FXは成功率7.5%の厳しい世界!真の勝ち組が実践している4つの秘策!の画像
2021.08.30

FXは成功率7.5%の厳しい世界!真の勝ち組が実践している4つの秘策!

この記事で学べること

  • FXで成功率が低い人の失敗例
  • 成功確率を上げる4つのトレードルール
  • 成功者になるための5STEP勉強方法
山口 遼平の写真
この記事のライター 山口 遼平

プロトレーダーに師事を仰ぐ兼業トレーダー。当サイトでは、プロの成功体験から得たノウハウを『FXで勝つための心得』として発信している。

FXで勝っている人は、トレードをする際、どのようなことを実践しているのか気になりませんか?

タイトルにもある通り、FXの成功率は7.5%とかなり厳しい世界です。

そんな厳しい世界で、結果を残している人は、自分のトレードルールを決めてしっかり徹底しています。

本記事では、成功確率7.5%の厳しい世界で勝ち組が実践している秘訣について解説します。

実際に実践していることだけではなく、成功確率を上げる勉強法についても解説していくので、FXで成功するためのロードマップになるはずです。

1. FX成功者の割合は7.5%!

成功率 たったの7.5%

年間収支がプラス100万円」を成功の定義とした場合、FX成功者の割合は7.5%です。
これは、全て初心者がFXを始めた場合の確率論の数字になります。

要は、かなりの少数しかFXで成功することができないということです。とはいえ、これはFXの世界に限った話ではなく、どの世界でも同じですよね。

FX初心者が、この7.5%に入るためは、以下の3つの試練を越えなければなりません。

第一の試練:初心者が一年目生き残る確率17%の壁
第二の試練:2年目まで勝ち続けられる10%の勝ち組
第三の試練:真の成功者に7.5%の頂

では、1つ1つの試練について詳しく見ていきましょう。

1.1. 【第一の試練】初心者が一年目生き残る確率17%の壁!

第一試練は、初心者の何割が一年目に生き残れるかどうか確率(生存率)を見ていきましょう。

この確率は、一般社団法人先物金融取引業協会が発表している、全FX顧客の「顧客口座数の増減」と「取引実績口座数の増減」から割り出すことができます。

この数値は元データである「顧客口座数」と「取引実績口座数」から割り出した数値となります。

年度顧客口座数の増減取引実績口座数の増減FXを継続している人の割合(生存率)
2020412,73355,20913.38%
2019475,593134,16028.21%
2018451,32744,3649.83%
3年平均1,339,653233,73317.45%

注釈:「顧客口座数の増減」は、純粋に新規口座に限った話ではありませんが、こちらの稼働率がFXをはじめて継続している参考データになるものとしています。

この結果、初心者が最初の1年を生き残ることができるのは、わずが17%ということがわかりました。

つまり、83%の初心者トレーダーは1年も持たずに退場していることになります。いかに初心者がFXで勝つのが難しいことがわかりますよね。

1.2. 【第ニの試練】2年目まで勝ち続けられるたった10%の勝ち組!

第二試練は、初心者が2年目まで勝ち続けられる確率です。
下記の金融先物取引業協会:店頭外国為替証拠金取引のアンケート結果を見てみましょう。

FX 儲かる確率挿絵2

1年目に多くの初心者トレーダーが退場していく中、生き残った初心者のうち60%が年間収支がプラスになっています。

これはかなり素晴らしい数字です。しかし、このデータは、87%が退場している一年未満のトレーダーも反映されているので、おそらくトレード歴2年以上のトレーダーだけに絞るともっと良い数値になるはずです。

ここまで登場した数値をおさらいします。

・初心者がFXを一年以上生き残る確率 = 17%
出典元:金融先物取引業協会:店頭外国為替証拠金取引
・トレーダーが年間収支がプラスになる確率 = 60%
出典元:金融先物取引業協会:③FXによる昨年の利益額(損失額)

この二つの数字を掛け算して「初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率」算出します。

初心者が1年生き残った上で利益をあげる確率

17% × 60% = 10.2%

初心者が1年生き残った上で利益をあげられる確率は10%、なんと10人に1人だけです。

この1割のトレーダーは運が良くて勝ち残ったわけではありません。

勉強や分析をせずに、この1割に入ることは不可能です。稼ぐための努力をしなければこの少数の勝ち組にはなれないことを覚えておきましょう。

1.3. 【第三の試練】真の成功者に7.5%の頂!

