【検証】YJFX!の「リピートトレール注文」トレール幅の設定は?

2019.11.10

編集長からの問いかけ

日々、裁量取引に十分な時間を割くことが難しく、自動売買に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。
私もそんな口ですが、最低運用額が高くいきなり試してみるにはハードルが高い。。。

そこで、自動売買のデモトレードのあるFX会社に絞り、その使い方や期限を切った中での運用テストを行ってみます。

儲かるのか?といった検証には至らないかもしれませんが、導入と使い勝手、その優位性を探っていきたいと思います。

三原怜の写真編集長に答えて

自動売買といっても、各FX会社から様々なサービスが提供されています。
その中で、どのシステムがトレードに強く、また使い勝手が良いのか。
それを知るには、やはり実際にシステムを使ってトレードを行ってみるのが早道です。

しかし、いきなりリアルトレードを行うのは危険性があるため、まずデモトレードでシステムの検証を行ってみるのが安全で効果的な方法といえるでしょう。

今回は、YJFX!のリピートトレール注文について検証しますが、デモトレードの中で、実践で勝てるシステムかどうかについても考察を行っていきます。

1. YJFX!リピートトレール注文の特徴

はじめに、YJFX!の会社情報とリピートトレール注文の特徴をみていきましょう。

1.1  YJFX!の概要

YJFX!は、東京都千代田区に本社があるFX会社です。

会社名ワイジェイFX株式会社
所在地東京都千代田区紀尾井町1-3
設立時期2003年9月
資本金4億9,000万円

1.2 リピートトレール注文の特徴

リピートトレール注文は、新規注文と決済トレール注文が合わさって1セットとなっており、それが何セットも繰り返される注文方式です。

決済トレール注文は、裁量トレードでも使われる注文形態で、できるだけ有利な価格で決済を行う仕組みです。
例えば、買いでエントリーした後に相場が上昇した場合、あらかじめ利益確定幅を固定で決めておく、または、利益確定する価格を決めておくなどの方法はとらず、相場の上昇に合わせて決済ポイントもずらしながら上げていく仕組みです。

そして、相場の頂上から一定の値幅分落ちたポイントで利益確定(売り)を行うことで、獲得利益を最大限伸ばすことができる手法です。


YJFXリピートトレールの画像1
資料出所:YJFX!公式サイト

さらに、YJFX!のリピートトレール注文は、利益確定(決済)すると同時に、ドテンにより今までと反対方向のポジションを建てるのが特徴です。


(注)ドテン=持っているポジションを決済し、反対のポジションを建てること



YJFXリピートトレールの画像2
資料出所:YJFX!公式サイト

相場の頂上(底)からどの位下がる(上がる)と決済・ドテンを行うか、その幅がトレール幅です。この決済トレール幅の設定次第で、トレード結果は大きく変わってきます

YJFX!のリピートトレール注文は、他のリピート系自動売買と比べ異色の注文ロジックといってよいでしょう。
前のポジションが決済になると同時に、今度は反対方向のポジションを建て、そのパターンを交互に繰り返していくロジックは、他のシステムにない特徴です。

2. リピートトレール注文の開始方法

次に、リピートトレール注文のデモ口座を開設して、デモトレードを始める手順についてみていきます。

2.1  YJFX!リピートトレール注文のデモ口座開設

YJFX!リピートトレール注文のデモトレードを行うためには、「外貨ex」のデモ口座を開設する必要があります。


YJFXリピートトレールの画像3

YJFX!の公式サイトから、「デモ口座を開設する(無料)」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像4


「外貨exデモ口座申込開設フォーム」に、連絡用メールアドレスを入力します。パスワードと開始資金も自分で設定します。
入力したら「入力内容の確認」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像5


確認画面で間違いがなければ、「送信」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像6-7

「外貨exデモ口座開設完了」の画面が表示されます。
登録メールアドレス宛にも、デモ口座開設完了のお知らせが届きます。


2.2 デスクトップCymoデモ版のダウンロード

外貨exでは、「デスクトップCymo」というダウンロード版の取引ツールが用意されていますので、そのデモ版をダウンロードしてみます。

まず、デモ口座開設完了のお知らせメールに記載されたダウンロード用リンクにアクセスします。


YJFXリピートトレールの画像8

デスクトップCymoデモ版の利用条件を確認し、「上記利用条件に同意してダウンロードする」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像9

