外為オンラインのスプレッド徹底比較!高いけれど安定している?!

2020.09.11

所長からの問いかけ

国内のほとんどのFX会社はDD方式を採用しており、そのメリットはスプレッドがとても狭いことですが、不透明さががあります。

原則固定スプレッドの指標になる『スプレッド提示率』に関しても、公開していないFX会社も多く、また明確な定義がないことから自社に都合の良い方法で基準を満たしている場合もあるようなので、各社の実際のスプレッドの変動具合を検証してみましょう。

高田 佑美の写真所長に答えて

外為オンライン自動売買「iサイクル2取引」で有名なFX会社です。

多くのFX会社がスプレッドの狭さを競う中、米ドル/円のスプレッドは1銭と競争には全く参戦していません
では、『基準スプレッドが広いけれど、相場の急変時はどうなの?』と疑問に思いませんか?

この記事では、外為オンラインをスプレッドの観点から検証してみたいと思います。
なぜなら、スプレッドはFXで勝つために重要なポイントの1つだからです。

検証の結果、外為オンラインは

  • 米雇用統計時のスプレッドは他社より比較的抑えられていた
  • 早朝のスプレッドは若干広がる
  • 相場が不安定な際はスプレッドにも影響するが、元に戻るのは早い

ということが分かりました。

外為オンラインはスプレッドにおいて、基準値は広めであるが比較的安定した取引ができるFX会社と言えます。

それでは、詳しく解説していきます。

1.スプレッドとは

スプレッドの画像

1.1 スプレッドはコスト

スプレッドとはFXの実質上の手数料のことです。

1回1回は小さい手数料ですが、数をこなすことで大きい差になります。
特に、スキャルピングなど1日に数多くのトレードをこなす場合は、スプレッドの大きさが致命的になりかねません。

では、スプレッドはどれくらい支払う必要があるのか、実際に例をあげて計算してみたいと思います。

【10万通貨の取引を1日10回する場合】
*スプレッド:0.2銭

スプレッド0.2銭×100,000通貨×10回=2,000円


もし、平日毎日のトレードを1ヵ月続けたとすると40,000円のコストになります。
これを1年間続けたら凄い額になりますよね。

なので、FX取引においてスプレッドは大事だといわれるのです。


1.2 原則固定スプレッド

日本国内のほとんどのFX会社は、【原則固定スプレッド】を採用しています。

また、最近では原則固定スプレッドに適応時間を設けているFX会社も増え、夜中2時ごろから午前8時ごろまで適応外としている会社もあります。(FX会社により時間は異なります。)

原則固定スプレッドとは

基本的に一定のスプレッド幅を採用していますが、「完全固定」ではありません。
これは、スプレッドは基本的に固定されているものの、スプレッド幅が変わることを意味しています。



1.3 スプレッドが広がりやすいとき

では、どういった場合にスプレッドが拡大するのでしょうか。

スプレッドは、主に流動性の低下や為替の急な変動に伴い広がる傾向があります。

例えば、クリスマス・年末年始などの長期休暇期間や、日本時間の早朝5時~8時は、取引量が少なくなるため不安定だと言えます。

また、重要な経済指標の発表前後、各要人の発言があったときなどは、為替レートが急激に変化するためスプレッドが広がりやすくなります。


2.外為オンラインのスプレッド

スプレッド基準比較の画像

2.1 基準スプレッド

それでは、外為オンラインのスプレッドを見てみましょう。


fx-外為オンライン-スプレッド画像

上記の表を見ると外為オンラインが、スプレッド競争に全く参戦していないということが分かります。

スプレッド以外のサービス、自動売買や無料セミナー・情報の豊富さなど他社にはない強みをもっているので、独自路線を貫いているのかもしれませんね。


また、ほとんどのFX会社が『原則固定スプレッド』としていますが、外為オンラインではサイト上にその記載はありません。

しかし、以下の様に書かれていることから『原則固定スプレッド』なのではないかと思われます。


掲載するスプレッドは参考値です。
著しい流動性の低下、及び相場急変時においてはこの限りではなく、例外もございます。

(引用:外為オンライン)



また、サイト上にはスプレッド提示率に関しても情報はありませんでした。


2.2 スプレッド比較

ここでは、国内他社とスプレッドを比較してみました。


単位(pips)
FX会社米ドル/円ユーロ/円ポンド/円ユーロ/米ドル
外為オンライン1.02.04.01.0
DMM FX0.20.51.00.4
GMOクリック証券0.20.51.00.4
SBI FXトレード *0.090.30.690.19
FXブロードネット0.20.51.00.3
YJFX!0.20.51.00.4
*1,000通貨までの取引の場合



表でみると他社とスプレッドの差がはっきりと分かりますね。

ただ、外為オンラインのスプレッドは広いけれど、早朝や経済指標時は他社より落ち着いているというような声を口コミ・ツイートなどで見かけます。

それでは、実際はどうなのか検証してみましょう。




3.米雇用統計時のスプレッドの広がりは?

