1通貨から取引できるSBI FXトレード!スプレッドの透明性がおすすめの理由の画像
2021.07.24 2021.04.22

1通貨から取引できるSBI FXトレード!スプレッドの透明性がおすすめの理由

この記事で学べること

  • SBI FXトレードのおすすめポイント
  • SBI FXトレードがどんな人に向いているか
高田 佑美の写真
この記事のライター 高田 佑美

裁量トレードだけでなく、自動売買でもトレードを開始。 どうすれば順調に利益を上げられるか、日々奮闘中。

SBI FXトレードって他のFX会社と何が違うの?どうして良いの?」
と疑問に思っていませんか。

そこでこの記事では、SBI FXトレードの他社との違い、どういった良さがあるのか説明します。

自分の大切な資金を預けるので、事前にFX会社について詳しく知ることは大切です。

「FXやってみた研究所」でスプレッドが安定しているか調査してみたところ、SBI FXトレードは一番安定している事がわかりました。

SBI FXトレードは、透明性が非常に高く信頼できるFX会社なので、安心した環境でトレードをすることができますよ。

また、少額ではじめたいならSBI FXトレードで始めて間違いないですよ。

それでは、詳しくみていきましょう。

SBI FXトレードはこんな人におすすめ

  • まずは超少額ではじめたい初心者の方

1. SBI FXトレードってどんなFX会社?

SBIFXトレード01

それでは、まずSBI FXトレードがどんな会社なのか概要をみてみましょう。

1.1 SBI FXトレードの概要

会社名SBI FXトレード株式会社
会社設立2011年11月
取扱通貨ペア34通貨ペア
最低取引単位1通貨
スプレッド(pips)
*1,001~100万通貨
米ドル/円:0.10~7.80
ユーロ/円:0.49~15.80
ユーロ/米ドル:0.38~12.80
ロスカット証拠金維持率が50%を下回った場合
レバレッジ最大25倍
デモトレードなし
サポート時間月曜日~金曜日(AM 9:00~PM5:00)
※祝日等を除く

SBI FXトレードは、インターネット金融最大手であるSBIグループがFX専門として特化させた会社です。

SBI FXトレードでは、「1通貨からの取引」「取引量によって変動するスプレッド」といった独自のサービスが特徴です。

また、公正かつ透明性のある取引環境をユーザーに提供することを第一に取り組んでいる信頼できるFX会社です。

1.2 SBI FXトレードの取引時間とメンテナンス

ここで、取引時間やメンテナンスの時間を見てみましょう。

SBI FXトレードの取引時間は、夏時間と冬時間で異なっています。

土曜日の取引終了時間が夏時間は1時間早くなっているので、NYクローズ前にトレードをしたい人は気を付けてくださいね。

◆取引時間

期間取引時間 (日本時間)
【夏時間】
3月第2日曜日~(3月~10月)
月曜日AM7:00~土曜日AM5:30
【冬時間】
11月第1日曜日~(11月~2月)
月曜日AM7:00~土曜日AM6:30


また、メンテナンス時間も夏と冬時間が1時間ずれがあります。

さらに夏時間は、月曜日だけメンテナンスの時間が違うので気をつけましょう。

ただ、メンテナンスは早朝に行われるので、早朝にトレードをする人以外には特に影響はないですね。

◆メンテナンス

期間メンテナンス時間 (日本時間)
【夏時間】
3月第2日曜日~(3月~10月)
月曜日AM6:30~AM7:00
火曜日~土曜日AM5:30~AM6:00
【冬時間】
11月第1日曜日~(11月~2月)
月曜日~土曜日AM6:30~AM7:00