おさらいですが、本記事での成功の定義は「年間収支プラス100万円」としています。再度の金融先物取引業協会:店頭外国為替証拠金取引のアンケート結果を見てみましょう。

どのくらい儲かるグラフ2

アンケート結果から年間収支が100万円を超える”真の成功者”の確率はわずか7.5%。さらに初心者が2年目で100万円を達成する確率は0.75%となります。100人に1人もいない計算になります。

成功者になるには「第二試練」の2割に入る以上の努力と経験が必要で、そう簡単に達成することはできません。

こんなに難易度が高いと、「自分には無理だ。」「自分がそんなに稼げるわけない。」と思って諦めてしまう人もいるかもしれません。

確かに、簡単に達成できることではありませんが、これまで蓄積してきたFXの知識や経験は無くなりませんし、7.5%の中には、年間で1億円、10億円という大金を稼ぐ人もいるでしょう。

FXをやるということは、それだけ夢があることには変わりないので、努力し甲斐があるはずです。

2. 成功率が低い人の失敗例

成功率 失敗例

本章では、成功率が低い人が実際に失敗した例をご紹介します。

成功する人のマネをすることも大切ですが、失敗した人の経験を反面教師にして、失敗しないように工夫することも大切です。
なぜなら、失敗している人の原因はほとんど同じだからです。

今回ご紹介する失敗例は、金融先物取引業協会のアンケート結果を参照します。下記がその結果です。 FX 儲かる確率挿絵3 上位5つの失敗が全体の96%を占めています。
つまり、この5つの失敗をしないように取り組むことができれば、負けないトレードができるとも解釈できます。

<成功率が低い人の失敗例TOP5>
・損切りができない
・根拠のないトレード
・損切りが早すぎた
・高すぎるレバレッジ
・トレードできない状況を作る

成功率が高い人も、同じような失敗をしていますが、トレードルールを作って失敗する確率を減らしています。
皆さんも、同じような失敗をしないようにこの失敗例を反面教師にして勝ち組に入りましょう。

2.1. 損切りができない

実際に、アンケートを取った結果、56.5%のトレーダーが損切りをできずに失敗しています。
過半数を占めているので、実際に同じ失敗をした経験がある人も多いのではないでしょうか?

損切りとは、損失を拡大させないために、負けを認めて決済をすることです。
多くのトレーダーは、この損切りができずに、どんどん損失が拡大していき、気が付いたら資産がなくなっています。

なかなか損切りができない理由は、負けを認めたくないからです。
人間は得する時よりも損をする時の方が強い感情を持っています。これをプロスペクト理論と言います。

このプロスペクト理論から、利益が出ている時は、「早く決済してプラスを確定させたい」、逆に、損失を抱える時は、「プラスになるまで待とう」という気持ちになってしまうのです。

その結果、勝つときは小さい利益、負ける時は大きな損失になってしまい、トータルでは大きなマイナスというのがよくあるパターンです。

2.2. 根拠のないトレード

根拠のないトレードをして失敗している人も全体の37.7%を占めています。
根拠のないトレードとは、勝てる見込みがないところで、感覚的に勝てると思い込んでするトレードのことです。

失敗する人は、「忙しいから」、「分析できないから」という言い訳を作って、分析をしようともしません。

さらに、「なんとなく勝てそうな気がする」、「上がるか・下がるか2択だから運任せで勝てるだろう」という感覚でトレードしている人もいるでしょう。

確かに、極論上がるか・下がるかを予測する投資なので、感覚でトレードをして勝てるときもあります。
とはいえ、そのようなトレードを続けても、継続的に稼げるはずがありません。

