【検証】ひまわり証券の「ループイフダン」アイネットとの違いとは

2019.11.10

編集長からの問いかけ

普段なかなか裁量取引に時間を割けないこともあり、自動売買には興味を持っていました。
とはいえ、最低運用額が高く試してみるにもハードルはかなり高い。。。

そこで、自動売買のデモトレードのあるFX会社に絞って、その使い方、期限を切った中での運用テストを行ってみたいと思います。

儲かるのか?といった検証には至らないかと思いますが、導入と使い勝手、その可能性を探ってきます。

三原怜の写真編集長に答えて

FXの自動売買が注目されていますが、最近はその中でもFX会社が提供するシステムトレードが人気を集めています。

しかし、各FX業者のサイトをみても、どの会社のシステムトレードが勝てる確率が高く、また使いやすいサービスなのかについて、あまりわかりやすいとはいえません。
このような場合は、各社が掲載しているシステムトレードについての解説を読んで理解するのと併せて、デモトレードで実際の取引を試してみることが重要です。

そこで今回は、ひまわり証券が提供しているループイフダンのデモ口座を開設し、デモトレードを通じてシステムの優位性や使い勝手について検証してみました。

1. ひまわり証券ループイフダンの特徴

はじめに、ひまわり証券の会社情報とループイフダンの特徴をみていきましょう。

1.1 ひまわり証券の概要

ひまわり証券は、東京都港区に本社があるFX会社です。

会社名ひまわり証券株式会社
所在地東京都港区海岸1-11-1
設立時期2002年2月14日
資本金3億円

1.2 ループイフダンの特徴

ループイフダンは、FXにおけるリピート系自動売買の一種です。
事前に一定の「値幅(〇銭など)」を設定しておくと、その値幅分相場が動いたら新しいポジションを持つ、利益確定を行うなどのトレードをシステムが自動的に行ってくれるのです。

ループイフダンは、以下の特徴を持っています。


FXひまわり証券の画像1
(注)ひまわり証券公式サイトより引用(以下、同)


ループイフダンは、相場があらかじめ設定した値幅分動くと、小刻みに
・新ポジションを建てます
・利益確定を行います

このため、普通の裁量取引に比べると収益のチャンスが多くなります


FXひまわり証券の画像2

裁量取引では、相場が予想した方向と逆に動いてしまうと、その回復を待つか、損切を行うしかありません。

しかし、相場は一直線に進むわけではなく、小さな上下運動を伴いながら推移します。ループイフダンは、この小さな上下運動を捉えて利益を上げるため、相場が元の価格に回復するのを待つ必要がありません。
すなわち、ループイフダンでは、予想と逆方向に相場が動いても、利益を上げるチャンスがあるのです。


FXひまわり証券の画像3

ループイフダンでは、同時に持てる最大ポジション数を事前に設定しておきます。
相場が予想とは逆の方向に動いた場合は、最も含み損の大きいポジションが損切りされ、新しいポジションが建てられます。


FXひまわり証券の画像4


ループイフダンは、FX初心者にもわかりやすく設計されています。
ループイフダンの始め方は、次のように難しくありません。

①取引する通貨ペアを決める
②相場の状況をみて、「買い」と「売り」どちらのプログラムを稼働させるか決める

この場合、相場が上がると判断すれば「買い」、相場が下がると判断すれば「売り」のプログラムを選ぶと有利です。
③新ポジションを建てる間隔であり、かつ利益確定の幅である「値幅」を決めてスタートする


2. ループイフダンの開始方法

次に、ループイフダンのデモ口座開設、デモトレードを始める手順などについてみていきましょう。

2.1 ひまわり証券ループイフダンのデモ口座開設


FXひまわり証券の画像5

ひまわり証券の公式サイトで「ループ・イフダン専用デモ口座」をクリックします。

FXひまわり証券の画像6

申込み画面が表示されるので、氏名以下必要事項を入力し、「確認画面へ」をクリックします。


FXひまわり証券の画像7

確認画面が表示されるので、入力項目を再確認の上「登録」をクリックします。

その後しばらくして、ひまわり証券から「取引申込受付のお知らせ」のメールが届きます。そこに、ループイフダンのログインIDとパスワードが記載されています。


2.2 ひまわりFX PROデモ版のダウンロード

次に、ループイフダンの取引ツールである「ひまわりFX PROデモ版」をダウンロードします。

ひまわりFX PROは、ダウンロードが不要のブラウザ版もありますが、ここではダウンロード版を入手します。

ひまわり証券からのメールに、ダウンロードページのリンクが記載されているので、それをクリックしてダウンロードページに入ります。


FXひまわり証券の画像8


「ひまわりFX PRO ダウンロードはこちら」をクリックすると、ひまわりFX PROのインストールファイルがダウンロードされます。


FXひまわり証券の画像9


ダウンロードが終わると、インストールファイルがパソコン画面の下部に表示されるので、そのファイルを開くとインストールが始まります。


FXひまわり証券の画像10


インストールが終わったら、メールで受け取ったIDとパスワードを使ってひまわりFX PROにログインします。


3. ループイフダン利用の経過

次は、ひまわり証券でループイフダンのデモトレードを行い、システムの優位性や使いやすさなどをみていきます

はじめに申し上げておきますが、この「ひまわり証券のループイフダン」は、「アイネット証券のループイフダン」と同時並行で検証しています。
両方ともにまったく同じスケジュールで稼働させ、両者を比較してみたいと思います。


