【初心者必見】5ステップでわかるiサイクル2取引のおすすめ設定!

この記事で学べること

  • iサイクル2の特徴や仕組み
  • iサイクル2の初心者におすすめの設定内容や設定手順
  • iサイクル2の設定変更方法
三原怜の写真
この記事のライター 三原怜

FX自動売買の「iサイクル2取引って、どんな仕組みでどう設定するの?おすすめの設定はあるの?」などの悩みはありませんか。

実戦に入る前に、iサイクル2のおすすめ設定内容や手順がわかれば、そのような悩みは解消できますよね。

この記事では、iサイクル2取引の初心者におすすめの設定内容や手順、設定の変更方法について解説します。

最後まで読めば、あなたも安全に勝てる設定ができるようになりますよ

まず、iサイクル2取引に「向いている人・向いていない人」を見てみましょう。

iサイクル2取引に向いている人

  • 忙しくて時間のない人
  • 自動売買に興味をもっている初心者の人
  • コツコツと利益を狙いたい人
  • 1,000通貨から自動売買を始めたい人

iサイクル2取引に向いていない人

  • すぐに利益を出したい人
  • 手数料の安さを重視する人

1. iサイクル2取引の概要

iサイクル設定1

iサイクル2取引の特徴を簡単に説明すると、次のようになります。



・iサイクル2取引は、リピート系の自動売買
・設定した変動幅が、相場に自動追従して売買を繰り返す
・相場のトレンド方向を自動判定して売買する
・多彩なアプローチができる


1.1 iサイクル2取引の特徴

①リピート系の自動売買

iサイクル2取引は、リピート系の自動売買です。

リピート系の自動売買は、あらかじめ設定した条件どおりに、自動売買を繰り返してくれるシステムです。


リピート系自動売買の共通の特徴は、

①安いポイントで買い、相場が上がったら利益確定する
②高いポイントで売り、相場が下がったら利益確定する

という売買を繰り返し、利益を積み上げていく手法です。


iサイクル2取引も、他のリピート系自動売買と同じく、このような売買を繰り返し行います。


iサイクルおすすめ設定1 資料出所:外為オンライン公式サイト、以下同

②変動幅が相場に自動追従

iサイクル2取引では、あらかじめターゲットとする相場の変動幅を設定しますが、この設定変動幅が実際の相場の上昇・下降に合わせて自動追従し、売買を繰り返すことができるのもユニークな特徴です。


iサイクルおすすめ設定2

③トレンド方向を自動判定

iサイクル2取引はトレンドの方向を自動的に判定し、相場の大きな波に乗ることができる特徴があります。


FXのチャートは一直線に上下することはなく、必ずN字型の波を描きながら推移します。

レンジ相場ではこのような小さな波がたくさんできますが、iサイクル2はその小さな動きを狙って効率的に利益を積み上げていきます


このようにiサイクル2取引はレンジ相場でも稼ぐことができますが、レンジを抜けてトレンドが発生しても、その方向を自動的に判別して大きな波に追従することができます。


iサイクルおすすめ設定3

④多彩なアプローチ

iサイクル2取引では設定を簡単にするため、ランキング方式、マトリクス方式、ボラティリティ方と多彩なアプローチ方法が用意されています。


1.2 含み損が出る仕組み

リピート系の自動売買は、含み損が発生しやすい仕組みになっています。

なぜなら、その含み損をやがて含み益に変えて勝つのが、リピート系自動売買のシステムロジックだからです。


つまり、リピート系自動売買は、一時的に相場の小さな波に逆行しても、最終的に大きな波に乗って利益を上げる中~長期売買システム(数週間~数か月・数年のサイクル)なのです。