米雇用統計時の画像

まず、米雇用統計時において「米ドル/円」のスプレッドの動きです。


3.1【2020年2月7日(金)】

時間経過①21時29分②21時30分③21時33分
スプレッド(pips)1.04.01.0
*FXやってみた研究所調べ

①21時29分

雇用統計の画像2-1

②21時30分

雇用統計の画像2-3

③21時33分

雇用統計の画像2-2

外為オンラインののスプレッドは、米雇用統計直前まで拡大せず、発表7秒前にこの日最大値である5pointまで広がりました。

しかし、発表開始4秒後には基準スプレッドに一旦戻るという、驚異的な早さでした。
その後、再度広がるものの開始13秒後には完全に1pointに戻っていました、

この時他社はまだスプレッドが広がっている状況で、外為オンラインの戻りは相当早いものでした。


ここで、今回の米雇用統計での各社のスプレッドの最大値を比較してみましょう。


単位(pips)
FX会社基準スプレッドスプレッド最大値
DMM FX0.24.3
GMOクリック証券0.26.0
YJFX!0.28.0
外為オンライン1.05.0
FXプライム by GMO0.68.4
外為どっとコム0.28.0
*上記の中には、レート配信がストップしていたため、スプレッドの拡大が抑えられていた可能性があるFX会社があります。


外為オンラインの基準スプレッドは広いものの、スプレッドは上記の中では拡大が比較的抑えられていました。

中には基準スプレッドの40倍まで広がっていたところもあります。


3.2【2020年6月5日(金)】

2020年6月の米雇用統計時でもスプレッド検証してみました。

時間経過①21時29分②21時30分③21時33分
スプレッド(pips)1.025.01.0
*FXやってみた研究所調   

①21時29分

雇用統計の画像6-1

②21時30分

雇用統計の画像6-2

③21時33分

雇用統計の画像6-3

外為オンラインの今回のスプレッドは、新型コロナウイルス感染症の影響をかなり受けていたと思われます。

スプレッドが拡大し始めたのも通常時より若干早く、なんと25pointまで広がる結果となりました。
しかし、今回も米雇用統計発表開始7秒後という圧倒的な早さで基準スプレッドに戻りました。


ここで、今回の米雇用統計での各社のスプレッドの最大値を比較してみましょう。


単位(pips)
FX会社基準スプレッドスプレッド最大値
YJFX!0.26.0
FXTF0.110.0
FXブロードネット0.222.4
外為オンライン1.025.0
インヴァスト証券
FX24
変動制4.8
セントラル短資FX0.210.0
アイネット証券0.7~1.028.7
ひまわり証券1.028.7
(注)FXブロードネット・セントラル短資FXは原則固定スプレッド適用外


今回は、半分ほどのFX会社で通常以上にスプレッドが拡大していたと思われます。

スレッド幅だけで見ると、外為オンラインは2番目に大きく開いていたことになりますが、広がっていた時間は他社と比べるとかなり短かったと言えます。

しかし、いくら相場の影響があるといはいえ、こんなに広がるととてもトレードが出来る状態ではありませんね。


3.3  まとめ

今回の2回目の検証では、新型コロナウイルス感染症の影響がまだ残っていたようなので、通常の雇用統計時の数値としては参考には出来ませんでした。

ただ、相場が不安的なときでも通常時でも、スプレッドが拡大した後、元に戻るのは素晴らしい早さだということが、今回の検証で証明されました。


4. 早朝にスプレッドは広がるのか?