3.1 1回目の検証(6/24~6/27)

ループイフダンは、稼働させるプログラムを相場の状況に応じて自分で選択しなければなりません。

選択する点は、次のとおりです。

①取引通貨ペアの種類
②買い方向・売り方向、どちらかを選ぶ

相場が上がるとみれば「買い」、相場が下がるとみれば「売り」を選ぶと有利
③値幅
定期的に新たなポジションを持つ間隔
エントリーから利益確定までの間隔
④取引数量
取引数量1=1,000通貨の取引なので、取引数量を何本にするかを決める。
⑤最大ポジション数
最大でいくつまでポジションを持つかを決める

なお、アイネット証券では、損切の有無をユーザーが選択できましたが、ひまわり証券では損切が自動設定されているため、損切なしを選ぶことはできません。


1回目の検証は、以下のように、アイネット証券と同じ設定のプログラムを同じ期間稼働させて結果をみます。プログラム内容と稼働期間が同じであれば、同じような結果が出るはずです。

①ドル円
②買い
③値幅

定期的に新たなポジションを持つ間隔は10銭とする
エントリーから利益確定までの間隔は10銭とする
④損切あり(自動設定)
⑤取引数量

10=10,000通貨
⑥最大ポジション数
10


FXひまわり証券の画像11


プログラム名は、「ループイフダンB10(USD/JPY)」です。B10のBは、Buy(買い)の意味、10は値幅が10銭という意味です。売りのプログラムは、Bの文字がS(Sell、売り)になります。


FXひまわり証券の画像12
FXひまわり証券の画像13

「開始」を押してプログラムが稼働しました。

3日後の状況は、以下のとおりです。


FXひまわり証券の画像14

取引分析画面は、取引の特徴や傾向を把握するのに使いますが、検証期間の損益はプラスとなっています。


FXひまわり証券の画像15


口座状況画面では、口座資産が3,015,060円となっています。当初300万円で開始したので、損益はプラス15,060円です。 なお、アイネット証券の方は、同じ期間の損益がプラス16,620円となっていました。この差は、以下の理由によると推測されます。

①スワップポイントの差
②開始・停止の微妙なタイミングの違い

損益に若干差が生じましたが、会社が異なってもプログラム設定を同じにするとおおむね同じ結果が出ることがわかりました。


FXひまわり証券の画像16


検証期間6/24~6/27(黄枠)のチャート画面(日足)です。この期間は、相場がはじめに下がり、その後上昇しました。
相場が下がった時にポジションを複数持ち、その後上がった時に利益確定ができたことがわかります。

1回目の検証を終了し、プログラムを停止させます。


FXひまわり証券の画像17


ひまわりFX PROの「ループイフダン照会」から稼働中のプログラムを表示させます。
そこで「STOP」を押せばプログラムが停止します。


FXひまわり証券の画像18

3.2 2回目の検証(6/27~7/3)

2回目の検証では、アイネット証券のプログラムと反対のものを稼働させてみます。

アイネット証券では、同じ検証時期に「ループイフダンB50(USD/JPY)」というプログラムを稼働させています。これは、ドル円の「買い」で値幅が50銭のプログラムです。

こちらのひまわり証券では、同じドル円ですが「売り」で値幅が10銭に設定してみます。

①ドル円
②売り
③値幅

定期的に新たなポジションを持つ間隔は10銭とする
エントリーから利益確定までの間隔は10銭とする
④損切あり(自動設定)
⑤取引数量

10=10,000通貨
⑥最大ポジション数
4


FXひまわり証券の画像19


3日後の状況は次のとおりです。


FXひまわり証券の画像20

取引分析をみると、7月1日に損失、7月2日と3日に利益が出ています。

一見、損失より利益の方が大きいようにみえますが、左側の目盛りをよくみてください。
利益の1目盛りは5,000円ですが、損失の1目盛りはマイナス60,000円となっています。したがって、7月1日は20,000円程度の損失が生じたことになります。

