FX勉強が捗るおすすめサイト集結!初心者が稼ぐための勉強法もの画像
2021.08.04

FX勉強が捗るおすすめサイト集結!初心者が稼ぐための勉強法も

この記事で学べること

  • 初心者向けサイト5選
  • 勝てるトレーダーになるまでの3ステップ
石川 一行の写真
この記事のライター 石川 一行

FX歴2年、今は育児に追われる兼業トレーダー。本業があるため大きな投資は行っていないものの、月間は安定した成績をマーク。

FXを始める前の方から「FXの勉強ってどうやってやるの?」「FXのサイトってたくさんあるけどどこがいいの?」といった疑問をよく聞きます。

今回の記事では勉強に利用できる大手サイトから、安定して勝てるトレーダーになるためのステップまで併せて紹介したいと思います。

勉強できるサイトで基本学習を行い、少額トレードを行いながら基礎学習を実践へ応用していくようなステップになります。

安定して勝てるトレーダーになるための参考になれば幸いです。

1. おすすめFX勉強サイト5選

勉強サイト:おすすめ勉強サイト

それではおすすめのFX勉強会社を5社ご紹介します。各サイトの難易度をわかりやすく初級・中級レベルそれぞれ5段階評価していますので、ぜひ参考にしてください。

1.1. SBI FXトレード FX取引の初心者ガイド

SBI FXトレード:初心者ガイド

初心者オススメ度:★★★★☆
中級者オススメ度:★★★☆☆

オススメしたい勉強サイトの一番手は、SBI FXトレードという証券会社の初心者ガイドです。

FXの基礎知識や基礎用語はもちろんのこと、証券会社ならではの証券会社の取引口座の開き方や、注文の仕方なども網羅しているので、初心者の方にオススメです。

講座の中身もマンガで学ぶFXであったり、はじめてのテクニカル分析といったような特に初心者向けの内容も充実しています。

FXのことを少し理解出来た段階でも、コラム欄は非常に有効です。ついつい忘れてしまう損切設定についてや、スキャルピングやスイングトレードといった自分のスタイルではない手法や考え方などを知ることは、自分にとっても非常に良い影響があると言えます。

まずは証券会社のサイトでFXを勉強することが王道と言えるかと思います。

1.2. YJFX!

YJFX!:虎の巻
(引用元:YJFX!虎の巻

初心者オススメ度:★★★★☆
中級者オススメ度:★★★★☆

YJFX! もSBI FXトレードと同じく証券会社のサイトです。

こちらも当然ですが、これから証券会社の口座を開きFXを始める人向けのコンテンツが充実しています。
SBI FXトレードとは言葉は違うものの、基本については同じような内容を説明しています。書かれていることがわからなければ、もう片方のサイトで同じ記事を見てみるというような、お互いのサイトを補助的な使い方をすると良いかもしれませんね。

しかし、SBI FXトレードの初心者向けガイドとYJFX!が大きく違う点は、「虎の巻」というクイズ形式のコンテンツと、色々なトレーダーによるオンラインセミナーがある点と言えます。

虎の巻、オンラインセミナーともにFXをまったく知らない人向けではなく、FXを経験して自分に課題がある中級者向けのコンテンツとなっていますので、SBI FXトレードは完全初心者向け、YJFX!は中級者向けにも発信を行っているのは大きな違いです。

初心者から脱したものの、勝ち悩んでいるような方へオススメのサイトとなっています。

1.3. ザイFX!

ザイFX!:基礎知識入門

初心者オススメ度:★★★★☆
中級者オススメ度:★★★★★

ザイFX!は上記2つと違い、FXの総合情報サイトです。上記の証券会社のサイトでは初心者向け、中級者向けとコンテンツの狙いが明確でしたが、ザイFX!は情報量が非常に多く既に利益を出しているトレーダーが利用するような情報も発信しています。

