2021.03.24

SBI FXトレード スプレッドが広がる時間帯に変動するか調べてみた【16社比較調査】

この記事で学べること

  • SBI FXトレードの早朝のスプレッドの動き
  • SBI FXトレードの米雇用統計時のスプレッドの広がり具合
  • 他社とSBI FXトレードのスプレッドの比較
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

SBI FXトレードスプレッドが変動幅が設定されているけど? 狭いって聞くけど実際にどうなの?」
そう疑問に思っていませんか。

この記事では、SBI FXトレードのスプレッドについて解説します。

実は、どこのFX会社でもスプレッドは基準値より広がることがあります
それは、重要な経済指標の発表前後や早朝などです。

【FXやってみた研究所】では、米雇用統計時と早朝においてスプレッドの検証をしました。

SBI FXトレードのスプレッドがどれくらい広がるのか分かるので、最後まで読んでみてくださいね。

検証の結果、SBI FXトレードは
・米雇用統計時のスプレッドは広がり具合が他社と比べ比較的抑えられている
・早朝のスプレッドの広がりは1,001~100万通貨においてはかなり広がる
・配信停止時間0秒とかなり安定している取引環境

という事が分かりました。

SBI FXトレードはスプレッドにおいて流動性が低い時を除き比較的安定しており、細かな情報が公開され透明性も高いので最も信頼できるFX会社と言えます。

今回検証を行った19社のうち見事NO.1となりました。

それでは、詳しくみていきましょう。

1. 3つのポイントからスプレッドの広がりを検証しよう

スプレッド検証の画像1

【FXやってみた研究所】が検証をする上で重要視している3つのポイントがあります。


・スプレッド提示率
・重要な経済指標の発表前後
・流動性の低い時間帯


スプレッド提示率は、FX会社がどれくらいの割合で基準スプレッドを配信しているか知ることができる大切な数値だからです。


また、スプレッドが広がりやすいといわれている経済指標の発表前後や流動性の低い時間帯に、どれくらい広がるのか検証することで、FX会社が安定しているのかどうか知ることができます。

それでは、3つのポイントについて詳しく解説していきましょう。


1.1 スプレッド提示率

国内のFX会社は最狭スプレッドを競い合っています。

しかし、多くのFX会社で提供しているスプレッドは「原則固定スプレッド」であって完全固定ではありません。

つまりスプレッドが基準より広がることがあるということですね。


いくら狭いスプレッドが提供されていても、それがどれくらいの割合で提示されているのかが重要になってきます。

それを知るために「スプレッド提示率」という指標があります。

「スプレッド提示率」とは期間中に基準スプレッドで配信できた割合(実績値)のことで、95%以上なければ「原則固定スプレッド」と名乗ることはできません


しかしながら、このスプレッド提示率の集計方法に明確な定義がないことから、自社の都合の良い方法で基準を満たしているFX会社があるようです。

そのように自社の都合の良いように集計をしているのなら、実際にスプレッドの動きを見ていくしかありませんね。

また、スプレッド提示率は公開義務がないことから公表していないFX会社もあります。


それでは、次にどういったときにスプレッドが広がるのか見ていきましょう。


1.2 重要な経済指標の発表前後

スプレッドは、米雇用統計のような重要な経済指標の発表前後に広がります。


なぜなら、指標の発表前は投資家も様子見で取引を控えるため流動性が低下し、発表後は指標の結果を見て注文が急激に増え価格が一方向に変動するからです。

また、重要な経済指標以外にも、要人の発言・突発的なイベントなどで為替レートが急激に変化する場合にもスプレッドが広がることがあります。


1.3 流動性の低い時間帯

スプレッドは、その他流動性の低い時間帯にも広がる傾向があります。


例えば、日本時間の早朝5時から8時は取引量が少なくなるため、スプレッドが広がることがある時間帯です。

また、クリスマスや年末年始の長期休暇においても、取引から離れる投資家が多いためスプレッドが不安定になります。


2.SBI FXトレードのスプレッド

スプレッド検証の画像2

まず、SBI FXトレードのスプレッドについて見ていきましょう。


2.1 SBI FXトレードの主要通貨ペアの基準スプレッド

SBI FXトレードは、取引量に応じてスプレッドが変動する仕組みをとっています。                       



(スプレッドの単位:pips)
通貨ペア基準スプレッド
(1~1,000通貨)
基準スプレッド
(1,001~100万通貨)
米ドル/円0.00~0.090.10~7.80
ユーロ/円0.28~0.300.28~15.80
ポンド/円0.5~0.690.50~18.80
豪ドル/円0.38~0.400.38~12.80
ユーロ/米ドル0.190.38~12.80
 *2021年2月16日調べ


