FXを真剣に勉強したい人必見!アプリを使った効果的な勉強・学習法!の画像
2021.08.13

FXを真剣に勉強したい人必見!アプリを使った効果的な勉強・学習法!

この記事で学べること

  • FXの学習に役立つアプリ3選
  • アプリで学習した効果を実践するデモ口座
石川 一行の写真
この記事のライター 石川 一行

FX歴2年、今は育児に追われる兼業トレーダー。本業があるため大きな投資は行っていないものの、月間は安定した成績をマーク。

現役トレーダーの筆者がFXを始める前に思ったのは、勉強しなきゃいけないことが山ほどあるのはわかるけど、何から手を付けていいかわからないということでした。

今回の記事では書籍やインターネットサイトではなく、スマホアプリに絞って教材を紹介したいと思います。スマホアプリ教材はデモトレード形式を取っているので、書籍やサイトで学ぶよりも実践に近いというメリットがあります。

また実際の証券会社のデモトレードを行えるアプリもご紹介します。基礎学習を行うアプリ教材、本当の証券会社を利用したデモトレードを使いながら理解を深めていくことが大切です。

スマホアプリで学んだあとに実践の場に活かす勉強法3STEPも記載しますので何も知らない初心者の方から、トレードを始めた中級者の方までぜひ参考にしてください。

1. FXの基本を勉強できるアプリ3選

FXの基本を学べるアプリ

スマホアプリでは書籍やインターネットサイトとは違い、読んで終わりというわけではありません。
アプリ内の値動きでデモトレードも行うことが出来、実際のFXの空気感を知ることが出来るのが大きな違いになります。

出かける際にもスマホを忘れるということはないと思いますので、出先のスキマ時間にでも少しずつ勉強とデモトレードを同時に行える点はメリットとなります。

1.1.FX初心者ガイド

FX初心者ガイド

FX初心者ガイドはFXの基礎からデモトレードまでを教えてくれるため、初心者向けオススメアプリNo.1となっています。

アプリ内の記事ではテキストとマンガを選ぶことができて、活字がニガテと言った人も安心して使うことが出来ます。
FXとは何?というところから、チャートの読み方、分析の仕方までをマンガで覚えることができて、かつデモトレードまで行うことが出来るのは便利ですね。

こちらのアプリはFXをまったく知らない方がインストールして、実際にトレードを始めるまでサポートしてくれるアプリになっています。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

1.2.FXなび

FXなび

FXなびは実践形式の学習が多いアプリ教材です。FXの基本をマンガ形式で解説してくれるので、こちらもまったく触ったことのない初心者の方向けのアプリとなります。

FXなびではデモトレードをメインにしていて、実践形式で学びながら学習を並行して進めていく形式です。

学習を進めるごとに、デモトレードの機能が徐々にアンロックされていくように設計されているので、FXなびを利用する上でまず何からすればいいかで迷うことはありません。
学習についてもイラストが豊富でわかりやすいです。

その他にもコラムやニュース、YouTuberの新着動画の情報など、トレードに役立つ情報の配信も行っているので、デモトレードを行いながら平行して様々なことを学ぶことが出来るアプリとなっています。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

1.3.FXバーチャルトレード

FXバーチャルトレード

FXバーチャルトレードは主に実践形式で学んでいく形式のアプリ教材となります。
アプリ内に学習項目があり、FXの基礎については十分勉強することが出来ます。

しかしFXなびと違い、始めから色々なトレード機能が利用できるので、こちらのアプリのがより早く実践形式で勉強できる構造になっています。

大きな利点はトレードバトルができるという点です。
トレーダーのバーチャルトレードの結果がランキング形式で発表されるので、自分が利益を最大化できていたのかなどが客観的にわかるようになっています。
決して稼いだ額だけが正しいわけではありませんが、継続してランキング上位に食い込むことが出来れば、本番トレードでも安定して勝てると可能性があると言ってよいでしょう。

色々な注文方法にも対応していて、OCO注文、IFD注文、IFO注文といった成行注文以外の方法も豊富です。
自分が実際に本番トレードを行うようにバーチャルで注文できるのは、このアプリならではのメリットになります。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