初心者から上級者まで幅広いレベルのトレーダーが利用するサイトとなっているので、情報量が非常に多い点が大きなメリットとなっています。

初心者向け情報だけでも「FXって何だろう?」と言うレベルから「基本的なチャートの読み方」まで、非常に大きなボリュームで解説されています。

ザイFX!では加えてトレーダーコラムや、FXをやる上で重要な経済ニュースの解説にも力を入れています。初心者から上級者まで参考に出来る総合情報サイトと言えますね。

1.4. 投資の教科書

初心者オススメ度:★★★☆☆
中級者オススメ度:★★★★★

投資の教科書はFXだけでなく株式やデリバティブまで取扱っているサイトです。

FXの項目では上記3つと同じく初心者向けの記事も充実していますが、投資の教科書の良い点は勝っているトレーダーの目線をそのまま解説しているところです。
実際に記事を書いているのが勝っているトレーダーなので、どういった点に注目しているかなどが実際のトレード目線で書かれているのが、このサイトの大きな特徴となります。

チャートの見方でもローソク足の見方や意味などについて詳しくトレーダー目線を説明していますので非常に勉強になりますね。

また、失敗例ややってはいけないというパターンについて説明しているのも特徴です。特に失敗例などは実際にトレードしないとわからない部分が多く、また失敗したことを記録しておくのは人として難しいことでもあります。人の失敗を知ることで自分は同じことをしないように気を付けることができるので、そういった意味でも他のサイトにはないメリットがあると言えます。

投資の教科書は初心者向けではあるものの、実際にトレードを始めた人向けの解説が多い中級者向けのサイトとなっています。記事の内容は非常に上質なので、ぜひ参考にしてみてください。

1.5. FXやってみた研究所

FXやってみた研究所:学ぶシリーズ

初心者オススメ度:★★★★★
中級者オススメ度:★★☆☆☆

当サイトでは、FX超初心者に向けたFXの学び方を5STEPのシリーズとして公開しています。

FXの初心者学習サイトは数あれど、わかりやすく本番トレードに向けた知識を体系的にまとめたサイトは皆無でした。

そこで当サイトでは、本当に右も左もわからない初心者でも1からFXで必要な知識を適切な順序で学べるように、下記の5つのSTEPでわかりやすく解説しています。

STEP1:FXの基本
STEP2:FXの取り組み方・心得
STEP3:チャート分析の基本
STEP4:デモトレードを使った実践練習
STEP5:トレードの振り返り方

これを全て理解することができれば、FXの世界で戦える土台ができると断言できます。本記事でもこの後勉強法の概要を解説しますが、詳細を知りたい方は下記リンクよりご覧ください!

2. 【STEP 1】基本を学ぶ

勉強サイト2:基本を学ぶ

上記のサイトを参考にしながら、まったく何も知らない初心者が何を学んでいけばいいかを順序立ててみたいと思います。

算数であれば足し算、引き算、掛け算、割り算…と順番に学習を進めるように、FXにも基礎から応用、発展まで理解度に合わせた学習が必要になっていきます。

闇雲に勉強していくよりは理解の深さに差が出てくるので、ポイントを押さえた効率的な学習をしていきましょう。

2.1. 仕組みを理解する

まずは「為替が動く仕組み」「レバレッジ」について理解しましょう。

FXは買ったときと売ったときの差が利益に繋がる投資方法です。為替が動く仕組みを知っていることで、大きな資金がどの方向に動くかがわかってきます。
大きな資金が動く方向に自分も乗っかることが大きな利益に繋がるので、為替が動く仕組みについてはサイトを参考にしながら理解を深めましょう。

レバレッジは少ない資金で、大きな資金を動かすことが出来る仕組みです。レバレッジとは日本語で”てこの原理”のことを言い、小さな資金を担保に大きな資金を借り入れることが出来る仕組みです。
レバレッジを利用することで他の投資方法にない利益の最大化が見込めますが、逆に小さな動きで大きな損失に繋がってしまう場合も多くあります。武器として使うためにも、メリットデメリットはしっかり学習しておきましょう。

2.2. 必須知識を身に着ける

FXは以下の4つの知識が重要になってきます。最終的には”自分ルール”を作っていくことが重要になりますが、その土台になるのがこの4つの知識です。ぜひ一度深く学習してみてください。