1,000通貨までは業界最狭となっていますね。
米ドル/円の1,000通貨以下に関しては、0.00pipsと無料の場合もあるということになります。


また、1,001通貨以上においてはスプレッドは多少大きくなりますが、おおむね最安値で提示されているようです。

100万通貨までは、年々基準スプレッドの最小値が縮小されていっています。


ちなみにSBI FXトレードでは101万通貨以上は変動制スプレッドが採用されています。

また、SBI FXトレードでは、しばしばスプレッド縮小キャンペーンを行い更に狭いスプレッドを配信することもあります。


2.2 SBI FXトレードのスプレッド等に関する実績

SBI FXトレードのスプレッドが狭いことが分かりましたが、それがどれくらいの割合で提示されているのかスプレッド提示率を確認してみましょう。


まず、1,000通貨以下においてですが、全ての通貨ペアでスプレッド提示率100%となっています。


SBIFXスプレッド提示率画像

1,001通貨以上でも見てみましょう。



(スプレッドの単位:pips)
通貨ペア広告表示のスプレッドスプレッド提示率スプレッド最大値
米ドル/円
(~1,000通貨)
0.00~0.09100%0.09
(1,001~100万通貨)0.10~0.2096.19%7.8
*2021年01月11日~2021年02月05日のデータ


更に米ドル/円においては、毎日のスプレッドの配信実績をサイトで公開しています。


SBIFXスプレッド実績日次の画像

0.1~7.8pipsが基準スプレッドとなっていますが、ほとんどの割合で0.1~0.2pipsで配信できていますね。
その内0.1pipsで配信出来ていることの方が多いのは素晴らしいですね。


また、更に細かな配信実績のデータも公開しています。



SBIFX2月スプレッド配信実績

特にこういったデーターの公開義務がないのに、ここまで細かく公表しているFX会社は他にありません


SBI FXトレードが顧客へ適正性・透明性がある取引環境を提供することに全力で取りくんでいるという姿勢がみられますね。

それでは、スプレッドが広がるといわれている、米雇用統計時と早朝でスプレッドの広がりがどうなのか検証してみましょう。


2.3 SBI FXトレードのレート配信停止時間

最近では、提示スプレッドが広告異なる事となった理由、配信停止時間、配信停止理由も公表するようになっています。

金融先物取引業協会の「広告等の表示及び系親類の提供に関する自主規制規則第9条に関する細則」に基づき、各社開示を始めたようです。


ここで、サイト上で公開されているSBI FXトレードの米ドル/円の配信停止時間を見てみましょう。


配信停止時間配信停止理由
0秒
対象期間:2021年1月11日~2月5日


対象期間に配信停止は一切ありませんでした。 

レートの配信停止はカバー先金融機関の影響で、どこのFX会社にも起こり得ることです。

しかし、SBI FXトレードではなかったということは、それだけしっかりとしたカバー先金融機関と提携しているのかもしれませんね





3.米国指標発表時のスプレッドの広がりを検証

スプレッド検証の画像3

まず、米雇用統計時における米ドル/円のスプレッドを検証してみましょう。

米雇用統計の発表時はレート急激に急変動するためスプレッドも広がります


そういった広がりやすい際に検証をすることで、そのFX会社のスプレッドが安定しているかどうか知ることができます。


【FXやってみた研究所】では、2021年の1月と2月の米雇用統計時にリアルタイムでスプレッドのデータをキャプチャしました。

22時29分からの3分間で1秒ごとにキャプチャを撮り、それをグラフにまとめたものが以下になります。


SBIFX 米雇用スプレッド推移

検証の結果、SBI FXトレードのスプレッド最大値は抑えられていました


なお、今回の検証は1,001~100万通貨までのスプレッドで行っています。

それでは、米雇用統計時のそれぞれの動きを確認してみましょう。


3.1 米雇用統計時のスプレッド検証【2021年1月】


下図は米雇用統計時のSBI FXトレードの注文パネルです。


SBIFX米雇用統計の画像①
 基準スプレッドスプレッド最大値スプレッド平均値
スプレッド(pips)0.1~7.804.81.30
*22時29分から32分までの計測したデーター


この日のスプレッドの最大値は4.8pipsと抑えられていました。


発表開始20秒前に最大値まで広がり、22時31分10秒頃にスプレッドの最小値である0.1pipsに戻りました。

完全にスプレッドが戻ったのは早かったと言えます。


この日のスプレッド平均は1.3pipsですが、最大値のまま30秒ほど維持していたのでそれが影響していますね。


なお、この米雇用統計で動いたレートは33.2pipsでした。


3.2 米雇用統計時のスプレッド検証【2021年2月】

次に、2021年2月の米雇用統計時について見てみましょう。


SBIFX米雇用統計の画像2
 基準スプレッドスプレッド最大値スプレッド平均値
スプレッド(pips)0.1~7.804.81.79
*22時29分から32分までの計測したデーター