実際に、成功している人が7.5%しかいない世界ですから、運だけで勝てない世界であることはわかりますよね。
これを理解できずに、根拠のないトレードを繰り返して退場する人はかなり多くなっています。

2.3. 損切りが早すぎた

1つ目に「損切りができない」という理由で失敗している人が過半数を超えると紹介しました。

3つ目も損切りに関する失敗ですが、今回は、「損切りが早すぎる」ことが原因で失敗しているパターンです。

このパターンも、プロスペクト理論が関係しており、「大負けしたくない」という感情から来てしまう失敗。
実際に私も、同じような失敗をした経験があります。

損切りができずに失敗をすることを恐れて、とりあえず早く損切りしようと思い、不利なレートに動くとすぐに損切りしていました。

大負けしていないので、「早く損切りできている」、「大負けを避けている」と安心してる部分もありました。

気がついたら、勝つためのトレードではなく、大負けしないトレードに気持ちが変化してしまい、なんのためにトレードをしているのかわからなくなった時期もあります。

このようなトレードを繰り返すことで、気持ち的にはそこまで負けてる感覚はないのに、結果は大損なんてことも多々あるのです。

2.4. 高すぎるレバレッジ

FXの世界では、持っている証拠金以上のお金を運用できる仕組みがあります。

これをレバレッジといい、国内業者の場合は、最大25倍の資金を運用できるのです。

少ない資金でも大きな資金を運用して、大きなリターンを得られるというメリットもある一方、万が一、負けた場合は、大きな損失を被るというデメリットも存在します。

確かに便利な仕組みではありますが、高すぎるレバレッジは破産への近道であることも忘れてはいけません。

例えば、100万円の証拠金の場合、最大2,500万円のお金で取引できます。とはいえ、あくまで自分のお金は100万円であり、残りの2,400万円は借金のようなもの。

つまり、大きな損失を被った場合、借金を背負う可能性もあるのです。
一攫千金を狙って高レバレッジで勝負して、一瞬にして資金を失うというのもFXではよくあるパターンです。

2.5. トレードできない状況を作る

為替相場は平日24時間動き続けています。
とはいえ、多くのトレーダーは24時間常にチャートを確認することはできないでしょう。

もしエントリーした場合、1秒1秒、損益額は変化し続けます。
つまり、仕事中や就寝中など、トレードができない状況に、どんどん損失を抱えてしまい、気が付いた時には時すでに遅しなんてことは多々あります。

相場はあなたの生活に合わせてくれないので、トレードできない状況を作るということはそれだけ危険なことをしていることを自覚しなければなりません。

「2.3時間だから大丈夫」、「寝てる間に良い方向に動いてくれる」という安易な考えを持つのは絶対にNGです。

特に、兼業のトレーダーに多い失敗ですね。「仕事が忙しかった」、「つい寝過ぎてしまった」という理由は通用しないということを覚えておきましょう。

3. 成功する確率を上げる4つのトレードルール

成功率3  成功率を上げるルール

前章では、成功する確率が低い失敗例をご紹介しました。
では、成功している人は、どのように成功する確率をあげているのでしょうか?

結論から言うと、自分のトレードルールを作り、そのルール通りにトレードを行っているのです。

トレードルールを決めることで、感情に左右されないので、どんな状況でも同じようなトレードを繰り返すことができるのです。

実際に、成功している人が決めている4つのトレードルールについて詳しく紹介していきます。

【トレードルール1】損切りラインを決め徹底している
【トレードルール2】根拠を持ってからトレードする
【トレードルール3】資金管理の徹底
【トレードルール4】複数の注文方法で臨機応変に対応する