早朝スプレッドの画像

次に、早朝スプレッドについても見てみましょう。


4.1【2020年2月3日(月)】

まず、2月3日(月)の米ドル/円のスプレッドを比較してみます。

比較しているのは「FXやってみた研究所」で検証した18社のうち、早朝のスプレッドの広がり具合が小さかったTOP5のFX会社です。


単位(pips)
 基準スプレッド①午前7時00分頃②午前7時30分頃
SBI FXトレード
(1~1,000通貨)
0.090.090.09
FXブロードネット0.21.10.2
FXTF0.11.51.5
みんなのFX0.22.42.4
外為ジャパン0.22.52.0
外為オンライン1.05.03.0
*【FXブロードネット】は原則固定スプレッドの適用時間は各営業日午前8時~翌午前4時
*【みんなのFX】は午前8:00~翌日午前5:00 まで原則固定スプレッド
*【FXTF】は原則固定スプレッドの適用時間は日本時間午前8:00~翌日午前5:00
※アプリを常時開いてスプレッド値を確認していたわけではないので、最大値が記載より 広がっていた可能性があります


午前7時04分:5point
午前7時31分:3point



外為オンラインー早朝スプレッド画像     
     

上記のTOP5と比較すると、外為オンラインのスプレッドはかなり広がっているように見えますが、18社の中ではちょうど真ん中くらいの値でした。

7時15分ごろには、基準値である1pointに戻り、その後1~3pointの間で推移していました。
7時50分には完全に1pointに戻っており、他社と比較しても比較的早い方だっと言えます。


4.2 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、相場が不安定になっている日にも早朝のスプレッドを確認したところ、多くのFX会社で通常以上にスプレッドが広がっていました。

外為オンラインも、開始同時に12pointまで広がるという状況に見舞われましたが、5分後からは1~2pointの間で推移するという動きでした。

そして他社では中々基準値に戻らないFX会社や、原則固定スプレッドを適用外としていたため8時を過ぎても広がっている会社が見られました。

その中で、外為オンラインは基準スプレッドに戻るのも通常と変わりませんでした。

このことから外為オンラインでは、早朝にスプレッドは広がるものの戻りは他社より早いと言えるようです。


5.カバー先金融機関

カバー先の画像

5.1 カバー先とスプレッド

私たちが、FXトレードをする際に使われる為替レートは、インターバンク市場での取引が基になっています。

インターバンク市場というのは個人では参加できず、銀行間のみで行なわれている外国為替取引のことです。
FX会社は提携している銀行(カバー先)から提示されるレートを元にスプレッドを決めています。


スプレッドが急に拡大するのは、カバー先金融機関にトラブルが生じていたり、市場のレート急変している場合です。

安定したスプレッドが維持できるように、FX会社は複数のカバー先金融機関と提携しています。
また、数の多さだけでなく良いカバー先と提携することも重要となってきます。


5.2 外為オンラインーのカバー先

外為オンラインのカバー取引先は11社と多くはありません。


カバー先業態管轄
OCBC Securities Private Limited証券業シンガポール通貨庁
ドイツ銀行銀行業ドイツ連邦金融監督庁
株式会社三井住友銀行銀行業金融庁
株式会社アイネット証券金融商品取引業金融庁
ナットウエスト・マーケッツ・ピーエルシー銀行業英国金融行為機構
英国健全性規制機構
株式会社みずほ銀行銀行業金融庁
ゲインキャピタル・ジャパン株式会社銀行業金融庁
バークレイズ銀行銀行業英国プルーデンス規制機構金融行為監督機構
CGS-CIMB SECURITIES (SINGAPORE) PTE. LTD.証券業シンガ ポール通貨庁
シンガポール取引所
ひまわり証券株式会社金融商品取引業金融庁
株式会社ライブスター証券金融商品取引業金融庁


11社のうち、外為オンラインと同じISグループである金融取引業が3社カバー先となっており、また半数以上が国内の金融機関となっています。


6. まとめ

SBIFX-スプレッド画像4

今回の、外為オンラインの米ドル/円の【スプレッド検証】からまとめてみました。


  • 米雇用統計時のスプレッドは他社より比較的抑えられていた
  • 早朝のスプレッドは若干広がる
  • 相場が不安定な際はスプレッドにも影響するが、元に戻るのは早い

外為オンラインのスプレッドは、米雇用統計時にも若干広がりますが基準スプレッドに戻るのが圧倒的に早いという事が分かりました。

早朝でも、他社より早い段階で基準値に戻ることから、比較的安定した取引ができるFX会社と言えるのではないでしょうか。




この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。