アイネット証券の取引分析は、利益と損失の目盛りが等しいのでわかりやすいですが、ひまわり証券の取引分析では、損失の大きさを見落としてしまいそうです。


FXひまわり証券の画像21

口座資産は大分減って3,004,420円となったので、現在プラス4,420円という状況です。


FXひまわり証券の画像22


6/27~7/3の検証期間についてチャートをみると、相場は6月27日辺りがもみ合い状態でしたが、7月1日に窓開けで大きく上昇して天井を打ち、7月2日、3日に再び下落しています。

ループイフダンは売りプログラムだったため、6月27日辺りに売った複数のポジションが7月1日に損切にかかり、損失が確定したのです。これが、前で確認した約マイナス20,000円の損失です。

しかし、損切の直後に次の売りが入るため、今度はそのポジションが7月2日と3日の下落で利益を上げることができました。特に、7月2日は相場が大きく下がったため、利益幅が7,000円程度になりました。

アイネット証券の方は買いのプログラムだったため、7月1日が利益、7月3日が損失と、こちらとは逆の結果になっていました。


3.3 3回目の検証(7/3~7/18)

ループイフダンでは、将来的に相場が上がるか下がるかを判断して「買い」と「売り」どちらかのプログラムを選択することになりますが、相場がこれからどう動いていくかを予測することは非常に難しいのです。

しかし、FX相場の7割以上がレンジ相場になるといわれていることから、今後の相場も一定の価格範囲内で上下運動を繰り返す状態が続くと仮定し、対レンジ戦法を中心に対策を講じることは確率的に優位性があるといえるでしょう。

その場合、レンジ相場であれば、「買い」と「売り」どちらのプログラムを選んでも、それ程致命的な差は生じないといえます。レンジ相場では、選んだプログラムに一時的に含み損が生じても、やがて相場が反転し利益に変わっていく可能性が出てきます。
プログラムの値幅や損切幅の設定次第で変わってきますが、レンジ相場であれば、「買い」と「売り」両方のプログラムともに勝てる可能性があるのです。

そこで、「買い」と「売り」両方のプログラムを稼働させておく両建ての戦法が、ループイフダンではしばしば使われています。

今回の3回目の検証は、この両建ての戦法を検証してみますが、同時並行で行っているアイネット証券デモ取引でも、同じ両建てでトレードを行っています。

ここでは、アイネット証券における両建ての値幅設定を変え、非常に狭い値幅で検証してみます。

証券会社値幅
ひまわり証券10銭
アイネット証券25銭


(注)この両建ての戦法は、トレンド相場では大きな損失を抱える危険性があります。トレンド相場では、相場の方向にマッチしたプログラムには含み益が生じますが、相場の方向に合っていないプログラムの方には、それ以上の大きな含み損が発生してしまうからです。




FXひまわり証券の画像23

稼働させるプログラムは、
①ドル円
②買い・売りの両方
③値幅は、双方ともに10銭
④数量は、双方ともに1=1,000通貨
⑤最大ポジション数は、双方ともに5

2週間後の状況は、次のとおりです。


FXひまわり証券の画像24


取引分析では、黄枠部分が検証期間になりますが、数量・値幅ともに非常に小さくしたためグラフが小さく見え難くなってしまいました。
一見勝っているようにみえますが、左側の利益・損失目盛りが上下で均等ではないため、このグラフだけだとよくわかりません。


FXひまわり証券の画像25


トレード結果を7/3~7/18のドル円チャートと見比べてみます。

損切りされた回数は全部で24回ですが、複数回あった日付は次のとおりです。

【7月5日】 6回
7月5日は金曜日で、相場が大きく上昇した日です。損切りされたのは、すべて売りポジションです。
決済時刻は夜間になっているため、売りポジションが大陽線に引っかかってしまったものでしょう。

【7月9日】 2回
この日も相場が上昇しました。2回とも売りポジションの損切りです。

【7月11日】 7回
相場が大きく下落した日です。7回ともすべて買いポジションの損切りです。

【7月12日】 4回
この日は、相場が上昇した後下降しました。上昇期に3つの売りポジションが、下降期に1つの買いポジションが損切りされています。

【7月13日】 2回
7月13日は土曜日ですが、2つの買いポジションが深夜0時過ぎと3時過ぎに損切りされました。12日からの下降相場の続きです。

これに対し、利益確定したポジション数は、延べ92です。 損切り24回に対して利益確定が92回と上回っていますが、損切幅が50銭に対し利益幅が10銭なので、トータルでは負けてしまっています。


(注)損切幅=設定値幅×最大ポジション数 この検証のケースは、設定値幅10銭×最大ポジション数5=50銭となります。



負けた原因は、設定値幅が10銭と狭すぎたため、利益確定幅(10銭)が狭くなってしまったこと、および、損切幅(50銭)も狭いため少しの相場変動で損切りとなってしまったことです。

アイネット証券で実施した設定値幅25銭の両建ては、この事例とまったく同じ相場でもトータルで勝つことができています。このことから、同一の相場でも値幅設定によって勝敗が分かれてしまうことが確認できました。


FXひまわり証券の画像26
FXひまわり証券の画像27


保有中のポジションを強制決済してプログラムを閉じます。


FXひまわり証券の画像28


口座資産は、初期設定の300万円をわずかに下回ってしまいました。

4. ひまわり証券ループイフダンって使いやすい?