・トレードスタイル
エントリーしてから決済(損切)まで、どの程度の時間ポジションを持っているかでスタイルを分けることが出来ます。自分の性格や、私生活、仕事中にトレードできるのかどうかなど、色々な状況でスタイルを決めていくこととなります。

持つ時間は数分なのか、数時間なのか、数週間持っているのか…自分に適したトレードを行うことが勝っていく第一歩となります。

・分析手法
チャートを重視するテクニカル分析と、経済ニュースなどを参考するにファンダメンタル分析の2種類があります。
決してどちらか”だけ”でFXをするわけではなく、自分のスタイルに合わせてどちらに重心を寄せるかを決めていきましょう。

・取引通貨
FXは通貨ペアを選んで売買する投資方法です。通貨ペアとは米ドル/円やユーロ/米ドルなどのことを言います。
各国の通貨にはそれぞれ特徴があり、この特徴を掛け合わせたのが通貨ペアとなります。通貨の特徴を押さえておくと動きの予測をしやすくなるので、特徴を見越したトレードを行えます。

・取引時間
FXは24時間取引可能ですが、ご自身が取引できる時間は一定になると思います。一般的なサラリーマンであれば8時~17時は仕事だからトレードは出来ない、といったような状況ですね。
取引可能な24時間ですが、時間ごとに動き方の性格が変わりますので、ご自身の環境に合わせた時間帯の性格を知っておくことは非常に重要になります。

以上の4項目は”自分ルール”を作る際に非常に大切なことです。ルールは後から変えることはできますが、基本となる部分になるのでしっかりと学習して理解しておきましょう。

基本ルールに後から分析ルールなどを付け足していくような形になるので、ぜひ参考にしてみてください。

2.3. 専門用語を覚える

FXは金融業界と言うこともあり、専門的な言葉をよく使います。その中でも普通にトレードしていても当然のように使うワードを3つピックアップしました。ぜひ覚えておいてくださいね。

・pips(=percentage in point)
FXで用いられる共通の値幅のことで、損益通算をする際に使われます。例えば「米ドル/円で0.5円勝ったよ!」とは言わずに、「米ドル/円で50pips勝ったよ!」というような言い方をします。
円絡みではこういった表記ですが、ドル表記でも「~米ドル」ではなく「~pips」と表記されるということですね。

・LOT
一定の通貨量をまとめた言い方です。FXでは扱う通貨量が多いので、一定量をまとめてLOTと表記します。一般的に1万通貨=1LOTとなり、10万米ドル購入した場合は米ドル10LOTと言います。

・スプレッド
1トレードごとに発生する手数料です。1売買で固定の場合は取引手数料、1売買で流動的な手数料の場合をスプレッドと言います。

専門用語はこれだけではありませんが、FXのトレードを行う場合は知っていて当然の用語として扱われます。

オススメサイトにも詳しく解説されているので、ぜひ参考にしてください。

3. 【STEP 2】少額トレードで試す

勉強サイト3:少額トレードで試す

基礎学習がある程度済んでから少額トレードに移ります。

デモトレードでももちろん良いのですが、自分のお金が掛かっているのとそうでないのは緊張感が違います。失くしても痛くない金額でホンモノのトレードを行うことは非常に大切です。

ご紹介する三点を意識しながら少額トレードを始めてみましょう。

3.1. 基礎勉強で学んだことを試す

文字で覚えたことを実際のトレードに活かすということです。

・FXの仕組み
・必須知識について
・専門用語について

今まで学習してきたこれらのことを、実際にチャートを見て、応用できるかということが試してみましょう。

今の為替はどういった要因で動いているのか、今後行うトレードはどういったスタイルで行うのか、注文画面を見てわからない単語はないか…。

こういったことを振り返るように実践してみましょう。

3.2. トレードに慣れる

実際のトレードには、プロもアマチュアも同じプロセスでトレードを行います。

①分析を行う
②エントリータイミングと決済タイミング、撤退タイミングを考える
③トレードを行う
④振り返る

というプロセスです。

まずはこのプロセスに従って行う癖をつけるようにしましょう。

特に④振り返るでは、トレードノートをつけるようにし、ルール通りにエントリーできていたか、決済や撤退もルール通りだったかという点はしっかりと書き留めておきましょう。

