審査を通過するための4つのコツ!大学生のFX口座開設法完全版の画像
2021.09.27 2021.07.01

審査を通過するための4つのコツ!大学生のFX口座開設法完全版

この記事で学べること

  • 大学生がFX口座を開設することができるのか?
  • 学生が審査に通りやすくするためのコツ
  • 学生でも審査が通りやすいFX会社
山口 遼平の写真
この記事のライター 山口 遼平

プロトレーダーに師事を仰ぐ兼業トレーダー。当サイトでは、プロの成功体験から得たノウハウを『FXで勝つための心得』として発信している。

大学生のうちからFXを始めて、仕事以外の収入源を確保したいと考えている人も多いと思います。

しかし、そもそもFXは大学生や専門学生の学生でもFX口座を開設することができるのでしょうか?

結論から言うと学生でもFX口座を開設することができます。しかも、一部FX会社は18歳以上であれば、高校生でも口座開設を認めているところも存在します。

本記事では、高校生や大学生を含めた学生が口座開設する方法と比較的審査の通りやすいFX会社をご紹介します。

また、学生がFXで勝つための勉強法についても解説していますので、ぜひ参考にして賢いトレード生活を送ってください。

学生でも比較的審査の通りやすいFX会社が知りたい方は、下記を参考にしてください!

1. 大学生にFX口座は開設できるのか?

学生口座開設1

冒頭でもお話した通り大学生でもFX口座を開設することはできます。FX会社のよくある質問でも下記のように可能と回答されています。

Q:アルバイトや学生、主婦の場合、口座開設はできますか?
A:いずれも口座開設基準を満たしているお客さまであれば口座開設は可能です。

しかし、大学生でも年齢によって条件が異なります。一般的にFX会社は成人となる20歳以上から口座開設を受け付けています。つまり、19歳以下の未成年は口座を開設することができません。(一部会社を除く)

そのため、年齢によって口座開設手順が異なります。年齢にようる口座開設条件は以下の通りです。

20歳以上:あらゆるFX会社の口座開設が可能
19歳以下:一部FX会社を除き口座開設が不可能

本記事では、19歳以下の学生も想定した口座開設方法をご紹介します。未成年の方でも口座開設の申請ができますので安心してください。

ここでは、年齢制限についてお話しましたが、年齢さえクリアしていれば誰でも口座開設できるわけではありません。次の章で学生が口座開設する時のコツをご紹介します。

2. 学生が口座開設するためのコツ

学生口座開設2

学生はサラリーマンなどの社会人に比べると社会的信用は低いため、審査に落ちることもありえます。
そこで重要になるのが申請時の対策です。どうせ申請するならできるだけ不安要素は取り除いて申請すべきです。ぜひ参考にしてください。

2.1. 少額取引可能のFX会社を選ぶ

最初のポイントは、少額取引可能のFX会社を選ぶことです。
少額取引とは、1回のトレードで最低限必要な通貨量が少ない取引のことです。一般的にFXの最低取引通貨量は1万通貨(米ドル/円だと最低約25万円必要)に設定されています。

しかし、一部のFX会社では1,000通貨やもっと少ないところでは、1通貨(米ドル/円だと最低約4円)からの少額取引ができるところがあります。

つまり、「少額取引可能 = 資産の少ない層をターゲットにしている」と言えるため、資産の少ないであろう学生も受け入れやすいと言えます。

また、口座開設可能年齢が資産が少ないであろう18歳からとしている会社も狙い目です。

ちなみに、この最小取引通貨量が1円から、18歳から口座開設可能の二つの条件を満たすFX会社が1社だけあります。その会社はSBI FXトレードです。会社の詳細は後ほどご紹介します。

2.2. 資産と投資額のバランスをとる

会社選び以外で最も重要な資産と投資額のバランスです。

例えば、20万円の資産で20万円全てFXに投資すると申請したとします。こんなギャンブルのようなトレードをFX会社が認めるとは思えません。
特に収入が安定していない学生は、このようなギャンブルのような選択は絶対に避けましょう。