3.1. 【トレードルール1】損切りラインを決め徹底している

FXで失敗する人の例でご紹介した通り、損切りに関する失敗がたくさんあります。

「損切りができない」「損切りが早すぎた」このような失敗が目立ちます。

その対策として、あらかじめ損切りラインを決めて徹底することが大切です。

あからじめ損切りラインを決めておくことで、悩むことなく損切りをすることができます。
具体的には、「〇〇pipsの損益が出たら損切りする」というルールをエントリー毎に決めます。

シンプルなルールではありますが、このルールを徹底することで、「損切りができない」「損切りが早すぎた」の失敗を防ぐことができるはずです。

どれだけ自信があるトレードでも損切りラインに達したら諦めて損切りするように徹底しましょう!

3.2. 【トレードルール2】根拠を持ってからトレードする

実際にエントリーする際は、トレードの根拠を持ってからトレードするようにしましょう。

トレードの根拠は、「▲▲分析で、〇〇という条件を満たしたから、♢♢でエントリーする」という流れ。

分析をもとに勝てる見込みがある場面でしかトレードをしないということです。
為替相場は、常に動いているのでエントリーをしようと思えばいつでもできます。

しかし、根拠がない場面でエントリーするのはただのギャンブルトレードです。「なんとなく上がりそう」、「そろそろ上がる気がする」という曖昧な理由でトレードしてはいけません。

根拠は知識や経験から導き出されるので、最初は根拠を見つけるのは大変ですが、1つでも良いので根拠を持ってからトレードするようにしましょう。

3.3. 【トレードルール3】資金管理の徹底

資金管理とは、その名の通り、トレードにおける投資資金の管理のことです。

FXにおいて資金管理はかなり重要になります。
なぜなら、実際に資金管理が徹底できずに退場しているトレーダーが多いからです。

どれだけ素晴らしいトレード手法を持っていても、資金管理の徹底ができなければ一瞬で資金を溶かします。

では、具体的にどのような資金管理をすれば良いのでしょうか。
それは、損失許容額を投資資金の2%で固定することです。こうすることで、例え負けても投資資金の2%の損失で済むため、精神的ダメージも少なくゆとりを持ってトレードできます。

このように損失と利益の比率を同じにすることで、勝率50%以上の取引ができれば確実にプラスにすることができます。

あらかじめ損失と利益のタイミングを決めておくことで、資金管理を崩すことはなく、安全な取引ができるでしょう。

3.4. 【トレードルール4】複数の注文方法で臨機応変に対応する

FXにはたくさんの注文方法があります。

複数の注文方法を臨機応変に対応することで、「気が付いたら大損していた」というリスクを対策できます。

チャート画面を見て自分で全てエントリー・決済ができれば問題ないのですが、仕事や就寝中など、チャート画面を見れない時間もあるでしょう。

その時間も相場は動いているので、気になりますよね。そんな時に便利なのが、逆指値注文です。
逆指値とは、設定した価格に達した時点で自動的に決済を行う注文方法

例えば、150.500円の時に買い注文をして、損切りラインをあらかじめ150.000に設定しておけば、その価格に達した時点で自動的に損切りできるという仕組みです。

この逆指値注文を利用すれば、チャート画面が見れない時間でも、自動的に損切りしてくれるので、「気が付いたら大損をしていた」なんてことがないので、安心ですよね。

4. 5STEPで学ぶ!7.5%の成功者になるための勉強法

成功率4 勉強法

成功率7.5%の狭き門なので簡単に成功できるわけではありません。成功者になるためには、勉強することが必須です。

FXで成功するための勉強法を5STEPで解説していきます。

【STEP1】学んだことを試す・確認する
【STEP2】トレードに慣れる
【STEP3】自分だけのトレードルールを構築する
【STEP4】トレード記録を取る
【STEP5】トレードを振り返る