そして、その点はiサイクル2取引でも同じです。


iサイクル2取引の基本戦法は、

①安く買って、高くなるまで待つ
①高く売って、安くなるまで待つ

というもの。


そのため、買ったけれど相場が下落した場合、上がるまで待つには時間がかかります。

同じように、売ったけれど相場が上昇した場合も、下がるまで待つ時間が必要です。


さらに、相場が予想と逆の方向に進んでいる間も、相場が一定の値幅動けば、小さな波に逆らってポジションを建てていきます(下降途中で買い・上昇途中で売り)。

ループイフダンの画像3
このように、相場が予想と逆方向に進んでいる間は、「相場の進行」と「新ポジションの追加」という2つの理由で含み損が大きくなります。

しかし、やがて相場の小さな波が反転して元の大きな波の方向に戻った時、含み損を抱えていた複数のポジションが含み益に変わっていくのです。


1.3 かんたん設定

iサイクル2取引では、設定を簡単に行うため、次の3つの設定方法が用意されています。 取引を行う場合は、この3つの設定方法のうちどれかを使うことになります。


①ランキング方式

シミュレーションで運用成績が良い設定の組み合わせをランキングしたもので、自分が好きな組み合わせを「選択可」をクリックして選ぶことができます。


iサイクルおすすめ設定4

②マトリクス方式

レンジの想定変動幅(縦軸)とポジション間隔(横軸)のリスク程度を教えてくれ、自分が好きな組み合わせを「青いマス」をクリックして選ぶことができます。


iサイクルおすすめ設定5

③ボラティリティ方式

通貨ペア・想定変動幅・ポジション方向・対象資産(取引をしたい金額)などを自分で設定する方式です。


iサイクルおすすめ設定6



2. iサイクル2取引のおすすめ設定と手順

iサイクル設定2

次に、初心者におすすめできるiサイクル2取引の設定方法を紹介します。


設定方法は、上で紹介した3つの方法のうちどれを選んでもOKです。

この中で、特にマトリクス方式は、想定変動幅とポジション間隔の組み合わせから、決済損益や最大必要資金などを見ることができるのでおすすめです。


今回は、このマトリクス方式を使って説明します。


初心者におすすめの設定:含み損=リスクを最小限に止める設定


初心者の方は、iサイクル2取引の含み損をできるだけ最小範囲に止めることができる設定=リスクを最小限に保つトレードがおすすめです。


その理由は、iサイクル2取引は、相場の小さな波に一時的に逆行してでも、最終的に大きな波に乗って利益を上げる中~長期売買システムだからです。

このようなシステムでは、ある程度の含み損を抱えることが前提になるため、その含み損を最小限に止めることが勝つためのポイントです。


2.1【STEP1】期間の設定


おすすめの期間:過去半年~1年


期間とは、データの収集期間をいい、1カ月・2カ月・3カ月・半年・1年の中から選べます


この中で、おすすめの期間は過去半年か1年です。

というのは、データの収集期間が短すぎるとデータの信頼性が低くなるからです。


そのため、長めの半年または1年がおすすめです。


設定画面で、期間の欄から「過去半年」または「過去1年」を選択します。


iサイクルおすすめ設定7

2.2【STEP2】通貨ペアの設定


おすすめ通貨ペア:米ドル/円


初心者の方におすすめの通貨ペアは『米ドル/円』です。

なぜなら、米ドル・円・ユーロなどのメジャー通貨は、相場が比較的安定しているからです。

この中で、特に米ドル/円は比較的レンジ相場が多く、値動きが一方向に走りにくい特徴があるため、リスクを抑えることができるのです。


逆に、トルコリラやメキシコペソなどのマイナー通貨は相場変動が激しくリスクが大きいため、初心者のうちは止めておきましょう。

設定画面で、通貨ペアの欄から「USDJPY」を選択します。


iサイクルおすすめ設定8

2.3【STEP3】ポジション方向・トレンド種別・足種の設定


・ポジション方向の決定=トレンド自動判定に任せる
・トレンド種別=移動平均線・MACDどちらもOK
・足種=日足~週足


ポジション方向の決定

ポジション方向の決定は、トレンドの自動判定に任せましょう
その理由は、初心者の方が自分で方向を決めるより、システムに任せた方が安全・確実だからです。