2.FXを実践で勉強するためのアプリ3選

FXの実践練習におすすめのアプリ

FXを実践で勉強するためにデモトレードを行えるアプリを紹介します。

今回紹介するアプリは証券会社のアプリとなっており、こちらは実際の現場で動いている値動きとまったく同じで、資金だけが架空のお金というものになっています。

証券会社のアプリを使うので、アプリのインターフェースも本番と同じです。本番と同じ環境で練習を行えるため、今まで勉強してきたことを活かして通用するかどうか試してみましょう。

練習環境なので取引ツールの使いやすさを重視した構成になっています。
さらに、FX会社のデモトレードアプリは練習後の本番にそのまま移行することも想定して、スプレッド(手数料)が安く・安定している会社を厳選しました。

アプリストア
評価
アプリの使い勝手デモトレード期間本番への移行のしやすさ公式サイト
YJFX会社ロゴ
30日間詳しく見る
DMM FX会社ロゴ
3ヶ月詳しく見る
GMOクリック証券会社ロゴ
1ヶ月詳しく見る

2.1. YJFX!『外貨ex』

YJFXアプリ

日本の大手企業のYahoo! JAPANグループ、YJFX! の「外貨ex」と言うアプリです。

このアプリの特徴は高いカスタマイズ性にあります。

トレーダーにとってカスタマイズ性は非常に大切で、分析を行うときやニュースを取得するときに、自分の欲しい情報がすぐに入手できるかというのはアプリを選ぶ上で大事なポイントです。

アプリのカスタマイズ性がよいから証券会社をここにした、というトレーダーも多くいるほど、選ぶ理由としては優先度が高いです。

特にチャート画面では画面を4分割しして分析を行うことが出来ます。

異なる時間足を表示しながらの分析や、たとえば米ドル/円、ユーロ/円といった円絡みの複数チャートを見ながら分析と言ったように使うことが出来ます。

スプレッド(手数料)も安定して低く設定されています。
チャンスだと思ってエントリーしたけど、スプレッドが開いていた時間帯だった…といった失敗も起こりにくいのはとても評価できますね。

YJFX! の外貨exはトレード始めたてのひとから、自分好みの分析方法を持っている人にオススメです。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

2.2. DMM FX『DMM FX バーチャル』

DMMアプリ

DMM FXも大手証券会社で、口座開設数は国内最大手の証券会社となっています。DMM FXが提供しているアプリが「DMM FX バーチャル」となります。

こちらのアプリの特徴はなんといっても操作性の高さです。
少ないタップ数で操作できるようにデザインされていて、エントリーから決済まで数秒、数分といった取引でも対応できるのが強みとなります。

逆にこの特徴からカスタマイズ性に乏しい点はデメリットとなりますが、一長一短といったところでしょう。

また、重要な経済指標結果を知らせるアラートも大きな強みです。
重要指標は相場が大きく動くきっかけになりますから、結果を見てからエントリーまで同じアプリ内で出来るのは非常に便利です。

DMM FX バーチャルは、シンプルなインターフェース操作、初心者にもわかりやすいアプリを求めている人に最適です。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

2.3. GMOクリック証券『GMOクリック FXneo』

GMOアプリ

取引高8年連続No.1の証券会社、GMOクリック証券のアプリで「GMOクリック Fxneo」

このアプリの特徴は使える機能が豊富ということです。

チャート分析ではトレーダーがそれぞれチャートに書き込む描画機能も意識されます。
横線や斜め線だけでなく、聞いたこともない描画ツールを使うトレーダーも中には存在しますので、描画ツールはあればあるだけ対応力が高いと言えます。

その他でも操作性もシンプル、経済カレンダーで直近の経済イベントも確認できるなど、機能については一通り何でも使えるといったアプリとなっています。

スプレッド(手数料)の安さなど、実際のトレードの機能についても十分高評価な証券会社です。

GMOクリック FXneoは色々な機能を使ってみたい方、描画ツールを使った高度な分析をしてみたい方にオススメのアプリです。

ダウンロードはこちらから
iOS版
Android版

おすすめ実践アプリのまとめ

・チャート分析の仕方や、表示させたい情報など決まっている方→YJFX!