パソコン下部に、デスクトップCymoデモ版のセットアップファイルが表示されるので、「開く」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像10

続いて、「次へ」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像11

「利用条件に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像12


ユーザー情報を入力し(未入力でも可)、使用ユーザーの範囲を選択して「次へ」をクリックします。


YJFXリピートトレールの画像13


デスクトップCymoデモ版のログイン画面が表示されます。
口座開設完了のお知らせメールに記載されたログインID・パスワードを入力し、ログインします。

デスクトップCymoデモ版の画面は、次のようなイメージです。


YJFXリピートトレールの画像14

3. リピートトレール注文利用の経過

それでは、実際にYJFX!でリピートトレール注文のデモトレードを行ってみましょう。


YJFXリピートトレールの画像15


なお、口座資産は500万円からのスタートとなっています。

3.1 1回目の検証(9.16~9.26)

取引ツールは、デスクトップCymoよりウェブ版の方が一般的で使いやすそうなため、ウェブ版を使用します。

ドル円のチャートです。

【ドル円日足】

YJFXリピートトレールの画像16

【ドル円1時間足】

YJFXリピートトレールの画像17


ドル円相場は、日足で下落、1時間足で上昇傾向になっています。
1時間足では月曜日の窓開けがみられますが、窓を開けた後に反発もみられます。サポートラインで支えられているため、これ以上の下落はなく窓埋めの方向に上昇するとの見方もできます。

しかし、上位足である日足では、まだ下落基調から抜け出せていません
このことから、ポジション方向は「売り」とします。
ただし、リピートトレールでは、相場の状況に応じてトレードの中でドテンを行うため、はじめにセットするポジションンの方向はあまり意味を持たないかもしれません

また、決済トレール幅は20ポイントに設定しました。
対円の場合は1ポイント=1銭なので、20銭の幅になります。
決済トレール幅が20銭ということは、例えば「売り」から入る場合は、相場が最も下がった地点から20銭分上昇すると、そこでドテンして「買い」に変わるということです。

①通貨ペア ドル円
②数量 2万通貨
③最初のポジション方向 売り
④決済トレール幅 20ポイント


YJFXリピートトレールの画像18
YJFXリピートトレールの画像19


「売り」で入るので、左側の青いボタンをクリックしました。


YJFXリピートトレールの画像20


ポジション照会でも、載ってきました。

10日後の状況は、次のようになりました。

YJFXリピートトレールの画像21

口座状況をみると、スタート時の500万円が497万6,882円になっているので、マイナス23,118円の損失です。


YJFXリピートトレールの画像22


現在、ポジションは持っていないようです。

【現在の注文状態】

YJFXリピートトレールの画像23


いろいろ調べたところ、当初設定したスリッページ幅のため注文に未成立が発生し、注文自体が停止状態になっていました。しかし、停止する前にリピートトレールは19回も回転しています。

検証期間中のチャートをみてみましょう。

【ドル円2時間足】

YJFXリピートトレールの画像24

検証期間中(9.16~9.26・緑枠内)のドル円相場は、ほぼレンジ状態だったといってよいでしょう。

リピートトレール注文では、設定する決済トレール幅がレンジの波と上手くマッチすると利益を上げることができますが、適合していないとレンジの波とチグハグな関係となり、ドテン注文がすべて裏目に出てしまう危険性があります。

YJFXリピートトレールの画像25


上の図で、設定する決済トレール幅がレンジの波と適合していないと、
②の新規売りをしたらすぐに相場が上昇してしまう
③の新規買いをしたらすぐに相場が下降してしまう
ということになりかねません。

その場合の決済トレール幅は、
・広過ぎると、ドテンのタイミングが遅れてしまい、相場の反転が近くなる
・狭すぎると、相場が反転していないにもかかわらず、ドテンしてしまう
(ほんの小さなノイズや少しの逆行でドテンしてしまう)
ということで、設定自体が非常に難しいといえます。

【約定明細】

YJFXリピートトレールの画像26


検証期間中の約定明細をみると、自動的にドテン注文を行うため、「買い」と「売り」が交互になっています。

傾向として、利益幅より損失幅の方が総じて大きくなっています。決済トレール幅と相場の波が上手く適合していなかったことが原因かもしれません。

3.2 2回目の検証(6.27~7.3)