投資金の目安は資産の20%以下です。おそらく割合が低いほどリスクも小さくなるため、できるだけ最初の投資金は低めに申請しましょう。

2.3. 申請情報は一語一句間違えない

申請時の住所や氏名などの個人情報は、本人確認書類と完全一致にして提出しましょう。
なぜなら、当サイトスタッフが住所の表記を簡略化(例:「100番地1」を「100-1」)して申請したところ審査に落ちた経験があるからです。

ここでは、個人情報確認書類(免許証など)を使って、申請者が本人であるか、年齢など口座開設条件を満たしているかを確認します。

誰が見ても同じ住所とわかっても、審査では完全一致を求められることがあるので注意しましょう。

2.4. 複数社申請する

口座開設の審査基準は一律でなく各社それぞれ異なります。そのため、A社がダメでもB社だと審査に通ることがあります。

口座開設の申請は無料でできるため、大学入試の滑り止めと同じ感覚で複数社に申請することをおすすめします。

審査に通らなかった場合は、数ヶ月間再申請できなくなりますが、再申請できなくなるわけではありません。
どうしても今すぐ始めたいという方はぜひ複数社申請してみてください。

3. 学生の口座開設に必要なもの

学生口座開設3

学生の口座開設に必要なものは、成人(20歳以上)か未成年(19歳以下)かで変わってきます。

成人・未成年共通【本人が準備】
①未成年者本人のマイナンバー確認書類 1点
②未成年者本人の本人確認書類 2点

未成年のみ【未成年の親権者が準備】
③法定代理人であることを証する書面 1点
④法定代理人の本人確認書類(免許証等) 親権者が2名(例:父と母)の場合は各1点
⑤未成年者の取引に関する同意書 1点

成人していれば比較的簡単に用意できる書類のみです。しかし、未成年の場合は親権者の同意が必要となるため少し手間です。
必然的に親にも知られることになるので慎重に進めましょう。

以上のものを準備できる方は、次の章でご紹介する学生でも審査が通りやすい少額取引可能のFX会社で早速口座開設をしてみましょう。

もっと詳しく未成年・大学生の口座開設方法が知りたい方は、『18歳でも審査が通る!未成年のためのFX口座開設方法!』で詳しく解説していますので是非参考にしてください。

4. 学生におすすめのFX会社

学生口座開設4

今回ご紹介する会社は、全て1,000通貨以下の少額取引できる学生向きの会社で、その内の1社は18歳からの口座開設を認めている会社です。

また、参入ハードルが低いだけでなく、スプレッド(手数料)が安く、申請翌日に口座開設できた会社を厳選しています。学生の最初のFX会社にピッタリですので、ぜひ参考にしてください。

FX会社最小取引通貨高校生
(18歳以上)
スプレッド
(手数料)
口座開設までの期間(当サイト申請実績)公式サイト
SBI会社ロゴ
1通貨翌営業日詳しく見る
YJFX会社ロゴ1,000通貨翌営業日詳しく見る
FXブロードネット会社ロゴ1,000通貨翌営業日詳しく見る

4.1. SBI FXトレード

SBI-FXトレード

SBI FXトレードは、国内最少の1通貨からの少額取引が可能、さらに資金力が低い18歳から口座開設ができる唯一のFX会社です。
1通貨(約4円)を売りにしているので、普通に考えて口座開設に100万円用意してくださいと言わないでしょう。

また、SBI FXトレードはスプレッド(手数料)も業界最狭水準で安くお得にトレードできるのもポイントです。

さらに多くの会社が公開したくない、スプレッドに関するネガティブな情報を公開している点も会社としての透明性が高く信頼できます。

今なら、口座開設時に500円プレゼントのキャンペーンもしていますので、ぜひSBI FXトレードで口座開設してみてください。

4.2. 外貨ex byGMO

外貨ex byGMO 見出し2

外貨ex byGMOは大手YAHOOグループと信頼性の高い会社です。1万通貨からが一般的のFX業界で、1,000通貨の少額から取引できる数少ないFX会社です。
外貨ex byGMOも、少額で始める層を想定していることからも一般的な会社よりは審査が通りやすい印象です。

外貨ex byGMOの売りの一つが、スプレッド(手数料)の安定性です。
スプレッドが広がりやすい(手数料が高くなりやすい)時間帯(米雇用統計発表時と早朝)を当サイト独自に調査した結果、調査した19社の中でTOPレベルの安定性を記録しました。