4.1. 【STEP1】学んだことを試す・確認する

まずは、FXのトレードをするために、最低限の知識を身につけます。

ひたすらインプットになるのでかなり大変ですが、知識がない状態でトレードを始めるのは危険ですので、必ず行うようにしましょう。

最低限、身につけるべき知識は以下の3つです。

・FXの仕組み
利益・損失が発生する仕組みや為替相場が動く仕組み。

・トレードに関する知識
トレードスタイルや分析方法、通貨ペアなどトレードに関する知識全般。

・専門用語の理解
FXにはたくさんの専門用語がありますが、「ロット」、「スプレッド」、「成行注文」などの専門用語は必須です。

覚えるだけではなく、実際にチャートの画面で相場の動きを確認したり、デモトレードで体験してみましょう。

実際にデモトレードを使ってトレード体験してみることで、さらに理解を深めることもできます。

4.2. 【STEP2】トレードに慣れる

ひたすらインプットするだけでは成功できません。
インプットしたことを実際にトレードしてアウトプットしていくことが大切です。

ここまでインプットしてきたことを、実際にトレードをして慣れていきましょう。
とはいえ、いきなり自分の全財産をFX口座に入金するのは危険です。

あくまでSTEP2の目的は、トレードに慣れることなので、少額から始めることをおすすめします。

FX業者によって、始められる最低資金が異なるのでご注意ください。

この記事の最後で、少額で始められるおすすめの業者を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

4.3. 【STEP3】自分だけのトレードルールを構築する

ここでは、自分だけのトレードルールを構築していきます。

ネット上には、FXのトレードルールがたくさん溢れています。しかし、本当に勝てるかどうかは、使う人次第です。

上記でも説明した通り、FXでの成功率はわずか7.5%。

そんな厳しい世界にも関わらず、これだけFXのトレードルールが溢れているということは、その大半は実践しても稼げないはずです。

つまり、そのようなネットの情報を鵜呑みにせず、自分だけの勝ちやすいトレードルールを構築しなければなりません。

自分だけのトレードルールを構築する際、前章でも紹介した3つは必須です。

・根拠のあるトレード
・資金管理の徹底
・損切りラインの設定・徹底

まずは、この3つをしっかり決めてから次のSTEPに進むようにしてください。具体的な決め方は、下記の記事でケーススタディを用いて解説しております。

4.4. 【STEP4】トレード記録を取る

トレード記録とは、その名の通り、自分のトレード履歴を記録することです。
記録を取る目的は、次のSTEPで出てくる「トレードを振り返るため」のデータの蓄積のためです。

具体的には、トレード日時や通貨ペア、そして、STEP3で紹介した自分のトレードルールなど。

エントリーした場面のチャート画像なども保存しておくと、後々振り返りやすくなるのでおすすめですよ!

1回1回のトレード記録を付けていくのは大変ですが、かなり成長できるはずです。
これらを細かく記録していくことが成功への近道になります。ぜひ、自分のトレードの記録を取る癖を付けていきましょう。

4.5. 【STEP5】トレードを振り返る

最後のSTEPは、トレードを振り返ることです。
トレードの振り返りとは、STEP4で記録した自分のトレードを振り返ることで、自分のトレードの良い点と悪い点を見つける目的で行います。

5つのステップの中で最も重要と言っても過言ではありません。
自分のトレードには、必ず良い点もあれば、悪い点もあるはずです。

自分のトレード記録をもとに、勝っているトレードの共通点と、負けているトレードの共通点を探していきましょう。

勝っているトレードの共通点に関しては、そのまま継続して、負けているトレードの共通点に関しては、エントリーを控えるなどの工夫をしていきます。

これを繰り返すことで、無駄なトレードをしなくて済み、勝率が上がるので、FXの成功率がアップするのです。

もっと真剣にFXを学びたい方は下記リンクより勉強してください。ここまで紹介したSTEPをより詳細に解説していますよ。

5. 成功率アップに最適!少額トレードFX会社TOP3

成功率5 おすすめFX会社

FXで成功率を上げるためには、会社選びもかなり重要です。
なぜなら、成功率をアップさせるためには、かなりの練習が必要になるからです。

多くの練習で経験を積もうとするならば、できるだけ少額から始められる会社の方が良いはず。

少額からトレードできる会社であれば、数円から数千円で、リスクを最小限に抑えながら多くの練習ができます。

今回は、数あるFX会社の中でも、少額から始められる会社をピックアップしていますので、資金が少ない人でも安心してFXを始められるのでおすすめです!