・シンプルなインターフェースや、アプリ操作の分かりやすさが魅力的な方→DMM FX バーチャル

・豊富な機能を使ってみたい方、高度な情報分析に興味がある方→GMOクリック FXneo

最終的にはご自分に合った証券会社や、アプリを選んでいくこととなりますが、FXの勉強を進めていくうちに変えても問題はありません。

どこにするか迷っているくらいであれば、とりあえずフィーリングで口座解説して試してみるのも良いかもしれません。

3. FXで真剣に稼ぐための正しい勉強法3STEP

3STEPで学ぶ正しい勉強法

これまでアプリ教材でのFX学習と、デモトレードを利用して本番と同じインターフェースと環境で学習を深めていくことをお教えしました。

この項目ではどのようなステップで学習していけばリスクが少なく、かつ確実に上達できるのかということについてお話したいと思います。

3.1.【STEP1:FXの基礎勉強】

FXを始めるときに必要な基礎勉強をまずは行いましょう。

基礎勉強というのは、FXの仕組みや用語を覚えること、そしてチャートの読み方がわかる事の二点です。

FXの仕組み・用語と、チャート学習はアプリ教材を使うことで十分に勉強することが出来ます。
アプリ内の基本用語集や、機能をアンロックするための学習の一覧で十分に学ぶことが出来るので、丁寧に学習を進めるようにしましょう。

基本的なチャートの読み方もアプリ教材で十分学ぶことが出来ますので、アプリ教材を利用してまずは基本を押さえるようにしましょう。
特にチャート分析はFXトレードの中でももっとも大事な学習項目です。しっかりと学習するようにしましょう。

もっと具体的に基礎勉強の内容を知りたい場合は、超初心者向け勉強法STEP1をご覧ください。

3.2. 【STEP2:デモ・少額トレードで学ぶ】

アプリ教材で基礎学習を終えたら、デモトレード・少額トレードにチャレンジしてみましょう。
FXを実践で勉強するためのアプリで挙げさせてもらったアプリがデモトレード口座になります。

トレードする際に実際に使うアプリになるので、基礎学習をトレードに応用できるかどうかを試す場となります。
注文の内容は同じでもやり方がアプリごとに異なったり、インターフェースに使いやすい/にくいというのは必ずあります。基礎学習の成果を確認しながら、アプリの使い方にもなれるようにしましょう。

少額トレードは最低数円から始められるFX会社も存在するので、デモトレードをスキップして少額トレードから始めるのも手です。。
デモトレードとは違う”実際のお金を扱っている感覚”をローリスクで養うことが出来ます。

3.3. 【STEP3:本番トレードで稼ぐ】

少額トレードで安定して勝てるようになったら本番トレードに移行しましょう。
ここでの目的は稼ぐことです。そして、大事なのは少額トレード時と同じメンタルで挑むことです。

ここのステップからは、大きなお金が動くため自分の負の感情との勝負が加わります。
実際にそれなりの金額を使うと、思っていた以上のプレッシャーを感じるものです。

少額トレードで勝てていたなら本番でも通用するはずですので、平常心でトレードしましょう。
とはいえ、いきなり完璧なトレードはできないのでトレードが安定しなければもう一度デモトレードや少額トレードに戻り立て直すことも重要です。

仮に本番でも安定して勝てるなら、徐々に投資金額を上げていき利益を伸ばしていきましょう。

本記事は勉強法の概要を簡略化して3STEPでまとめましたが、当サイトでは超初心者が勝てるトレードルールを身につけるための勉強法を5STEPで解説しています。興味がある方は下記からご覧ください。

4. まとめ

まとめ
  • ・アプリ教材は基礎勉強に役に立つ アプリ教材については色々な種類があり、学習メインのものや、トレードと学習が半々程度の物、トレードがメインとなるものがある。
  • ・デモトレードアプリを使って、基礎勉強の応用を行う これまで学んできたことを無料・ノーリスクで試すことができるデモトレード環境は練習に最適。

さて、今回はFXの勉強に役立つアプリに注目して記事を書きましたがいかがでしたでしょうか?

アプリ教材はどれが優れているかではなく、皆さんの好みや勉強しやすさで選ぶとよいかと思います。
学校で例えるなら教科書だけで勉強できる人もいれば、学習ドリルを使ったほうが覚えやすい人もいるということですね。

アプリ教材である程度学習の段階を進めることが出来たら、是非証券会社の出しているトレードアプリを使ってデモトレードを行って、学習の成果を実践してみてください。

デモトレード口座はあくまでデモではありますが、インターフェースは実際のトレードと同じものを使っています。
またデモトレードで勝てなければ、本番のトレードで勝てるわけがありません。ぜひ本番さながらの環境で軍資金を増やせるかトライしてみてくださいね。

トップへ