この日は29分の時点で最安値の0.1pipsから0.2pipsになっていました。

また、最大値は4.8pipsと抑えられているものの、維持している時間が1月より若干長くなってしまいました。

その影響がスプレッド平均に表れてしまっていますね。


ただ、今回も最大値から0.2pipsに落ち着くのは早かったです。


ちなみに、この米雇用統計で動いたレートは30.2pipsでした。


3.3 米雇用統計時の検証まとめ

今回の検証結果から米雇用統計時のまとめをしたいと思います。


 基準スプレッドスプレッド最大値スプレッド平均値
スプレッド(pips)0.1~7.804.81.54
*1月と2月の平均を取ったデータ


SBI FXトレードのスプレッドは、広がり具合が抑えられており、また基準スプレッドの最安値(0.1~0.2pips)に戻るのもとても早かったと言えます。

ただ、最大値である4.8pipsを維持していた時間が若干長かったのが、スプレッド平均に影響してしまいました。


米雇用統計時の動きを総合的に判断すると、比較的安定しているといえます。


4. 早朝スプレッドの広がりを検証

スプレッド検証の画像4

次に、月曜日早朝の米ドル/円のスプレッドを検証してみました。

というのも、早朝は流動性が低くなるためスプレッドが不安定になりがちです。

ここでは、早朝のSBI FXトレードのスプレッドが安定しているのか確認してみましょう。


以下のグラフは、SBI FXトレードの月曜日のスプレッドを、実際にリアルタイムでキャプチャを取り、データにまとめたものです。

7時01分からの5分間で2秒ごとにキャプチャを撮り、それをグラフにまとめたものが以下になります。
(SBI FXトレードは午前7時までメンテナンスのためログインできず、ログインし注文パネルを開いたのが7時1分を過ぎてからになります。)


SBIFX 早朝スプレッド推移

1,001通貨から100万通貨においてはある程度広がることがわかりました。 


それでは、詳しくみていきましょう。


4.1 早朝のスプレッド検証【2021年1月25日(月)】


以下は、2020年2月3日月曜日早朝のSBI FXトレードの注文パネルをキャプチャしたものです。



【1,001~100万通貨まで】

SBIFX早朝スプレッド画像
 基準スプレッドスプレッド最大値スプレッド平均値
スプレッド(pips)0.1~7.807.87.8



1,001~100万通貨において、トレード開始時間直後にスプレッドが7.8pipsとかなり広がっています。

上記画像で分かるように、7時5分になってもそのまま最大値が維持されており、広がりが小さくなっていくのは6分以降でした。


6分には4.8ips、13分には3.8ipsとそこから徐々に落ち着いていきますが、8時ちょうどの時点でも基準スプレッドの最小値には戻っていませんでした。


ちなみに、1,000通貨以下に関しては全く広がらず、スプレッド提示率100%が事実だという事が証明できました。


4.2 早朝スプレッドの検証まとめ

SBI FXトレードの早朝スプレッドについて見てみました。


月曜日の早朝のスプレッドは、1,001~100万通貨までにおいてはかなりスプレッドが広がる結果となりました。

また、最大値を5分間維持しているので、朝7時からの5分間のスプレッドはあまり安定しているとはいえないですね。


一方で、1,000通貨以下においてはかなり安定していました。


5. SBI FXトレードのスプレッドと上位3社比較

スプレッド検証の画像5

SBI FXトレードの米雇用統計時や早朝のスプレッドは、他社と比べるとどうなのかここで見てみましょう。


5.1 【米雇用統計時のスプレッド】SBI FXトレードと他社比較

まず、SBI FXトレードの米雇用統計時のスプレッドを他のFX会社と比べてみましょう。


以下は、SBI FXトレードと今回検証した19社平均を比較したグラフです。

また、2021年1月と2月の米雇用統計時のデーター平均をとっています。



SBIFX米雇用tスプレッド推移比較 (スプレッドの単位:pips)
 基準スプレッドスプレッド最大値スプレッド平均値
SBI FXトレード0.1~7.84.81.54
19社平均0.35.971.53
GMOクリック証券0.24.71.31
YJFX!0.24.00.95



SBI FXトレードのスプレッド最大値は平均と比べ抑えられていました。

しかし、スプレッド平均値は19社平均と同じくらいという結果でした。


最大値は大きくないけれども、それを維持している時間が若干長いのが、スプレッド平均値に影響してしまっていますね。

ただ、毎回0.1~0.2に戻るのは早いとえいます。


総合的に判断すると、SBI FXトレードの米雇用統計時のスプレッドは比較的安定していました。


5.2【早朝スプレッド】SBI FXトレードと他社比較

次は、SBI FXトレードの早朝のスプレッドを他社と比較してみましょう。


以下は、2021年1月25日(月)の午前7時00分から5分までのスプレッドを19社平均と比較したグラフになります。


SBIFX早朝スプレッド推移比較 (スプレッドの単位:pips)
 基準スプレッドスプレッド最大値スプレッド平均値
SBI FXトレード0.1~7.87.87.8
19社平均0.37.745.94
GMOクリック証券0.28.05.98
YJFX!4.04.03.90
*SBI FXトレードは午前7時までメンテナンスのためログインできず、開始できたのが7時1分を過ぎてからになります。