2回目の検証では、通貨ペアの種類と決済トレール幅を変更して実験を行ってみます。

【ユーロドル4時間足】

YJFXリピートトレールの画像27


【ユーロドル日足】

YJFXリピートトレールの画像28


上図は、ユーロドルのチャートです。
4時間足をみると相場は下降局面ですが、サポートラインに支えられて反転する可能性もあります。
日足では、下降トレンドであるのが一層明瞭にわかります。

以上から、サポートラインで跳ね返る可能性よりも下落の力が強いと判断し、まず「売り」でポジションを建てることにします。

決済トレール幅は、50ポイントに増やしてみます。
対円以外の場合は1ポイント=0.0001ドルなので、50ポイントは0.005ドルとなります。
1ドル=100円で換算すると、50銭になります。


YJFXリピートトレールの画像29

注文画面では、「売 SELL」の青ボタンをクリックします。


YJFXリピートトレールの画像30

売りポジションが建ちました。

1週間後の状況は、次のとおりです。 なお、せっかくのデモトレードなので、ここからはデスクトップCymoを使ってみます。


YJFXリピートトレールの画像31

口座状況をみると、1週間前の資産合計497万6,882円に対し、現時点の資産合計が496万8,953円なので、その間の損益はマイナス7,929円です。
その他に、決済前の評価損益がプラス3,053円と含み益の状態になっています。


YJFXリピートトレールの画像32


ポジション状況でも、現時点の含み益は3,053円です。
とりあえず、利益確定決済を行いノーポジションにします。

検証期間中のチャートを使い、今回のトレードの軌跡をみてみましょう。

【ユーロドル1時間足・ウェブ版のチャート】

YJFXリピートトレールの画像33

検証期間は緑枠内です。
約定明細から、今回の検証では期間中に4本のポジションが建てられたことがわかりました。

【約定明細・ウェブ版から出力】

YJFXリピートトレールの画像34

①売り
②ドテン買い
③ドテン売り
④ドテン買い
の順番で、チャート上に記載した矢印の位置になります。

その結果わかったのは、決済トレール幅の50銭が広過ぎたのではないか、ということです。

チャート上の①と③の売りは、その後想定どおりに相場が下がっていることから、裁量トレードであれば利益を上げることができたパターンですが、いずれもマイナス決済で終わっています。

その理由は、50銭の戻りを待つために決済のタイミングが遅れ、相場が大きく上昇してしまったからです。
また、決済と同時にドテンで逆ポジションを建てていますが、そのタイミングも遅れてしまっています。
②の買いは、明らかにポジションを建てるタイミングが遅過ぎます。
④の買いも遅いのですが、相場が運よく上昇したために唯一の勝ちトレードとなりました。

今回の検証で、リピートトレール注文では、決済トレール幅の設定が難しいということがわかりました。


YJFXリピートトレールの画像35


最終的に、500万円でスタートしたデモトレードは、497万2,039円で終了し、27,961円のマイナスとなりました。

4. YJFX!のリピートトレール注文って使いやすい?

YJFX!のリピートトレール注文について、デモトレードで実践してみた結果をまとめてみましょう。

評価項目評価(★5つで満点)備考
プログラム
ロジックの
わかりやすさ
★★★リピートトレール注文のロジックは、わかりやすい。
単発のエントリーでは非常に効果的で一般でも使われているが、それにドテン注文を組み合わせている点に疑問が残る。
画面の見やすさ
わかりやすさ
★★★★ウェブ版の画面は、見やすくわかりやすい。
ダウンロード版のデスクトップCymoは、画面が小さく使い勝手が良いとはいえない。
操作性
レスポンス
★★★★ウェブ版、ダウンロード版ともに、操作性、レスポンスは良好。
勝てる手法か★★レンジ相場で勝つには相当な研究が必要で、初心者には難しい。特に、決済トレール幅の設定がいい加減では勝てない。
トレンド相場では、勝てる可能性が高くなる。
コスト★★★★★システムトレードとしては、業界の中で最も安い水準。
総合評価★★★プログラムの売買手法はわかりやすいが、実践が難しい。
適切な決済トレール幅を設定するには、経験と学習が必要。

【プログラムロジックのわかりやすさ】
プログラムロジック自体は、わかりやすいといえます。
ただし、【勝てる手法か】で記載したような問題があります。

【画面の見やすさ・わかりやすさ】
ウェブ版の画面は、見やすく、わかりやすくできています。
ダウンロード版のデスクトップCymoは、画面が小さく、チャートが見やすいとはいえません。また、約定明細は表示されますが、エクセルデータで出力できないようです。