iサイクル2取引には、相場のトレンドを自動判定してポジションの方向を決定する機能が付いているので、慣れるまでの間はこの機能を活用しましょう。

設定画面で、ポジション方向の欄から「トレンド」を選択します。


iサイクルおすすめ設定9

トレンド種別

トレンド種別は、トレンドの自動判定に使うテクニカル指標の種類をいい、移動平均線とMACDが用意されていますが、そのどちらでもOKです。


なぜなら、一般的に移動平均線とMACDともにトレンドの判定に使用され、信頼性があるからです。


足種

また、テクニカル指標の足種は、日足か週足がおすすめです。

その理由は、iサイクル2取引は中~長期売買用の自動システムなので、短めの時間足より長めの時間足で判定した方が精度は高くなるからです。


設定画面で、トレンド種別の欄から「移動平均」か「MACD」を選びます。
また、足種の欄から「日足」か「週足」を選びます。


iサイクルおすすめ設定10

2.4【STEP4】参照項目の確認


参照項目=必ず確認


マトリクス方式では、参照項目は必ず確認するようにしましょう。

その理由は、参照項目の内容で、利食い・損切り・最大必要資金などの情報がわかるからです。


マトリクス下段の各項目をクリックすると、想定変動幅・ポジション間隔ごとの利食い回数や最大必要証拠金などの項目が参照できますよ。


【下段の各項目をクリック】

iサイクルおすすめ設定11

【利食い回数】

iサイクルおすすめ設定12

【レンジ内最大必要証拠金】

iサイクルおすすめ設定13

【レンジ内最大必要資金】

iサイクルおすすめ設定14

【レンジ内最大評価損】

iサイクルおすすめ設定15

2.5 【STEP5】想定変動幅・ポジション間隔の設定


想定変動幅=過去の相場を参考にして設定
ポジション間隔=広すぎず狭すぎない中間帯


iサイクル2取引の注文は、青いマスのどれかをクリックして行いますが(白いマスの部分は、必要資金が足りないため注文できない)、そのためには、レンジの想定変動幅とポジション間隔を決めなければいけません。


想定変動幅は、各ポジションの逆指値(ストップ)までの値幅=損切り幅です。

また、ポジション間隔は、複数のポジションを建てる時のポジション同士の間隔=利益確定幅をいいます。


iサイクルおすすめ設定11

「それなら、縦と横のリスクが一番低い右下の青マスで決まり!」と思われるでしょう。

なぜなら、マトリクス表では、 (縦軸)想定変動幅が広い=リスク低
(横軸)ポジション間隔が広い=リスク低
となっていますからね。


でも、ちょっと待ってください。
想定変動幅とポジション間隔の正しい設定方法をこれから説明します。


ポジション間隔

ポジション間隔は、広すぎず狭すぎずの中間帯に設定するのがおすすめです。

というのも、ポジション間隔は広すぎても狭すぎてもデメリットがあるからです。


一方のポジション間隔は、狭ければポジションが頻繁に建つため、取引量が増えます。
その結果、利益が増えると同時に損失も増える可能性があります。

逆に、ポジション間隔が広ければ、ポジションが建つ回数が少ないため、取引量・利益・損失が小さくなる可能性があるのです。

特にポジション間隔が広すぎると、エントリーが滅多にないため初めに建てたポジションだけで1発勝負のような展開になってしまう、利益確定が減るためなかなか収益が上がらないなどのデメリットがあります。


このようにポジション間隔は、狭すぎても広すぎてもデメリットがあり一長一短なのです。
このことから、設定値は中間帯である30 pipsあたりにするのがおすすめです。


iサイクルおすすめ設定17
iサイクルおすすめ設定18

想定変動幅とは

想定変動幅は、実際の過去相場を参考にして設定します。

その理由は、実際の相場の変動幅を無視した設定では、危険性が大きいからです。


想定変動幅とは、トレードでターゲットにしたいレンジ部分の変動幅のことです。

ターゲットとなるレンジブロック帯の上下の幅を想定することで、損切りまでの距離が決まってくるため、現実的な変動幅を設定しておく必要があるのです。


想定変動幅は、「○pipsが良い」、「広い方が良い」などという正解はありません。
なぜなら、想定変動幅は自分の好みで決めるものではなく、実際の過去の相場を参考にして導き出なければいけないものだからです。