また、取引ツールの使い勝手の良さもおすすめできるポイントです。特にカスタマイズ性の高い「外貨exアプリ」というスマホ版アプリの使い勝手は業界でも随一。(Apple Store、Google Playの評価どちらも4.0以上)
アプリなら外出中にサクッとトレードできるのでおすすめです。

4.3. FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネットも1,000通貨から取引可能な貴重なFX会社となります。先の2社同様、少額トレードのユーザーも受け入れているため、審査は他社より通りやすい印象です。

またスプレッドも安定しておりコストを抑えながらトレードしたい人におすすめです。

そして、FXブロードネットの大きな強みは、初心者から上級者まで多種の無料セミナーを開催していることです。(コロナウイルスの影響で現在は中止しています。)
オンラインが主流な最近では珍しい会場型なので、プロの声と会場の雰囲気を直に味わえてオンラインよりも濃い体験ができます。

5. 学生におすすめの勉強法3STEP

学生口座開設5

ここからは口座開設後の勉強法についてのお話です。具体的に何を勉強していけばいいかわからない方は是非参考にしてください。

本章では、学生の取り組むべき勉強法を下記の3STEPで解説します。このステップを一つ一つ着実に上がっていけば、FXの世界で長く生き残れることを保証します。

【STEP1】基礎を学ぶ
【STEP2】デモ・少額トレードで試す
【STEP3】本番トレードで稼ぐ

FXは楽して稼げません。時間をかけて勉強してやっと勝てるようになる投資です。すぐ稼ぎたいギャンブル欲を抑えて着実にステップアップしましょう。

5.1. 【STEP1】基礎を学ぶ

はじめはトレードをするために必要な最低限の基礎知識を身につけます。

基礎知識の内容は大きく以下の3つです。

・FXの構造・仕組みの理解
「為替が動く仕組み」と「レバレッジの仕組み」を覚える。
・必須知識の理解
トレードスタイル、分析手法、通貨ペア、取引時間帯の特徴を学び自分の性格やライフスタイルにあったものを探す。
・専門用語の理解
FXには多くの専門用語がありますが、「Pips(ピプス)」、「取引通貨量」、「スプレッド」の必須用語は必ず覚える。

基礎の土台を整えたら実践ステップに向かいましょう。

5.2. 【STEP2】デモ・少額トレードで試す

基礎知識を学んだら実践です。

まずは本番トレードではなく無料のデモトレードか数千円の小額トレードを試して慣れていきましょう。

おすすめは少額トレードで、千円単位であればリスクを抑えながらも緊張感のあるトレードができます。つまりその分早く本番トレードに進むことができます。

STEP2で実践することは下記の3つです。

・学んだことを試す
STEP1で学んだことを実際のトレードで試す。
・試すことで「トレードスタイル」、「為替チャート」、「分析」、「注文方法」、「トレード記録」に慣れる。
・トレードルールの構築
本番に進む前に自分だけの勝てるトレードルールを構築する。特にトレードルールは勝つための必須アイテムです。