始めは失敗ばかりするかと思いますが、お金を扱っている以上当然です。二度目に失敗しないように心掛けましょう。

3.3. トレードルールを作る

トレードルールは、先ほどから書いている”自分ルール”のことです。

自分のルールが自分の生活にとってストレスがないものか、分析方法が相場と合っているかなど、まずは自分にマッチしていて、相場ともマッチしていなければ意味がありません。

今までの学習と実際のトレードは、トレードルールを自分に最適化するために行ってきました。

トレードルール絶対に必要なのは

・損切りは徹底して実行できているか
・テクニカル分析が統計的なデータを基になっているか
・ポジションのLOTは適正で、資金管理が行えるか

以上の三点になります。

少額トレードでまず決めるのは、この三点の徹底ルール化となります。

「損切りが適切にできない」は、FXでの一番の損失原因です。損切りを適切に行うにはトレード前に予め損切りラインを決めることが重要です。トレード中に考えると、負けたくない感情が邪魔をして適切に行えないので注意しましょう。

テクニカル分析のルール化に役立つのがトレードノートです。勝てたトレードの中に共通するパターンがあれば、それをもとに統計を取りましょう。データ上で勝てる確率が高ければ、ルールに盛り込むようにしていくのがテクニカル分析のルール化です。

ポジションのLOTは、自己資金に対してレバレッジがどの程度有効になっているかということです。大きすぎるポジションは損切を行った際に再起不能となってしまいますから、自己資本対ポジションの大きさもルールに盛り込むようにしましょう。

4. 【STEP 3】本番トレードで稼ぐ

勉強サイト4:本番で稼ぐ

本番トレードでは実際に資産を運用していくステップとなります。

ここで重要なのは”退場しないこと”になります。FXトレーダーには数億稼いだ翌年に資産が数百万円まで落ち込んでしまったという話がよくあります。
今勝てていたとしても、明日には負けるかもしれないということです。そのためにも基礎をしっかり固め、退場しないような運用方法が重要になってきます。

デモトレードと少額トレードは違うと書きましたが、少額トレードと本番トレードもまた違います。今まで数百円の損益だったものが、数秒で数万円を行き来します。
始めのうちは決して普通ではいられないはずです。しかしそういったこともトレーダーの通る道です。

少額トレードで築き上げた基本を応用しながら、更に本番トレードの経験を踏まえて”自分ルール”をブラッシュアップしていきましょう。

5. まとめ

まとめ
  • 勉強サイトを選ぶときは、自分のレベルにあった勉強用サイトを参考にする。 勉強でもスポーツでも基礎から学ぶことが大事です。効率的に勉強したいのであれば自分のレベルにあったサイトを選びましょう。
  • FXを学ぶ順序は下記の3ステップです。 【STEP 1】FXの基本を学ぶ
    【STEP 2】少額トレードで試す
    【STEP 3】本番トレードで稼ぐ

今回の記事は初心者向けの勉強用サイトを紹介しつつ、スキルのステップアップについても触れてお話ししましたが如何でしょうか?

まだFXの経験がない方はFXの仕組みや、基本用語などを重点的に勉強してみましょう。少額トレードをやっていくうちに、勝てたり、勝てなかったりすることがあると思います。
そんなときに中級者向けのサイトや、勝ててるトレーダーの目線を勉強することをオススメします。

また基礎勉強少額トレード本番トレードの3ステップを上手く使うことで基礎のしっかりしたトレードを行うことが出来ます。
基礎のしっかりした家屋は地震でも倒れないように、基礎のしっかりしたトレードは自己資金がなくなるという事態を回避できます。やってみたら儲かったという世界ではないので、しっかりと基礎用語から学習し大きな損失は回避していきたいですね。

FXの勉強を真剣にしたい方はぜひ下記のリンクからFXの基礎を学んでください!

トップへ