【操作性・レスポンス】
ウェブ版、ダウンロード版ともに、操作性・レスポンスは問題ありません

【勝てる手法か】
リピートトレール注文についての見解は、次のようになります。

①サイトの説明では、レンジ相場で有効な手法とのイメージを与えているようにみえるが、レンジ相場で勝つのは難しい
決済トレール幅の設定は、狭過ぎず広過ぎずその場の波に適合させる必要がありますが、そのためには経験と学習が必要といえるでしょう。

決済トレール幅が狭過ぎると、ほんの少しのノイズ(小さな押し・戻り)で決済・ドテンしてしまいます。
逆に広過ぎると、決済・ドテンのタイミングが遅れて利益が上がりません。 特に、レンジ相場での決済トレール幅の設定は難しく、経験と学習が必要でしょう。


②裁量トレードでは、エントリーチャンスはそれ程多くやって来ない。リピートトレール注文で、決済する度に毎回ドテンエントリーを行うのは危険性がある
リピートトレール注文では、決済する度に毎回ドテンエントリーを行います。
すなわち、四六時中売り買いどちらかのポジションを建てており、ノーポジションの時間帯はありません。
そのため、エントリーすべきでない場面でも、機械的にエントリーしている状態がかなりあるということになります。


リピートトレール注文で勝つには、
◎トレンド相場では、ノイズにかからないよう、決済トレール幅を広めに設定する
決済トレール幅が狭いと、上昇トレンドで買いポジションを建てている時、ノイズに簡単にかかってドテン売りのポジションが建ってしまいます。
逆に、決済トレール幅を広めにすることによるタイミングの遅れは、トレンド相場の場合はあまり気になりません


◎レンジ相場では、タイミングが遅れないように、決済トレール幅を狭めに設定する
2回目の検証では、決済トレール幅を広く設定したため、タイミングが遅れたようです。
上記の対策が効果的と判断されますが、その時の相場がトレンドかレンジかの相場判断とその状況がどの位続きそうかの読みが重要になります。
また、同じレンジ相場でも波の幅や大きさは様々であるため、レンジ幅や波の大きさに合わせて決済トレール幅を調整する必要があるでしょう。


リピートトレール注文は、トレンド相場で決済トレール幅に気をつけて使えば勝ちやすく、また、その場合に利幅を大きく伸ばすことができる可能性があります。
なぜなら、小さなノイズで決済・ドテンするのを避けながら、相場に追随していけば利益が増えるからです。

このことから、決済トレール幅の設定やポジション方向の判断が難しいレンジ相場でリピートトレール注文を使うのは見送り、トレンド相場のみで使用するのが安全な勝ち方ではないでしょうか。
裁量トレードでも、トレール注文はトレンド相場で威力を発揮する手法なのです。

【コスト】
YJFX!のリピートトレール注文を利用する際のスプレッドは、次のとおりです。
なお、取引手数料はかかりません。

通貨ペアスプレッド
米ドル/円0.2 銭
ユーロ/円0.5 銭
ポンド/円1.0 銭
豪ドル/円0.7 銭
ユーロ/米ドル0.4 points
2019年11月01日調べ

スプレッドは、裁量トレード(外貨ex)と同一で業界最狭水準です。
これで取引手数料などはかからないため、自動売買の中では圧倒的にコストパフォーマンスに優れています

【総合評価】
YJFX!のリピートトレール注文は、レンジ相場で勝つには経験と学習を重ねないと難しいといえます。

しかし、トレンド相場では、決済トレール幅に気をつければ大きな利益を上げられる可能性が高いことから、その時々の相場をみて使う場面を絞るなどの工夫が重要でしょう。

なお、コスト的には、自動売買の中では圧倒的にコストパフォーマンスが良いといえます。

編集長からのコメント

YJFX!のリピートトレール注文は、他のリピート系自動売買とはロジックが異なっていますね。
トレール幅の設定が勝ち負けに大きく関係し、また設定自体難しいようなので初心者には難易度が高いと言えるようです。

ただ、コストパフォーマンスはかなり優れているので、トレール幅の幅の研究をし設定さえ上手く適合させることが出来れば、利益を上手く伸ばせるようになるのではないでしょうか。

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。