このトレードルールがFXの勝敗を分ける重要なポイントです。

トレードルールを作る過程は数行では語ることができないため、詳細を知りたい方は下記リンクのSTEP2から読んでその重要性を理解してくだいさい。

5.3. 【STEP3】本番トレードで稼ぐ

自分だけのトレードルールができたらいよいよ本番トレードです。ここではトレードルールを運用して稼ぐことが目的です。

稼ぐといってもいきなり数百万円の大金で始めるのは危険なので、学生であれば10万円程度から始めて月利5%を狙うとリスクを抑えて運用できます。

初めから全てうまくいくことはありません。もしトレードルールがうまく機能しない場合はデモ・小額トレードに戻るのも手です。

本番トレードになった途端、投資金が高くなり感情という悪魔が現れます。感情に惑わされずトレードルールを厳守することに集中しましょう。

安定してきたら、2%ルールを3%、4%と上方修正していき利益を増やしていきましょう。



ここまで勉強方法3STEPで解説しましたが、現時点では稼ぐまでの全体像だけ理解していただければ問題ありません。

さらに深く勉強方法を知りたい場合は、下記リンクに全てをまとめたページがありますのでご参照ください。

6. 学生のよくある質問【Q&A】

学生口座開設6

FXの始め方がわかり口座開設へ進みますが、その前に学生ならではのよくある質問をまとめました。

税金や親バレなど始める前に知っておきたい内容なので是非目を通してください。

6.1. 学生の良くある失敗例

学生の良くある失敗例は以下の3つです。

・根拠のない上がるか下がるかのギャンブルのようなトレード
・高利益を狙った資産以上の高レバレッジのトレード
・もったいないと損切り(負け決済)できないまま損益を拡大

どれも勉強法【STEP2】で解説したトレードルールがあれば防げた失敗です。必ずルールを設けて感情的なトレードにならないようにしましょう。

6.2. バイトしてるけど税金どうすればいい?

学生でもFXで利益をあげたら納税義務が発生します。

納税の条件はアルバイトなどの給与所得があるか・ないかで違います。

・FXのみの収入であれば年間48万円以上
・給与所得がある場合は年間130万円以上

上記条件を満たした場合は確定申告が必要となりますので、利益が出てきたら注意しましょう。

6.3. 親にバレないようにできる?

回答は、「18歳と19歳の学生はできない。」「20歳以上はできる。」です。

日本では20歳以上から成人として扱われるため、未成年扱いの18歳と19歳は親権者の同意を得ないと口座を開設することができません。
未成年の場合は必ず親に相談しましょう。

6.4. 口座の残高がマイナスになるとどうなる?

追証(おいしょう)という、不足分を入金する催促がFX会社からきます。期日内に入金できれば問題ありません。

しかし、追証を無視するとFX会社や金融機関からメールや電話で催促される様になり、ブラックリストに入ったりいいことは何もありません。
無理のない取引を心がけましょう。

6.5. 口座開設までの期間

FX会社や申請状況によっては異なりますが、ほとんどの会社が翌営業日に口座開設可能です。

本記事でご紹介しているFX会社は全て翌営業日に口座開設できた会社です。早く始めたいという方はぜひ参考にしてください。

FX会社最小取引通貨高校生
(18歳以上)
スプレッド
(手数料)
口座開設までの期間(当サイト申請実績)公式サイト
SBI会社ロゴ
1通貨翌営業日詳しく見る
YJFX会社ロゴ1,000通貨翌営業日詳しく見る
FXブロードネット会社ロゴ1,000通貨翌営業日詳しく見る

6.6. FX会社は国内と海外どっちがいい?

断然金融庁の取引許可を得ている国内FX会社です。

まず海外FX会社には詐欺という危険が潜んでいます。
全ての海外FX会社ではないですが、高額のシステムを売りつけてきたり、稼いだお金の出金拒否といったリスクがあります。

また学生のような社会経験の少ない若者を狙った詐欺事件も多発しています。
学生は詐欺の心配のない国内業者を選びましょう。

7. まとめ

学生口座開設7
  • 大学生でもFX口座を開設することはできます。申請時は特に気をつけるポイントは以下の通りです。 狙い目のFX会社:少額取引と未成年から口座開設を受け入れている会社。
    申請時の注意点:資産と投資額のバランスをとる。
  • 学生におすすめのFX会社は下記の3つ。 ・SBI FXトレード ・外貨ex byGMO ・FXブロードネット

大学生でも専門学生でも、FX口座を開設することができることは理解して頂けたと思います。

学生のうちから投資の経験をすることは、就職活動や人生においても大きなアドバンテージになります。しかし、そのアドバンテージを得るには、安定して稼げるようにならなければなりません。

本サイトでは、本記事で紹介した初心者のための勉強手順を1から10まで解説しています。もしどうやって勉強すればいいかわからない方は、下記リンクから読んでみてください。

この記事のライター

山口 遼平の写真

山口 遼平

プロトレーダーに師事。その成功までの努力と労力の多さを知り『FXは楽して勝てない』ことを痛感。 当サイトでは、FXで勝つための心得を発信している。努力をすればFXで必ず勝てる。

トップへ