FX会社口座開設までの期間(当サイト申請時)最小取引通貨スプレッド
(手数料)
取引ツールの
使い勝手
公式サイト
SBI会社ロゴ
翌営業日1通貨詳しく見る
YJFX会社ロゴ
翌営業日1,000通貨詳しく見る
FXブロードネット会社ロゴ翌営業日1,000通貨詳しく見る

5.1. SBI FXトレード

SBI-FXトレード

SBI FXトレードは、国内唯一、最小の1通貨単位から取引可能です。

さらに、スプレッド(手数料)は業界最安水準
米ドル/円で0.1pips、ユーロ/円で0.3pipsとかなりお得にトレードできます。

会社の信頼性についても、他の会社が開示していないようなスプレッド情報などを詳細に開示していることから、信頼できる会社と言えるでしょう。

最低入金額が1,000円なので、FX初心者から上級者まで、幅広い人におすすめできる会社です。今なら、口座開設のボーナスで500円プレゼントのキャンペーンも実施中なので、ぜひ利用してみてください!

5.2. YJFX!

おすすめ会社ーYJFX

YJFX!は、1,000通貨の少額から取引できる数少ないFX会社です。

少額で取引できるだけではなく、スプレッド(手数料)の安定性も特徴の1つ。
当サイトでスプレッドが広がりやすい時間帯である米雇用統計発表時と早朝を調査したところ、どちらも調査した19社の中でトップレベルの安定性でした。

スプレッド(手数料)は少額から始める場合にかなり重要なポイントになりますので、必ずチェックしておくべきです。

また、YJFX!は、「外為exアプリ」というスマホ版の取引ツールも使い勝手が評判!

FXの練習として手軽に始めてみたいという人におすすめです。

5.3. FXブロードネット

FXブロードネット

FXブロードネットは、YJFX!同様、1,000通貨の少額から取引できるFX会社です。

取引におけるスプレッド(手数料)も安定しており、取引コストを抑えたい人におすすめです。

また、定期的に無料のセミナーを開催しているので、初心者の人でも勉強しながら取引をすることができます。(※現在はコロナウイルスの影響により中止しています。)

実際に取引しながら、FXについてさらに勉強したいという向上心がある人におすすめです。

6. まとめ

まとめ
  • FXの成功率は7.5%の厳しい世界 年間収支プラス100万円を超える成功率はわずか7.5%。さらに達成するまでに数年かかるので、努力を継続できる人だけ達成できる世界です。
  • 成功する確率を上げる4つのトレードルール 「損切りラインを決め徹底している」「根拠を持ってからトレードする」「資金管理の徹底」「複数の注文方法で臨機応変に対応する」
    このようなルールを徹底することで成功する確率を上げることができる。
  • 成功するための5STEP勉強法 「学んだことを試す・確認する」「トレードに慣れる」「自分だけのトレードルールを構築する」「トレード記録を取る」「トレードを振り返る」
    大変な道のりではありますが、1つずつステップを進めていきましょう。

このように、FXで成功するのは簡単な道のりではありません。

成功率が低く、厳しい世界ではありますが、正しい手順で勉強していけば、FXでの成功に繋がってくるはずです。

もしFX初心者の勉強法を詳しく知りたい方は下記リンクより、超初心者向けの勉強法を5STEPで解説していますので参照ください。

この記事のライター

山口 遼平の写真

山口 遼平

プロトレーダーに師事。その成功までの努力と労力の多さを知り『FXは楽して勝てない』ことを痛感。 当サイトでは、FXで勝つための心得を発信している。努力をすればFXで必ず勝てる。

トップへ