評価項目評価(★5つで満点)備考
プログラム
ロジックの
わかりやすさ
★★★プログラムの説明は単純でわかりやすい。
しかし、ロジックそのものに根本的な疑問点がある。
画面の見やすさ
わかりやすさ
★★★★画面は見やすくわかりやすいが、取引分析画面の損益目盛表示が難点。
操作性
レスポンス
★★★★操作性、レスポンスは良好。
勝てる手法か★★★レンジ相場では、勝てる確率が高い。ただし、値幅設定・最大ポジション数は十分に検討すべき。狭すぎる値幅は不利に働きやすい。
一方、トレンド相場では、プログラムを選び間違うと大きく負ける可能性がある。
コスト★★★★システムトレードとしては、相対的に安い
総合評価★★★

【プログラムロジックのわかりやすさ】
プログラムロジック自体は、単純でわかりやすいといえます。

ただし、ロジックに関していくつかの疑問点があります。
疑問点は、「アイネット証券の自動売買【ループイフダン】デモで検証してみた」を参照してください。

FXアイネット証券の画像

【検証】アイネット証券の「ループイフダン」おすすめの設定方法 アイネット証券のループイフダンは、本当に儲かるのだろうかと疑問に思っていませんか?そこで今回、デモトレードを使って、期限を切った中での運用テストを行ってみます。儲かるのかといった検証には至らないかもしれませんが、その可能性を探ってみます。



【画面の見やすさ・わかりやすさ】
全体的に、画面は非常に見やすく、わかりやすくできています。
ただし、取引分析画面における損益グラフの目盛りが上下で縮尺が異なるため、あまり見やすくないのが残念な点です。

【操作性・レスポンス】
ひまわりFX PROは、操作性・レスポンスともに問題がなく、初心者にも扱いやすいといえます。

【勝てる手法か】
相場が一定の価格内で往復運動するレンジ相場では、勝てる確率は高いでしょう。
その理由は、予想が外れて相場が逆方向に動き含み損を抱えても、レンジ相場ではやがて相場が反転し、最終的には含み益に変わる可能性が高いからです。

ただしその場合でも、その時々の相場の状況をみて値幅や最大ポジション数を適切に設定しておく必要があります。
値幅が狭過ぎると1回あたりに獲れる利益が少なくなりますが、逆に広過ぎてもなかなか利益を確定できないことになってしまいます。

また、値幅と最大ポジション数によって損切幅が決まるため、その時々の相場に応じた適正値を試行錯誤しながら求めていくしかないでしょう。
レンジ相場で勝つポイントは、値幅や最大ポジション数の適切な設定といえます。

一方、相場にトレンドが発生してしまうと、トレンド方向に適合しないプログラムでは、含み損を大きく抱えてしまう可能性があります。


(注)トレンド相場での両建ては、片方が含み益になりますが、もう一方が大きな含み損を抱えるため、トータルでは負けてしまいます。 両建てが有効なのは、レンジ相場で値幅・最大ポジション数を適切に設定した場合のみです。



【コスト】
ひまわり証券のループイフダンを利用する際のスプレッドは、次のとおりです。
なお、取引手数料はかかりません。


通貨ペアスプレッド
米ドル/円2pips
ユーロ/円3pips
ポンド/円5pips
豪ドル/円4pips
ユーロ/米ドル2pips

スプレッドは、アイネット証券と同じでシステムトレードの中では安い部類といえるでしょう。


【総合評価】
ループイフダンは、ひまわり証券とアイネット証券で細部に違いがあるものの、全体的にみるとほとんど同じです。

【同じ点】
プログラムロジック、トレード画面の仕様、画面の見方、操作方法など

【異なる点】
・アイネット証券は損切りの有無を選択できるが、ひまわり証券は損切り有りのみ
・画面設計は両社ほとんど同じであるが、細部で違う部分が若干ある
・スプレッドは同じだが、スワップポイントが異なる

評価表では評価の高い項目が多いですが、最重要の「勝てる手法か」において、トレンド相場でリスクが見込まれるため総合評価は★3つとしてあります。

編集長からのコメント

ひまわり証券のループイフダンはアイネット証券と同様、単純で分かりやすいため初心者でも扱えそうですね。

しかし、同一の相場でも値幅設定によって勝敗が分かれることから、適切な値を設定しなければならず、試行錯誤が必要となります。
その設定ができれば、レンジ相場で優位性のあるループイフダンで、勝てる可能性が上がると言えるのではないでしょうか。

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。