みんなのFXのスプレッドは広がらない!雇用統計でもトップレベルで安定の画像
2021.09.15 2020.08.25

みんなのFXのスプレッドは広がらない!雇用統計でもトップレベルで安定

この記事で学べること

  • みんなのFXのスプレッドがどれくらい広がるのか
  • みんなのFXと他社とのスプレッドの広がり比較
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

みんなのFXでは主要6通貨において「スプレッド最狭水準宣言」をしているから、低コストで嬉しいって思っている人も多いかもしれませんね。

しかし、スプレッドは災害や大きなイベント・重要経済指標時に相場が急変した場合に広がることがあります。

そこで、この記事ではスプレッドが広がると言われている、米雇用統計時にスプレッドの調査を行ってみました。

この記事を読むと、みんなのFXのスプレッドがどれくらい広がるのか分かります。

調査の結果、・米雇用統計時はスプレッドの最大値が19社中一番抑えられていた
・スプレッド平均値も2番目の安定していてとても優秀だった
ということが分かりました。

みんなのFXでは、ボラティリティが高い時でもスプレッドが抑えられていて優秀でした。

また、他18社でもスプレッド調査を行い、その結果とも比較しています。
6か月間にわたる検証で、かなり信頼性が高いものになっているので最後まで読んでくださいね。

1. スプレッドの広がり調査

スプレッド検証の画像2

FXやってみた研究所では、スプレッドが広がると言われる米雇用統計時にFX会社19社のスプレッド調査を行いました。

このパラグラフではみんなのFXのスプレッド実績を確認し、どのような調査を行ったか内容をかんたんに説明しますね。

1.1 みんなのFXのスプレッド実績

まず、公式サイトで公開されているみんなのFXのスプレッド実績をみてみましょう。

(スプレッドの単位:pips)
通貨ペア基準スプレッドスプレッド提示率スプレッド最大値配信停止時間
米ドル/円0.2pips97.26%8.9pips4,044秒
(出典元:みんなのFX
*スプレッド提示率 対象期間:2021年7月19日~8月13日


みんなのFXは基準スプレッドが0.2pipsと業界最狭水準ですが、公開されているスプレッド最大値は8.9pipsとかなり広がるようです。

また、配信停止もかなり長い時間起こっていたようです。
みんなのFXでは適応時間にわけてデータを公開しているので、それを確認したところ早朝に配信停止したりスプレッドが大きく広がる傾向があるようです

実際に、米雇用統計時でのスプレッドはどうなのかみていきましょう。

1.2 スプレッド調査の内容

次に、どのようなスプレッド調査を行ったのか簡単に説明しますね。

スプレッドは、米雇用統計のような重要な経済指標の発表前後や要人発言など、相場が急変動する際に広がります

そこで、米雇用統計時にスプレッドがどれくらい広がるのか調査を行い、みんなのFXのスプレッドが安定しているのか調べてみました。

調査方法ですが、2021年の1月から6月の半年間、米雇用統計時にリアルタイムでスプレッドのデータをキャプチャしました。

みんなのFX雇用統計


22時29分(21時29分)からの3分間で1秒ごとにキャプチャを撮り、そのデータからスプレッドの平均値や最大値などをまとめています。

その結果を次のパラグラフで見ていきましょう。


調査内容の詳細を知りたい方はを以下をご覧ください。

2.米雇用統計のスプレッド調査:スプレッドは広がらない!

スプレッド検証の画像3

それでは、スプレッドの広がり調査の結果を解説していきますね。

2.1 みんなのFXスプレッド調査結果:スプレッドは安定

みんなのFXのスプレッド調査の結果を各月毎にまとめてみました。

以下は、みんなのFXの雇用統計発表時3分間におけるスプレッドの平均値と最大値です。
また、他にも調査したFX会社全19社の平均も出しています。


◆スプレッド平均値

(単位:pips)
 1月2月3月4月5月6月平均
みんなのFX0.670.710.880.910.950.710.81
19社
平均
1.651.421.822.101.681.991.73



◆スプレッド最大値

(単位:pips)
 1月2月3月4月5月6月平均
みんなのFX333332.42.9
19社
平均
7.554.579.329.487.626.017.35


みんなのFXのスプレッドは0.2pipsで、米雇用統計時のスプレッド平均値は1pips以下となっています。
そして、スプレッド最大値も毎回3pips以下というデータが出ています。


以下は、みんなのFXと19社平均のスプレッド平均と最大値を比較したグラフです。

みんなのFX 最大値と平均値


みんなのFXのスプレッド平均は、19社平均と比較してもかなり落ち着いています
また、スプレッド最大値は19社平均よりダントツで優秀だということがグラフから分かります。