想定変動幅は、自分が取引をしようとするターゲット期間によって違ってきます

「今から3カ月間をターゲットにしよう」という場合は、相場が同じ長さの過去3カ月間でどの程度変動したか、「これからの1年間を目安に取引しよう」という場合は、同じ長さの過去1年間でどれだけ動いたかを確かめることが重要なのです。


iサイクルおすすめ設定16

相場は、同じ長さの期間であれば、同じような大きさの変動を起こす可能性が高いのです。

つまり、想定変動幅は、ターゲット期間と同じ長さの過去相場での最高値と最安値の幅を参考にして、それに近い数値を設定する必要がありますよ。


今回は、上図のようにチャートを使って想定変動幅を算出しないで、もっと簡単な方法を後で説明します。

ここに書いたことが考え方の基本だということを覚えてくださいね。


想定変動幅の設定

次は、具体的な設定方法です。


今回は、想定変動幅=800pipsに設定します。
その理由は、ターゲットとするレンジ期間の長さを「半年間」にするからです。


上の「期間の設定」で「過去半年」を選びましたね。これは、データの収集期間です。

つまり、「過去半年」を選んだ時点で、画面には「過去半年間の運用成績(決済損益・利食回数など)や必要資金」が表示されているわけです。

それらのデータ(参照項目)に基づいて想定変動幅やポジション間隔を決めていくのですから、ターゲットとするレンジ期間の長さは同じ半年間、「現在から将来に向けた半年間」になるのです。

「でも、その半年間のレンジ帯の想定変動幅800pipsは、どうやって出すの?」と考えてしまいますよね。

想定変動幅は、正式には上で説明したやり方でチャートを使って計測しますが、もっと簡単な方法があります。


想定変動幅のカンタンな設定方法

前に説明したボラティリティ方式の画面では、「ボラティリティ参考期間」の欄で「過去半年」を選ぶと、想定変動幅が自動計算されて800pipsと表示されるのです。


【ボラティリティ方式の画面】 iサイクルおすすめ設定19

これで、ターゲットとするレンジ期間は半年間、想定変動幅は800pips(8円)、ポジション間隔は上でおすすめした30pipsと決まりました。


設定方法は、表の縦軸の想定変動幅800pipsと横軸のポジション間隔30pipsが交差する「決済損益2,647pips」の青いマス部分をクリックして行います。


iサイクルおすすめ設定20

すると、確認画面が表示されます。
売買方向は、自動判定で「売りトレンド」となっています。


iサイクルおすすめ設定21

この条件で、最大ポジション数=26と自動設定されましたね。


2.6 初心者におすすめの設定内容まとめ

これまで、iサイクル2取引の設定項目別に、初心者におすすめの設定内容を説明してきましたが、これを整理すると次のようになります。


【マトリクス方式での設定】

項目おすすめ設定
期間半年~1年
通貨ペア米ドル/円
ポジション方向トレンド自動判定に任せる
トレンド種別移動平均線・MACDのどちらでもOK
足種日足・週足など長めの時間足
参照項目必ず確認する
想定変動幅過去の相場を参考に設定する
ポジション間隔広すぎず狭すぎずの中間帯30 pips
利益幅設定の必要なし
利益幅=ポジション間隔で自動設定
損切り幅設定の必要なし
損切り幅=想定変動幅で自動設定