sbifxメンテナンス時間

2. 1通貨からトレードできる

SBIFXトレード02

SBI FXトレードの1番の特徴といってもよいのが、『1通貨からトレードできる』ことです。

1通貨ということは、レバレッジを利用した場合に約5円からトレードが可能だということになりますね。

sbifxトレード1通貨から

ほとんどのFX会社では、1,000通貨からまたは1万通貨からの取引になっているので、1通貨からトレードできるのはとても貴重です。

SBI FXトレードではデモトレードが提供されていません。

しかし、1通貨(約5円)から取引できるので、初心者で不安な方にはピッタリです。
いきなり大きなお金を動かすのは怖いですよね。初心者ならなおさらです。

実際のお金を動かすのは心理的にも負担がありますが、少額であれば心理的不安をおさえることができます。

また、本番の環境で学びながら試すことができますよ

少額で自分のトレードルールで勝てるという事が分かってから、徐々に取引量をふやしましょう。

FX初心者にとって、まず少額で慣れてから取引量を上げていくことは非常に重要です。

このように、1通貨から取引できる環境は、初心者にとって大きなメリットですよ。

3. スプレッドは業界最狭かつ安定

SBIFXトレード03

ここでは、SBI FXトレードのスプレッドについて詳しく解説していきます。

3.1 業界最狭水準スプレッド

SBI FXトレードのスプレッドは業界最狭を誇っています。

他社と異なる点は、取引量に応じてスプレッドが変動するところです。

 1,000通貨まで1,001~100万通貨1,000,001~300万通貨3,000,001~1,000万通貨
米ドル/円0.00~0.090.10~7.80.11~7.80.71~7.8
ユーロ/円0.300.49~15.800.50~15.801.70~15.80
ポンド/円0.690.99~18.801.00~18.802.70~18.80
ユーロ/米ドル0.190.38~12.800.79~12.801.00~12.80
(出典元:SBI FXトレード


特に1,000通貨までは、トップレベルの狭さですね。

米ドル/円においては、事実上スプレッド0でトレードできる場合もあるようです。

それ以上の取引量になると変動幅が大きくなるので、どれくらいで配信されているのか少し不安に思われるかもしれません。

しかし、100万通貨まではどれくらいの幅で配信出来ていたか、という実績を日次で公開しています。(米ドル/円において)

sbifxトレードスプレット提示率
(2021年)

これを見ると、0.1~7.8銭という幅を設けていても、ほとんどの割合で0.1~0.2銭という最狭スプレッドを配信出来ているので安心してトレードできますね。

3.2 スプレッドは安定していて優秀

SBI FXトレードのスプレッドが業界最狭水準で、かなり高い割合でその狭いスプレッドが配信されていることは先ほど説明しました。

そこで、FXやってみた研究所では実際にスプレッドが安定しているのか調査をしてみました。

調査の方法は以下です。

①スプレッドの狭さと透明性
②配信停止時間(各社サイトで公表)
③米雇用統計時にどれくらい広がるか
④早朝にどれくらい安定しているのか


この検証はFX会社16社で行い、SBI FXトレードは見事に1位となりました。

FX会社基準スプレッドスプレッド平均値スプレッド最大値 公式サイト
FXトレードフィナンシャル会社ロゴ0.1pips詳しく見る
みんなのFX0.2pips
GMOクリック証券会社ロゴ0.2pips 詳しく見る
インヴァスト証券会社ロゴ0.3pips詳しく見る

しかし、SBI FXトレードはスプレッド実績に関する情報を事細かに公開しています。

こんなに情報を公開しているFX会社は他になく、透明性が非常に高いところが評価されました。

また、ほとんどのFX会社では配信停止する時間がありますが、SBI FXトレードは0秒という素晴らしい環境でトレードすることができるのも高評価となりました。

スプレッドが狭いだけでなく、透明性が高く安心した環境でトレードできることは、トレーダーにとって重要なことですね。

4. 最高水準のスワップポイント

SBIFXトレード04

SBI FXトレードは、スワッププポイントも業界最良水準です。

 米ドル/円豪ドル/円トルコリラ/円南アフリカランド/円メキシコペソ/円
スワップポイント16円2円55円80円40円
(情報取得日:2021年4月6日)