みんなのFXは、スプレッド平均・最大値ともに安定していますね。

2.2 みんなのFXのスプレッドの推移

次に、みんなのFXのスプレッドの推移についてグラフから見ていきましょう。

みんな 6か月スプレッド推移


みんなのFXでは、毎回22時29分30秒ごろからスプレッドが広がっています。

そして、発表開始15秒前から発表後30秒の間で最大値まで達したあと、1pips以下で推移するという特徴があります。
また、3分では完全に基準スプレッドには戻っていません。

以下は、みんなのFXと19社平均の半年間の推移を平均し比較したものです。


3分の間、みんなのFXは19社平均よりずっと狭いスプレッドで推移しています。

みんなのFXは最大値だけでなく、平均値も19社より良い結果になっているのが推移からも読み取れますね。

3. 2021年上半期のスプレッド調査比較:みんなのFXはトップレベルで安定

スプレッド検証の画像5

このパラグラフでは、みんなのFXとそれぞれ18社の結果の詳細を比べてみましょう。

3.1 上半期のスプレッド調査の結果

以下は、19社のスプレッド最大値とスプレッド平均を表したチャートです。
左の軸が調査した3分間での「スプレッド最大値」、右の軸が「スプレッドの平均値」となっています。
傾向毎に大きく5つに分類し、それぞれ色付けをしています。

2021年上半期FX会社のスプレッドが広がる調査


みんなのFXは青色の第一分類に入っており、平均スプレッド値、及び最大スプレッド値が極めて優秀な分類となっています。

このチャートからも、みんなのFXはスプレッド平均・最大値ともにとても優秀なのが明らかになりました。


調査内容の詳細を知りたい方はを以下をご覧ください。

3.2上半期のスプレッド平均値・最大値の比較

ここでは、半年間に渡る調査期間の各FX会社の平均スプレッド、及び各月毎の最大スプレッドの平均値を見ていきましょう。

【2021年1月~6月のスプレッド平均値・最大値】

(単位:pips)
FX会社スプレッド平均値スプレッド最大値
FXトレードフィナンシャル会社ロゴ0.614
みんなのFX0.802.9
GMOクリック証券会社ロゴ1.364.8
インヴァスト証券会社ロゴ1.625.2
YJFX会社ロゴ(0.91)(4)
DMM FX会社ロゴ(1.20)(5.9)
外為ジャパン会社ロゴ(1.19)(5.9)
SBI会社ロゴ1.846.8
FXブロードネット会社ロゴ1.2811.6
FXプライム会社ロゴ2.996.2
外為オンライン1.6710.0
マネーパートナーズ会社ロゴ2.438.6
セントラル短資会社ロゴ1.847.1
アイネット証券会社ロゴ1.4313.02
ひまわり証券会社ロゴ1.6111.88
ヒロセ通商会社ロゴ2.738.8
JFX会社ロゴ2.758.8
楽天FX2.046.4
外為どっとコム2.697.1
※注意点:
本調査の期間中、FX会社の取引ツールが明らかに利用不可になったり、レートの変動が30秒以上みられなかった場合、該当月のスプレッドは「スプレッド配信停止の疑い」として比較データから除外しています。上部表で数字を()で囲んでいる箇所がスプレッド配信停止の疑いの該当箇所です。


みんなのFXのスプレッド平均は0.8pipsと2番目に良い結果でした。
一番広がっていたFX会社で2.99pips、また19社平均は1.7pipsだったので、かなり優秀だったことがわかります。

また、スプレッド最大値においては、なんと2.9pipsとダントツの1位でした。
19社平均の最大スプレッドは7.32pipsという中、とても素晴らしい結果となりました。

このように、みんなのFXのスプレッドはかなり安定していることがこの調査で明らかになりました。


各社の調査結果をもっと詳しく知りたい方はを以下をご覧ください。

4. まとめ

スプレッド検証の画像6


ここまで、みんなFXのスプレッドの半年間の調査結果を見てきました。

みんなのFXは、米雇用統計時でもトップレベルでスプレッドが落ち着いていることが分かりました。

 基準スプレッドスプレッド平均
(6か月平均)
スプレッド最大値
(6か月平均)
みんなのFX0.20.82.9
19社平均1.777.32


みんなのFXのスプレッド平均と最大値は、毎月19社平均と比べかなり優秀な結果でした。

上記の6か月間のデータをみても、スプレッド平均・最大値ともに19社平均の半分以下という素晴らしいデータが出ています。

このことからみんなのFXは相場が急変動するような場合でも、スプレッドがとても安定しているといえます。

みんなのFXはでスプレッドが2番目に優秀なので、スプレッドにおいて安心してトレードしたい人にぜひおすすめです。

この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

トップへ