iサイクル2取引は、数週間から数か月にわたる中・長期の売買となるため、含み損が大きく膨らみやすくなります。

初心者のうちは、できるだけ大きなリスクを負わない上記のような設定で始めてみましょう


3. iサイクル2取引の設定変更

iサイクル設定3

ここでは、iサイクル2取引の設定変更について見ていきましょう。


3.1 設定を見直すタイミング


設定を見直すタイミング=相場方向が設定内容と異なってきた時


iサイクル2の設定を見直すタイミングは、相場の状況が設定内容と違ってきた時です(設定が売りで相場が上昇に転じた、設定が買いで相場が下降に転じたなど)。


なぜなら、自動売買システムとはいえ、初めに設定したままで軌道修正を行わないと、勝てる確率が低くなってしまうからです。


ただし初心者の方は、設定時に「ポジション方向」を「トレンド」に設定していますよね。

この場合は、相場のトレンドが転換してもシステムが自動追従してくれるため、しばらくはそのままで様子を見ることをおすすめします。

また、「ポジション方向」以外の設定項目は、基本的に変更する必要はありません。


3.2 どのように設定変更するか

「ポジション方向」を「トレンド」に設定していない場合は、自分で軌道修正しなければいけません。


iサイクル2取引は、プログラムの稼働途中で設定内容を変更することはできません


途中で設定内容を変更するには、

①稼働中のプログラムを停止
②設定を変えた新しいプログラムを稼働

させる方法をとります。


3.3 設定の変更方法

ここでは、具体的に設定の変更方法を説明します。

メイン画面のメニューから、「iサイクル2 / サイクル2取引」をクリックします。


iサイクルおすすめ設定24

メニューの一覧が表示されるので、「iサイクル2 / サイクル2取引【稼働状況照会】」をクリック<します。


iサイクルおすすめ設定24

稼働中のプログラムが表示されるので、目当てのプログラムの左側にチェックを入れ、「選択」をクリックします。


iサイクルおすすめ設定26

確認事項が表示されるので、内容を確認して「停止」をクリックします。


iサイクルおすすめ設定27

プログラムが停止したメッセージが表示されます。

なお、プログラムが停止しても、すでに建っているポジションは自動決済されません
決済したい場合は、手動で行ってください。


iサイクルおすすめ設定28

プログラムを停止したら、すでに見てきた新規プログラムの設定方法にしたがって、新規のプログラム内容を設定します。

新規プログラムは、ポジション方向だけを逆にし、他の項目はそのままの設定で様子を見るのが良いでしょう。


4. iサイクル2取引が使えるFX会社

外為オンライン

iサイクル2取引が使えるのは外為オンラインだけです。

自動で取引を繰り返してくれるので、忙しい人にもぴったりですね。

また、スマホアプリでもiサイクル2取引に対応しているので、どこにいても稼働状況を照会したり新規注文もできて便利です。



5. まとめ

iサイクル設定5


  • ①初心者は、トレードのリスクを最小限に止める設定に 含み損は最小限に止め、相場が反転した後に大きな利益を上げるのが勝つためのポイントです。

  • ②含み損を最小限に止めるには、安定した通貨ペア・中間帯のポジション間隔で 含み損を最小限に止めるには、安定した通貨ペアの米ドル/円、中間帯のポジション間隔である30pipsで設定します。 想定変動幅は、自分のターゲット期間と同じ長さの過去相場を調べて導き出すことを忘れないでください。

  • ③初心者は、トレンドの自動判定機能に任せる 最初の設定時に、ポジション方向を「トレンド」に設定しておくことが大切です。 また、プログラムの稼働後に、相場の方向がプログラムの設定内容とマッチしなくなっても、慌てずに、システムのトレンド自動判定機能に任せましょう。



初心者の方は、このようにリスクを抑えた設定で始めてみましょう。

そうすれば、大きな損失を負うことなく、安全で有利なトレードができるはずです。


iサイクル2取引に向いている人

  • 忙しくて時間のない人
  • 自動売買に興味をもっている初心者の人
  • コツコツと利益を狙いたい人
  • 1,000通貨から自動売買を始めたい人

iサイクル2取引に向いていない人

  • すぐに利益を出したい人
  • 手数料の安さを重視する人

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。