米ドル/円や新興国通貨を中心にスワップポイントが高く設定されています。

高金利で人気のトルコリラやメキシコペソは、取扱をしていないFX会社もあります。

SBI FXトレードでは、高金利通貨の取扱もあり高水準のスワップポイントが付与されるので、長期でコツコツトレードしたい人も向いていますね。

sbifxトレードスワップポイント

2020年の1年間に1万通貨で買いポジションを保有した場合、上記のスワップポイントが受け取りができたようです。

また、マイナススワップとも差が少ないので、ありがたいですね。

5. 高機能で使いやすくておすすめ『リッチクライアント』

SBIFXトレード05

ここで、SBI FXトレードの取引ツールを紹介しましょう。

5.1 SBI FXトレードの取引ツール

SBI FXトレードでは、スマホ版とPC版2種類のツールが用意されています。

sbifxトレードスマホアプリ

スマホアプリは、高機能なチャートが搭載されており、またワンタップで発注することができます。

sbifxトレード取引ツール

PC版ツールは高機能なインストール版とWEB版があります。
WEB版はとてもシンプルなので、初心者でもすぐ慣れることができますよ。

また、リッチクライアントアプリは、高機能で自由に画面をカスタマイズしたりチャート分析がしっかりできます

5.2 高機能で使い勝手のよい『リッチクライアント』

FXやってみた研究所では、FX会社13社の取引ツールの使い勝手を比較検証しました。

取引ツールの「見やすさ・使いやすさ」、「分析ツール」の充実度と使いやすさ、そして「スマホアプリ」の使い勝手が良いかという点から評価しました。

そして、SBI FXトレードの『リッチクライアント ネクスト』は2位という結果になりました。

FX会社見やすさ・使いやすさ分析ツールスマホアプリ総合評価公式サイト
GMOクリック証券会社ロゴ2.85詳しく見る 記事を読む
YJFX会社ロゴ2.57詳しく見る 記事を読む
SBI会社ロゴ2.57詳しく見る 記事を読む

なぜ、2位という素晴らしい結果になったか、説明しますね。

取引画面は見やすく、カスタマイズ性に優れているので自分の好みに設定すれば、ストレスなくスムーズに操作することができます。

また、インジケーターは29種、描画ツールは21種装備されており、他社と比較しても充実しています。

更にチャートにおいても、過去のデータが豊富で表示能力もあるので、過去の分析をしたい人にもおすすめです。

sbifxリッチクライアント

高機能ですが使い勝手はそんなに難しくなく見やすいので、初心者の方でもなれることができますよ。

6. 口座開設の手順

SBIFXトレード06

最後に、SBI FXトレードの口座開設の手順を説明しますね。

6.1 【STEP1】メールアドレスを登録

SBI FXトレードのサイトで『口座開設』をクリックしてください。

sbifxトレード口座開設1



そうすると、以下のページに移るので、再度『口座開設申し込み』をクリックします。

sbifxトレード口座開設2

ここで、登録したいメールアドレスを入力し、『メールを送信』ボタンをおします。

sbifxトレード口座開設3

すると以下のメールが届くので、その中にあるURLをクリックして手続きを開始します。

6.2【STEP2】申込フォームに入力

入力する申込フォームは1ページだけです。

まず、「契約締結前交付書面等」など様々な項目に確認・承諾をします。

sbifxトレード口座開設4

そして、次に個人情報、職業情報や財務情報などを入力します。

ここでは、本人確認書類と全く同じ情報を入力する必要があります。

sbifxトレード口座開設5

最後に、「外国為替証拠金取引に関するご注意」について確認し、『理解しました』に✓をつけ「次画面」をクリックします。

sbifxトレード口座開設66.3【STEP3】書類の提出

申込フォームに入力が終わったら、書類の提出です。

必要書類は以下の2種類です。

マイナンバー(個人番号)通知書類
本人確認書類


本人確認書類の数は、マイナンバー書類に何を提出するかによって異なります。

① 個人番号カード(表面・裏面)+ 本人確認書類:1点
② 個人番号付住民票 + 本人確認書類:1点
③ 通知カード + 本人確認書類:2点



SBIFXトレード必要書類

提出方法は3つあります。

①アップロード
パソコンもしくはスマホで申込時にアップロード

②メール
パソコンに取り入れた画像もしくはスマホで撮影した画像をメールで添付

③郵送
書類をコピーして郵送


審査後に口座開設完了のお知らせが届きますが、書類の提出方法により受取方法が異なります

「スマホで撮影」メールでログインIDやパスワード等が送られてきます。
「WEBアップロード」「メール・郵送」簡易書留郵便(転送不要)でログインIDやパスワードが送られてきます。

7. 1通貨からトレードできおすすめのSBI FXトレード

SBIFXトレード07
  • SBI FXトレードは1通貨~トレードできる 最低約5円からのトレードが可能

  • 業界最狭スプレッドで安定している スプレッドが狭く、更に透明性があり配信停止もないので安心してトレードが可能

  • 使いやすく高機能な取引ツール カスタマイズが自由にでき、分析機能に優れた取引ツールが提供されている。



SBI FXトレードは、透明性が非常に高く信頼できるFX会社です。

安心した環境でトレードをしたい人は、ぜひSBI FXトレードで始めてみてください。

また、少額で始めたい方はSBI FXトレードなら間違いないですよ。

SBI FXトレードはこんな人におすすめ

  • まずは超少額ではじめたい初心者の方

この記事のライター

高田 佑美の写真

高田 佑美

FXに興味を持つようになり始めたものの、まだまだリスクを恐れ少額でトレード中。 日々、学んだことやトレードで疑問に思ったことを追求し、出来る限り根拠を持った情報を届けるべく記事を執筆しています。

トップへ