたい人

実際に利益が出せるのかどうか試してみたい人は、少額トレードに向いています。

なぜなら、トラリピはデモトレードが提供されていないので、実際にどんな設定でどれくらいの利益が出せるのかは分かりません

勝てるか分からないのに、いきなり大きな金額をつぎ込みたくないですよね。
まずは、少額で勝てることが分かってから、金額を大きくしていきましょう。

4.2 ②時間に余裕のない人

トラリピは、時間に余裕がない人に向いています。
というのも、裁量トレードとは違って、チャートに張り付く必要がないからです。

一度設定をしてしまえば、仕事をしている間や寝ている間にもトラリピは、自動で売買を続けてくれますよ

自動売買のトラリピなら、スキマ時間に設定したり稼働しているプログラムの状況を確認できますね。

4.3 ③長期トレードをしたい人

自動売買は、中長期的に利益を狙っていく投資で、短期で大きな利益が出る仕組みではありません
そのため、裁量トレードのように直ぐに勝ちたい人には向いていません。

目先の大きな利益を狙うのではなく、自動売買の仕組みにあったゆっくりと長い期間の視点で運用したい人におすすめです。

少額なので1回1回の利益は少ないですが、長期的にみてコツコツと利益を積み上げていくことができます。

5. トラリピの【始め方】

トラリピ-少額05 最後に、ループイフダンの始め方について説明しますね。

5.1 口座開設

トラリピは、マネースクエアで取引ができます。

口座開設の手順は、 ①申込みフォームへの入力
②本人確認書類の提出
の2ステップで完了するので、簡単ですよ。

口座開設の手続きは、公式サイトから行います。
サイトの右上にある「口座開設」をクリックして申込フォームに入力していきましょう。

トラリピ05


口座開設について詳しくは、ゼロから始めるトラリピ!初心者に始め方を3ステップで徹底解説!で説明しているので、ぜひご覧ください。

5.2 トラリピは8ステップで設定完了

トラリピの設定は8ステップで完了します。

以下は、初心者におすすめのリスクを抑えた設定内容なので、参考にしてくださいね。

【STEP1】通貨ペア

まず、通貨ペアを設定します。
通貨ペアは米ドル/円がレンジ相場が多く安定していますので選びましょう。

トラリピ設定1

【STEP2】売買方向

次に、売買方向を設定しましょう。
想定レンジ期間に合った時間足で相場を判断し、相場の方向にポジションを建てましょう

【STEP3】レンジ幅

レンジ幅は想定レンジ期間の長さに応じた高低差分をとりましょう。

高低差データは、想定レンジ期間における最高値と最安値の差のことです(半年間の投資をしたい場合は、過去半年分の最高値と最安値の差)。
高低差は、マネースクエアで公表されているので参考にできますよ。

【STEP4】注文金額

注文金額を1,000通貨で設定しましょう。
リスク回避のため、取引数量を抑えるようにします。

【STEP5】トラップ本数

トラップ本数を設定します。
レンジ幅に応じて設定しますが、初めからあまり多く設定しないよう注意しましょう。

トラリピ設定2

【STEP6】利益値幅

利益値幅も設定する必要があります。
1日の高低差以下に設定すれば、1日1回は利益確定しやすいですよ。

【STEP7】決済トレール

決済トレールは設定しないようにしましょう。

決済トレールとは、相場にトレンドが発生した場合に、決済ポイントが相場を追いかけるように自動的に変化して、利益の最大化を狙うツールです。
レンジ相場では、メリットよりデメリットが大きくなります。

【STEP8】損切り

最後に、損切りの設定を必ず行います。

大きな損失を負わないために必ず損切り設定をしましょう。

6. まとめ

トラリピ-少額06
  • ①トラリピでは、1,000通貨(約4,000円)でトレードはできる しかし、1ポジションだけではトラリピを生かしたトレードができない
  • ②トラリピの最低資金の目安は3.4万円程度 トラリピを有利にできるポジション5本とした場合の資金。低レバレッジの場合は18万円程度必要。
  • ③トラリピの少額はテスト運用をしたい人に向いている トラリピの一般的な資金目安は75万円ほど必要だが、少額なら18万円でできる
    (どちらもレバレッジ3倍程度にした場合の資金)



トラリピはデモ口座がないので、損失を抑えるためにまずは少額でトレードしましょう

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。

トップへ