SBI FXトレードのスレッドは、最大値はほぼ19社平均と同じですが、スプレッド平均値は19社平均より大きくなってしまいました。

早朝のスプレッドは、各社それぞれ動きが全く異なります

SBI FXトレードのように最大値を5分間維持しても、その後比較的落ち着いた幅で推移するFX会社があれば、最大値の広がりは比較的抑えられていたとしても、その後もある程度広がったスプレッドで推移するFX会社もあります。


午前7時ちょうどからの5分間だけで判断すると安定しているとはいえませんね。

一方で、少額の1,000通貨までであれば、スプレッドが一切広がらず安定していました。


5.3 SBI FXトレードと他社のスプレッド比較【まとめ】

SBI FXトレードの米ドル/円のスプレッドは、他社と比べるとどうなのかここで見てみましょう。


(スプレッドの単位:pips)
 基準スプレッドスプレッド提示率廃止停止時間
(1日あたり)
スプレッド検証記事
SBI FXトレード0.1~0.196.4%0秒
19社平均0.397.43%27.25秒
GMOクリック証券0.297.33%5.6秒詳細記事
YJFX!0.299.24%52.8%詳細記事
*配信停止の対象期間:2021年1月11日~2月5日
*YJFX!の配信停止の対象期間:2021年1月14日~2月5日まで
*スプレッド提示率は2020年2月10日時点で確認した最新のデータです。


上記のスプレッド提示率もSBI FXトレードは01-0.2pipsにおいてのデータとなっています。
スプレッドは、ほぼ最安値で安定して配信されているということですね。



スプレッド提示率は、明確な定義がないことから自社の都合の良いように計測しているFX会社もあるようです。
しかし、SBI FXトレードでは日次で全時間帯の全提示価格を対象に適切性を確認しているという事です。

スプレッドの取扱は、FX会社がトレーダーにサービスを提供する上での根幹であるという考えからだそうです。

そのため、他社の様に最低限のデーター公開だけでなく、より細かなスプレッドの情報やスリッページ実績なども公開しているんですね。


ここまで適切性や透明性のある取引環境を提供しているFX会社は少ないのではないでしょうか。


更には、配信停止時間は0秒と19社平均や他社よりずば抜けて優秀です。

SBI FXトレードは安定した取引環境を提供しているFX会社といえます。


6. まとめ

スプレッド検証の画像6

【SBI FXトレードのスプレッド評価】

スプレッド配信停止時間米雇用統計時
スプレッド
早朝スプレッド
*「基準スプレッド」は狭さで評価しています。
*「透明性」はスプレッド提示率など情報をどれくらい公開しているかを基準にしています。
*「配信停止時間」は公表されている停止時間の長さから評価しています。


  • 米雇用統計時のスプレッドは最大値が抑えられている 最大値は比較的抑えられており、基準スプレッドにでほぼ落ち着くのは比較的早い
  • 早朝のスプレッドは広がりが大きい 最大値は7.8pipsと大きくそのまま5分維持していた。
  • 1,000通貨以下においては、スプレッドは一切ひろがらない。 早朝、米雇用統計時も0.09pipsより広がることはなかった。


ここまで、スプレッドについて検証してきました。
総合的にSBI FXトレードのスプレッドを評価したところ、19社中1位という素晴らしい結果になりました。


SBI FXトレードのスプレッドは、早朝のスプレッドは安定しているとはいえないけれど、米雇用統計時のスプレッドは最大値は抑えられており比較的安定していることがわかりました。


しかし、ここまで情報を事細かく公開しているFX会社は他になく、公正性や透明性が高く信頼できるFX会社だと言えます。

更には、ほとんどのFX会社で配信停止していましたが、SBI FXトレードでは0秒という安定している取引環境であることもNo.1となった理由です。


SBI FXトレードは、スプレッドにおいて透明性が高く最も信頼できるFX会社です。
安定した取引環境でトレードをしたい人にぜひおすすめです。





この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

FX会社ランキング
【最新版】

  • 1
    1通貨から取引できるSBI FXトレード!
    スプレッドの透明性がおすすめ!
  • 2
    スプレッド調査の結果が一番だったYJFX!
    朝の時間帯も実はおすすめ!
  • 3
    FX取引高世界1位の総合力がおすすめ!
    GMOクリック証券【FXネオ】